Download
2 7 effect of modified asphalts on the rutting behavior of mixtures n.
Skip this Video
Loading SlideShow in 5 Seconds..
2.7 EFFECT OF MODIFIED ASPHALTS ON THE RUTTING BEHAVIOR OF MIXTURES PowerPoint Presentation
Download Presentation
2.7 EFFECT OF MODIFIED ASPHALTS ON THE RUTTING BEHAVIOR OF MIXTURES

2.7 EFFECT OF MODIFIED ASPHALTS ON THE RUTTING BEHAVIOR OF MIXTURES

96 Views Download Presentation
Download Presentation

2.7 EFFECT OF MODIFIED ASPHALTS ON THE RUTTING BEHAVIOR OF MIXTURES

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - E N D - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
Presentation Transcript

  1. 2.7EFFECT OF MODIFIED ASPHALTS ON THE RUTTING BEHAVIOR OF MIXTURES 向後 憲一

  2. Performance Grade 【バインダの永久変形抵抗性】 現行PG:G*/sinδを指標 G*/sinδの測定:AASHTO T315-04 DSR(Dynamic Shear Reometer) 10rad/sec(載荷時間0.1sec,80km/hr相当) バインダに周期的な外力が作用するとき,1周期当りに 散逸するエネルギーと永久ひずみが比例関係にあるものとして, Wi=πσ02/ G*/sinδ ↓ G*/sinδをバインダの永久変形抵抗性の指標とし,バインダの使用可能な最高温度を定める. →RTFOT後のバインダが,G*/sinδ≧2.2kPaとなる最高温度(XX℃)  をそのバインダの使用可能最高温度としている.→ PG XX-22

  3. Effect of binder type on permanent strain 【試験方法】 AASHTO T320-03 SSTによるアスファルト混合物の永久せん断ひずみの測定 試験条件: RSCH(Repeated Shear test at Constant Height), 70℃,207kPa 【結果】 同じPGグレード(G*/sinδが同レベル) であっても,改質方法の異なるバインダを使用した混合物は,永久ひずみの増加率に違いがある. ↓ 改質バインダを含めて,バインダの永久変形抵抗性を評価する場合,G*/sinδは信頼できる指標とはいえない.

  4. Effect of binder type on permanent strain ↓ バインダのG*/sinδと混合物の永久ひずみの増加率の相関は低い.

  5. Repeated Creep Test DSRによるバインダの繰返しクリープ試験 70℃,300Pa,[1sec載荷+9sec非載荷]×100回 同じPGグレードでも,改質方法の異なるバインダは,永久ひずみの増加率に差がある.        ↑   弾性回復(遅延弾性)の程度が異なる.

  6. Repeated Creep Test バインダの永久ひずみの増加率(S)と混合物の永久ひずみの増加率の相関は高い(G*/sinδと比べて).            ↓   Sに関連する新たな指標を採用することが望ましい.

  7. New Parameter for Rutting Resistance バインダの永久変形抵抗性の新たな指標: Gv (Pa) 繰返しクリープ試験における,クリープコンプライアンスの粘性要素(Jv)の逆数