BRST対称性とカイラル対称性の破れの
Download
1 / 1

BRST対称性とカイラル対称性の破れの 格子 QCD シミュレーションによる検証 scirqcd 帝京大学理工学部 古井貞隆 - PowerPoint PPT Presentation


  • 89 Views
  • Uploaded on

BRST対称性とカイラル対称性の破れの 格子 QCD シミュレーションによる検証 scirqcd 帝京大学理工学部 古井貞隆.

loader
I am the owner, or an agent authorized to act on behalf of the owner, of the copyrighted work described.
capcha
Download Presentation

PowerPoint Slideshow about 'BRST対称性とカイラル対称性の破れの 格子 QCD シミュレーションによる検証 scirqcd 帝京大学理工学部 古井貞隆' - meryle


An Image/Link below is provided (as is) to download presentation

Download Policy: Content on the Website is provided to you AS IS for your information and personal use and may not be sold / licensed / shared on other websites without getting consent from its author.While downloading, if for some reason you are not able to download a presentation, the publisher may have deleted the file from their server.


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - E N D - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
Presentation Transcript
BRST対称性とカイラル対称性の破れの格子QCDシミュレーションによる検証scirqcd帝京大学理工学部 古井貞隆

  • 素粒子の標準模型のLagrangianは高エネルギーでは、BRST(Becchi-Rouet-Stora-Tyutin) 対称性と呼ばれるグルーオン場とゴースト場の混合をおこすようなゲージ変換に対する対称性が成り立っている。 ゴースト場はグルーオン場の余計な自由度を相殺させるために導入された仮想的な粒子で、BRST対称性が成り立っているとすると、ゴースト伝搬関数から計算される九後・小嶋カラー閉じ込めパラメータと呼ばれる量 u(q) の運動量 q=0 の極限で -1 になることが予測される。   

  • 10年程前に私たちはクォーク-反クォークの対生成を無視したquench近似では u(0)が -0.7 程度しか出ないことを Quark Nuclear Physics 2000 国際研究集会で発表した。(H.Nakajima and S.Furui, Nucl. Phys.A680 (2001)151c)

  • 赤外領域では質量の軽いクォーク場がカイラル対称性の破れをおこしているのと同様にBRST対称性が破れている可能性がある。千葉大学の近藤慶一氏は、ランダウゲージ固定した場合に生ずるグリボフ問題を回避し、ゲージ配位の唯一性を導くために考えられた fundamental modular region へのゲージ配位への制限を詳しく検討すると、赤外領域ではBRST対称性が破れることを示した。(K-I.Kondo, Phys.Lett. B 678(2009) 322; arXiv:0907.3249)

  • 九後・小嶋パラメータはクォーク反クォークの対生成を考慮したfull QCDのゲージ配位を用いて計算すると、-1と矛盾しない結果が得られている。このことは、ボーズ粒子であるグルーオンの性質を調べるとき、その周りにあるフェルミオンであるクォーク場も考慮した超対称性理論の枠組みで考察する必要を示唆しており、その理論が予言するself-dual なゲージ場(インスタントン)の効果をうまく取り入れて低エネルギーでのカイラル対称性の破れを考慮したシミュレーションが必要なことを示している。(S.Furui, Few-Body Syst. 46(2009)221, arXiv: 0903.3793(hep-lat); S.Furui, PoS Lattice2009, arXiv: 0908.2768(hep-lat))

  • そのためにDomain Wall Fermionを用いて生成されたゲージ配位を使った格子シミュレーションを行い理論の検証を試みている。


ad