slide1 n.
Download
Skip this Video
Loading SlideShow in 5 Seconds..
第三回経営戦略会議 マーケティング PowerPoint Presentation
Download Presentation
第三回経営戦略会議 マーケティング

Loading in 2 Seconds...

play fullscreen
1 / 14

第三回経営戦略会議 マーケティング - PowerPoint PPT Presentation


  • 77 Views
  • Uploaded on

第三回経営戦略会議 マーケティング. 2013 丁友会学生委員長 竹内健登. これまでのあらすじ. 第一回:理念・ビジョン・目標・計画・実行 理念 は不変、ビジョンは絵にして共有、目標は計測可能に、計画は MECE かつ全員に分かるように貼る。行動は期限と責任を決めて頼む際は人の動かし方に注意する。 第二回:プレゼンテーション キャッチ コピ ーの重要性、自己紹介、強み、失敗談、問題を認識させる、解決策、さらなる解決策、断る理由をつぶす。四段論法、シーンの鮮明さ。. 今回のテーマ マーケティング. マーケティングとは?

loader
I am the owner, or an agent authorized to act on behalf of the owner, of the copyrighted work described.
capcha
Download Presentation

第三回経営戦略会議 マーケティング


An Image/Link below is provided (as is) to download presentation

Download Policy: Content on the Website is provided to you AS IS for your information and personal use and may not be sold / licensed / shared on other websites without getting consent from its author.While downloading, if for some reason you are not able to download a presentation, the publisher may have deleted the file from their server.


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - E N D - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
Presentation Transcript
slide1

第三回経営戦略会議マーケティング

2013丁友会学生委員長

竹内健登

slide2
これまでのあらすじ
  • 第一回:理念・ビジョン・目標・計画・実行

理念は不変、ビジョンは絵にして共有、目標は計測可能に、計画はMECEかつ全員に分かるように貼る。行動は期限と責任を決めて頼む際は人の動かし方に注意する。

  • 第二回:プレゼンテーション

キャッチコピーの重要性、自己紹介、強み、失敗談、問題を認識させる、解決策、さらなる解決策、断る理由をつぶす。四段論法、シーンの鮮明さ。

slide3
今回のテーママーケティング
  • マーケティングとは?
  • 顧客が真に求める商品やサービスを作り、その情報を届け、顧客がその商品を効果的に得られるようにする活動
  • マーケティングはなぜするんですか?
  • ニーズを見つけるため、ウォンツを見つけるため。
  • 新しいニーズを生み出す場合も、それ以外の場合も、マーケティングは絶対必要。
  • 企画を立案する際にターゲットを鮮明に理解していますか?
  • ターゲットはどこにいて、どんな生活をしていて、何を求めているのかを考えて企画を組んでいますか?
slide4
恋愛セミナーはなぜ成功したのか?
  • マーケをしたから。緻密にアンケートをしてリサーチをした。
  • そしてそのリサーチで出てきた悩みに対してセミナーという形でソリューションを提供した。
  • 対象が東大で理系という超ニッチ市場だった。
  • だから成功してテレビにも取り上げられた。新規企画なのに。
  • 東大で学生レベルでマーケティングができればまずニュースになる。
slide5
マーケティングの流れ
  • ターゲットに関する仮説を立てる。
  • ターゲットに接触し、プレゼンテーションをする。
  • ターゲットの問題点を聞き出す。ニーズを聞き出す。こちらの仮定しているソリューションに対する反応率を見る。
  • 仮説を確認・変更する
  • ソリューションのプロトタイプを作る
  • ターゲットに見せ、購入(来場)するかを確認
  • ターゲットを拡大させる
  • 実行・フィードバック
slide6
仮説を立てる
  • ワークシート配布
  • WMCを満たしているか?
  • 2チームに分けて一つビジネス及び企画を考えさせる
slide7
ターゲットに接触し、プレゼンテーションする。ターゲットに接触し、プレゼンテーションする。
  • 前回やりました。
  • 大事なのは信頼関係。
  • それぞれのチームの営業担当にやらせる
slide8
情報聞き出し、反応率検査
  • 相手が困っていることを聞き出す。
  • 沢山聞き出せればそれだけよい。
  • 何か一つ欲しいとしたら何か?
  • ソリューションへの反応率を見る。
  • 「まあ、おもしろそうじゃん」っていうのは当日来ません。
  • 「これ、めっちゃいきたい!めっちゃほしい!」という人がどれくらいいるかを調べる。
  • 1/10であれば優秀な企画案だと言える。普通は3%くらいだから断られてもあきらめない。
slide9
仮説を確認・変更する
  • ここまでで変更する部分があれば変更する。
slide10
プロトタイプ作成
  • 試作品を作る。
  • それは企画書で構わない。
  • ポスターとかでも構わない。
  • とにかく、相手に対して「もの」で実感させることが大事。
  • 企画書であれば、必ず写真を載せる。
  • アプリであれば、動くパワポなりフラッシュなりで作る。
  • とにかく、文字ではなくものや画像、映像にする。
  • やらせる
slide11
顧客実証
  • ターゲットに実際にプロトタイプを見せる。
  • その場で購入(予約)を完了させる。
slide12
ターゲットを拡大させる
  • 先ほど買ってもらった顧客・予約を約束してくれた顧客が他の顧客を呼びたくなるようなモデルを予め考えておく。
  • 例:共同購入モデル
  • 具体的方法として図書券などを考える。
  • ツイッターやフェイスブックでの広報などはこの段階での話。
  • 3M
slide13
企画実行・フィードバック
  • 企画当日に必ずアンケートを実施する。
  • アンケート結果をみて企画をブラッシュアップする。
  • このようにして継続収入・継続企画が出来上がる。
slide14
まとめ
  • 企画を確実に成功したいのなら、ちゃんとマーケティングをしろ。