slide1 n.
Download
Skip this Video
Loading SlideShow in 5 Seconds..
「那覇へ飛べ!」 PowerPoint Presentation
Download Presentation
「那覇へ飛べ!」

Loading in 2 Seconds...

play fullscreen
1 / 57

「那覇へ飛べ!」 - PowerPoint PPT Presentation


  • 70 Views
  • Uploaded on

「那覇へ飛べ!」. 2007 年 12 月 21 日午後7時35分ごろ、関西空港発那覇行きのJAL2579便(乗客147人)が那覇空港の天候不良のため、鹿児島県霧島市の鹿児島空港に臨時着陸した。ところが、関空に引き返そうとするJAL側と那覇行きを求める乗客との間で約3時間押し問答となり、同機は午後11時ごろ那覇に向けて再出発した。JALが乗客の圧力に押し切られた格好だ。

loader
I am the owner, or an agent authorized to act on behalf of the owner, of the copyrighted work described.
capcha
Download Presentation

PowerPoint Slideshow about '「那覇へ飛べ!」' - makala


An Image/Link below is provided (as is) to download presentation

Download Policy: Content on the Website is provided to you AS IS for your information and personal use and may not be sold / licensed / shared on other websites without getting consent from its author.While downloading, if for some reason you are not able to download a presentation, the publisher may have deleted the file from their server.


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - E N D - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
Presentation Transcript
slide1
「那覇へ飛べ!」

2007年12月21日午後7時35分ごろ、関西空港発那覇行きのJAL2579便(乗客147人)が那覇空港の天候不良のため、鹿児島県霧島市の鹿児島空港に臨時着陸した。ところが、関空に引き返そうとするJAL側と那覇行きを求める乗客との間で約3時間押し問答となり、同機は午後11時ごろ那覇に向けて再出発した。JALが乗客の圧力に押し切られた格好だ。

JAL広報によると、同機は午後4時5分に関空を出発。那覇で午後3時ごろから風向や風速が変わり出したため、機長が「安全に着陸できない」と判断。いったん鹿児島に着陸し、関空に戻ることにしたという。 ところが、鹿児島に着陸した後、那覇で待つ知人らから電話で「航空機が次々に着陸している」と知らされた一部の乗客が「那覇へ飛べるじゃないか」とJAL側に抗議。搭乗口の周辺で「関空に戻るなら乗らない」と押し問答になり、怒声も上がったという。 (2007年12月22日朝日新聞)

roll playing game
Roll Playing Game:あなただったら?
  • 乗客だったら
  • 客室乗務員だったら
  • 機長だったら
  • 関空の管制官だったら
  • 那覇空港の管制官だったら
  • JALの社長だったら
  • 国土交通大臣だったら
  • 朝日新聞の記者だったら
slide3
思考停止はなぜ起こる?
  • 「複雑な問題」と決めつけ→当事者意識消失
    • 自分のような「素人」にはわからない
    • 「専門家」の意見が「大切」→無批判に受容=思考を他人の口座に振り込む
    • 「正解」を使って「悪者探し」ゲームを繰り返す
  • RPGで当事者意識を取り戻す
    • 自分が東電の社員だったら
    • 自分が柏崎市民だったら
    • 自分が福島県の酪農家だったら
slide4

リスクを誰が引き受けるのか?

パターナリズム(父権主義)、当事者意識、リテラシー

slide5

薬害と規制当局

医薬品規制当局=厚生労働省+

(独)医薬品医療機器総合機構(PMDA)

slide7
薬害は誰の“責任”か?
  • 全てが厚労省の責任なのか?
  • 薬害については、「現場を知らない厚労省」に全て責任を押し付けて医者が被害者面しているのはなぜか?
  • 薬害被害者団体がそんな医師を卑怯者として非難せずに、ひたすら厚労省だけを叩くのはなぜか?
  • なぜ薬害が繰り返されるのか?
slide8
副作用・毒・薬害
  • 副作用のない薬はない
  • そもそも薬と毒がきれいに分けられない
    • 人間の都合で決まる
    • ワーファリン、ジギタリス
  • 副作用・毒・薬害もきれいに分けられない
    • 人間の都合で決まる
slide10
医薬品のリスクベネフィットバランスのイメージ医薬品のリスクベネフィットバランスのイメージ

誤ったイメージ

正しい理解

slide11
薬害は日本の専売特許ではない
  • アメリカ合衆国 (JAMA 1998;279:1200)
    • 年間221万6000人が重い副作用で苦しみ
    • 年間10万6000人が副作用で死亡する
      • 死因の第五位(ただ気づかないだけ)
  • 日本
    • 受動喫煙だけで年間3万人が死亡する
    • 自動車事故では?
    • 航空機事故では?
slide12
ところで,厚労省の働きは・・・
  • 十分である
  • 不十分である

どちらだと思いますか?

slide13

厚労省の働きは不十分である(けしからん)

もっと働いてもらいたい

期待している

依存している

非難の背後には必ず依存が隠れている!

slide14
臨床試験のジレンマと限界
  • 数(被験者数)の限界
  • 被験者の質の限界
    • 組み入れ基準
    • 除外基準
  • 非正規例が溢れる現実世界
    • 医療者
    • 患者
slide16
何百回も繰り返される秘密

自分が水戸黄門気取り

悪人を懲らしめていい気持ちになる

いい気持ちになっただけで満足する

自分の頭で考えなくなる

原因も対策も考えなくなる

また悪人が出てくる

slide17

悪者探しの背景にある思考停止

私がテレビを見ない・新聞を読まない理由

slide18
メディア
  • TVも新聞も見ないなら、なぜTVに出る?
    • 出る=NHKを使う。NHKのお金と人材とネットワークを使って自分のメッセージを全国に伝える
    • 見る=TVに使われる。
  • 意見が違うところが面白い
  • 池田はTVなし・新聞無しでどうしている?
    • なぜ想像しないのか?してる?
    • 私の行動は「回答」・「参考」になる?
slide19
この講義と大学の講義
  • 同じ講義を受けている・受ける予定
    • 医学部3年生・4年生
    • 臨床研究指導医~医学部教授
  • 大学の講義→大学で学ぶエンドポイントは?
    • 免許を取るため?
    • 就活で有利になる?
    • 生涯賃金を高める?
    • 親孝行?
    • 長大卒をひけらかす?
slide20
坂本記者の特ダネに対して
  • 死亡率が高いから医療ミスが多いという論理は「おかしい」
    • 論理の飛躍、どこかに「誤解」、計算違い
  • そもそも死亡率の算定方法に問題あり
  • 病院の方が死亡率が高いのは当たり前
    • 病気が重かったり高齢者の比率が高い
    • 病院は命の終わりを迎える所
  • 病院に行けば死にそうな人もみんな助かるはずという誤解がある
slide21
朝食とテストの成績の関係
  • 直接関係説:朝食摂取と脳の働き→ブドウ糖を摂ると脳の働きが良くなる→成績が良くなる
  • 交絡因子説:朝食摂取の環境因子に注目
    • 朝食を摂れない子の家庭環境が勉強を妨げる
      • 親との関係
      • 経済状況(塾・教材)
      • 「規則正しい生活」→時間:バイト、睡眠不足
slide22
「比べる」ことの難しさ
  • まず、検証仮説(自分は何を証明したいのか?)を明らかにする必要がある。
  • 比べるもの(例:朝食摂取とテストの点数)以外の、テストの点数に影響を与えそうな全ての条件は同じにする必要がある。
  • そうでないと比べた結果の因果関係が正しいと主張できない→比べる意味がない
  • よかとこ県全体とよかとこ大学付属病院の死亡率を比べる場合は?
slide23
薬の話
  • アデランス、ヘアフォーライフどちらがいい?
  • 薬の開発はもっと早くできないものか?
  • 人体実験で失敗し患者さんを死亡させてしまうことがあったら責任を取るのは誰ですか?
    • 無過失責任
    • 医師賠償責任保険制度
    • 企業・行政・エンドユーザー(医師・薬剤師・患者)
    • TGN1412事件は不可避だったか?
    • http://www.npojip.org/sokuho/060328.html
slide24
ハゲについて力説しないでください。笑いをこらえるのに大変だからハゲについて力説しないでください。笑いをこらえるのに大変だから
  • 暗黙のルール:講義中笑ってはいけない。教授の身体の問題を笑ってはいけない。
  • 薔薇の名前:笑いが禁止された理由
    • 見せかけの権威・権力の否定
  • 笑いの効用・威力
    • ごまかしを見破る・だましに気づく
    • 愉快な感情を生み出す→余裕と距離の意識→考えが深まる
slide25
講義・薬の話
  • 薬の話が少なかった→2回目は多くなったので「良かった」
    • そもそも「薬の話」とは?多い少ないの基準は?
    • 薬の話が少ない→どうでもいい
  • 薬の話は眠くなるので他の話の方がいい
  • ○○学部の講義の質が悪い:配ったプリントを早口で読むだけ。自分も失望しているし、講義を欠席する学生も増えている。池田先生だったらどうするのでしょうか?
slide26

講義レポートを「共有」して教授を教育する「だ」から「の」へ講義レポートを「共有」して教授を教育する「だ」から「の」へ

偉そうに、何がマイケル・サンデルだ

正義の話なんかカスの役にも立たない

「正解依存症」の問題点

「××が正しい」→×!「○○が楽しい」→○!

slide27

「××が、ただしい」ではなく、「○○が、たのしい」「××が、ただしい」ではなく、「○○が、たのしい」

正義の話ではなく、浮気の「使い方」の話をしよう

slide28
浮気による馬鹿判定法

A

A:あなた

B:パートナー

C:浮気相手

誰が素敵で

誰が馬鹿か?

C

B

slide29
素敵な女性とのお付き合い=伸びる男を見極める素敵な女性とのお付き合い=伸びる男を見極める
  • 浮気は、ばれると思った方が「得」
    • 素敵な女性は浮気を見抜く&浮気をしない=継続性・一貫性は大きな魅力となる
  • お世辞はありがたく頂戴するだけ
  • ネガティブメッセージにこそ感度良く
  • 素早い修正:見所ありと思ってもらう
  • 言葉で取り繕わず、行動で示す
  • 成長の継続:花火みたいに終わらせない
  • 時間をかけて共有を深める→愚痴→悩み
slide30
浮気とコントロール願望
  • 見抜けない女、見抜かれない男もいる
    • それがどうした?どうでもいい!所詮は評論家
  • 「男の浮気は当たり前」は性差別?
  • 恋愛感情・行動は非対称:想いは常に片思い
  • 浮気は常に相方によって定義される
  • ならば隠せる・隠せないの議論の意味は?
  • 「浮気を見抜く・見抜かれない」論争の背景にあるコントロール願望
slide31
コントロール願望
  • 神・魔法使いになれる?←相手の心理・行動をコントロールできる?
  • 気づかないふりをして手強いと思わせる
  • コントロール願望(妄想)を捨てれば→二流品が向こうから逃げてった!ラッキー!
  • 人によって「一流品」の意味・定義は異なる!
  • 自分の影響力を強化する=素敵になる
  • 素敵になれば素敵なパートナーを得られる確率が高くなる
slide32
浮気とエンドポイントどれが最優先?
  • 素敵な自分になる
  • 浮気を防ぐ
  • 二流品でもいいからゲットする
  • 浮気の原因を解明する
slide33
浮気とエンドポイント当事者意識の有無との関係から浮気とエンドポイント当事者意識の有無との関係から
  • 素敵な自分になる←当事者意識
  • 浮気の原因を解明する←評論家
  • 二流品でもいいからゲットする←自己攻撃性
  • 浮気を防ぐ←コントロール願望
slide34
継続的なパートナーを確保する意義は?

愛媛大医学部の藤本弘一郎(公衆衛生学)らのグループは、地域のお年寄りの死亡関連要因をまとめ、 60歳から84歳の3136人(男1326人、女1810人)を96年から約4年半追跡。亡くなった210人(男111人、女99人)の健康や生活、趣向などを分析、死亡につながるハイリスク因子を探った。

男性では「配偶者がいない」「糖尿病で治療」「たばこを吸う」「過去1年に入院」「過去1年に健診を受けていない」などがリスクに挙げられた。

しかし女性では「配偶者がいる」がただ一つのリスクだった。男性では「妻がいない」ために死亡につながるリスクは、「いる」に比べ1.79倍も高かった。一方、「夫がいる」女性のリスクは「いない人」に比べ55%も高かった.

(2002年10月,日本公衆衛生学会(さいたま市)での発表)

slide35
正解のない中で、もがく自分に安堵する&成長の資源としての失恋正解のない中で、もがく自分に安堵する&成長の資源としての失恋
  • もし先生が失恋してしまった時、その人のことを思いつづけますか、それとも、もっと自分が幸せになれる場所を見つけて前に進もうとしますか?
  • 想いは常に非対称=恋愛は全て片思い=恋と失恋の日常性=ありふれた資源の活用
slide36
男社会?
  • 女性の方が「上手」ならば、なぜ「男社会」なのか?
  • 「男社会」の発生には貨幣経済が関連するか?:それ以前は「女社会」だった?
  • 「男社会」は女性側の深謀遠慮?
  • 「男社会」は女性を/男性を、どういう点で幸せ/不幸せにしているのか?
slide37
「わからない」と答える自信
  • 池田先生って、まさか恋愛経験豊富なのでは
    • 「恋愛経験」の「組み入れ基準」は?
    • 「豊富」のcut off pointは?
    • 記憶のバイアスがかかる
  • 背景:浮気について突っ込んだ議論ができるならば恋愛経験豊富な可能性が高いと推測
  • 手術数と外科医の腕は必ずしも相関しない
  • 「人は勝つことからではなく、負けることから学ぶことの方が多い」(ジャック・ニクラウス)
slide38
「なぜ」という疑問取り扱い要項
  • その「なぜ」を放置すると何か悪いことが?
  • その「なぜ」を解決すると何かいいことが?
  • 「正解依存症」に陥っていないか?
  • 「楽しさ」を見失っていないか?
  • 初心者は「距離を置く」=優先順位を下げる
  • 「放置する」のが一番簡単で楽
  • 「わからない」を受け入れる→ 「なぜ」という疑問を放置して平気でいられる
slide39
正解依存症の問題点ー自己・他者攻撃に対するワクチン製作材料ー正解依存症の問題点ー自己・他者攻撃に対するワクチン製作材料ー
  • 「正解」(と思うもの)を得られない自分を攻撃
  • 「正解」を持っていない他者を攻撃
  • 「誤答」を与えたと他者を攻撃
  • 当事者意識の消失と評論家意識の発生
  • 幸せになりたい自分を否認
  • その結果、決して幸せになれない
  • 「正解」は「パートナー」、「結婚」と置き換え可
slide40
当事者意識を取り戻すために
  • 今まで、他人のことを思いやって、自分のことは二の次に考えなさいと教わってきた
  • =お前は、お前自身を粗末に扱わなくてはならない
  • =お前にはその程度の価値しかない
  • =自分を大切にする気持ち、自分を守る気持ちを奪う教育
  • その結果、他者からの攻撃に耐えられない
slide41

「先生はいいですね,若くて健康で」

「あなたは私に同情するばかりで、共感することができない」

この「攻撃」にどう対処するか?

slide42
当事者意識
  • 今まで、他人のことを思いやって、自分のことは二の次に考えなさいと教わってきた
  • けれど、自分を大切にすることも大事だと思ったし、それが結果として他人を大切にすることにもなるのかと思いました。
  • 幸せと感じるのは自分
  • 感情は自分にあるのであって、他者にはない
slide43
当事者意識に基づいた鑑別診断

人のために役立ちたい

人の喜ぶ顔が見たい

評価は自分主導

喜ぶ顔が見たいのは自分

評価項目も評価時期も自分が決める

罰則設定の必要なし

  • 評価は他者主導
    • 役立つか否か他人が決める
  • 評価項目も評価時期も他者主導
  • 罰則あり

自分が幸せと感じられる可能性が高いのはどちら?

slide44
当事者意識 vs 他者評価意識
  • 知っていることはすごいことじゃないというようなことを言っていましたが、じゃあ私達が勉強していることも無駄なのでしょうか。
  • 「(他者の評価は)どうでもいい」
    • 他者評価の奴隷で幸せですか?
    • 「あなたのために」のペテンに騙されない
  • 不愉快だと思ったら勝手に読み替える
    • 「作者の死(と読者の誕生)」(ロラン・バルト)
    • 被害妄想からの脱出
slide45
作者の死(ロラン・バルト)
  • 読み手の手元に届いた瞬間に作者は死に読者が誕生する
    • 作者の意図の全貌を読者は知り得ない
    • 読者は自分の読みたいメッセージだけを取り出す
    • 読者は自分が欲しがるメッセージに変換する
  • 具体例:大学の入試問題に作者が「正しく」答えられない
slide46
私の言いたかったことは・・
  • 物知り状態と学習行動
  • 戒めるべき行動は何か? (××しない)
  • 物知り自慢(=思考停止)と学び続ける人
  • 勉強している=考える+調べる+覚える
  • 作業の優先順位:考える>調べる>覚える
  • 覚えるのを最優先にすると能率悪い←助言
slide48
他者評価への期待
  • “じゃあ私達が勉強していることも無駄なのでしょうか?”
    • 「無駄ではない」と言ってもらいたい。できればその理由もつけて説明してくれという「注文」
    • Spoon Feedingへの期待?:なぜ「無駄ではない」ことを自分に対して説明しないのか?
slide49
私(達?)が勉強する
  • 私が(自分の意思で!)勉強する
  • 自分が無駄だと思うことは勉強しない
  • 無駄かどうかは自分で判断する
  • 無駄かどうかは池田にとやかく言われる筋合いのことではない
slide50
当事者意識おさらい
  • お前に言われたくない
  • お前にとやかく言われる筋合いのことじゃない
  • お前になんかにわかってたまるか
  • 自分のことは自分が一番よくわかっている
  • と自信を持って言うためには、自分を理解する作業を常に怠らないように!
slide51
あなたのため=俺の言う通りにしろ
  • 押し売りは帰れ!
  • 何が自分のためかは私が一番よくわかる。あなたにとやかく言われる筋合いじゃない。
  • あなたの言う通りにしなくても、損害を受けるのは私であって、あなたではない。
  • 本当に私のためを思っているのなら、言葉は要らない。行動で示してくれ。それが私のためになるかどうかは私が判断することだ。
  • 家族のためを思って汗水たらして働いているんだ→だから俺の言うことを聞けってこと?
win win no deal
Win/WinとNo Deal
  • Win/Win:ほとんどの場合はこれで行ける→例えばこの講義・この時間
  • Win/Win が難しいと感じたら直ちに→No Deal(取引しない)=思いっきり距離を取る
  • 実際には、時間をかけて徐々に距離を詰める
  • 相手の顔を潰さない・喧嘩は両方にとって損
    • Lose/Win, Win/Lose, Lose/LoseをNo dealで回避
  • 嫌な相手は時間をかけて消していく
slide53
エンドポイント(EP)
  • 職場の上司がEPを取り違えていたら?
    • 答えを求めている?→当事者意識は?
    • そもそも「取り違え」の判断は?
    • 自分にとってのEPは?←当事者意識
    • またもや他者評価優先?
  • EPは固定したものではないだろう
  • (上の人に対して)真のエンドポイントを知る近道を教えてもらいたい→正解依存症(前述)
  • 「教えてもらう」のは、上が下に対して!
slide54
真のエンドポイントとの出会い・付き合い
  • 私(池田)にとっての「幸せ」とは?
    • それを聞きだしてどうするの?言語化する意義?
    • 名詞ではなく、これも動詞=目に見えない
  • 未来の出会いを楽しみに→「今は(!)わからない」の楽しみ
  • 実はもうわかっているのかもしれないし(単に言語化されていないだけかも)
  • EPとの邂逅:時間がかかる→時間をかける
  • 空間軸(人&環境)・時間軸の影響
slide55
楽になるための参考図書
  • 「安心して絶望できる人生」:四苦八苦は幸せになるための資源である
    • それで順調、弱さを絆に、昇る人生から降りる人生へ
  • 「まわりみち極楽論」
  • 「芸術は爆発だ」:大切な自分の守り方
  • 「できる社員は「やり過ごす」 」
  • 「7つの習慣」
toolkit
Toolkit:時間をかけて使い込む
  • 当事者意識
  • オヤジ・ジジイの転がし方
  • 他者評価なんてどうでもいい
  • 正解を求めない
  • 「わからない」を使い倒す
  • メディアコンテンツゴミ分別法
  • コントロール願望からの距離
  • エンドポイント、手段の目的化
  • 神になろうとしないこと
  • 臨床試験の考え方
  • 大切なものは目に見えない
  • 愛は動詞である
  • 時間がかかる→時間をかける
  • 不完全な死体
  • 同情ではなく共感を
  • 死は居酒屋の閉店に過ぎない
  • 肉体の消滅に影響されない
  • 全ての男は発達障害である
  • 発達障害という成長資源
  • 勝ち負けにこだわる愚か者達
  • 「正しい」ではなく、「楽しい」を
  • 女性に学ぶ
  • 目から鱗は自分が凄い
  • もやもや感を大切に
  • Win/Winが無理なときはNo Deal
  • まず楽をすることを考える
slide57
成長すること・楽しいこと・気持ちいいこと

キーワード順不同:NHKを使う・そのEPは、作者の死、同情と共感の違い、不完全な死体、肉体の影響力の限界、患者が医者を育てる=学生が教授を育てる、自分の仕事に対する説明責任と透明性、芸人の厳しさ、フラットな関係、アンチ名医伝説

massie.ikeda@gmail.com HP:「ただの医者じゃない」