Download
slide1 n.
Skip this Video
Loading SlideShow in 5 Seconds..
米国の有機食品市場 PowerPoint Presentation
Download Presentation
米国の有機食品市場

米国の有機食品市場

103 Views Download Presentation
Download Presentation

米国の有機食品市場

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - E N D - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
Presentation Transcript

  1. 1 米国の有機食品市場 スピーカー ポール・スペンサー アメリカ大使館主席農務官 US Embassy Biofach Japan

  2. 2 有機食品 米国食品市場に於いて急速な拡大を続ける過去15年間、 年率10%以上の市場拡大 2007年度の販売額 200億ドル以上 • 3100万ヘクタール • 62万の有機農家

  3. 3 有機食品市場成長の原動力は • 大きな供給量 • 改善された味および品質 • 国家有機基準(2002年に施行) • 大企業が有機食品市場に参入 • 有機食品企業の資産投資の増加 • より競争力のある価格 • 有機食品のメディア報道の増加

  4. 4 米国有機食品の小売販売額 2001 - 2006 Source: OTA 2007 Manufacturer Survey

  5. 5 米国有機食品の小売販売額の予想 2006 - 2010 Source: OTA 2007 Manufacturer Survey

  6. 6

  7. 7

  8. 有機食品の購入者は? 代表的な有機食品購入者は: 70%が女性 購入者の37%の世帯は同居する18歳以下の子供が居る 33%の時々有機食品を購入する購入者の年齢層は40-59歳 頻繁に有機食品を購入する年齢層は30歳以下か60歳以上 31%の頻繁に有機食品を購入する購入者の年収は1万5000ドル以下 頻繁に有機食品を購入する購入者の平均年収は4万3280ドルで、時々購入する購入者の平均年収は5万240ドル. • Source: The Organic Consumer Profile The Hartman Group 2000 8

  9. 9 どのように増加する有機食品需要を 供給することができますか。 アメリカ有機食品企業 にお任せ下さい。

  10. 10 • The U.S. can provide: • 有機食品の安定供給 • 多品目の供給 • 認定有機食品の証明 保証されたオーガニック!

  11. 11 米国有機食品の卸売市場 • 933の卸売り会社 • 1億ドル以上を売り上げるトップ10社の売り上げ総額は20億7600万ドル • 488社が100万ドル以下の年間売り上げでそれらの合計は1億6400万ドル • バルク製品の販売額は21億9500万ドル • プライベートブランド食品の卸売り総額は8億8200万ドル • 卸売り販売総額は89億2500万ドル Source: OTA 2006 Manufacturer Survey

  12. 12 米国の有機栽培面積の発展 (単位:ヘクタール) 1997年: 486,000 2001年: 809,000 2003年: 890,000 2005年: 1,600,000 • 688,000ヘクタールは農耕地 • 931,000ヘクタールは牧草地または放牧地

  13. 13    米国農務省    全国有機計画 • 米国農務省の全国オーガニック・プログラム(NOP)は、有機農産物の生産、取り扱いおよびラベルの基準を開発、施行、管理をします。 • NOPは、NOP基準に基づく有機の生産および流通の認定を行う認定機関を定めます。(国内、国外の認定機関を含みます) • 有機認証に於ける三大条件は: 1.生産方法・資材は基準を満たさなければならない。 2.明瞭かつ定期的な書類作成 3.書類による製品の追跡

  14. 米国オーガニックトレード協会 米国有機産業の全国組織 www.ota.com オーガニックトレード協会の “有機食品輸出者のリスト” は www.usorganicproducts.com 300の米国有機食品輸出者がオンラインで検索可能 8カ国言語で検索可能! 14

  15. www.usorganicproducts.com 15

  16. 有機認証制度の同等性 • 2002年、米国のNOP有機基準が日本のJAS有機基準に同等であると認められる。 但し、以下の3資材の使用は認められない。 フミン酸(アルカリにより抽出されたもの)      スルホン酸リグニン      重炭酸カリウム • 米国NOP認定有機農産物・有機農産物加工食品の輸入に際してはNOP認定機関より輸出証明書(TM-11)の添付と日本の輸入者は輸入者としてのJAS有機認定が必要。 • 詳しくは米国農務省のホームページをご参照ください。http://www.ams.usda.gov/AMSv1.0/ams.fetchTemplateData.do?template=TemplateN&topNav=NationalOrganicProgram&leftNav=NationalOrganicProgram&page=NOPExportArrangementswithJapan&description=Export%20Arrangements%20with%20Japan&acct=nopgeninfo 16

  17. 有機認証制度の同等性 • 2006年、日本の有機認証制度(JAS) が米国NOPの技術的基準に適合すると認証されました。この認証とは、有機JAS規格が米国NOP基準と同等の水準にあると認めたものではなく、米国農務省が日本がISO17011に従って基準・認証手続きを行っていることを確認し、NOPに従って生産された有機産品として米国に輸出することができる。 • 現在JAS法に基づく有機登録認定機関および認定業者であっても、米国に有機食品を輸出するためには改めてNOP基準による農林水産大臣の登録、その登録認定機関による認定を受ける必要があります。 • 詳しくは農林水産省のホームページをご参照ください。http://www.maff.go.jp/j/press/syouan/hyoji/080606_1.html 17

  18. 詳しくは 米国大使館農務部 www.usdajapan.org/ 電話: (03) 3224-5105 Fax: (03) 3589-0793 オーガニックトレード協会(米国) www.ota.com www.usorganicproducts.com www.organicexpo.com