slide1 l.
Download
Skip this Video
Loading SlideShow in 5 Seconds..
I T ?????????????? PowerPoint Presentation
Download Presentation
I T ??????????????

Loading in 2 Seconds...

play fullscreen
1 / 49

I T ?????????????? - PowerPoint PPT Presentation


  • 175 Views
  • Uploaded on

I T 時代の日本の新ビジネスモデル. 創造的なベンチャーが日本を変える.  (株)アクエリアス情報研究所. 2001年 10 月 3 日.   高知工科大学大学院 起業家コース 教授. 文部科学省 科学技術政策研究所 客員研究官. 博士   前田   昇 . 前田 昇 略歴.   大阪府堺市生まれ  1962   大阪 三国ヶ丘高校卒業、 高崎経済大学 入学  1966   日本 I BM入社 (営業、マーケティング企画) 1973   米国 I BM本社へ赴任 (NY、商品計画) 1977   ソニー本社入社 (総合企画)、係長

loader
I am the owner, or an agent authorized to act on behalf of the owner, of the copyrighted work described.
capcha
Download Presentation

PowerPoint Slideshow about 'I T ??????????????' - libitha


Download Now An Image/Link below is provided (as is) to download presentation

Download Policy: Content on the Website is provided to you AS IS for your information and personal use and may not be sold / licensed / shared on other websites without getting consent from its author.While downloading, if for some reason you are not able to download a presentation, the publisher may have deleted the file from their server.


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - E N D - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
Presentation Transcript
slide1

I T時代の日本の新ビジネスモデル

創造的なベンチャーが日本を変える

 (株)アクエリアス情報研究所

2001年10月3日

  高知工科大学大学院 起業家コース 教授

文部科学省科学技術政策研究所 客員研究官

博士  前田   昇 

slide2

前田 昇 略歴

  •   大阪府堺市生まれ 
  • 1962   大阪 三国ヶ丘高校卒業、 高崎経済大学 入学 
  • 1966   日本I BM入社 (営業、マーケティング企画)
  • 1973   米国 I BM本社へ赴任 (NY、商品計画)
  • 1977   ソニー本社入社 (総合企画)、係長
  • 1983   ソニー・アメリカ本社へ赴任 (NY,経営戦略担当バイスプレジデント)
  • 1988   ソニー本社 (経営戦略部門長、マーケティング戦略本部長)
  • 1993   ソニー・ヨーロッパへ赴任 (ケルン、戦略担当ディレクター)
  •    ソニー本社 新規ビジネス事業室長 (非接触ICカードシステム社内ベンチャー社長)
  • 1996   (兼) 青山学院大学 大学院国際政治経済学研究科 非常勤講師(国際ビジネス論)
  • 1998   (兼) 科学技術庁・科学技術政策研究所 客員総括研究官
  • 1999   高知工科大学 大学院工学研究科 起業家コース 教授
  •        慶応大学 大学院政策メディア研究科卒業 (修士)
  • 2001   高知工科大学 大学院工学研究科 (博士)(兼) 名古屋大学 情報分化学部     非常勤講師

著書:「自律結合国際戦略」 1999 同友館、   

   「米国ビジネスマンと楽しく仕事をする法」 1990 PHP

slide3

レジメ

1. 時代の変化と日本

2. I T革命

3. ソニーの変革

4. 日本変革のベンチャー旗手達

5. 日本産業変革の鍵

6. 我々に何ができるか?

slide4
日本を同時に襲う三大潮流
  • IT革命
  • 規制緩和
  • グローバリゼーション
japan has no strategy
日米経営対比マイケル・ポーター教授: Japan has no Strategy.

米国

What

戦略

New

日本

Old

How

改善

slide10
I T 革命の三大真髄

コスト

時間

距離

  • 不可能だったコミュニケーションを可能にする。
  • 新結合による新たな知識創造を可能にする。

 を限りなく

ゼロにする。

slide11
I T 革命の典型的事例
  • FORDがトヨタのJIT(カンバン)を抜いた。
  • 金型をインクスが米国流 I T革命から守った。
  • プラス文具がアスクルで米巨大店を負かした。
  • 松井証券が営業部を廃止し、野村に勝った。
  • 伊那谷のたまごやさんが楽天でばか売れ。
  • 本田が新聞雑誌TV広告をやめて売上倍増。
  • 土佐山奥の馬路村が高知で唯一の人口増。
slide12
I T 革命のヒーローは誰?

   ルールブレーカー

創造的破壊・新結合(シュンペータ-)

  • 小組織対応できる大企業:ABB、ソニー
  • 戦略性のある中小企業:プラス文具、馬路村
  • ベンチャー企業:楽天、インクス、ザイン、鷹山

誰がルールブレーカーになれる?

slide13

ソニーのビジネスモデル構想(1995~1998)

家庭の    AV機器

ネットワーク

コンテンツ

アナログ

インターネット

CSBS

CATV

映画

音楽

ディジタル

従来はパッケージメディアで販売

slide14

ソニーのビジネスモデル構想(1999~ )

キイデバイス      i 家電       商品・サービス

  極小OS      情報ネットワーク

従来のリアルビジネス

 従来のE‐ビジネス

リアルとサイバーの融合

slide16

日本のベンチャーは成功している。が………、日本のベンチャーは成功している。が………、

第1世代  戦後ベンチャー    物づくり 系

第2世代ガッツベンチャー   サービス系

第3世代  ネットベンチャー    Eビジネス系

第4世代 ハイテクベンチャー    R&D系

ソニー、本田、京セラ、カシオ

パソナ、HIS、ドトール、NOVA

ソフトバンク、アスクル、楽天

?????

日本ベンチャーの最大の問題 !!!

slide17

ベンチャーサイクル

夢、ロマン、先見力、リーダシップ、情熱、世界観

高い志

 イノベーション

挑戦

社会性

  (革新性)

独立、リスク、創造的破壊、自立心

株式上場、国際化、雇用創造、新産業創造、ブランド

実現

新ビジネスモデル、新製品・新サービス、バランス感覚

slide20
成功ハイテクベンチャーの共通点
  • 有名大企業のエリートエンジニアが多い。
  • 米国での留学・勤務経験者が多い。
  • 全員早期の株式上場を策定している。
  • 成功後はエンジェルとして後進指導希望。
  • 大企業との競争・連携を策している。
  • 有能若手を積極的にリクルートしている。
  • 早期の国際展開を策定している。
  • ITの取りこみに積極的。
slide21

ザインのホームページのリクルート欄

私と一緒に、

  株式上場の瞬間を

    エンジョイしませんか?

ザインエレクトロニクス株式会社

        社長 飯塚哲哉

ストックオプションを与えます。

slide23

メガチップス  進藤社長

愛媛県出身

1990年 49歳で創業。あるのは、7人の頭脳と夢だけ。

「人は思わば思え。

    われなすことは、

        われのみぞ知る。」

坂本竜馬

slide24

ハイテクベンチャー

日本型発展シナリオ

5

1兆円

6

   大企業

政府研究機関

大学

1000億円

  就職

3

エリートスピンアウト

100億円

1

20億円

2

転職

4

新たなスピンアウト

ベンチャー企業の成長過程

slide25

     日本のデバイスの強さをレベルアップし、     日本のデバイスの強さをレベルアップし、

ファイブ・サークル・モデルに組みこむ

ハイテクベンチャー活躍の「場」

デバイス          PC/携帯             商品

OS      ネットワーク

 新しい日本の強さ

E ビジネス

従来の日本の強さ

IT環境にレベルアップ

高 精 度 金 型

シ ス テ ム L S I

高 密 度 プ リ ン ト 基 盤

シ ス テ ム L C D

超 小 型 モ ー タ ー 等

デバイス

slide26

第四次産業の新しいコンセプト

従来の発想

IT

現業とITとの結合

第四次産業?

第三次産業

 第二次産業

 第一次産業

 特に日本の強さである製造業とITとの結合が重要

slide29

ドイツの躍進・驚き

1.過去3年 IPO 毎年倍増

19961997199819992000

14    35    67   168 139

    ほとんどは研究開発型、IT・ネット型ベンチャー

2.大学からの起業件数は米国の2.5倍

19901997

     345        635

slide30
ドイツ起業支援策の4本柱
  • レギオ方式  競争による選択・集中の徹底
  • 研究者の有期雇用  独立せざるを得ない制度
  • 大胆なマッチング投資  民間VCの臭覚を信頼
  • アン・インスティチュート  院生のビジネス結合
slide31
大胆なマッチング投資でVC育成

ドイツ負担調整銀行(Dta-tbg) : ベンチャー企業への直接投資

ドイツ復興銀行(Kfw)      : VC会社のファンドに投資

  • 1995年スタート、 1999年1,000企業に700億円
  • 独立系VCのリードマネーに同額投資
  • 5年間のVCへの保証
  • 申請後6週間で決定
  • 申請の70%が合格
  • 申請は紙1枚、事業計画書、履歴書添付 
  • 2000年から、利益の10%又は信用保証料UP
slide32

ベルリン工科大学  &

FhG生産システム設計技術研究所

      *   *

   * *  *

    *

   O O   O

 O O    O

O O  O   O

    O  O

      O 

FhG建物 

 O* *

* *   *  *

    *   *

      * *

試験設備

  *O*

   * O O* O *

        *  O

大学建物

* O *

slide33

ドルトムント

産官学の地域的結集(理想的クラスター)

5万人のハイテク集団

アン・インスティチュート

フランホーファー

材料研究所

 テクノロジーパーク

大学

テクノロジーセンター

140社

3万人

インキュベーションセンター

アン・インスティチュート

マックスプランク

分子生理学研究所

slide34

ドイツモデル

産官学連携というより

知の交流

大学

国立研究所・協会

企業研究所

産官学結合と言える。

アンインスティチュート

産官学の人材移動

ベルリン工科大・FhGの例

知の創造

slide35

国の起業家イノベーションモデル

  旧型            新型

エンジン

選択者

支援者

 技術源

国ごとの特性を活かしたベンチャーモデル

slide38

国の起業家イノベーションモデル

  旧型            新型

エンジン

選択者

支援者

 技術源

国ごとの特性を活かしたベンチャーモデル

slide39

日米独 研究費のGDP比

3.25%

日本

   3%

2.67%

米国

2.32%

   2%

独国

人文・社会科学を含む

  1%

出展:平成12年度科学技術白書

1975   1980    1985    1990   1995    1999

slide40

日米独 人口1万人あたりの研究者数

57.8人

日本

50人 -

米国

37.5人

40人 -

28.7人

30人 -

独国

20人 -

人文・社会科学を含む

10人 -

平成12年度科学技術白書

1980      1985      1990     1995    1999       

slide41

日米独 政府研究費のGDP比

1.5%

米国

1.0%

0.83

独国

0.73%

0.70%

0.5%

日本

人文・社会科学を含む

出展:平成12年度科学技術白書

1975   1980    1985    1990    1995    1999

slide42

IPR登録件数

件数

300K

日本

200K

米国

100K

独国

特許庁年報、 Industrial Property Statistics, WIPO

‘85 ’86 ‘87 ’88 ‘89 ’90 ‘91 ’92 ‘93 ’94 ‘95 ’96 ‘97

slide43

特許の独創性

米 日 米 日 米 日 米 日

17.0%

革新的

5.5%

25.0%

創造的

14.4%

34.5%

改良的

39.7%

23.5%

微改良

39.9%

10 20 30 40%

出展:野村総合研究所

slide44

大学生に占める大学院生の割合

%

出展:平成12年度科学技術白書

 千人

15%

8000

15.5%

12.2%

6000

10%

6.9%

4000

5%

2000

日本         米国      仏国

slide45

SBIR モデル

ベンチャーキャピタル

フェイズI

フェイズII

フェイズIII

プロトタイプ

開発

可能性研究

商品開発

$

$

$

Feasibility Study Research toward Prototype Product Development

to Commercial Market

$

税金

政府の投資(税金)

slide46
米国SBIRのキイポイント

日本版SBIRにも必要

  • 強制力…R&Dアウトソーシングの1983年発足時:0.5%、現在2.5%
  • 政府調達…賢い入札制でSBIR企業売上の国防省55%、全体で35%
  • フェエイズ管理…応募の15%I($0.1M)の35%II($0.75M)、             III(無)
  • 特許所有権…100%国の経費でも、特許はベンチャーの単独所有
  • 不合格理由のフィードバック…理由を教えて再挑戦
  • 特定テーマで公募…ベンチャーの能力を戦略テーマへ誘導

科学技術政策研究所 政策研ニュースNo.1261999年6月 「日本版SBIR」 参照

高知工科大学大学院起業家コース 前田 昇

slide47

今、日本のベンチャー育成に必要なこと

1.ベンチャラスな目玉育成政策

…政策策定者がリスクを取れるか?

2.大企業スピンオフエンジニアへのサポート

…経団連が音頭を取れるか?

3.大学院生をベンチャーに巻き込む政策

…日本版アン・インスティチュートの創設

高知工科大学大学院起業家コース 前田 昇

slide48

 ファイブサークルモデルの中で

あなたはどうすべきか?
  • トータルな時代の流れをつかむ。
  • 自分の強みを世界のレベルに固める。
  • サービスビジネスの知識を取り入れる。
  • 大企業と対峙できるIPR戦略知識を持つ。
  • 海外に目を向け専門分野の情報ネットにはいる。
  • 各サークルの有能な「個」を見出し個連携する。
  • 大企業、大学、政府・地方公共団体をとりこむ。
  • 「退出戦略」を柔軟に持つ。
slide49

日本産業変革の鍵

-  新結合力

 -  「個」の自律