slide1 n.
Download
Skip this Video
Loading SlideShow in 5 Seconds..
学食 ビフォーアフター ~学食をよりよくするには~ PowerPoint Presentation
Download Presentation
学食 ビフォーアフター ~学食をよりよくするには~

Loading in 2 Seconds...

play fullscreen
1 / 36

学食 ビフォーアフター ~学食をよりよくするには~ - PowerPoint PPT Presentation


  • 347 Views
  • Uploaded on

学食 ビフォーアフター ~学食をよりよくするには~. 都市計画実習 スマートキャンパス班 最終発表. 指導 教員 :鈴木勉    TA:山本克己.  代表 :西沢昴   副代表:北田春華  資料:立場かおる  印刷:星野奈月. 発表の流れ. 背景・目的. 調査. ヒアリング調査. アンケート調査. 文献調査. 現地調査. ビデオ 調査. 提案・実験 座 席数 の増加. ハイ テーブル. カウンター席. テラス 席. 分析・考察. 今後 の展望. 筑波大学の現状. 時代の変化や学生の行動に 対応できていない部分が見られる。.

loader
I am the owner, or an agent authorized to act on behalf of the owner, of the copyrighted work described.
capcha
Download Presentation

PowerPoint Slideshow about '学食 ビフォーアフター ~学食をよりよくするには~' - lane-rollins


An Image/Link below is provided (as is) to download presentation

Download Policy: Content on the Website is provided to you AS IS for your information and personal use and may not be sold / licensed / shared on other websites without getting consent from its author.While downloading, if for some reason you are not able to download a presentation, the publisher may have deleted the file from their server.


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - E N D - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
Presentation Transcript
slide1
学食ビフォーアフター~学食をよりよくするには~学食ビフォーアフター~学食をよりよくするには~

都市計画実習 スマートキャンパス班 最終発表

指導教員:鈴木勉 

  TA:山本克己

  •  代表:西沢昴  
  • 副代表:北田春華
  •  資料:立場かおる
  •  印刷:星野奈月
slide2
発表の流れ

背景・目的

調査

ヒアリング調査

アンケート調査

文献調査

現地調査

ビデオ調査

提案・実験

座席数の増加

ハイ

テーブル

カウンター席

テラス席

分析・考察

今後の展望

slide3
筑波大学の現状

時代の変化や学生の行動に

対応できていない部分が見られる。

キャンパス改善の余地がうかがえる

slide4

筑波大学・キャンパスの課題

交通

シェアドスペース

ピーク時の混雑

学食

デザイン性の欠如

バスの遅延

ハンプ

今回は学食に焦点を合わせる

ペデストリアンデッキ混雑

清潔感の欠如

slide5
筑波大学の現状 ~学食~

デザイン性の欠如

  • 学食に関する問題を取り扱う

ピーク時の混雑

整備・充実してほしい施設40%以上で第1位

清潔感の

欠如

slide6
目的

学食における・・・

問題点の

解消・改善

食事以外の

利用に向けた

環境整備

魅力的な空間の創造

slide7
中間までの調査・・・

●文献調査

・学生生活実態調査(学群)平成20年度

・学生生活実態調査(学群)平成22年度

●ヒアリング調査

・厚生会<4月25日(水)9:00-10:00>

・学内の食堂利用者<4月27日(金)14:00-16:00>

●現地調査

・学内の食堂<4月17日(火)11:25->

・東京大学<5月2日(水)12:00-14:30>

・東洋大学<5月2日(水)15:00-16:00>

slide8
アンケート調査 

アンケート概要

目的

調査内容

調査対象

学群生

利用状況

問題点特定

利用目的

基本項目

利用時間

満足度

利用頻度

不満点

利用実態

slide9
アンケート調査 回帰分析

満足度と不満要因の関係

◇ステップワイズ法により

95%信頼区間で有意な変数→味が悪い(負の相関)

              値段が高い(負の相関)

従属変数

独立変数

満足度

  • 混雑している
  • 値段が高い
  • 狭い
  • 清潔感がない
  • 1人で食べづらい
  • デザインが悪い
  • 味が悪い
  • 雰囲気が良くない
  • 営業時間が短い

・・・つまり

味が悪いと思っている人

値段が高いと思っている人     満足度が低い

slide10
アンケート調査(すべての学群対象)

混雑していると感じている人が80%を超えている。

slide11
アンケート調査

食堂を食事目的

以外で利用する人は4割未満

slide12
アンケート調査

食事以外の利用目的としては勉強、雑談、休憩・暇つぶしが上位

slide13
ビデオ調査 

ビデオ調査概要

目的

調査日時

調査対象

3学食堂

利用状況把握

(滞在時間、

利用の仕方、グループ数等)

5月30日(水)~

6月1日(金)

10:45~13:00の

お昼ピーク時前後

slide15
ビデオ調査 3学食堂

1人で3学食堂を利用している人が最も多い

slide16
ビデオ調査

お昼のピーク時は利用率は90%近くになる

slide17
ビデオ調査

1人の滞在時間は短い

slide18
実験

座席数の不足

デッドスペースの存在

魅力ある空間

ハイテーブルの設置

カウンター席の

設置

テラス席の設置

slide19
実験

①3学食堂・カウンター席

3学食堂の座席容量を増やす

1人でも使いやすい空間を目指す

slide20
実験

②3学食堂・テラス席

3学食堂の座席容量を増やす

開放的な空間を作ることで魅力的な空間を目指す

slide21
実験

③3学食堂・名店街の間のハイテーブル

3学食堂利用者が使用することによる混雑緩和を目指す

 デッドスペースを活用

 休憩場所として利用できる魅力ある空間を目指す

slide22
実験分析 実験後アンケート

全体n=88

主に昼休み(11:25-12:15)に利用 n=46

slide26
実験分析 デジタルカメラ撮影

・昼食時には満席状態の時間帯もあり、3学エリアの座席容量増加につながった。

・昼食の時間外にも利用者が見られたため、席の需要があるということが確認できる。

slide28
実験分析 ビデオ分析

実験後は昼休みの

利用人数が減少した。

実験後は昼休みの

平均滞在時間が

長くなった。

slide29
考察

Ⅰ.問題点の解消・改善

・統計的には変化が見られなかった。

・実際には、設置した座席は利用されていた。

・テラス席やハイテーブルは3学食堂の利用者以外も使用していた。

 →3学食堂のみを対象に分析を行ったので効果が薄い?

・座席容量の増加に伴い、平均滞在時間も増加

→ゆっくりと食事ができるようになった?

 顧客の状況が変化?(天候、時間割、イベント・・・?)

・カウンター席の利用が低かった。

→配置が3食の奥過ぎた・・・?デザインが悪かった・・・?

slide30
考察

Ⅱ.食事目的以外の利用方法把握とそれに合わせた環境整備

・テラス、ハイテーブルの設置により、昼食時間以外の休憩、雑談、勉強などをする利用者が増えた。

→デッドスペースの有効利用

slide31
考察

Ⅲ.魅力的な空間の創造

・テラス、ハイテーブルは利用しやすい、開放感がある、おしゃれという意見

 →魅力的な空間になったのでは?

・勉強目的の施設としては図書館

→勉強目的以外(雑談、休憩)の人を対象としてテラスやハイテーブルは良い環境を提供できた?

slide32
今後の展望

・カウンター、テラス、ハイテーブルの改善

○カウンター

 デザインを改善、入り口付近への設置

○テラス

パラソルをつけるなど、日陰をつくる

○ハイテーブル

 イスの種類を工夫、テーブル間や人の動線を考慮

slide33
今後の展望

・学生控え室など他のデッドスペースに学食の客を誘導させて混雑緩和を促す

・BGMにより回転率をあげる

・体芸食堂への応用(デッドスペースの活用等)

・厚生会に成果を提出?

slide34
謝辞

こちらの方々から多大な協力を頂き、心より感謝申し上げます。

菊池 信孝 様(筑波大学学生生活課 副課長)

高谷 勝行 様(筑波大学学生生活課 専門職員)

高橋 義宏 様(筑波大学学生生活課シニアスタッフ)

塚本 聖 様(筑波大学学生生活課 専門職員)

筒井 祐子 様(筑波大学システム情報工学等支援室 学群教務)

3学食堂の店員の皆様

slide35
参考文献

・筑波大学キャンパスリニューアル計画

http://www.sakura.cc.tsukuba.ac.jp/~shisetsu/05cr.html

・東大生協HP

http://www.utcoop.or.jp

・大学学食ランキング

http://www.nikkei.com/news/ranking/article/g=96958A96889DE1E7E7EAE3E3E3E2E3E6E3E2E0E2E3E385E2E3E2E2E2

http://gakushoku.info/?p=1077

http://univlog.jugem.jp/?eid=2221

・筑波大学キャンパス・施設紹介

http://www.tsukuba.ac.jp/campuslife/campus.html

・BGMの効果及び問題点の研究―知的作業時を中心に-

谷口葉月

http://www.art.hyogo-u.ac.jp/hrsuzuki/students/hatuki.pdf

・社会的ジレンマ班 第三エリア 学生食堂 混雑改善計画 

               ~混雑とは、避けられるもの~

http://toshisv.sk.tsukuba.ac.jp/jisshu/jisshu1/report/2010/g4_dilemma/

・平成22年度 学生生活実態調査(学群)

・平成20年度 学生生活実態調査(学群)