slide1 n.
Download
Skip this Video
Loading SlideShow in 5 Seconds..
?????? + ????? + ????? ???? Web ?????????????? 2009 ? PowerPoint Presentation
Download Presentation
?????? + ????? + ????? ???? Web ?????????????? 2009 ?

Loading in 2 Seconds...

play fullscreen
1 / 11

?????? + ????? + ????? ???? Web ?????????????? 2009 ? - PowerPoint PPT Presentation


  • 99 Views
  • Uploaded on

慶應義塾大学 + 早稲田大学 + 伊藤忠商事 「次世代 Web サービス企画・開発プログラム 2009 」. 2009 年 7 月 伊藤忠商事株式会社 メディア・ネットビジネス部 ネットビジネス課. 「次世代 Web サービス企画開発プログラム 2009 」とは. 1. 意義. 学生の革新的・独創的なアイデア、技術、企画・開発能力の発掘・育成。 起業家を志す学生の支援・育成。. 2. 概要. 学生から企画案・開発案を募り、有望な提案に対して 伊藤忠及び伊藤忠グループ企業での将来におけるビジネス化の可能性を追求する。. 3. 提案テーマ.

loader
I am the owner, or an agent authorized to act on behalf of the owner, of the copyrighted work described.
capcha
Download Presentation

PowerPoint Slideshow about '?????? + ????? + ????? ???? Web ?????????????? 2009 ?' - kirtana


An Image/Link below is provided (as is) to download presentation

Download Policy: Content on the Website is provided to you AS IS for your information and personal use and may not be sold / licensed / shared on other websites without getting consent from its author.While downloading, if for some reason you are not able to download a presentation, the publisher may have deleted the file from their server.


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - E N D - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
Presentation Transcript
slide1

慶應義塾大学 + 早稲田大学 + 伊藤忠商事

「次世代Webサービス企画・開発プログラム2009」

2009年7月

伊藤忠商事株式会社

メディア・ネットビジネス部

ネットビジネス課

slide2

「次世代Webサービス企画開発プログラム2009」とは「次世代Webサービス企画開発プログラム2009」とは

1. 意義

学生の革新的・独創的なアイデア、技術、企画・開発能力の発掘・育成。

起業家を志す学生の支援・育成。

2. 概要

学生から企画案・開発案を募り、有望な提案に対して伊藤忠及び伊藤忠グループ企業での将来におけるビジネス化の可能性を追求する。

3. 提案テーマ

革新的な先端技術・独創的なアイデアをベースにした

次世代Webサービス/ビジネスモデルの企画・開発。

4. 参加対象者

慶應義塾大学および早稲田大学の学生。

slide3

2009年度プログラム概要

  • ゴール

 一次審査を通過したグループは、最終報告会に向けて以下を作成し、最終発表会

 にて発表。発表内容を審査員が審査し、優秀な案件を表彰。(必ずしもプロトタイプ・デモの必要としないが、実現可能性を含めその根拠を明確に示すことを条件とする)

    • 企画・研究開発した内容/成果物/ソフトウェアの説明及び報告。(定量結果含む)
    • サービスモデル/ビジネスモデルの報告。
    • 企画・開発成果物のデモンストレーション/ビジネスプランの有効性・収益性を裏付ける根拠の提示。
  • 表彰
    • 最優秀賞 (1件/両大学)
    • 優秀賞 (1件/大学)
    • 佳作 (数件/両大学)
    • 伊藤忠賞    (適当数)
    • 副賞 (最優秀賞、優秀賞、佳作、伊藤忠賞受賞者を予定)
      • シリコンバレー視察への招聘(予定)
  • 研究テーマ
    • 革新的な先端技術・アイデアをベースにした新規Webサービス/ビジネスモデルの企画・開発。
  • スケジュール
    • 7月~9月 : 応募(締切:9月○日)
    • 9月 :一次審査会 (日時: 9月○日)

(研究開発対象案件の選定)

    • 10月-10年1月  : 企画・研究開発 (4ヶ月間)
    • 09年2月 : 最終審査会
    • 09年3月 : シリコンバレー視察への招聘
slide4

プログラム推進方法

応募

一次

審査会

企画・FS

研究開発

最終

審査会

ビジネス化

検討

応募

  • 研究テーマ
    • 革新的な先端技術・アイデアをベースにした新規Webサービスの企画・開発。
  • アプローチ方法
    • テクノロジーアプローチ: 技術/アプリケーションアイデアからのアプローチ。
    • ビジネスアプローチ : サービスモデル/ビジネスモデルアイデアからのアプローチ。
    • 若しくは上記両方からのアプローチ。
  • 企画提案書内容
    • サービス/アプリケーションの概要。
    • ビジネスプラン(想定するビジネスモデル、収益モデルとその規模)。
    • 研究開発体制(協力者も含めた人員)。
  • 応募方法
    • 企画提案書を各研究室の先生経由にて事務局に提出。
  • 注意点
    • グループに所属し参加する場合は、1グループあたり最大3名までとする。
    • 最終報告会では、提案するWebサービス/アプリケーションが稼動することが望ましいが、その有効性を示す根拠があれば必ずしも「稼動」を条件とはしない。
    • 学内外問わず、過去発表・提出されたもの、卒業/修士研究と全く同様なものは受け付けない。
  • 応募締切:9月15日(火)
slide5

応募

一次

審査会

企画・FS

研究開発

最終

審査会

ビジネス化

検討

一次審査会

- 企画提案書をベースとしたサービスモデル/ビジネスモデルのプレゼンテーション。

  • 審査基準
    • 革新性、独創性のある企画/アイデアであること。
    • 実現性があり、かつ将来性の見込めるビジネスプランであること。
  • 審査員
    • メンター方、先生方、伊藤忠商事、伊藤忠グループ企業
  • 一次審査通過案件
    • 2校合わせて10件程度

*評点方式により、獲得点が一番多かったグループから、上位10件程度を決定。

・一次審査会日時: 2009年9月下旬

slide6

応募

一次

審査会

企画・FS

研究開発

最終

審査会

ビジネス化

検討

研究開発

- 最終審査会に向けて企画・研究開発を実施。

  • 企画・研究開発の内容
    • サービスモデル/ビジネスモデルの詳細設計。
    • ビジネストライアル、F/S(Feasibility Study)の実施。
    • 企画したWebサービス/アプリケーションの企画・開発を行い、βバージョンとしてリリース/公開(可能であれば)
    • サービスの定量測定 or 定量根拠の詳細を作成(開発を行わない場合)
  • 各グループに担当メンターをアサイン(検討中)
slide7

応募

一次

審査会

企画・FS

研究開発

最終

審査会

ビジネス化

検討

最終審査会

  • 企画・研究開発結果報告書の作成
    • 企画・研究開発した内容/成果物の説明及び報告。(定量結果含む)
    • サービスモデル/ビジネスプラン。
    • 企画・開発成果物のデモンストレーション/ビジネスプランの有用性・収益性を裏付ける根拠の提示。
  • 最終審査会
    • 企画・研究開発結果報告書の発表。

[審査基準]

- サービス/アプリケーションとして実稼働していることが望ましいが、   デモがない場合その有効性・収益性を提示すること。

- 革新性、独創性のある技術/アイデアであること。

- ユーザにとって実用的かつ利用しやすいユーザビリティが提供されていること。

- 実現性があり、かつ将来性の見込めるビジネスプランであること。

・審査員

メンター方、先生方、伊藤忠商事、伊藤忠グループ企業

slide8

応募

一次

審査会

企画・FS

研究開発

最終

審査会

ビジネス化

検討

  • 表彰
    • 最優秀賞(1件) : 賞金30万円/グループ
    • 優秀賞(1件/校) : 賞金10万円/グループ
    • 佳作(数件) : 賞金5万円/グループ
    • 伊藤忠賞 : 賞金30万円/グループ
  • ※ 副賞として、最優秀賞、優秀賞、佳作、伊藤忠賞受賞者にシリコンバレー視察。
  • ※ 評点方式により、獲得点が一番多かったグループから表彰。
  • ・伊藤忠賞: 伊藤忠及び伊藤忠グループ企業との共同事業化検討対象案件。
  • [賞受賞後の取り組み例]
  • - 伊藤忠及び伊藤忠グループ企業がライセンスを受ける。
  • - 学生ベンチャーに対し、伊藤忠・伊藤忠グループが出資。 等々
slide9

【ご参考】 2008年度 表彰案件ご紹介

  • 最優秀賞 :次世代商品検索エンジン emono

WEBでの口コミ(話題語)を抽出することにより、雑誌、テレビよりも早く話題性の高いキーワードを提出し、流行りそうな製品を見つける手助けをするエンジン。

  • 優秀賞 :逆連想語抽出による検索連動型広告出稿キーワード生成支援サービス

 人の頭では思いつきにくい/競合が思いつきにくい逆連想語を抽出することにより、現在急成長を持続している検索連動型広告上にて効果の高いワードを低価格で入札できる仕組みを提供出来る仕組み。

  • 優秀賞 : 複数人での総合的旅行プラン設計サービス~旅サブロウ~

 旅行目的地の地図情報・周辺情報などのマッシュアップと、タイムテーブル等を組み込んだシステムを連動させることにより複数人での詳細な旅行プランの設計・共有を可能とするサービス。

  • 佳作 : 試作品提供の場の創造 - イノーベーター理論を基にした推薦アルゴリズムの応用

 商品のサンプリング活動において、影響力の大小でインフルエンサーを分類し、他のユーザへの影響が高いユーザへ割引率の高いクーポンを提供することにより効率的なバズマーケティングを実現する仕組み。

  • 佳作 :検索エンジンを用いた日中翻訳支援システムの提案

機械的翻訳と、検索エンジンの組み合わせより、誤順・誤訳を修正し、WEB上の生き生きとした表現で日中翻訳を提供するサービス。

  • 伊藤忠賞 :該当なし
slide10

【ご参考】 2007年度 表彰案件ご紹介

  • 最優秀賞 :ベイズRSSリーダーの作成

RSSによりウェブ上で無秩序に発信されているニュースやブログの更新情報を簡単に、効率よく情報を収集することが可能。また、独自に開発したベイジアンフィルターにより、登録したサイトだけでなく、登録していない著名なサイトからも自分の 欲しい情報だけを的確に抽出し、分かり易く表示できるサービス。

  • 優秀賞 : G.C.A Global Crowd AD ~ドラマ協調作成サイト~

エンドユーザが静止画像を投稿、編集することで、簡単にドラマ、CM風コンテンツの作成が可能なYoutubeの静止画版を イメージしたサイト。広告主と協業で、広告主の商品・サービスに関連した静止画をエンドユーザが編集し、CGMベースの 広告コンテンツ作成が可能なサービス。

  • 佳作 : CHIMERA -スケジュールを介した情報管理手法-

Googleスケジューラー、Googleドキュメント、del.icio.usのAPIを利用したスケジューラーを核としたWeb情報管理サービス。 単なるスケジューラー機能に加えて、関連するドキュメント、ファイルをリンクさせることが でき、効率的に情報管理を実現 できるサービス。

  • 伊藤忠賞 :モバイルくちけーしょん

携帯電話に内蔵されているGPS機能及びメール機能を活用し、エンドユーザ所在地付近のクチコミ情報をリアルタイム且つ簡単に収集できるサービス。

クチコミ情報サービスとしての使い方以外にも、メールで簡単に所在地付近の情報を検索することも可能。例えば、「食べ ログ.com」で高評価の店舗検索や「Hotpepper」と連動したクーポン検索、等他社パートナーとの新規ビジネス構築も可能。

slide11

【ご参考】 2008年度 シリコンバレー視察

視察先

その他ベンチャー企業・展示会等

視察風景