slide1 n.
Download
Skip this Video
Loading SlideShow in 5 Seconds..
夢分析の現在 PowerPoint Presentation
Download Presentation
夢分析の現在

Loading in 2 Seconds...

play fullscreen
1 / 25

夢分析の現在 - PowerPoint PPT Presentation


  • 86 Views
  • Uploaded on

夢分析の現在. 東京国際大学 妙木浩之. フロイトの出発点. 生理学、神経学者としての出発 ヘルバルト、フェヒナーの心理学的生理学の伝統 フリースの影響と性科学の影響 『 心理学草稿(フリースへの手紙 』 の読み方.  演繹的でも帰納的でもない方法論. 脳科学の発想   優れた脳科学者で失語症(失認の概念)と小児麻痺の研究者だったフロイト イギリス経験主義的発想   ミルの翻訳をしたフロイトの連想主義的な発想    脳のネットワークモデルの近くにいた。.   フロイト自身の病. 生涯何度か体験されるめまい、失神などのヒステリー症状:母親に溺愛された子どもの不安

loader
I am the owner, or an agent authorized to act on behalf of the owner, of the copyrighted work described.
capcha
Download Presentation

PowerPoint Slideshow about '夢分析の現在' - kimberly


An Image/Link below is provided (as is) to download presentation

Download Policy: Content on the Website is provided to you AS IS for your information and personal use and may not be sold / licensed / shared on other websites without getting consent from its author.While downloading, if for some reason you are not able to download a presentation, the publisher may have deleted the file from their server.


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - E N D - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
Presentation Transcript
slide1

夢分析の現在

東京国際大学

妙木浩之

slide2
フロイトの出発点
  • 生理学、神経学者としての出発
  • ヘルバルト、フェヒナーの心理学的生理学の伝統
  • フリースの影響と性科学の影響

『心理学草稿(フリースへの手紙』の読み方

slide3
 演繹的でも帰納的でもない方法論
  • 脳科学の発想

  優れた脳科学者で失語症(失認の概念)と小児麻痺の研究者だったフロイト

  • イギリス経験主義的発想

  ミルの翻訳をしたフロイトの連想主義的な発想

   脳のネットワークモデルの近くにいた。

slide4
  フロイト自身の病
  • 生涯何度か体験されるめまい、失神などのヒステリー症状:母親に溺愛された子どもの不安

   ⇒『夢判断』(1900):父親の死

  • 鉄道の体験がトラウマになって、共症的な体験になっている。父親のとの関係を中心に分析した。
slide5
フリース
  • ベルリンの耳鼻科医:バイオリズムの創始者
  • 鼻粘膜と性器が対応している。
  • 人間は両性具有である。
  • すべての人間には二つの周期が重なって存在している。
slide6
フロイトの発見までの経緯①

フロイト個人の問題

  • ニコチン中毒
  • 偏頭痛
  • ヒステリー的神経症症状

Plus:子どもたちの世話、経済的な庇護

slide7
 夢分析の発想

1895年7月25日

  「イルマの夢」をみて、記念碑的な着想を得た。

  連想主義と脳神経モデル、そして連想の拡張から分析の手法を思いついた。

⇒夢の意味の解明方法(この100年間ほとんど変わることなく続いている手法)

slide8
 夢分析の手法(要素分析)
  • 夢を記録する≒夢テキスト(顕在夢)
  • そのテキストの部分(語、文)の、部分部分に対して連想を拡げる  ≒連想テキスト
  • 連想テキスト、その要素のなかで反復している主題を見つける≒反復主題の発見
  • 前日、あるいは最近の記憶と照合させる。
  • 照合させた主題の自分自身の人生における意味を見出す。
slide9
フロイトの発見までの経緯②

1896年 父親の死.

深刻な対象喪失.

→自己分析.

夢分析の例 「年老いた紳士と駅にいる。老人に尿瓶を出す。その老人の世話をする。」.

そして尿意で目を覚ます。

連想:幼児期の両親の寝室での話。

ライプチヒに向かう汽車のなかの母親の話.

slide10
フロイトの発見までの経緯③
  • 母親の裸体の出来事から数年後

フロイトは怖い夢を見た。「 そこでは母親が鳥の頭をした人に寝かされる。」

そして夢の解読の結果:父親への死の願望と母親への性的な願望を発見する

→エディプス・コンプレックスの発見

個人的な発見からコンプレックス

slide12
 抵抗の発見
  • ブルクヘルツリにおけるビンスワンガーやユングの言語連想検査

  ドンデルス以後の反応時間論

   ⇒フロイトとユングの出会い

  • 催眠における変性意識への抵抗
  • 連想における停止=抵抗の現れとして分析の対象にしはじめる。
  • 性図式の中での禁止
slide13
夢の分析
  • 科学的なモデルの提示

顕在内容

不安夢

二次加工

夢は無意識への王道:願望充足である

夢の仕事

日常残渣

潜在内容

slide14
夢の研究の歴史的文脈から

歴史的展望:夢は

1.願望充足、眠りの守護者であり、防衛によって行われる変形の産物である(フロイト) →

イド、性的、攻撃的衝動、超自我の禁止、自我の統制機能

2.心的産物、橋渡し的でメタファーに近い(シャープ)

3.素直なもの、無意識的な想像活動であり、

自分への交流(ライクロフト)

slide15
4.スクリーンである、分析者が眠りから覚醒を生む媒介となる(レヴィン)4.スクリーンである、分析者が眠りから覚醒を生む媒介となる(レヴィン)

5.容器、潜在空間であり、夢見るキャパシティがある(ビオン-メルツアー、ウィニコット-カーン)

6.それを語ることの重要性(ウィニコット、シェーファー)

:歴史的には、REM睡眠の発見と、睡眠研究の発展のインパクトがある

(守護仮説→活性化仮説への移行)

slide16
夢の研究の文脈から

Day Residue, Recall residues,

and Dreams(1971) JAPA

夢は抑圧や力動的な意味、発生論的な側面よりもむしろ主たる外傷(外的事象)と次の二つの間の結びつきの周辺に現われる

(1)日常残余、顕在夢、潜在夢内容とが

等 しく織りなすネットワーク

(2)分析的な関係

slide17
最近のネットワークの進化のなかで
  • 還元主義的な発想の閉塞からテクノロジーが抜け出していること

  ⇒自由な心は閉ざされていない。

  • 不自由な背景は、心の防衛にある。

  検閲、抵抗、そして防衛の発見につながる理論的な発展

     何が自己発見的なものかの分析

slide18
  その後の夢の研究から

Hobsonら

REM睡眠の発見とその後の夢解釈

  活性化する脳⇒脳内整理、脱学習

今日脳の活性化の残存物が夢であり、夢そのものに意味があるとは考えられていない。

⇒語りとしての夢≒連想テキストを自由に展開して、心のなかの結合を再統合する物語

slide19
方法としての夢の分析
  • 繰り返し現れる類層構造

XはYが好きである。でもYはXを裏切る。だからXはYを捨てる。

  • 言語構造の類比としての夢(無意識)構造

   さまざまな防衛によって

    能動が受動に

XがYに変わる。

slide20
 防衛と変形(スッペスとワレン)

l 行為者変形

(1.1)行為者としての自己(S)→行為者としての他者(O)

(1.2)行為者としての他者(O)→行為者としての自己(S)

2 行為変形

(2.1)行為(A)→反対行為(OpA)

(2.2)行為(A)→行為の否定(DenialA)

(2.3)行為(A)→行為の知性化(NeutralA)

(2.4)行為(A)→行為の強化(IntensifA)

3 対象変形

(3.1)対象x→対象としての自己(odS)

(3.2)対象y、但しx≠y、y≠自己

slide21
 変形と防衛

S+A+X

  • 移動     変形1S+A+y
  • 反動形成  変形1S+OppA+x
  • 否認     変形1S+DenialA+x
  • 投影     変形2O+A+y
  • 同一化    変形2 S0S+A+x
slide22
ミニマリスト・プログラム(Chomsky、1995)ミニマリスト・プログラム(Chomsky、1995)

語彙目録

{Numeration}

Spell-Out

音声解釈を与える運用システム

PF表示

LF表示

意味解釈を与える運用システム

slide23
1.The children ate the turkey.

PAST

PAST ate

the eat

the children eat the

the turkey

slide24
 夢分析⇒連想と分析
  • 詳しく話を聞く
  • そこでの連想をできる限り広げる
  • 反復する主題:XがYを好きである、でもYはXを裏切る。だからXはYを殺す(など)
  • それを最近の記憶と照合する
  • 潜在内容を発見する。
slide25
 発見された反復
  • 性の欲動のパターン化
  • 対象との関係をパターン
  • 性と対象の反復
  • 対象選択

→そうした反復はなぜ起こるかを考えるようになる:メタ心理学草稿