slide1 n.
Download
Skip this Video
Loading SlideShow in 5 Seconds..
二次チェック PowerPoint Presentation
Download Presentation
二次チェック

Loading in 2 Seconds...

play fullscreen
1 / 1

二次チェック - PowerPoint PPT Presentation


  • 134 Views
  • Uploaded on

心電図. 疼痛緩和 収縮期血圧 >90 mmHg ならばニトログリセリン 0.4mg (最大 1.2mg まで)を 舌下投与     ± モルヒネ( 1 回量) 3-5mg を痛みがなくなるまで反復投与. 二次チェック. 抗血小板療法 アセチルサリチル酸錠剤 160-325mg を噛んで服用(または静注) + クロピドグレル 300mg を経口投与. ST 上昇心筋梗塞. 非 ST 上昇心筋梗塞 ー不安定狭心症. 次の場合は 経皮的冠動脈治療 が望ましい ・ 経皮的冠動脈治療を 90 分以内に開始 可能  (症状持続が 3 時間未満であれば 60 分  以内)

loader
I am the owner, or an agent authorized to act on behalf of the owner, of the copyrighted work described.
capcha
Download Presentation

PowerPoint Slideshow about '二次チェック' - kedem


An Image/Link below is provided (as is) to download presentation

Download Policy: Content on the Website is provided to you AS IS for your information and personal use and may not be sold / licensed / shared on other websites without getting consent from its author.While downloading, if for some reason you are not able to download a presentation, the publisher may have deleted the file from their server.


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - E N D - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
Presentation Transcript
slide1

心電図

疼痛緩和 収縮期血圧>90 mmHgならばニトログリセリン0.4mg(最大1.2mgまで)を

舌下投与    ±モルヒネ(1回量)3-5mgを痛みがなくなるまで反復投与

二次チェック

抗血小板療法 アセチルサリチル酸錠剤160-325mgを噛んで服用(または静注)

+クロピドグレル300mgを経口投与

ST上昇心筋梗塞

非ST上昇心筋梗塞

ー不安定狭心症

次の場合は経皮的冠動脈治療が望ましい

・ 経皮的冠動脈治療を90分以内に開始 可能

 (症状持続が3時間未満であれば60分  以内)

・血栓溶解療法が禁忌

・症状が3時間以上持続

・心原性ショック(または重度左心不全)

付加的治療:未分画ヘパリン

糖蛋白Ⅱb/Ⅲa受容体遮断薬を考慮

早期侵襲的治療方針

未分画ヘパリン

(目標aPPT値50-70秒)

ハイリスク患者では糖蛋白Ⅱb/Ⅲa受容体遮断薬

次の場合は血栓溶解療法が望ましい

・禁忌がなく、経皮的冠動脈  治療開始までに90分以上を 要する

・症状持続が3時間以内で

 経皮的冠動脈治療開始までに 60分以上を要する

付加的治療:75歳未満で未分画ヘパリン、低分子量ヘパリンも可

保存的治療

または侵襲的治療を待機的に

未分画ヘパリンまたは低分子量

ヘパリン(エノキサパリン)

チロフィバンやエプチフィバチドの考慮も可

予防的治療: (禁忌でなければ): βブロッカー、ACE阻害薬

図 5.2急性冠症候群の徴候や症状を呈する患者の早期治療