slide1 n.
Download
Skip this Video
Loading SlideShow in 5 Seconds..
日本のゴミ問題 PowerPoint Presentation
Download Presentation
日本のゴミ問題

Loading in 2 Seconds...

play fullscreen
1 / 13

日本のゴミ問題 - PowerPoint PPT Presentation


  • 107 Views
  • Uploaded on

日本のゴミ問題. 清水雅斗  1086568c. 日本のゴミ処理状況. 排出から最終処理までの主な流れ. 排 出. 中間処理. 再生利用. 最終処分(埋め立て). 中間処理と最終処分場について. 中間処理の目的 減量化、安定化、無害化 処理方法 消却、溶解、破砕、脱水、選別 最終処分場の種類 安定型・・・腐敗したり有害物質が溶出しない産廃 管理型・・・腐敗性があり地下水を汚染する恐れのある産廃 遮断型・・・通常の方法では無害化が困難な産廃 最終処分場の新規施設数は減少してきている. 産廃税の概要. 三重県で初めて導入 以後 27 道府県1都市が導入

loader
I am the owner, or an agent authorized to act on behalf of the owner, of the copyrighted work described.
capcha
Download Presentation

PowerPoint Slideshow about '日本のゴミ問題' - jodie


An Image/Link below is provided (as is) to download presentation

Download Policy: Content on the Website is provided to you AS IS for your information and personal use and may not be sold / licensed / shared on other websites without getting consent from its author.While downloading, if for some reason you are not able to download a presentation, the publisher may have deleted the file from their server.


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - E N D - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
Presentation Transcript
slide1

日本のゴミ問題

清水雅斗 1086568c

slide2
日本のゴミ処理状況
  • 排出から最終処理までの主な流れ

排出

中間処理

再生利用

最終処分(埋め立て)

slide3
中間処理と最終処分場について
  • 中間処理の目的
      • 減量化、安定化、無害化
  • 処理方法
      • 消却、溶解、破砕、脱水、選別
  • 最終処分場の種類
      • 安定型・・・腐敗したり有害物質が溶出しない産廃
      • 管理型・・・腐敗性があり地下水を汚染する恐れのある産廃
      • 遮断型・・・通常の方法では無害化が困難な産廃
  • 最終処分場の新規施設数は減少してきている
slide4
産廃税の概要
  • 三重県で初めて導入
    • 以後27道府県1都市が導入
  • その目的
    • 政策目的
      • 排出源で発生を抑制、県外からの流入抑制、リサイクル促進
    • 財源調達目的
      • 制度基盤の形成、リサイクル技術開発に必要な財源調達
  • 課税方法 
      • 搬出課税型
      • 処分地課税型
slide5
三重県•滋賀県の例

課税客体・・・中間処理施設または最終処分場への廃棄物の搬入量

納税義務者・・・廃棄物の排出事業者

免税点・・・年間排出量1000トン未満(三重)500トン未満(滋賀)

排出

中間処理

課税

slide6
北九州市の例

課税客体・・・市内の埋め立て処分場で廃棄物を処分すること

納税義務者・・・廃棄物の最終処分業者

免税点・・・なし

排出

中間処理

最終処分

課税

slide7
問題視されていること
  • 二重課税問題
    • 三重型と北九州市型の自治体が隣り合わせにあった場合、排出時と最終処分時にとで二度課税される可能性
    • 導入していない県にばかりゴミが流入する可能性
  • ゴミの移動に伴う財源の移動性
    • 地方税の課税客体は安定性のある方が望ましいとされている
  • 財源の偏在性
    • 最終処分課税型で見た場合非常に偏る
    • 排出段階での課税の方が望ましい

しかし現段階で三重と滋賀のみ導入で少数派

slide8
循環型社会形成に向けて
  • 拡大生産者責任制度(EPR)
    • OECDから提案された概念
    • 製品に対する生産者の物理的および財政的な責任が製品の使用後にまで拡大される環境政策アプローチ
    • 生産物が廃棄物になったときにその回収、処理、リサイクルを自らの責任で行われなければならない
    • 地方自治体の負担軽減、環境に配慮した製品設計を促す
slide9
ドイツの場合
  • DSD
    • 容器包装リサイクルシステム
      • 緑のマークを付けて販売
      • DSD社がマークのついたゴミを無料で回収して処分までを行う
      • そのマークの使用量を生産企業が支払う
      • DSD社の負担は企業の負担へと転嫁される
      • それ以外のごみは自治体が有料収集
slide10
フランスの場合
  • EE(エコ•アンバラージュ)
      • ゴミの回収は地方自治体が行う
      • 処理をEE社が行う
      • 緑のマーク使用量を企業が支払う
      • 収集にかかる費用を重量に応じてEE社が支援する
        • 自治体が効率よく収集すれば利益が生まれる
slide11
提言
  • 産業廃棄物税の国税化
    • 最終処分課税型に統一・・・税の公平性
    • 二重課税問題、ゴミの流出問題解消
    • 税金は一定水準以上削減出来た企業への支援金へ
  • 一般廃棄物に関してはフランスモデルを導入
    • 自治体が回収
    • 仲介業者が処理•リサイクル
    • 回収費用は支援
slide12
論点
  • 地方の事情に合わせることができる地方税のままの方がよいのではないか
  • 企業への負担が大きくなり経済活動に悪影響が及ぶのでは
  • 家庭の協力を得られるか
    • 普通のゴミと無償回収のゴミと一緒に捨てられてしまうのではないか
slide13
参考資料
    • 金子林太郎『産業廃棄物税の制度設計』白桃書房.2009
    • 上林健一『産業廃棄物処理が分かる本』日本実業出版社.2006
    • 北村喜宣『揺れ動く産業廃棄物法制』第一法規出版.2003
  • URL
    • https://library.kanto-gakuin.ac.jp/webopac/bdyview.do?bodyid=NI20000029&elmid=Body&lfname=link/02li.pdf