slide1 l.
Download
Skip this Video
Loading SlideShow in 5 Seconds..
欧米企業に負けるな!日系化             粧品企業の課題 PowerPoint Presentation
Download Presentation
欧米企業に負けるな!日系化             粧品企業の課題

Loading in 2 Seconds...

play fullscreen
1 / 17

欧米企業に負けるな!日系化             粧品企業の課題 - PowerPoint PPT Presentation


  • 47 Views
  • Uploaded on

2007 年度 公開ゼミナール 報告. 欧米企業に負けるな!日系化             粧品企業の課題. 05w120 シュ ギョクバイ 05w142 ソウ リョウ. 目次. 第1章 なぜ、化粧品は平成不況の中にも成長し、注目されているか    1-1.化粧品人口の伸びと日本化粧品の人気化    1-2.女性スタイルの変化と日本市場での成熟で中国市場に展開 第2章 日本市場での化粧品ブランド戦略 ―― 担当者:宋亮    2-1 化粧品業界動向    2-2 売上シェアと大手メーカー    2-3 スキンケアは成功の鍵    2-4 激変する流通別構成比

loader
I am the owner, or an agent authorized to act on behalf of the owner, of the copyrighted work described.
capcha
Download Presentation

PowerPoint Slideshow about '欧米企業に負けるな!日系化             粧品企業の課題' - jenski


An Image/Link below is provided (as is) to download presentation

Download Policy: Content on the Website is provided to you AS IS for your information and personal use and may not be sold / licensed / shared on other websites without getting consent from its author.While downloading, if for some reason you are not able to download a presentation, the publisher may have deleted the file from their server.


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - E N D - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
Presentation Transcript
slide1

2007年度 公開ゼミナール 報告

欧米企業に負けるな!日系化             粧品企業の課題欧米企業に負けるな!日系化             粧品企業の課題

05w120シュ ギョクバイ

05w142ソウ リョウ

slide2
目次
  • 第1章 なぜ、化粧品は平成不況の中にも成長し、注目されているか

   1-1.化粧品人口の伸びと日本化粧品の人気化

   1-2.女性スタイルの変化と日本市場での成熟で中国市場に展開

  • 第2章 日本市場での化粧品ブランド戦略――担当者:宋亮

   2-1 化粧品業界動向

   2-2 売上シェアと大手メーカー

   2-3 スキンケアは成功の鍵

   2-4 激変する流通別構成比

   2-5 外資系ブランドの動向

  • 第3章 中国市場での化粧品ブランド戦略――担当者:朱ギョクバイ

   3-1 中国化粧品市場の現状と見通し

   3-2 主なブランド企業の市場調査とその分析

3-3 化粧品の販売チャネルと企業別から見る流通戦略

       3-3-1.フランス・ロレアルグループの場合

       3-3-2.日本・資生堂グループの場合

  • 第4章 結論

      ・日本市場でのスキンケアと男性化粧品の拡大

      ・中国市場での販売チャネルの確保とブランド戦略の必要性

slide3
第1章 なぜ、化粧品は平成不況の中にも成長し、注目されているか第1章 なぜ、化粧品は平成不況の中にも成長し、注目されているか
  • 化粧品人口の伸び
  • 人気が高まる日本製化粧品
  • 女性ライフスタイルの変化
  • 日本市場の成熟で中国市場に展開
slide4
第2章 日本化粧品市場現状

2-1.化粧品業界動向

『日経産業新聞』によれば、2005年の化粧品の国内出荷額は前年比6.0%増の1兆3146億円であり、各社とも高付加価値型商品が好調であった。

一方、化粧品の輸出入額については、日本の大手各社は海外市場に販路を拡大し、販売を強化している。国内だけでなく海外におけるマーケティング投資によって、収益性改善の期待が高まっている。

slide5
2-2. 売上シェアと大手メーカー
  • 資生堂:化粧品業界の盟主の座を守り続ける
  • カネボウ:2004年5月、新しくカネボウ化粧品として再スタートする
  • コーセー:ブランド戦略を得意で絶好調である
  • 花王:百貨店向けの高級ブランド品にも進出する

  出典:「市場占用率2005年度」P333

slide6
2-3.スキンケアは成功の鍵

出典:「化粧品マーケティング2005」

slide7
2-4.激変する流通別構成比

出典:「化粧品業界のことよく分かる」本

slide8
2-5.外資系ブランドの劣勢

日本系優勢

外資系劣勢

基礎化粧品でブランドを支える固定顧客をつくり

美容えることなく、じっくり商品を開発

発売日の延期や在庫切れという事態の頻発

新製品や限定品の乱発

slide9
第3章.中国市場での化粧品ブランド戦略

3-1.中国化粧品市場の現状と未来

① 1996年~2005年における中国化粧品市場規模推移

出所:http://www.cjcci.biz/sansi_pdf_2004/2_3_3.htm

http://www2.mdbnet.com/chinainfo2/databank/kagaku_gomu/012.html

slide10

第3章.中国市場での化粧品ブランド戦略

3-1.中国化粧品市場の現状と未来

化粧品総販売額から見れば

1996年 220億元

に対して

2001年 410億元

2005年 960億元 対前年比は12.9%の増加

さらに

経済学者によると

slide11

3-2. 主なブランド企業の市場調査と結果3-2. 主なブランド企業の市場調査と結果

スキンケア(特に美白)が中心

ブランド構築の絶好のチャンスである

メリット

しかし

フレグランスが中心

 優れた条件があっても、完全に欧米企業に勝つとは言えない

slide12

2003年中国16都市女性に対する化粧品のイメージ調査2003年中国16都市女性に対する化粧品のイメージ調査

  •  P&Gグループ
  •  資生堂グループ
  •  ロレアルグループ
slide13
3-3.中国における化粧品販売チャネルと企業別の流通戦略3-3.中国における化粧品販売チャネルと企業別の流通戦略

販売チャネル:

 1. プレステージクラス(外資系超優良百貨店、優良百貨店)

 2. ミドルクラス(国営の一般百貨店、化粧品店)

 3. マスクラス(大型量販店、svc)

流通戦略:

 1.買収および提携先の現地企業が持つ販路の活用

 2.既存流通を整備・組織化する

slide14

1.買収および提携先の現地企業が持つ販路の活用1.買収および提携先の現地企業が持つ販路の活用

フランス・ロレアルの場合

    • 中国に進出の手遅れの政策
    • ブランドの充実
    • 市場の拡大―マス・ミドルの確定
    • 売り上げの増加
  •    「小護士」53億円+「羽西」51億円=100億円

結果として、

2006年の売上は1997年より25倍に達した

slide15
日本・資生堂の場合

2.既存流通を整備・組織化する

高級百貨店未進出の地方都市には

・個人経営化粧品店と契約を結び

・2003年9月  「煥采空間」の展開

・2004年3月  「オプレ専門店」の設立

―国民的ブランド

こうすることによって

  ・ 高級からミドル・マスまでブランドの充実化

  ・より多くの消費者の獲得

slide16

資生堂(株) 2001年~2006年 売上と利益

単位:万円

  • 資生堂各年の決算短信とアニュアルレポートから集計したデータ

出所:http://www.shiseido.co.jp/ir/library/library.htm

・2003年から2006年のアジア売上

  急成長期でほぼ4,500万円を増加した

・各年度の総売上に占める割合の増加

2006年 13.17%と高い数値となり

・2006年 営業利益も2001年と比べれば約3倍

slide17
第4章 結論

日本市場

・消費者関心の高まりスキンケア市場の構成比は

年々拡大

・男性は「美的意識の変化により、大手メーカーは

「メンズ化粧品」に注力

中国市場

   ・経済発展とともに化粧品消費の増加と市場の拡大

   ・メインチャネルである百貨店は勝つ為のポイント

     そのため、

   ・提携や買収によって、販売チャンネルの確保が重要

   ・「美白」という共通テーマに合致したブランド戦略も必要