著 作 権(3) まとめと補足 - PowerPoint PPT Presentation

slide1 n.
Download
Skip this Video
Loading SlideShow in 5 Seconds..
著 作 権(3) まとめと補足 PowerPoint Presentation
Download Presentation
著 作 権(3) まとめと補足

play fullscreen
1 / 30
著 作 権(3) まとめと補足
119 Views
Download Presentation
jens
Download Presentation

著 作 権(3) まとめと補足

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - E N D - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
Presentation Transcript

  1. 著 作 権(3) まとめと補足 情報社会と情報倫理 第7回

  2. 著 作 物 • 著作物とは“思想又は感情を創作的に表現したもの” • コンピュータのプログラムも含まれる • 著作権法で保護されるものは表現

  3. 権利保護と著作物活用 • 創作意欲を高めるために“独占” • 先人の業績の活用を図るために“期限” • 一定期間の独占

  4. 著 作 権 の 全 体 像(再) 誰の権利 どんな権利

  5. 財産権と人格権 • 財産権 • 大雑把に複製権 • 譲渡可能(著作権者) • 人格権 • 公表権・氏名表示件・同一性保持権 • 譲渡不可

  6. 映 画 ・ 放 送(1) • 映画 • 俳優の了解を得て録画(撮影)された実演については,俳優の著作隣接権の財産権が消滅 • 映画をテレビで放映したり,DVD化しても俳優には(金銭的)権利がない • 映画撮影の契約のときに,その分を含めてギャラを決める(原則)

  7. 映 画 ・ 放 送(2) • テレビ • 同様に放送の了解を得ている場合は,放送局は無断で録画できる • ただし,録画したものは放送の目的にしか使うことはできない

  8. 映 画 ・ 放 送(3) • テレビドラマなどを,DVD化など再利用する場合には,関係者(俳優その他)全員の承諾が必要になる • 映画と同じように,録画の了解を得ておけば不要 • 時間が経過すると困難 • 文化庁長官の裁定で利用可能になる • 2009年改正で緩和

  9. 図 書 館(1) • 図書館員による複製 • 非営利・無料の貸出し • これらは著作権者の権利を制限している • 同じ本を複数,貸出し用に購入していることなどがあるので,権利者側から是正が求められている

  10. 図 書 館(2) • 複製に関しては,著作権情報センターの著作権Q&Ahttp://www.cric.or.jp/qa/cs03/cs03_2_qa.html • 図書館でコピーをした場合は,記録を残すことになっている! 本学図書館でも!!!

  11. 著 作 権 法 改 正 毎年改正されている 2009年改正については http://www.bunka.go.jp/chosakuken/21_houkaisei.html

  12. 2009年の改正(1)

  13. 2009年の改正(2) 日本国内に 検索サイトのサーバを 設置出来る

  14. 2009年の改正(3) 違法?合法?ダウンロードにご注意!〜著作権法改正 (政府インターネットテレビ) 2012年10月1日より 刑罰化

  15. 2012年の改正(1) • 平成24年通常国会 著作権法改正について(文化庁) (1)いわゆる「写り込み」(付随対象著作物の利用)等に係る規定の整備(“フェアユース”のこと) (2)国立国会図書館による図書館資料の自動公衆送信等に係る規定の整備 (3)公文書等の管理に関する法律等に基づく利用に係る規定の整備 …

  16. 2012年の改正(2) (4)著作権等の技術的保護手段に係る規定の整備 コピープロテクトされたDVDをリッピングする行為の違法化(罰則なし 条文は難解) (5)違法ダウンロードの刑事罰化に係る規定の整備 “違法”にアップロードされた音楽・映像を,“違法”と知っていてダウンロードする行為のうち,有償の著作物の場合は,2年以下の懲役又は 200万円以下の罰金,あるいはその双方

  17. 著作権法改正の話題(1) • 以下は,話題であって,正式に議論の対象になっていないものもある • 保護期間の延長 • 50年 → 70年 • 映画だけでなく • ただし,現行法でも,人格権については実質的に無限

  18. 著作権法改正の話題(2) • 補償金制度の見直し • 対象拡大 • 制度自体(廃止を含む) 前回のスライド

  19. 著作権法改正の話題(3) • 非親告罪化 • 被害者(著作権者)の告発なしに摘発可能 • どうなるか不明

  20. フェアユース

  21. フェアユース(1) 使用目的と性格 -商用か教育用か 著作物の性質 - 独創性 使用された部分の量 使用されたことによる影響 - 売れなくなるか • フェアユース - 公正使用 • 日本の著作権法では,例外規定が定めてある • 新しい状況に,すぐに対応しきれない • アメリカの著作権法では,一定条件下で,著作物の無断使用が認められている • 最終的には,裁判所で判断 • 日本の慣習になじまない?

  22. フェアユース(2) • フェアユースと認められた例 • ソニー 対 ユニバーサル • 家庭用ビデオによるテレビ番組の録画 • タイムシフト(時間をずらして視聴する) • 1984年アメリカ連邦最高裁判所 • http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/bunka/gijiroku/010/07101103/004/031.htm

  23. フェアユース(3) • 日本の“フェアユース”(2012年改正) • かなり限定的

  24. これから問題に • なるかもしれないことのひとつ • 歌詞つぶやいても大丈夫? RTは? Twitterと著作権を考えるhttp://www.itmedia.co.jp/news/articles/1003/19/news017.html • 新しいメディアが出現すると,著作権法の想定外の事態が生じる

  25. 著 作 権 ビ ジ ネ ス • 複製権だけがビジネスだけではない • 著作権信託で初の映画ファンド,松竹「阿修羅城の瞳で」 • http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0503/28/news066.html

  26. フ ォ ー ク ロ ア(1) • 各国・各地・各民族で古くから伝わる音楽や踊りなど無形のものや絵など有形のフォークロア • 不正に(先進国が)利用しているとの主張が途上国からなされている

  27. フ ォ ー ク ロ ア(2) • フォークロアは,その起源が古く作者が分からない(ものが多い) • 現在の著作権法では保護されない • “先人の業績を活用して”,新たな創作活動を展開 • 利用されている側からは不満

  28. 著 作 権 は 誰 の も の • 文献11 p.226 • 文献10 p.302

  29. 今 後 の 著 作 権 • 利用の促進という観点(文献13) • コンテンツ作成者が,自分の作品を積極的に使ってもらうことを意思表示する • 文化庁自由利用マークhttp://www.bunka.go.jp/chosakuken/riyoumark.html • CC(クリエィティブ・コモンズ)http://creativecommons.jp/