slide1 n.
Download
Skip this Video
Loading SlideShow in 5 Seconds..
関西リハビリ病院における CI 療法 PowerPoint Presentation
Download Presentation
関西リハビリ病院における CI 療法

Loading in 2 Seconds...

play fullscreen
1 / 10

関西リハビリ病院における CI 療法 - PowerPoint PPT Presentation


  • 321 Views
  • Uploaded on

関西リハビリ病院における CI 療法. 方法. 非麻痺側上肢をミトンで固定 麻痺側上肢のみで集中的な運動を実施. 治療期間. 約 20 日間の入院治療. 訓練内容. 作業療法士が shaping と呼ばれる段階的運動項目を設定、実施. 理学療法士が全身状態の把握や、ストレッチ、歩行訓練などを実施. 【 CI療法のイメージ図 】. 写真は 右 麻痺を想定. Shaping に用いる用具の一例. 作業療法士が適宜助言. 非麻痺側を拘束. ミトン(患手保護用のものを転用). 麻痺側を集中訓練. CI療法の適応. 関西リハビリテーション病院における適応条件.

loader
I am the owner, or an agent authorized to act on behalf of the owner, of the copyrighted work described.
capcha
Download Presentation

PowerPoint Slideshow about '関西リハビリ病院における CI 療法' - jaden


An Image/Link below is provided (as is) to download presentation

Download Policy: Content on the Website is provided to you AS IS for your information and personal use and may not be sold / licensed / shared on other websites without getting consent from its author.While downloading, if for some reason you are not able to download a presentation, the publisher may have deleted the file from their server.


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - E N D - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
Presentation Transcript
slide1
関西リハビリ病院におけるCI療法

方法

非麻痺側上肢をミトンで固定

麻痺側上肢のみで集中的な運動を実施

治療期間

約20日間の入院治療

訓練内容

作業療法士がshapingと呼ばれる段階的運動項目を設定、実施

理学療法士が全身状態の把握や、ストレッチ、歩行訓練などを実施

slide2
【CI療法のイメージ図】

写真は右麻痺を想定

Shapingに用いる用具の一例

作業療法士が適宜助言

非麻痺側を拘束

ミトン(患手保護用のものを転用)

麻痺側を集中訓練

slide3
CI療法の適応

関西リハビリテーション病院における適応条件

※以下の条件をすべて満たす対象者に対して実施

  • 母指を含む3指のIP、MP関節の随意的伸展が10度以上可能
  • 手関節の随意的伸展が20度以上可能
  • 日常生活は片手動作(非麻痺側)で自立
  • 基本的なリハビリが終了し、すでに一人で歩いている
  • 自宅で暮らしている(入院中や施設入所中でない)
  • 患者自らがCI療法について理解した上で希望されている
  • 長時間の集中訓練のストレスに耐えられる
  • 血圧やその他の病気が安定している
  • 高次脳機能障害がなく、MMSE20/30以上
slide4

対象

片麻痺を有する脳卒中後遺症で、先述の適応条件を満たす28例

性別: 男性;16例 女性;12例

年齢: 51.5±13.8歳

麻痺側: 左麻痺;10例 右麻痺;18例

発症からCI療法開始までの平均期間:

28.5±18.5ヶ月

slide5
評価項目
  • ROM Range of Motion 関節可動域評価
  • BST Brunnstrom Stage     上田式12段階グレード
  • MAS Modified Ashworth Scale 筋緊張評価
  • MI Motricity Index 筋収縮評価
  • GMT 粗大筋力検査筋力検査
  • STEF Simple Test for Evaluating

 Hand Function

  • WMFT Wolf Motor Function Test
  • FAS Function Ability Scale     動きの質的評価

総合的上肢・手指

機能検査

slide6
結果

p<0.05

ROM

47.3

41.4

Pre Tx

Post Tx

p<0.05

BST

9.6

9.3

Pre Tx

Post Tx

slide7
結果

MAS

n.s.

1.81

GMT

1.74

n.s.

Pre Tx

Post Tx

22.7

MI

22.1

Pre Tx

Post Tx

n.s.

69.9

68.3

Pre Tx

Post Tx

slide8
結果

STEF

p<0.05

FAS

32.8

24.7

p<0.05

Pre Tx

Post Tx

50.8

WMFT

46.6

Pre Tx

Post Tx

p<0.05

303.1

240.3

Pre Tx

Post Tx

slide9
まとめ

当院で施行したCI療法症例では、

  • 筋力や筋緊張、筋収縮の評価に関しては有意な改善が得られなかったが、 可動域やBSTにおいて有意な改善が得られた。
  • 総合的な上肢・手指機能テストであるSTEFとWMFTにおいては有意な改善が得られた。
  • 上肢の動きの質的評価であるFASにおいても有意な改善が得られた。
slide10
結語
  • CI療法の当院での治療成績は、アメリカでの先行研究報告と同じく、慢性期の脳卒中後遺症の上肢訓練の有効性を証明した。
  • リハビリテーション病院においては、回復期症例の治療のみにとどまらず、慢性期の機能障害症例へも明らかな改善効果が認められるこの治療法を、積極的に提供することが望まれる。