slide1 n.
Download
Skip this Video
Loading SlideShow in 5 Seconds..
周りの環境の変化に伴う住宅ビジネスの展望 PowerPoint Presentation
Download Presentation
周りの環境の変化に伴う住宅ビジネスの展望

Loading in 2 Seconds...

play fullscreen
1 / 12

周りの環境の変化に伴う住宅ビジネスの展望 - PowerPoint PPT Presentation


  • 43 Views
  • Uploaded on

周りの環境の変化に伴う住宅ビジネスの展望. 11051188 高野 敦. 住宅ビジネスの現状①. 住宅業界は、国内の業界規模としては 、国内 でも大きな マーケットである。. 平成 24-25 年の住宅業界の業界規模(主要対象企業 28 社売上高合計)は. 約 7 兆 6,839 億円. と大きな数字となっていて、日本を支える大事な産業である。. 住宅ビジネスの現状②. だが今では周りの環境によって住宅産業が縮小傾向にあるといわれている。 その 原因としては、. 人口の減少 景気 の不安定さ 住宅業界 の信頼感の低下.

loader
I am the owner, or an agent authorized to act on behalf of the owner, of the copyrighted work described.
capcha
Download Presentation

PowerPoint Slideshow about '周りの環境の変化に伴う住宅ビジネスの展望' - jacqueline-williamson


An Image/Link below is provided (as is) to download presentation

Download Policy: Content on the Website is provided to you AS IS for your information and personal use and may not be sold / licensed / shared on other websites without getting consent from its author.While downloading, if for some reason you are not able to download a presentation, the publisher may have deleted the file from their server.


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - E N D - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
Presentation Transcript
slide2
住宅ビジネスの現状①

住宅業界は、国内の業界規模としては、国内でも大きなマーケットである。

平成24-25年の住宅業界の業界規模(主要対象企業28社売上高合計)は

約7兆6,839億円

と大きな数字となっていて、日本を支える大事な産業である。

slide3
住宅ビジネスの現状②

だが今では周りの環境によって住宅産業が縮小傾向にあるといわれている。

その原因としては、

  • 人口の減少
  • 景気の不安定さ
  • 住宅業界の信頼感の低下

などがあり住宅業界に大きな影響を及ぼしている。

slide4
人的要因の変化に伴う住宅ビジネス①

近年、人口の減少が進んでいて住宅ビジネスの縮小が進んでいるのが現状である。

また、少子化の影響で若者が減少するために将来、新築の着工数も減少していくであろうと予想されている

次に、高齢者の増加によって住宅にどのような影響が出てくるのかを考えると、

  • 長く住んだ住居の増改築
  • バリアフリーなどの設置

住宅ビジネスが今後、縮小していく中で住宅産業を活性化させるためには上のようなリフォームやリノベーションに力を入れていくことがポイント!

slide5
人的要因の変化に伴う住宅ビジネス②

2世帯住宅の評価が震災前から高まっていた。

その理由としては、不景気の影響で夫婦だけでは住宅を買うことが困難である。

そして、最近2世帯住宅の新しい利用の仕方が注目されています。それは、

空いた部屋の賃貸活用

slide6
人的要因の変化に伴う住宅ビジネス②

2世帯住宅の空いた部屋の賃貸活用を考えている人は以前と比べて増加傾向にある。

その中にも空いた部屋の賃貸活用に悩んでいる人たちもいる。

賃貸として使いたいが、間取りの問題であきらめている

(月刊マガジン マネットより)

という答えが一番多かった。

そこでこれからの住宅ビジネスとしては、お客様の将来のことを先の先まで考えた住まいづくりが重要になってくるであろう。

slide7
環境的要因に伴う住宅ビジネス①

時代が変わるにつれて人々の考え方も変わっています。

近年では、新築志向から中古住宅志向への移り変わりが起こっている。その理由としては、実際新築の物件を買うより中古住宅は買い求めやすい値段になっていることや、質のいい中古住宅が増えているからである。

新築のメリット

  • 住宅の強みや住みやすさを広告媒体などで人々に宣伝することができる
  • 一から設計するため自分の思ったものに近い物件ができる
  • きれいで、清潔感がある
slide8
環境的要因に伴う住宅ビジネス②

新築のメリットを中古住宅に付加価値として付けることができれば中古住宅の需要はもっと増加するのではないか?

これを実現できるのが....

リフォーム・リノベーション

である。

この技術をより一層向上させることで、もっと中古住宅の需要を増加させることができ、住宅ストックを有効活用することができる。よって、住宅産業界は、リフォーム事業に力を注ぐべきだ。

slide9
環境的要因に伴う住宅ビジネス③

日本の異常気象や震災などにより住宅業界の信頼はダメージを受けている。よって早急な災害に対する対策が求められている。住宅業界が災害に強い住宅を作ることができれば住宅業界の信頼も回復され、住宅業界の売り上げもアップするだろうと思われている。

また住宅の管理にも大きな問題点があり、老朽化した住宅や欠陥住宅などが近年では、出回っていることがある。

この管理の対策を見直し実施することもこれからの住宅業界に必要不可欠なことである。

slide10
経済的要因に伴う住宅ビジネス①

住宅への投資には、経済の状況と密接な結びつきがあります。

今、消費税の増税により駆け込み需要が懸念されており、実際に契約数が実際に増加している住宅業者もあるという。

だが、消費税増税後の住宅需要が問題視されているのである。

消費税増加後の需要としては、だいぶ落ち込むことが予想され、

この問題を解決するためには、消費税増税前と消費税増税後の住宅への投資金額の差をできるだけ埋める政策を行わなくてはならないと思う。

slide11
住宅ビジネスの今後

住宅ビジネスの今後の活性化のために必要なこと

私がこの研究を通して一番注目したのが、リフォームの中古住宅の販売です。

中古住宅の販売をすることにより住宅ストックの有効活用を行うことができ、リフォームの技術を向上させることで人々の中古住宅に対する需要も増え住宅業界の活性化につながると思う。