slide1 n.
Download
Skip this Video
Loading SlideShow in 5 Seconds..
6 レベル3 PowerPoint Presentation
Download Presentation
6 レベル3

Loading in 2 Seconds...

play fullscreen
1 / 48

6 レベル3 - PowerPoint PPT Presentation


  • 162 Views
  • Uploaded on

再臨主の路程. 2000.1.1. (1993年~2000年). 6 レベル3. 成約時代到来. 2001. 1993年1月1日、成約時代宣布! 「成約時代」到来!神の摂理が花咲かせるときが来た。「成約時代」の中心は、「 絶対信仰 ・絶対愛 ・絶対服従 」による真の父母との内的一体化と「 真の父母と新婦圏の一体化 」の摂理であり、この8年間の目的は、それまでの長子権・父母権・王権復帰の勝利基盤の上に、心情圏・血統圏・所有権復帰を成して、2001年から神様の主権・国民・国土、即ち神様の祖国を出発することである。. 2000. 1993. 真の父母と新婦圏の一体化.

loader
I am the owner, or an agent authorized to act on behalf of the owner, of the copyrighted work described.
capcha
Download Presentation

6 レベル3


An Image/Link below is provided (as is) to download presentation

Download Policy: Content on the Website is provided to you AS IS for your information and personal use and may not be sold / licensed / shared on other websites without getting consent from its author.While downloading, if for some reason you are not able to download a presentation, the publisher may have deleted the file from their server.


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - E N D - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
Presentation Transcript
slide1

再臨主の路程

2000.1.1

(1993年~2000年)

6 レベル3

slide2

成約時代到来

2001

1993年1月1日、成約時代宣布! 「成約時代」到来!神の摂理が花咲かせるときが来た。「成約時代」の中心は、「絶対信仰 ・絶対愛 ・絶対服従」による真の父母との内的一体化と「真の父母と新婦圏の一体化」の摂理であり、この8年間の目的は、それまでの長子権・父母権・王権復帰の勝利基盤の上に、心情圏・血統圏・所有権復帰を成して、2001年から神様の主権・国民・国土、即ち神様の祖国を出発することである。

2000

1993

真の父母と新婦圏の一体化

真の父母のみ言「成約のみ言」と一体化

真の父母と摂理国家の一体化

真の父母の勝利圏相続(氏族的メシヤ)

南北統一/南米摂理/海洋摂理

心情文化世界/世界平和統一家庭連合

真の父母による祝福天宙化

slide3

成約のみ言

真の父母様は、93年からは原理講論を毎日拝読し、貸し出して伝道するように言われた。み言が直接伝道する時代に入った。その土台の上に、「成約のみ言」が世界の人々に伝えられた。(神のみ旨はみ言による再創造摂理 み言を信じ実践するのが人間の責任分担)

1992年4月10日世界女性連合創設講演 (ソウル五輪スタジアム)    

1992年9月韓鶴子女史日本講演

1992年10月韓鶴子女史米国8ヶ都市講演

1992年11月韓鶴子女史欧州8ヶ都市講演

1992年11月~12月韓鶴子女史世界巡回講演(ロシア・オーストリア・ニュージーランド・フィリピン・中国)

1993年5月~7月韓鶴子女史米国44ヶ都市巡回講演

1993年7月28日韓鶴子女史米国上院議員会館で講演

slide4

1993年9月7日韓鶴子女史国連で講演

1993年9月7日韓鶴子女史日本27ヶ所講演

1993年10月韓鶴子女史韓国40大学巡回講演

1993年10月31日韓鶴子女史韓国国会議員会館で講演

1993年11月韓鶴子女史世界40ヶ国巡回講演(ドイツ・英国・クロアチア・オーストリア・ウクライナ・ロシア・            ベラルーシ・イスラエルなど)

ロシア クレムリン

「真の父母と成約時代」のみ言を国連本部で基調講演される韓鶴子女史(93年9月7日)

台湾

slide5

「真の父母と成約時代」

‥‥今日、復帰摂理歴史の転換点で、真の母の位置にいる女性は、真の父を迎えることができる基盤を造成しなければなりません。キリスト教が新郎を迎えるのに最初に失敗したのち、神様の摂理は四十年延長し、一九九二年まで来ました。この期間、私は失われた世界的新約時代を探し立てるために、韓国、イギリス、アメリカ、フランス、日本、ドイツ、イタリアを一つにしようと祈祷しながら努力してきました。そのようにして一九九二年四月、私の夫と「世界平和女性連合」を創設し、世界的に女性時代の到来を宣布しました。

その土台の上で、昨年(一九九二年)一年間、私は真の母の心情をもって、先に列挙した七カ国はもちろん、ロシアと中国、オセアニアまで訪ねていき、現地の女性たちを動員して「世界平和女性連合」の支部を創設しました。                  このようなことを中心として、第二次世界大戦の時からカインとアベルの関係に分立されていた国々が真の母を迎え、戦後失われていた新婦の基台を復帰して真の父を迎えることができる基盤ができあがりました。このように勝利した世界的な基盤の上で、最初の真の父母となったことを宣布します。今、世界は成約時代へと入り、私たちは再び神様をお迎えして生きることができるようになりました。‥‥

「「真の父母と成約時代の安着」というのは、驚くべき言葉です。1992年、1993年、1994年、今年の4月までで3年になって、3年期間を超えるのです。とてつもない言葉です。それはどういうことかというと、「成約時代」とは創造理想が成就する時代です。「真の父母と成約時代」は、神様と真の愛を中心として真の父母が一つになり、堕落のない時代に移行して定着したということを意味するのです。」

slide6

「世界平和と世界女性時代の到来」

  1992年4月10日、韓国オリンピックスタジアムで開催  された「世界平和女性連合」創設大会及び「アジア平  和女性連合」ソウル大会で語られたみ言

「理想世界の主役となる女性」

  1992年5月から12月まで韓国、日本、アメリカなど  十三ヵ国八十八都市で韓鶴子総裁が語られたみ言 「真の父母と成約時代」

  1993年5月から国連の総会議場、アメリカ議会、韓国の四十大学を含む四十三カ国、百    十五都市、また1994年3月、アメリカの九大学などで文鮮明先生御夫妻によって宣布され    たみ言

「真の平和の根本原理」

  1994年3月27日、韓国ソウルのロッテ・ホテルで開催された第二回「世界平和会議」の時  に語られたみ言

「真の家庭と私」

  中南米の十七カ国巡回(1995・5・17~7・7)および世界十六カ国巡回講演(1995・     11・5~12・7)で宣布されたみ言

「宇宙の根本を探して」

  1996年8月1日、アメリカのワシントンD・Cで開かれた「世界平和家庭連合」創設大会で     宣布されたみ言

slide7

「救援摂理史の原理観」

  1996年9月、世界二十二カ国四十三都市での「世界平和家庭連合」結成大会と1997  年3月韓国の二十二主要都市での韓国真の家庭実践指導者大会で宣布されたみ言

「真の愛を中心とした真なる家庭と真なる宇宙」

  1997年7月、韓国の十八カ都市真の家庭実践韓国指導者大会で宣布されたみ言

「人類を救う真の家庭運動」

  1997年11月二十六日、アメリカ、ワシントンD・Cのヒルトン・ホテルで開催された第四回      「世界平和宗教会議」の創設者基調講演文

「祝福と永生」

  1998年3月18日、韓国ソウルの蚕室オリンピック体育競技場で開催された四千万双祝福  勝利歓迎および文鮮明先生のみ言訓読大会、また韓鶴子総裁来日時に語られたみ言

「生と死に対する理解」

  1998年12月19日、アメリカのワシントンタイムズ社で開催された「世界平和超宗教超国   家連合」の大会で語られたみ言

「人間の行くべき生涯路程」

  1999年1月17~25日、韓国八都市で開催された真の家庭世界化大会で語られたみ言

「真の愛は誰もが願う」

  2000年2月13日、「世界文化体育大典2000」の勝利祝賀晩餐会で宣布されたみ言

slide8

「世界と南北の統一は真の愛で」

  2000年2月10日、韓国オリンピックスタジアムで  開催された文鮮明先生御生誕八十周年記念式  の時に語られたみ言

「天宙は私の故郷と祖国」

  2000年2月10日、韓国ロッテ・ホテルで開催の  文鮮明先生御生誕八十周年記念の祝賀晩餐  会で語られたみ言

「人類を救う真の家庭運動」

  1997年11月26日、ワシントンD・Cのヒルトン・  ホテルで開催された第四回「世界平和宗教会議」の創設者基調講演文

「終末時代に人類とアメリカが進むべき道」

  文鮮明先生が2000年1月22日、アメリカのワシントンD・Cで開かれた八十回目の御生誕  祝賀集会で語られたみ言であり、韓鶴子総裁が5月、世界巡回講演の時、南米とヨーロッパ  の三十六の都市で語られた

「世界と国連が行くべき道」

  2000年8月18日、ニューヨークの国連本部第二会議場で開催された「世界平和超宗教超  国家連合」主催、「アセンブリ2000」の開会総会で語られたみ言

「国境線撤廃と真の愛の実践」

  2000年8月18日、ニューヨークの国連本部で挙行された「万国平和賞」受賞祝賀晩餐会  で語られたみ言

slide9

真の父母と新婦圏の一体化

新約時代の蕩減路程完了

1945~1952

1993~2000

40年でキリスト教の失敗を蕩減(償う)

再臨主

再臨主

25~32歳

73~80歳

“主よ来たりませ”

一体化

新婦圏

新婦圏

世界キリスト教

世界平和女性連合

全人類

全人類

キリスト教はどの宗教よりも先だって、真のアダム、新郎であるメシヤを迎えるために準備された新婦宗教

成約時代

第二次大戦後7年の摂理

slide10

  トリニダード・トバゴ

 毎年、医療物資を支援

ミャンマー地方小学校新たに設置したトイレ

赤道ギニア 洋裁学校の建設

 ザンビア派遣メンバー

slide11

真の父母と新婦圏の一体化

血統転換・重生の原理

偽りの父母

イエス

真の父

聖霊

真の母

心情

新婦宗教 キリスト教

エバ国女性

新婦圏

1993年8月 日本女性の修練会 アラスカ

1993年10月 日本女性の修練会 済州島

1994年1月 日本女性の修練会 ソウル

1994年1月~11月 日本女性の修練会 ソウル (総累計16万人、救国基金が国家的祭壇と  なり、 日本食口の精誠が結集された。)

1994年3月・8月 韓日女性姉妹結縁 ソウル

世界平和女性連合

世界宣教

世界祝福

全人類

成約時代国家的重生摂理

slide12

真の父母と摂理国家の一体化

韓日トンネル建設韓日交差祝福3万、36万‥ 総会長・韓国牧会者日本人事韓日姉妹結縁16万名訪韓女性修練会後に、Wカップ共催、韓流

92年3月 13年ぶりにご来日真の母の代身として日本女性が世界宣教へ  1600/4200/6000名‥

真の

真の父母

アダム国家

(→父国家)

エバ国家(→母国家)

父母国家

98.1.1

世界宣教

アベル国家

(→長子国家)

カイン国家

 全人類

子女国家

日本女性 訪米セミナー 日米姉妹結縁

前米国大統領夫妻、真の母と共に来日、成約のみ言の講演会に同参

slide13

日米姉妹結縁は1995年アメリカの首都ワシントンで始まり、1996年まで各地で展開された。アメリカ元大統領ブッシュ御夫妻、国会議員、故マルチン・ルーサー・キング牧師夫人ら多くの要人が参加した。女性の平和に対する役割についてのセミナーや、エンターテイメントが催され、メインには、日米の女性が舞台上の橋を両側から渡り、抱き合い互いに姉妹結縁を結ぶというブリッジセレモニーが感動的だった。日米姉妹結縁は1995年アメリカの首都ワシントンで始まり、1996年まで各地で展開された。アメリカ元大統領ブッシュ御夫妻、国会議員、故マルチン・ルーサー・キング牧師夫人ら多くの要人が参加した。女性の平和に対する役割についてのセミナーや、エンターテイメントが催され、メインには、日米の女性が舞台上の橋を両側から渡り、抱き合い互いに姉妹結縁を結ぶというブリッジセレモニーが感動的だった。

大戦という怨讐を神を中心とする姉妹の愛で溶かし、自然に熱い涙を流した。このようなことができる文鮮明ご夫妻とはどのようなお方であろうかという思いを皆が持ったのである。

バーバラ夫人も例外ではなかった。その感激を夫である元大統領に伝え、世界平和女性連合の趣旨に賛同して、韓鶴子女史の日本講演(東京ドームなど)に共に参加し講演することになったのである。

slide14

アメリカ国民の祝日「父母の日」制定

1993.5.26 韓鶴子女史が全米44か都市で講演を開始。この       講演内容に共鳴した地方自治体などのうち、韓女       史の趣旨を実現するため「真の父母の日」を宣言       する市長等が現われるようになった。

1993.7.27  ダン・バートン米下院議員が、韓鶴子女史の米議       会講演に先立ち、講演1周年に当たる「1994年7        月28日」を「父母の日」として宣言する決議案を米       議会に提出した。

1993.7.28韓鶴子女史は、米国上院議員会館において「真の父母と成約時代」と題する講        演を行なった。韓女史は現代の家庭崩壊と不倫や道徳的退廃の深刻さを訴え、        その根本解決には神の創造理想と歴史の摂理を悟ることが重要であると主張。        また、神の理想を実現するために活動しているのが統一教会であるという事実        を語った。 1993.7.28韓鶴子女史の講演を聴いた多数の上下両院議員、宗教指導者、学者らがダン・     バートン米下院議員の「父母の日」に関する決議案に賛同1994.10.4同法案は更に上院本会議において全会一致で承認された。1994.10.14 同法案に上院議長、下院議長、クリントン大統領が署名し、毎年7月第4日曜を          「父母の日」として恒久的に祝う全米国民の祝日が正式に法制化された。

(「人類史の大真実」Webより)

slide15

氏族的メシヤ

それゆえに氏族的メシヤが御父母様のみ旨、神様のみ旨を奉って自分の氏族を全部収拾するようになるならば、国が収拾されるのです。十二の氏族的メシヤさえ一つになるならば、国は復帰されるのです。時間が問題なのです。

氏族的メシヤの使命とは何ですか? 長子権を復帰することです。神様が創世してから今まで、宗教圏を中心として長子権復帰一つのために数千万年が流れたというのです。今まで長子権を復帰できませんでした。分からなかったので、復帰することができませんでした。先生が出てきて、初めて可能になるです。長子権復帰、その次には何ですか? 父母権復帰なのです。長子権と父母権を合わせて王権を復帰しなければならないのです。

氏族的メシヤの立場は、第二の真の父母の立場として、イエス様の立場より素晴らしいというのです。そのような立場を付与された、とてつもない価値があるのです。どのようなものとも、これは換えることができません。

外的な国家世界は、先生が蕩減復帰基準を立て、連結し得る基盤を築きましたが、皆さんの氏族的基盤を私が築いてあげることはできません。そうではありませんか? これが、氏族的メシヤの責任だというのです。

故郷にどのように訪ねていくのか今まで知らなかったのです。皆さんに、氏族的メシヤになれとはどういうことでしょうか? 真の父母になれということです。

slide16

なぜ氏族的メシヤとして責任分担を果たさなければならないのでしょうか? 最初の理由は、皆さんの父母を救わなければならないからです。父母は、第一のアダムの立場であり、皆さんは、第二のアダムの立場にあります。父母を復帰し、再創造してアダムの使命を完遂しなければなりません。二番目の理由は、皆さんには故郷が必要だからです。氏族的メシヤの使命を果たすことによって、自分の故郷をもつことができるようになるのです。結局、氏族的メシヤの責任分担を果たさなければならない理由は、アダム家庭の完成のためのものです。具体的には、氏族を教育しなければならないのです。なぜ氏族的メシヤとして責任分担を果たさなければならないのでしょうか? 最初の理由は、皆さんの父母を救わなければならないからです。父母は、第一のアダムの立場であり、皆さんは、第二のアダムの立場にあります。父母を復帰し、再創造してアダムの使命を完遂しなければなりません。二番目の理由は、皆さんには故郷が必要だからです。氏族的メシヤの使命を果たすことによって、自分の故郷をもつことができるようになるのです。結局、氏族的メシヤの責任分担を果たさなければならない理由は、アダム家庭の完成のためのものです。具体的には、氏族を教育しなければならないのです。

(両親・先祖)

氏族祝福

先祖

 (氏族メシヤ)

91年七一節

三大祝福

両親

(アダム)

故郷

祝福家庭

氏族160家庭

氏族メシヤ

故郷福地化

(第二アダム)

両親をはじめ兄弟・氏族を復帰し故郷を再創造

真の父母の勝利圏相続

slide17

南北統一

「統一はどこから行うかということが問題です。南北統一はどこから、どうやって行うのですか。こぶしや力でですか。力で屈服させれば、後で相手の力がより大きくなった時に再び争いが起こります。そのような方式では統一を成し遂げることができません。たとえ以南の地に暮らしてはいても、以北に暮らす彼らと本当に一緒に暮らしたいと願う心、一つにならなければならないという心があって初めて統一の道が開かれます。」

「‥南北統一は、あくまでも怨讐さえも愛するという、「ため」に生きる犠牲の真の愛の精神においてのみ可能なのです。父母が子供の面倒を見るように、兄弟が兄弟を大切にするように、北の同胞の痛みを本当に自分の痛みとして分かち合い、変わることのない神様の真の愛の中で共に会うことができるようにしなければなりません。」

「統一教会、民団、朝総連が一つにならなければなりません。日本政府を中心として一つになれば南北統一は成されるのです。」

91年12月、文鮮明師は金日成主席との歴史的会談で、自分が南北統一委員長になるから、一緒にあなたと韓国大統領とで統一のための会議をしようと提案したとも言われている。しかし、韓国の為政者が天のみ旨を受け入れることができず、韓半島がアダム国家になる道は困難をきわめるようになった。

slide18

南北統一

1995年前後から、韓国が摂理的使命を果たせなかったときの為に、地球の反対側の南米大陸に理想天国創建の摂理が準備されていった。

95.3.30 「サンパウロ宣言」

      全世界の食口が真の父母様の勝      利圏を相続し、子女の責任分担期      間となる第2次40年路程を出発

4. 3 「ニューホープファーム宣言」      (ジャルジン第一宣言)      絶対信仰・絶対愛・絶対服従

4. 7 「祝福家庭に関する宣言」

ブラジル・パンタナールが理想世界のモデル地域として準備されていった。

ジャルジン修練所では全世界の祝福家庭が40日修練会で真の父母様とともに生活し、(家庭的)天国入籍のための写真を撮る恩恵が与えられた。

公館

大講堂

食堂

宿舎

ジャルジン修練所

slide19

エマ

 アララ

真の父母様と黄金の魚ドラド

修練所の空を飛ぶ鳥

パンタナールは本州に匹敵する大湿地帯であり、動植物の宝庫である。

slide20

南米摂理

直接主管圏に入っていくための、「総生畜献納祭」の摂理がはじまった。(今までの歴史は、神とサタンが祭物を裂いてそれぞれ取ったが、直接主管圏は家庭・万物のすべてを神が取ることができる。)

1999年2月3億6千万組祝福

直接主管圏

献納

三大祝福復帰

父母子女万物

韓国

ジャルジン宣言祝福家庭ジャルジン40修天国入籍写真モデル国家建設国家的基盤確保

完成

間接主管圏

長成

南米

蘇生

アダム国家  アルゼンチンエバ国家    ブラジルアベル国家  ウルグアイカイン国家   パラグアイ

4(四位基台)×4=16

∴16数がメシヤ使命完成の数

slide21

海洋摂理

「今一日にも、六万名が死んでいっています。今、一年に二千万名が飢えて死んでいるから、一日に六万名です。六万名が死んでいく、これを父母たちが見るとき、子供たちが見るとき、兄弟たちが見るとき、胸が絞められ慟哭しうる事情が繰り広げられています。ところで、真の父母という人が、そのような同情をせず、それに対する準備をしないようになるなら、地上において在世当時、自分たちとともに生きたという条件が恨みになります。 私がそのような考えを持って、水産事業、海洋事業を中心として、万民の食糧問題を解決することができる道を準備するのです。二重、三重に苦労しても、統一教会がいちばん近い人たちになり、それを助けてあげることができる道のために、我々が世界的宣伝をして、そうすることのできる準備をするのです。

今後オーシャン・チャーチ(統一教会の青年たちの海洋訓練)をして何をするのでしょうか。海に出て行って訓練するという、その程度のものではありません。海を主管し、海を愛するのです。海を主管するからといって何をどのようにするというのではありません。創造主の本意に合うように海を主管し、海を愛する意味から、海を中心として世界を結束することができる舞台をつくろうというのです。」

slide22

なぜ一宗教指導者が釣り竿を手に、ジャイアント・ブルーフィン・ツナを求め、海のかなたへと向かって行ったのでしょうか?彼は自ら起床しボートのクルーたちを目覚めさせ、午前2時、3時には共に出発し、どんな天候の中でも海で一日を過ごしたのはなぜでしょうか?他の全ての漁師たちが舵を陸に向け、彼のラインを通り過ぎていってしまった後でさえも、なぜずっと海にいたのでしょうか?この方は日中も夕方もずっと、広がる海の中で汗を流し、さらに港に戻ってからも海洋と未来の世界に対してのビジョンと情熱を夜遅くまで語っていかれました。それはなぜでしょうか?なぜ一宗教指導者が釣り竿を手に、ジャイアント・ブルーフィン・ツナを求め、海のかなたへと向かって行ったのでしょうか?彼は自ら起床しボートのクルーたちを目覚めさせ、午前2時、3時には共に出発し、どんな天候の中でも海で一日を過ごしたのはなぜでしょうか?他の全ての漁師たちが舵を陸に向け、彼のラインを通り過ぎていってしまった後でさえも、なぜずっと海にいたのでしょうか?この方は日中も夕方もずっと、広がる海の中で汗を流し、さらに港に戻ってからも海洋と未来の世界に対してのビジョンと情熱を夜遅くまで語っていかれました。それはなぜでしょうか?

‥それは神様と人類とを再会させ、また人類を究極の原因者と真の目的と実体的に一つにするためなのであり、さらに

は平和な世界とすべての調和のための礎を築いていくためだったからなのです。

‥文師の心の中に海は、より自由に自然の素晴らしさを体験し、創造主の臨在を実感することができる広々とした海へと人々を連れて行きたいという願望と、海そのものから忍耐、柔軟性、感受性、献身、尊敬、強さという知恵を受け継ごうとする思いとを湧き立たせました。また、文師は将来の世界における海の重要な位置付けを知ると共に、もしも海を正しく愛し尊重し開発するならば、海は世界の飢えた人々に十分な食糧を供給することができる可能性があるということを認識しました。(オーシャン・チャーチ ホームページより)

第三祝福が結実し、人類の食糧問題などが恒久的に解決されるために、神様の祖国は海洋摂理の終着地を中心として、横的に拡大展開される。ゆえに、文先生は未来の摂理の為に率先して雨の日も風の日も、昼夜の別なく海に全身全霊を投入されて来られた。

slide23

心情文化世界

「心情圏というのは、何かといえば、天上天国と地上天国が愛によって連結された中央に、位置をつかんだ神様の主管圏をいいます。」

「神様の救いの摂理は原状へと帰る復帰摂理なので、人間は血統復帰、所有権復帰、心情圏転換の使命を担当しなければなりません。」

言語統一

「文化や習慣などは真の父母を由来とします。偽りの父母によって始ったものが、世界的な基準で広がり、国々が分かれたのです。これを反対に、真の父母を中心として統一していかなければなりません。‥‥一つの統一的な文化世界を、一つの言語を通じて築いていかなければなりません。今後、統一した地上天国時代において、真の父母の使う言葉を話せない者たちは異邦人です。異邦人になります。堕落した世界にいまだに染まっているという事実、要するに、堕落した習慣性を脱げなかったということになるのです。」

98年1月劉大行(ユー・テーヘン)先生が「日本全国祝福家庭総連合会」総会長に就任。続いて240名の韓国牧会者(6500双、3万双などの韓日交差祝福家庭)が日本各地区の教会の責任者になることによって、父の国・韓国の天的心情圏と伝統を母の国に相続させる恵みが与えられた。特に、韓国語を修得できるようになったことは、真の父母様のみ言を心情的に深く体得する上で非常に重要なことである。

slide24

訓読会

1997年10月13日~ 毎朝6時(後に5時)から

「皆さんに教えたいのは、「川」という字と「読」という字です。この「読」という字は、んで字の如く「御言を売る」、すなわち、御言を自分に留めておかないで、伝授していくという意味を含有しています。一つの雫は支流となり、さらに大流、本流となって、大洋に入っていきます。このように、み言をすべて伝授し平準化させていくこと、それが「訓読会」なのです」

「「訓読会」は人類を救い、神様の摂理を完成するためのものです。「訓読会」を通して、霊界が皆さんに連結されるのです。真の父母を助けていた霊界が、皆さんを助けてくれるのです。怨讐がきれいに清算され、迫害がなくなり、全世界のみならず、霊界までが解放されるのです。」

「地上界で「訓読会を始める!」と言えば、天上世界がたちまち反応するのです。」

文鮮明先生み言選集 2000年2月

slide25

家庭盟誓

1994年5月1日から

一、 天一国主人、私達の家庭は真の愛を中心として、本郷の地を求め、本然の創造理     想である地上天国と天上天国を創建する事をお誓い致します。

二、 天一国主人、私達の家庭は真の愛を中心として、神様と真の父母様に侍り、天宙 の代表的家庭となり、中心的家庭となって、家庭では孝子、国家では忠臣、世界では聖人、天宙では聖子の家庭の道理を完成する事をお誓い致します。

三、 天一国主人、私達の家庭は真の愛を中心として、四大心情圏と三大王権と皇族圏を完成することをお誓い致します。

四、 天一国主人、私達の家庭は真の愛を中心として、神の創造理想である天宙大家族を形成し、自由と平和と統一と幸福の世界を完成する事をお誓い致します。

五、 天一国主人、私達の家庭は真の愛を中心として、毎日、主体的天上世界と対象的地上世界の統一に向かい、前進的発展を促進化する事をお誓い致します。

六、 天一国主人、私達の家庭は真の愛を中心として、神と真の父母様の代身家庭として天運を動かす家庭となり、天の祝福を周辺に連結させる家庭を完成する事をお誓い致します。

七、 天一国主人、私達の家庭は真の愛を中心として、本然の血統と連結された為に生きる生活を通して、心情文化世界を完成する事をお誓い致します。

八、 天一国主人、私達の家庭は真の愛を中心として、成約時代を迎え、絶対信仰、絶対愛、絶対服従によって、神人愛いったい理想を成し、地上天国と天上天国の解放圏と釈放圏完成することをお誓い致します。

slide26

リトルエンジェルス

ユニバーサルバレー

リトルエンジェルス芸術会館

アジア平和美術展は「南北コリアの統一と東北アジアの共生へのメッセージ」を伝える為に開催されている美術展です。1995年10月東京において、大韓民国と朝鮮民主主義人民共和国の美術家による南北分断後初の合同展「コリアン平和美術展」が開催されたのを皮切りに全国各地で巡回展示されてきました。その後、南北コリアの美術家たちがこの美術展を通じ、4度に渡り感激的な出会いと交流を深めてきました。2000年3月から 中華人民共和国と日本の作家の協力も得て「アジア平和美術展」として開催されるようになり、今日まで230回を越える開催となっています。(美術世界ホームページ) 

slide27

真の家庭運動 

1996年7月30日 米国の首都ワシントンDCで、世界148ヵ国から国家指導者らが集まり、世界平和家庭連合創設大会が開かれる(写真)。会議では、共同創設者の文鮮明総裁、韓鶴子総裁が講演したほか、フォード元米大統領、ブッシュ元米大統領、ヒース元英首相、アリアス元コスタリカ大統領らが「家庭の価値」の重要性を訴えた。

9月10日世界平和家庭連合185ヵ国結成大会の皮切りとなる日本大会が、韓鶴子総裁を迎えて東京で開かれた。韓総裁に加え、マルルーニ元カナダ首相が基調講演。続いて関西、中部、北海道と結成大会を開催。9月~10月アメリカ、カナダ、ブラジル、チリなど13ヵ国での結成大会。11月中南米に、4200名の日本女性派遣。

97年4月1日 日本真の家庭運動推進協議会に改名 「真の家庭運動」始る

純潔運動

slide28

拉致・監禁

外的共産主義は崩れたが、内的共産主義は滅ぼされていない。青少年問題における性教育という名前の下に、密かに忍び込んで生きているし、マスコミ・ジャーナリストや法曹界、キリスト教会にも左翼的傾向として根強く残っている。

私は両親及び見知らぬ男性から力ずくでバンに乗せられ、群馬県太田市にある東山マンション601号室に入れられました。ここは第2回目の監禁に使われた西藤マンションから車で数分の場所でした。‥‥東山マンション601号室は2DKくらいの間取りで、監禁用に改造されており、第2回目の監禁に使われた西藤マンションの一室よりもさらに厳重になっていました。ベランダに出る窓は一面にアクリル板が取り付けられており、窓ガラスに直に触れることができなくなっていました。台所や各部屋にある他の小さな窓は、窓が開かないように錠前で施錠されていました。翌日、日本基督教団太田八幡教会の清水与志雄牧師が来ました。最初に監禁に関して、「信教の自由や憲法には関係なく『私の神様』の正義であり、このような監禁は問題がない。統一教会の人達は絶対に私の言うことを聞かなければならない」と言いました。そして、「私の言うことを聞かない限り、そして統一教会を辞めない限り、ここから一歩も外に出さない」と言いました。‥‥  (裁判陳述書より)

牧師たちの監禁場所での洗脳は数ヶ月に及ぶことも多い。この30年間、あたかも日本収容所列島となっていることを人々は知らない。今日も、日本のどこかの密室で統一教会の誰かが助けを求めている。今まで全国で4000名以上の信仰の命が強奪されている。祝福の家庭を壊し、血統を消しさろうとする悪魔の業は、やがて白日の下にさらされるだろう。

slide29

マスコミを中心とした迫害

1992年3万組祝福結婚式を前に、突然週刊文春が「新体操の山崎浩子さん」が統一教会に通っていることを一方的に記事にした。テレビカメラの前で記者会見をせざるを得なくなり、ワイドショーの餌食となる。次は誰だと掘り出されたのが桜田淳子さんだった。淳子さんは、1970年代後半ごろには既にお姉さんから、統一原理のみ言を聴いていた。歌手や女優として、信仰とは分けて歩めるように、教会も10年以上の間、目立たないように気配りをしていた。その彼女に、マスコミは身勝手にも「統一教会の広告塔」というレッテルをつけたのである。山崎さんが祝福の後、拉致・監禁されて、連日大騒ぎになった。何日もの間、監禁場所で牧師達によって洗脳され、ついに彼女は脱会した。次は、桜田淳子だとマスコミも追い掛け回した。そのような魔女狩りをサポートし、天の祝福を破壊していったのが、人権を擁護すべき、左翼弁護士やジャーナリストら(A氏はそれ以降ワイドショーのレギュラーに)だった。

「霊感商法」というのは共産党・赤旗の造語である。神や霊界を否定する思想から出てきた無責任な言葉だ。当時多くの霊的現象が弥勒を象徴する大理石を持つことによって事実、頻繁に起こっていた。それを伝え聞いて勧められた人々が次々と購買していた。偶然筆者も、大山倍達氏が東京のある会場に入ってこられて、石を見て回りながら3つの大理石壷を指差して即座に購入されて帰られた光景を覚えている。霊威の高い人には価値が分かる。

(たとえばもし、墓石屋の勧めで300万円で吉相の墓石を買った顧客に、第三者が「たかが石が300万なんて高いですよ。だまされたんでしょう。」と言って返品を勧めて回ったら、それこそが犯罪になるのと同様だ。 マスコミによる「霊感商法」大キャンペーンはその販売会社に対する罪だけではなく、直接関係のない宗教法人「統一教会」に対しての犯罪であった。)

そもそも、左翼勢力が統一教会潰しキャンペーンを民放全チャンネルで連日朝から晩まで放送するという「現代の凶器」を振り回したのは、統一教会、勝共連合が共産主義の間違いを訴え、スパイ防止法運動を推進していたためである。(今日やっと北朝鮮による拉致問題などが明らかになったことにより、統一教会こそが正しかったことが証明された。同様に現在の祝福結婚による純潔・真の家庭運動も将来、国を救う正義に他ならないことを多くの人が知るようになるだろう。)

slide30

世界平和統一家庭連合

Family Federation for World Peace and Unification

FFWPU

「キリスト教を統一する時代は既に過ぎ去ったのです。長子権復帰、父母権復帰を完成したので、イエス様がイスラエル圏に着地し、ローマ帝国という世界舞台に移っていけるはずだったその基盤を、統一教会において長子権復帰、父母権復帰、王権復帰時代に移行していくことによって、すべてを回復したのです。ですから、キリスト教の統一だけではありません。世界統一時代に移行したのです。ですから、今日この第38回の「真の父母の日」を中心として、統一教会という名称はなくなり、世界平和統一家庭連合とするのです。4月10日からこの名称を使うのです。」                                          (1997年4月8日)

「旧約時代、新約時代を経て、成約時代を迎えていますが、「成約時代」とは何ですか?それは家庭完成です。第三アダムが来て、国家的基準ではなく、世界的基準において、さながらアマゾン川のような大河の責任を果たしながら、アダム家庭の失敗、イエス家庭の失敗、さらには民族、国家、全人類的な失敗までも、償っていかなければならないのです。」

個人完成の「宗教」の時代が過ぎ去り、「家庭完成」の時代が到来。

slide31

祝福天宙化

36万組

4000万組

1995年8月25日 韓国オリンピック・メーンスタジアムに世界各国から3万6000組のカップル参加。世界160か国553か所で、衛星中継で挙行。日本2万1000組、韓国2万組、アフリカ19万8000組、ロシア3万組、中東1万組、台湾1万組、北米1万1000組、欧州1万2000組、中南米1万5000組、オセアニア3万7000組。

1997年11月29日 アメリカ・ワシントンDCロバート・F・ケネディスタジアムで世界185か国を通信衛星で結んで挙行、3960万組が参加、各宗教の指導者6名が祝祷。

slide32

1998年6月13日 ニューヨーク、マディソン・スクエア・ガーデン 会場に195カ国から7000組が参加、世界各地で1億2000万組が参加。

1999年2月7日 韓国オリンピック・スタジアム会場は185か国から16万人が参加、193カ国で3億6000万組が参加。

3億6000万組第1次世界祝福式

3億6000万組第2次世界祝福式

slide33

360万双

4000万双

世界的

36万双

3億6000万双

3万双

4億双

6500家庭

6000家庭

1800家庭

777家庭

430家庭

4億組第1次世界祝福式

124家庭

72家庭

2000年2月13日 ソウル及び各国会場で4億組、全世界186カ国参加。

36家庭

3家庭(1960年)

「統一教会は12峠の祝福の基盤の峠を越えてきた、ということを皆さんが知らなければなりません。最初は…3家庭です。その次は36家庭。その次は72家庭、124家庭、430家庭、777家庭、1800家庭、6000家庭です。ここまでで…八つです。6000家庭は8数目で、そのときから内外として東洋、西洋、世界版図圏のプラス・マイナスの基盤を統一し、6500家庭を中心としては、その基盤の上に9数を超えて10数、帰一数に至るのです。帰一数で世界的家庭版図の縦的な基盤を立てたのが、1992年8月25日の3万双でした。そのときにおいて、初めて世界的蘇生的であるというのです。…その次に36万双、そこで完成基準が360万双です」                                    

slide34

天地父母天宙安息圏宣布(七・八節)

真の神の日 1968.1.1宣布御聖誕日 1920・1943.陰1.6真の父母の日 1960.陰3.1宣布真の万物の日 1963.陰6.6宣布  (陰5.1に慶祝)七一節(神様祝福永遠勝利宣布)1991.7.1宣布七八節(天地父母天宙安息圏宣布)1997.陰7.7宣布天宙統一国開天日 1988.10.3宣布真の子女の日 1960.陰10.1宣布

(1997. 8. 9 陰暦7. 7宣布 御父様77歳)

完成期の世界的祝福式である360万双が、1997年7月15日をもって全世界的に達成し勝利基準に至ったことにより、真の父母様は『天地父母天宙安息圏宣布(七・八節)』をされました。真の父母様は、「七・八節」が今後の統一教会の中で最重要な記念日となると語られ、8番目の名節として制定されました。1997年8月9日(陰暦7月7日)午前7時7分7秒の宣布の瞬間の祈祷では、御父様は痛哭されながら神様の今日までの御苦労を慰労されました。

再臨メシヤの究極目的は、三大祝福復帰による神様の解放です。先行するサタン中心の三大祝福型の世界に対し、神側の三大祝福の世界が七一節と七八節により縦的および横的に世界基準で確立したことによって、安息数である7数が八つ並んだ一瞬を待って、涙の慟哭の祈りを神様に捧げられたのです。

slide35

1992年の3万双祝福で祝福が世界化され、1995年36万双祝福式において、大母様・大兄様・忠母様に「霊人祝福」がなされ、そこから、祝福が天宙に拡大された。1992年の3万双祝福で祝福が世界化され、1995年36万双祝福式において、大母様・大兄様・忠母様に「霊人祝福」がなされ、そこから、祝福が天宙に拡大された。

1997年11月29日、ワシントンDCで挙行された4000万双の祝福行事で、霊界の文興進様と大母様によって多くの霊人たちが参加し祝福を受けた。

そして12月1日ニューヨークにおいて真の父母様は特別な祈祷をされ、「霊界祝福開門宣布」によって、霊人祝福の権限を興進様と大母様に相続させ、本格的に霊人祝福の道を開かれた。

さらに、1998年6月13日、ニューヨークのマジソン・スクエアガーデンでの3億6000万双祝福行事において、イエス、孔子、釈迦、マホメット、ソクラテスなどの五大聖賢をはじめ、歴史上の一番悪人であったヒトラー、スターリンなどの歴代の世界的レベルの善悪を代表する34人が祝福された。特に霊界の悪人に対する祝福はたやすいものではなく、パンタナールの過酷な自然の中で、メシヤご自身が極限の精誠を投入された。

韓国の天宙清平修錬苑で、先祖及び霊人の解放と祝福が推進されるようになった。特に、2000年9月からの「三時代大転換四位基台入籍統一祝福式」は、あらゆる祝福家庭たちが天国の生命の書にその名前を入籍させるという驚くべき恩恵が与えられた。

slide36

清平摂理

清平聖地は、真の父母様が1960年代後半から、漢江を遡り、天心湖(清平湖)畔にテントを張り精誠を尽くされることにより始まりました。

「清平聖地は世界人の故郷の地、人類の心情的な故郷の地、天地が仰ぎ奉る勝利的な創造理想を完成させ、天地に連結させ、神様の心情をこの地上で解いて解怨してさしあげる場所にならなければなりません。清平の地を世界的な故郷の地として準備し、神聖な地として祈ってきた場所が、今、本格的に出発することができる時に至ったことを思うと感慨無量です。清平修錬院周辺の全ての土地は世界の信仰者たちが、自身の故郷として訪ねて来るように準備されています。185ヶ国に我々統一家の基地があり、185国家の全ての歴史的伝統を展示することのできる歴史的な基地として清平を準備してきたのです。」   (天城旺臨宮殿起工式1997年3月10日)

slide37

真のお母様の母親である大母様は、1989年に昇華された後、霊界で3年間精誠をつくされ、そして再び地上に再臨し、地上の使命を遂行し得る信仰者(金孝南女史)を探し出し、その肉身に再臨され、共に3年間特別精誠を尽くして清平役事を準備された。そして1995年1月19日、本格的な霊分立の役事が始まった。清平修錬会に参加する食口の体の中にいる悪霊たちを、天使たちの協助によって分立できるようになった。清平で分立された霊は、霊界の興進様の修錬所で、自分の罪を悔い改め、新しく生まれ変わり、「絶対善霊」になるという驚くべき役事が行われるようになった。真のお母様の母親である大母様は、1989年に昇華された後、霊界で3年間精誠をつくされ、そして再び地上に再臨し、地上の使命を遂行し得る信仰者(金孝南女史)を探し出し、その肉身に再臨され、共に3年間特別精誠を尽くして清平役事を準備された。そして1995年1月19日、本格的な霊分立の役事が始まった。清平修錬会に参加する食口の体の中にいる悪霊たちを、天使たちの協助によって分立できるようになった。清平で分立された霊は、霊界の興進様の修錬所で、自分の罪を悔い改め、新しく生まれ変わり、「絶対善霊」になるという驚くべき役事が行われるようになった。

真の父母様は、1997年12月1日の「霊界開門宣布式」の祝祷を通して、興進様・大母様に霊人たちを祝福できる権限を伝授してくださった。そして真の父母様の1999年1月8日の祝祷により、興進様と大母様は先祖解怨式を行えるようになった。解怨された先祖は、興進様の修練所で教育を受け「絶対善霊」になった後、祝福を受けることができるようになった。 1999年12月12日、直系1~7代「先祖祝福式」開始

先祖祝福式は、地上人の祝福式と同様、聖酒式、聖水儀式などが行われ、先祖の原罪を清算し、真の父母様を通して神様の血統に連結されるための儀式である。

祝福を受けた先祖たちは、興進様の霊界修錬所で40日祝福家庭修練会を終えた後、絶対善霊となって地上の祝福家庭(氏族的メシヤ)に再臨するようになる。清平摂理が必要となった背景に、氏族メシヤの未勝利問題がある。その勝利の為に、先祖たちが故郷に戻り協助することができるようになった。

2000年9月24日、第1次「三時代大転換四位基台入籍統一祝福式」

全祝福家庭たちが天国の生命の書にその名前を入籍させるという驚くべき恩寵

slide38

サタン完全屈服

ルーシェルから神様へ

 神様にお捧げいたします。神様、申し訳ございません。お許しくださいという言葉を、おそれ多くて差し上げることができません。いつかは終結する歴史であることを知っていましたが、私が行くべき方向の前に、私の本然の位置が私の目には見えず、誰も正式に判決を強く下してくださらなかったので、いつも不安に思って過ごしていました。行けという位置に、どうして私が大胆に行くことができるでしょうか。神様が下された罰を、甘んじて受けて帰ってまいります。神様の長いため息を見ていながらもすべて知らないふりをし、罪を犯した数多くの日々に対して、私は言うべき言葉がありません。神様! 神様!申し訳ございません。                    ルーシェルより 1999年3月21日

ルーシェルから真のご父母様へ

 真のご父母様にお捧げいたします。‥‥私が犯した数多くの罪悪の歴史を整理されるのに、あまりにも大きな困難を被らせてしまい、申し訳ございません。私には申し上げる言葉がありません。いつかは不相応にも祝福を受けるという欲心までもってしまい、真に申し訳ございません。もしできることでしたら、人類の真の父母として、私を寛大に処分してくださることをお願いいたします。数多くの罪悪の道、蕩減の道、私の目から見ても、帰っていく道は血のにじむ道だけであると思います。しかし、その道が神様と真のご父母様の所に行くことのできる最後の苦行の道であるならば、従順に従ってまいります。 真のご父母様、人類のご父母様、私ルーシェルは申し訳ないことをしました。本当に申し訳ございませんでした。               ルーシェルより  1999年3月21日

slide39

「アダムとエバの堕落以来、歴史にわたって神様の胸に最も痛む恨として残されてきたものが何かご存じですか。天の血統を失ってしまい、所有権まで失ってしまった事件です。」「アダムとエバの堕落以来、歴史にわたって神様の胸に最も痛む恨として残されてきたものが何かご存じですか。天の血統を失ってしまい、所有権まで失ってしまった事件です。」

長子権・父母権・王圏復帰

2001年1月13日神様王権即位式

1945~1952年

1993~2000年

血統

新婦宗教:キリスト教8億人祝福

新婦圏:世界平和女性連合3万・36万‥‥4億組祝福世界文化体育大典

国連改革、国境撤廃 新国連による天国創建

国連が天国創建

摂理国家(アダム・エバ・アベル・カイン)

所有権

1991年年8月  世界平和宗教連合と             世界平和連合を創設 2000年8月   国連で国境線撤廃宣布 2001年1月   国連本部で祝福結婚式

摂理国家(父・母・長子‥)

1998年1月1日  日本が母の国になる※2000年11月   父子協助時代宣言

日本が1999年の3.6億双開催と入国が成せなかったことなどにより、他国に母の国が移行する危機を迎えたが、その後、訓読教本摂理に日本食口の精誠が捧げられたことにより再びその位置に復帰できた。

slide40

国連改革

「私たちが、この世界にあるすべての国境線を撤廃すれば、平和の世界は自動的に到来することでしょう。ところで、私たちが記憶すべきことは、国境線の主人が誰であるかというと、それが神様ではないという事実です。国境をつくり始めた主人はサタンなのです。」

国連で国境線撤廃宣布

「南北が対峙してきた、韓半島の155マイル軍事境界線周辺の緩衝地帯全部を、国連管轄下の平和地区にし、そこに、人類が教訓を得ることのできる展示館と博物館、教育の場と平和公園などをつくることにおいて、国連が率先してくださることをお願いします。私は、これまで南米のメルコスル地域に、約百二十万ヘクタールに達する肥沃な土地を購入しつつあります。国連平和地区設定によって喪失した国土の代わりに、これを補償するためです。韓半島の南北指導者たちに、その一部を寄付すると通告もしました。」

「国家の代表たちによって成された既存の国連を、各国家の利益を代弁する下院に代えて考えることができます。一方、著名な宗教指導者など、精神世界の指導者たちによって宗教議会、あるいは国連の上院を構成することを深刻に考慮するようお願いします。」

slide41

実体的カナン復帰(考察)

①再臨主を中心とする第一次摂理型の実体的カナン復帰(世界的)

2000年間の霊的カナン復帰の土台の上で、1945年には、戦勝国による世界的キリスト教基盤が準備されていた。そこにメシヤが「真の父母」として来られるだけで実体的カナン復帰が成就するはずだった。代表的立場の韓国キリスト教が背信→荒野路程

②再臨主を中心とする第二次摂理型の実体的カナン復帰(世界的)

荒野路程および今日までの摂理路程の中で、幾度も実体的カナン復帰の好機が訪れたが、摂理的中心人物の不信などによって失敗を重ねた。メシヤご自身が摂理国家の中心人物と一体化すれば、一挙に実体的カナン復帰の道が備えられていた。そのみ旨ために全国の多くの青年勇士たちが学業・仕事を捨てて走り抜いた。

③再臨主を中心とする第三次摂理型の実体的カナン復帰(世界的)

国家の中心者が再臨主を受け入れないまま、時至り、再臨主が洗礼ヨハネの立場で、あらゆる世界的基盤をつくり、自ら神主権の国家を地上に創建する。

slide42

成約時代と母の国

アダム国

1974年前後  日本5万50万伝道摂理未勝利

             →その後、日本は世界摂理の中のエバ国家  として伝道と共に万物復帰摂理を遂行していく。

1975年   1800双中心に世界宣教へ

1988年   韓日交差祝福(6500双)

1994年    1600名女性(160カ国)世界宣教へ

1995年       36万双祝福

1996年    4200名女性(北中南米)世界宣教へ 1997年       6000名女性(150カ国)世界宣教へ

1998年1月1日  エバ国日本が「父の国」韓国の相対として、世界摂理に対する一定の責             任(宣教・万物復帰)を勝利し、「母の国」になる。

1998年    劉総会長・240名韓国牧会者(韓日家庭)が全国の責任者に派遣され、             「侍る生活」を中心として韓国食口の縦的心情を相続。16のリージョン。

1998年       南米ジャルジン40修で総生畜献納(所有権返還)始まる。

1999年2月7日  3億6000万双祝福が(母国の責任果たせず)韓国で行われたため、天             と直接相対できない困難な位置(母国が他国に移る危機)に立つ。

             →その後訓読教本を中心として、 全国食口の特別精誠での至誠感天に             より、かろうじて再び母の国に。

エバ国

父国

母国

長子国

世界各国

アダム家庭が世界的に拡大

→4000万双祝福

成約時代を迎えて、母の国(日本食口)は心情圏転換・血統圏復帰・所有権復帰の代表的責任を果たすため絶対信仰、絶対愛、絶対服従で歩んだ。

slide43

‥‥‥‥‥‥‥1992年

1993年~2000年

2001年~

個性完成

家庭完成

万物主管

エデンの園

神の日父母の日・子女の日・万物の日

ワシントン大会

愛勝日

世界統一国開天日

八定式 天父主義宣布

七一節 神様祝福永遠宣布

世界平和宗教連合と世界平和連合創設

世界平和女性連合創設(92・4・10)

36万双(95・8・25)3万双(92・8・25)

天地父母天宙安息圏宣布(97・8・9)

第4次アダム圏時代宣布(97・9・11)

4000万双・霊人祝福(97・11.29)

3億6000万双(98・6・13、99・2・7)

サタン完全屈服(99・3・21)

真の父母様天宙勝利祝賀宣布(99・6・14)

天地父母天宙統一解放圏宣布(99・9・9)

自分の名前で祈祷する時代

4億双1次(00・2・13 以降毎年)

海洋・陸地・天宙還元宣布(00・6)

国連で国境線撤廃宣布(00・8・18)

三時代大転換四位基台入籍統一祝福式(9・24)

楽園・地獄撤廃と天国入籍宣布(00・12・3)

神様王権即位式

天一国

歴史

slide44

神様王権即位式

「堕落の後裔となった人類を救う横的真の父母の位置で勝利しました。その基台の上に、2001年1月13日には、復帰摂理に責任をもってこられた縦的真の父母、すなわち神様を解放‐釈放してさしあげる“神様王権即位式”を奉献しお捧げしました。これは、人類のための歴史上最高最大の祝福であり、絶対、唯一、不変、永遠の勝利だということを知らなければなりません。ついに、神様の心と体が完全解放‐釈放を受けるようになった摂理史的絶対勝利だったというのです。」

slide45

 会場となった大聖殿は真っ白な礼服に身を包んだ4000人が埋め尽くしました。聖殿には2つの祭壇が設けられ、一番高い位置に神様のための白い玉座と祭壇が、その下の位置に、真のご父母様のための金色の玉座と祭壇が準備されました。神様のいすもご父母様のそれと同じように2つ並べられました。その左右の舞台下には、世界185か国からの贈り物が陳列され、各国の特色を生かした記念品が所狭しと並べられていました。

 午前7時、会場の一番後ろから、金色の王冠を頭に頂かれた真のご父母様がご入場。ご父母様の前には、白金の神様の王冠をそれぞれ手に頂いた文薫淑様と李妍雅様、金の杖を持った黄善祚会長が共に歩みました。介添人の間の花道をゆっくりと進まれ、祭壇から少し離れた位置で立ち止まられました。そして真のご父母様が祈祷されました。

 祈祷の中で、「真の天上父母の王権即位式」を挙行される旨を報告され、今日までの歴史的な経緯とその間の神様ご自身が受けられた受難の歩みを慰められながら、今日までに築き上げられた勝利的な基盤の上に神様が本然の位置に即位される式典を奉献することを報告され、「喜び受けてくださるようお願いします」と懇願されました。

 祈祷が終わると、薫淑様と妍雅様が歩まれ、神様の2つの玉座にそれぞれ、王と王妃の王冠を置かれ、さらにそれぞれの衣装と靴を置かれました。続いてご父母様が「それでは今、天上にいらっしゃる興進君と先生の祝福を受けた家族たちと聖人たちの家族が、神様をお連れして、地上の霊界において、座席に定着されます」と神様のご入場を告げられ、前に進まれました。真のご父母様は10歩進んで礼をささげるということを3回繰り返されて祭壇の前に立たれ、お父様はゆっくりと祭壇のろうそくに火を左右交互にともされました。

 続いてご父母様から神様に対する献杯が終わると神様王権即位の宣布祈祷がささげられました。その中で、真のお父様は神様の即位に至った経緯を再び振り返られながら、神様が喜んで式典を受けてくださったことに感謝され、神様が「万世の太平の御代をうたうことができる王の中の王、神様王権即位の主人となられた」ことを宣布されました。

Web UC-JAPANより

slide46

神様王権即位式

特に、真のご父母様の八十余年の生涯の勝利的結実である「神様王権即位式」は、霊界にあまりにも大きな変化をもたらしました。真のご父母様が、自ら歩んで来られたこ苦労の蕩減路程の勝利的な実績を足場として、神様の血統を回復し、さらに失われた子女と国を探し出して立てられた神様王権即位式は、堕落以降に生じた神様の恨みを解怨してさしあげる歴史的な日でした。この日は、あまりにもうれしくて神様も泣かれ、絶対善霊界も泣きました。神様に対する真のご父母様の孝誠は、全ての天地を感動させました。(2002.1.1興進様の霊界報告書より)

slide47

発表された天法

第一 死んでも血統を汚してはならない

第二 人事処置を誤って、人権蹂躙(じゅうりん)してはいけない

第三 公金を自分勝手に使ってはならない

slide48

引用文献・サイト

氏族教会FAX‐NEWS

統一教会Webサイト

歴史編纂委員会Webサイト

人類史の大真実Webサイト

清平修練苑WebサイトオーシャンチャーチWebサイト

その他