slide1 n.
Skip this Video
Loading SlideShow in 5 Seconds..
平成 20 年度決算から見る 今後のビジネスモデル メガバンク PowerPoint Presentation
Download Presentation
平成 20 年度決算から見る 今後のビジネスモデル メガバンク

play fullscreen
1 / 11
Download Presentation

平成 20 年度決算から見る 今後のビジネスモデル メガバンク - PowerPoint PPT Presentation

idalee
127 Views
Download Presentation

平成 20 年度決算から見る 今後のビジネスモデル メガバンク

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - E N D - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
Presentation Transcript

  1. 平成20年度決算から見る今後のビジネスモデルメガバンク平成20年度決算から見る今後のビジネスモデルメガバンク 07BA197K 千葉 翠 

  2. 最終損益推移 • 前年度、今年度、来年度(予想)最終損益 前年から赤字転落 主な要因として • 株式市場低迷による非金利収入減少と有価証券評価損 • 市況低迷による貸倒引当金増加

  3. ①株式市場低迷による非金利収入減少 • 個人向け投資信託などの役務取引等収益の減少 個人向け投資信託資産残高  役務取引等収益推移

  4. 有価証券評価損の増加 りそな銀行は実質国有化された2003年から、 株式相場の動向から銀行収益を遮断するため約1兆円の株式を売却。 りそな銀行の黒字要因となっている。 有価証券評価損失 りそな銀行 260億円 三井住友5692億円、みずほ 3784億円、三菱東京 3840億円

  5. ②市況低迷による貸倒引当金の積み増し デフォルト率(融資先に占める破たん懸念先割合)が 3、41%となり2001年3月水準まで悪化。

  6. 今後のビジネスモデル ①アメリカのストレステストを受けて  危機対応としての資本増強 ②6月の銀行・証券の規制緩和を受けて 証券業務強化

  7. ①危機対応 アメリカのストレステストを受け tier1の比率(TCE)の強化 基準としてTCE4%以上とされている • 三菱UFJ 4,9% • みずほFG 1,7%    →1兆円超の増資が必要とされ、8000億円普通株増資 • 三井住友FG 2,8%  →6000億円の増資が必要とされ5900億円普通株増資

  8. ②証券業務強化 国内 6月 銀行・証券の規制緩和  規制緩和概要 (1)役職員の兼職規制の撤廃、 (2)法人顧客情報に関する非公開情報の授受の制限緩和  みずほ   法人 みずほコーポレート銀行とみずほ証券 個人 みずほ銀行とみずほインベスターズ証券の提携強化  三井住友   法人 日興コーディアルシティグループ 個人 日興グループと大和証券SMBC

  9. ②証券業務強化 海外  国内収益の拡大が難しくなるため、海外市場に進出  三菱UFJ  モルガンスタンレー証券と三菱UFJ証券を統合  モルガンスタンレーの海外ネットワーク活用

  10. 論点 銀行融資が株価の影響を受けないように 銀行の株式保有を禁止するべきではないか

  11. 感想 決算諸表をまとめるのに時間がかかり、論点、主張をきちんとまとめられなかったです。 また調べ足りない点が多かったと思います。