コンピュータ概論
Download
1 / 8

コンピュータ概論 B ー ソフトウェアを中心に ー #04 メモリとファイル - PowerPoint PPT Presentation


  • 111 Views
  • Uploaded on

コンピュータ概論 B ー ソフトウェアを中心に ー #04 メモリとファイル. 京都産業大学 安田豊. メモリ. 時間的弱点:一時的な記憶 電源を切ると忘れてしまう 電力に頼らない記憶メディアが必要 価格的弱点:量的な問題 記憶素子は高速だが高価(であった) 多くのことを記憶させられない 低速でも、より安く作れる記憶メディアが必要 補完計画 メモリと外部記憶装置で補い合うのはどうか?. 中央処理装置 (CPU). 命令の流れ. 教科書 pp.27. 制御装置. 入力装置. 出力装置. 記憶装置: CPU と直接対話できる

loader
I am the owner, or an agent authorized to act on behalf of the owner, of the copyrighted work described.
capcha
Download Presentation

PowerPoint Slideshow about 'コンピュータ概論 B ー ソフトウェアを中心に ー #04 メモリとファイル' - iago


An Image/Link below is provided (as is) to download presentation

Download Policy: Content on the Website is provided to you AS IS for your information and personal use and may not be sold / licensed / shared on other websites without getting consent from its author.While downloading, if for some reason you are not able to download a presentation, the publisher may have deleted the file from their server.


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - E N D - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
Presentation Transcript

コンピュータ概論Bー ソフトウェアを中心に ー#04 メモリとファイル

京都産業大学

安田豊


メモリ

  • 時間的弱点:一時的な記憶

    • 電源を切ると忘れてしまう

    • 電力に頼らない記憶メディアが必要

  • 価格的弱点:量的な問題

    • 記憶素子は高速だが高価(であった)

    • 多くのことを記憶させられない

    • 低速でも、より安く作れる記憶メディアが必要

  • 補完計画

    • メモリと外部記憶装置で補い合うのはどうか?


中央処理装置 (CPU)

命令の流れ

教科書 pp.27

制御装置

入力装置

出力装置

  • 記憶装置:CPUと直接対話できる

  • 外部記憶装置を設置して、記憶装置とデータをやりとりする

  • 電源断による消失、量的な問題をこれで解決

  • 高価少量の記憶装置と、安価大容量の外部記憶装置

演算装置

外部記憶装置

記憶装置

データの流れ


外部記憶装置

  • 原始的なところでは紙テープ、カード

    • プログラムをパンチしてメモリにロード

  • (メモリより)大きなプログラムが実行できる

    • プログラムを分割してメモリに載せ

    • 中間データを吐きながら処理を重ねる

  • (メモリより)大きなデータが処理できる

    • 一件ずつ処理するものならテープが続く限り

  • カードの束を人間が管理


大容量記憶装置

  • 大容量記憶装置の登場:磁気ディスク

    • bit単価でメモリの数分の一〜数百分の一を推移

  • ランダムアクセス

    • 大容量=一つのメディアに複数のデータ

    • ランダムアクセスが必要

    • 「200時間入るビデオテープが出たら?」

  • CD, MD vs Compact Cassete

    • 技術的には Disk vs Tape か?


ファイル

  • ひとまとまりのデータ

    • 以前は人間がカードを束にすることで管理

    • ランダムアクセスメディア内のデータのひとまとまりを人間が管理するには?

  • ファイルと名前

    • データひとまとまりを「ここからここまで」と決めて名前を付けて管理

    • これをファイルと呼ぶ

    • DVDに映画20本入ったらと考えるとわかりやすい


(いわゆる)コンピュータ

キーボード

ディスプレイ

CPU

マウス

プリンタ

メモリ

メモリ、ディスクの両方にプログラムやデータが散在する。

ディスクからメモリにロードされることもある。

作られたデータをディスクに書き残す事もある。

ディスク中のものをファイルと呼び、(たいてい)名前を付けて管理されている

ディスク

コンピュータって、こんな風に見えませんか?


まとめ

  • メモリ量が増えた

    • プログラムが複数入るようになった

    • マルチプログラミングが生まれた

    • プログラム実行管理は人間から OS (computer) へ

  • 増え続けるデータ、溢れるデータ

    • 外部記憶装置と組み合わせて対処

  • 外部記憶装置の容量が増えた

    • データ管理は人間から OS (Computer) へ「カードの束は扱えるがディスクの中は扱えない」

    • 名前を付けてユーザに見せる=>これがファイル

  • すべては「増えた資源をどう使うか」という工夫


ad