株式会社アバールデータ 業績報告と (第 46 期上半期  4 月 -9 月) 中期経営計画概要 - PowerPoint PPT Presentation

holt
46 4 9 n.
Skip this Video
Loading SlideShow in 5 Seconds..
株式会社アバールデータ 業績報告と (第 46 期上半期  4 月 -9 月) 中期経営計画概要 PowerPoint Presentation
Download Presentation
株式会社アバールデータ 業績報告と (第 46 期上半期  4 月 -9 月) 中期経営計画概要

play fullscreen
1 / 24
Download Presentation
135 Views
Download Presentation

株式会社アバールデータ 業績報告と (第 46 期上半期  4 月 -9 月) 中期経営計画概要

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - E N D - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
Presentation Transcript

  1. 登録銘柄コード番号6918 株式会社アバールデータ業績報告と(第46期上半期 4月-9月)中期経営計画概要 目次 本日のご報告内容 1. 会社概要 2. 第46期上半期の業績報告 3. 中期経営計画概要 2004年11月25日 (CPP-0411-B)

  2. 企業理念 私たちは、常に、お客様に必要な「価値(value)」を提供します。

  3. 本社・町田事業所 会社概要 株式会社アバールデータ

  4. 沿革

  5. アバールデータ ISO14001 生産・事業活動 省エネ/省資源 グリーン調達 環境対応製品 有害物質フリー 製品省電力化 環境対策(ISO14001の深化とRoHS指令対応へ) 当社エコマーク 3R:Reduce/Reuse/Recycle RoHS:The Restriction of certain Hazardous Substances in electrical and electronic equipment(電気電子機器の特定の危険物質の使用制限に関する指令)


  6. 組織 =画像製品ハードウェア開発 =画像製品アプリケーション開発 =自社製品ハードウェア開発 =受託製品ハードウェア開発 ・ASIC =コア技術開発・ASIC =CAD設計・技術設計支援 =OS移植・ドライバ・ファームウェア開発 =ミドルウェア・アプリケーション開発 2004.04現在

  7. アバールデータのコア技術 高度な設計技術に画像・通信技術を融合 産業インフラシステムを最新組み込み技術で支えます。

  8. コア技術の応用例 製造装置内の高速データ転送や工場内/事業所間のネットワークで当社の通信技術が利用されています。 CompactPCIをはじめとする組込みボード製品をベースに、画像技術計測技術/等ミドルウェア・ソフトウェア技術で様々な装置のコントロールを可能にしています。

  9. 対応分野 産業用の製造装置から検査装置、通信・ネットワーク機器まで、組込み製品と技術が高いパフォーマンスを発揮します。

  10. 製品の利用分野

  11. 登録銘柄コード番号6918 第46期 上半期の業績報告[期間:2004年4月1日-2004年9月30日] 目次

  12. 登録銘柄コード番号6918 第46期 上半期売上分野別(単体/連結)2004年4月1日-2004年9月30日 株式会社アバールデータ 単位 百万円 (注) 「伸び率」は、45期上半期比

  13. 上半期売上前年比(単体/連結)[2003年4月-9月/ 2004年4月-9月]

  14. 売上高の推移(単体/連結)[2001年3月期-2004年9月上期]売上高の推移(単体/連結)[2001年3月期-2004年9月上期] コメント:

  15. 登録銘柄コード番号6918 中期経営計画概要2004年4月-2007年3月 目次

  16. アバールデータの新たな飛躍へ経営方針(2007年にあるべき姿)アバールデータの新たな飛躍へ経営方針(2007年にあるべき姿)

  17. 挑戦と選択/集中を支える仕組み中期経営計画実現への第一歩挑戦と選択/集中を支える仕組み中期経営計画実現への第一歩

  18. 製品戦略1 新規事業の開拓画像・セキュリティ製品製品戦略1 新規事業の開拓画像・セキュリティ製品

  19. 製品戦略2 基幹製品の開発組込モジュール製品製品戦略2 基幹製品の開発組込モジュール製品

  20. 製品戦略3 画像処理製品の展開画像処理の応用製品製品戦略3 画像処理製品の展開画像処理の応用製品

  21. 製品戦略4 通信関連製品の展開GiGA CHANNEL製品

  22. 中期事業戦略3年後:48期2006年度目標

  23. 中期売上計画3年後:48期2006年度目標

  24. 注記  本資料に掲載されている当社の現在の計画、見通し、戦略、確信等は、本資料発表日現時点において入手可能な情報及び将来の業績に影響を与える不確実な要因に関わる仮定を前提としております。実際の業績は、今後様々な要因によって予測数値とは異なる可能性があるため、本資料のみに全面的に依拠することは控えていただきますようお願い申し上げます。  また、本資料は投資勧誘を目的としたものではありません。投資に関する決定は、ご自身のご判断において行われますようお願い申し上げます。