slide1 n.
Download
Skip this Video
Loading SlideShow in 5 Seconds..
本日の話題 PowerPoint Presentation
Download Presentation
本日の話題

Loading in 2 Seconds...

play fullscreen
1 / 36

本日の話題 - PowerPoint PPT Presentation


  • 64 Views
  • Uploaded on

本日の話題. 1~2年のうちに解決しなければ ならない課題. 元来は大学院の講義のために準備した内容であるが、諸君が大学院に進学するまでに落着しないといけない事柄. IPv4 アドレス枯渇 歴史的 PI アドレス New IDN ccTLD 「ドット日本」. 1. IPv4 アドレス在庫枯渇問題. RIR. そもそも、どのような問題なのか? http://www.nic.ad.jp/ja/ip/ipv4pool/ 地域インターネットレジストリ ( RIR ) における 未分配の IP アドレス の在庫がなくなる. 何年頃に枯渇が予想されるか.

loader
I am the owner, or an agent authorized to act on behalf of the owner, of the copyrighted work described.
capcha
Download Presentation

PowerPoint Slideshow about '本日の話題' - graceland


An Image/Link below is provided (as is) to download presentation

Download Policy: Content on the Website is provided to you AS IS for your information and personal use and may not be sold / licensed / shared on other websites without getting consent from its author.While downloading, if for some reason you are not able to download a presentation, the publisher may have deleted the file from their server.


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - E N D - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
Presentation Transcript
slide1
本日の話題

1~2年のうちに解決しなければならない課題

元来は大学院の講義のために準備した内容であるが、諸君が大学院に進学するまでに落着しないといけない事柄

IPv4アドレス枯渇

歴史的PIアドレス

New IDN ccTLD 「ドット日本」

slide2

IPv4 アドレス在庫枯渇問題

RIR

そもそも、どのような問題なのか?http://www.nic.ad.jp/ja/ip/ipv4pool/

地域インターネットレジストリ(RIR)における未分配の IPアドレス の在庫がなくなる

slide3
何年頃に枯渇が予想されるか

Projected IANA Unallocated Address Pool Exhaustion: 10-Jun-2011

Projected RIR Unallocated Address Pool Exhaustion: 28-Jan-2012

Geoff Huston

http://www.potaroo.net/tools/ipv4/index.html

slide4
枯渇すると誰が困るのか

現在のインターネットが直ちに停止する訳ではない

新しく IPアドレスの割り当てを受けることができなくなるIANA APNIC  JPNIC  ISP 利用者

新しい利用者は、どのような対策をとるか

その利用者と通信をするために既存の設備を変更する必要があるのか、ないのか

slide5
どのような対策があるのか(1)

http://www.potaroo.net/tools/ipv4/index.html

割り当てを受けているのに未利用のアドレスを返却してもらう

未利用のアドレスを流通させるために IP アドレスの 取引市場 を設けるという提案がある

slide6
問題点(1)

回収によって再利用が可能となると想定されるアドレス規模は、多くても世界的なアドレス需要の 数ヶ月分 に過ぎないと思われる。参考文献 [1]

JPNIC「IPv4アドレス在庫枯渇問題に関する検討報告書(第一次)」 p.39, 2007年12月.http://www.nic.ad.jp/ja/pressrelease/2007/20071207-01.html

slide7
どのような対策があるのか(2)

http://www.nic.ad.jp/ja/ip/ipv4pool/ipv4exh-report-071207.pdf

NAT

NATを用いてグローバルな IPアドレスの必要個数を減らす

slide8
問題点(2)

プライベートアドレス+NATでは、グローバルアドレスと同じサービスが出来ない場合がある(IP電話、テレビ会議、P2P応用など)次のスライド

従来のNATが対応してきた実績は数万利用者の規模である

既にNATを用いている利用者を、さらにNATを用いて収容する場合には、多段のNATとなる。プライベートアドレスの 衝突 の可能性がある。

slide9
NATによる変換

グローバルアドレス

NAT

プライベートアドレス

10.0.0.0~10.255.255.255 10/8

172.16.0.0~172.31.255.255 172.16/12

192.168.0.0~192.168.255.255 192.168/16

Network Address Translator, Network Address Port Translator (NAPT).

nat nat traversal
NAT越え (NAT traversal)

魏, 後藤, 山田, 吉田「Symmetric NAT に対応するTCP/UDP NAT 越えの新技法」情報処理学会70回全国大会, 3ZL-3, 2008年3月.

slide11
どのような対策があるのか(3)

IPv4  32ビット = 232 約40億

IPv6 128ビット = 2128

IPv6を用いれば膨大な数の IP アドレスを利用することができる

そもそも IPv6 は、IPv4アドレスが不足することを見越して設計されている

slide12
問題点(3)

新規に IPv6で利用を開始するクライアントはそのままでは IPv4のネットワークに接続できない(トランスレータなどが必要)

新規の IPv6のサーバはクライアントが IPv6対応にならなければサービスを提供できない

利用者のアクセス回線が事業者に依存する場合がある次のスライド

slide13
アクセス網提供事業者

IP

IP

IP

IP

フレッツはトンネルを使うトンネルとは、パケットを他のパケットのデータとして包み込んで(カプセル化)送ること 「NTT西のフレッツはNTT東とどう違う?」IPprohttp://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20071017/284759/

ipv4 ipv6
IPv4 と IPv6 のデュアルスタック
  • 現在のインターネットで IPv6 が利用できる機器は、大抵 IPv4 も使用することができるデュアルスタック        Mac OS Xの例

そのままの方法で IPv6 を拡大するのでは IPv4 のアドレスが相変わらず必要になる過渡期にはtranslatorがIPv4, IPv6の橋渡しをする

slide15
2010年度のレポート解答例

Pingに失敗する例がある

そのPCはIPv6のアドレスを取得(IPv4も取得)

IPv6を先に試すアプリケーションによってはIPv6で失敗するとIPv4に自動的に切り替えるただし失敗と判定するまでに時間が経過する

jpnic 1
JPNIC報告書 [1] の結論

アドレス回収、NATによるグローバルアドレスの削減、いずれも限定的な効果に留まる

本格的な解決は IPv6 の導入ただし、IPv4 と IPv6 の相互接続を可能とするように、トランスレータ、デュアルスタックなどの準備を進めなければならない

pi provider independent
歴史的 PIアドレスprovider independent

http://www.nic.ad.jp/ja/materials/ip/20101028/fee-pi-as.pdf

slide20
議論の余地

アドレスを集約しても良いか

まとめて支払うことが可能か一例として提案された年間負担額= 65000×1.3(log2(アドレス総数)-9) +消費税

/24 :¥52,500, /22 :¥88,725, /20 :¥149,945, /16 :¥428,259

課金されるならば返却したい

アドレスを移管したい

new idn cctld
New IDN ccTLD ドット日本

総務省 情報通信審議会 答申2009年7月10日「21世紀におけるインターネット政策の在り方(平成13年度 情報通信審議会 諮問第3号)」~ 新たなトップレベルドメイン名の導入に向けて ~http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/joho_tsusin/policyreports/joho_tsusin/sokai/16403.html資料 22-1-1, 22-1-2, 22-1-3.

slide22
従来の(.jp)ドメイン名の復習

1組織1ドメイン名の原則日本におけるルール属性ドメイン名に適用される

ドメイン名を表記するのに使える文字と記号アルファベット(大文字と小文字を区別しない)数字ハイフン

slide23
ある年度のレポート課題1: 

課題1:これまで独立に存在していた2つの会社が合併することになった。2つの会社は、これまでに各々ドメイン名を登録していた。abcd-company.co.jp と xyz-inc.co.jp である。この2つの会社が合併した場合に、ドメイン名の登録をどのように考えるのが適切か。出題者は次のURLを参照することを想定しているが、諸君が参考にするべきURL,文献は下に限定されない http://jprs.jp/info/jp-dom/

slide24
問題1に対する見解
  • Aの見解:2つの会社は独立にドメイン名を登録していた。合併した後の会社は2つのドメイン名を登録したまま継続することができる。
  • Bの見解:ドメイン名 co.jp には「1組織は1ドメイン名のみ登録できる」というルールがある。合併した後の会社が2つのドメイン名を登録し続けることはできない。
  • Cの見解:もしも属性ドメイン名 co.jp ではなくて、汎用ドメイン名として abcd-company.jp と xyz-inc.jpを登録していたのであれば、合併後に2つのドメインを登録したままで良い。
slide25
ある年度のレポート課題2:
  • 課題2:汎用ドメイン名(.jp)において日本語ドメイン名の登録が認められている。実際に早稲田.jp というドメイン名は早稲田大学が登録済みである。ところで、ドメイン名の登録に使用できる文字は英字(a~z, A~Z),数字(0~9)とハイフン(-)に限られているという。
  • 出題者は次のURLを参照することを想定 http://www.nic.ad.jp/ja/dom/idn.html
  • 根源まで遡って調べたい諸君の参考資料 http://www.rfc-editor.org/rfc/rfc3492.txt
slide26
問題2に対する見解
  • Dの見解:その規約RFC1035は1987年の古い文書である。その後にIETFにおける議論があり、規約が改定された。現在ではUTF-8(8ビットのUnicode)で直接にドメイン名を記述できる。
  • Eの見解:早稲田.jp のような国際化ドメイン名(IDN)はPunycodeによって表現される。その表現は英字、数字とハイフンから成る。IDNも従来からのドメイン名の規約にしたがっている。
  • Fの見解:国際化ドメイン名は、RFCで規定された国際標準のオプション(option)として、ICANNが例外的に8ビット文字の使用を認めている。
slide28

早稲田大学.jp   JPRS

競争?

早稲田大学.日本    選定

slide29

1.完全分離

2.優先登録付き完全分離

3.完全一致

slide30

類似商標の問題:

外観、呼称、観念.jpとドット日本は同一観念

1.完全分離

2.優先登録付き完全分離

3.完全一致

slide31
参考: ドメイン名と商標

商標権: 商品やサービスに付けられるマーク特許庁に商標登録出願、登録査定、設定登録を受ける(年間の出願数は約13万件)

サービスマーク: 1991年改正、商標として認められる

ドメイン名: 先願主義「登録者が知りうる限りにおいて、当該ドメイン名の登録が、第三者の権利または利益を侵害するものでないこと」

slide32

1.完全分離

2.優先登録付き完全分離

3.完全一致

優先登録あるいは完全一致を実行するには既登録のドメイン名の情報を参照する必要がある

slide33

早稲田大学.jp   JPRS

早稲田大学.日本   JPRS

slide34
協議会の発表

http://jidnc.jp/

slide35
JPRSの発表

http://jprs.co.jp/topics/2010/101012.html

※ この選定結果の受領は、JPRSが「.日本」の管理運営事業者となると決まったことを意味しません。現在の段階は、「.日本」の管理運営事業者が最終的に決定されるまでの一連のプロセスの途上にあります。

slide36

JPNICから移管

早稲田大学.jp   JPRS

早稲田大学.日本   JPRS

協議会、選定委員会により選定