nmr mri n.
Download
Skip this Video
Loading SlideShow in 5 Seconds..
超伝導バルクを用いた NMR/MRI 応用 PowerPoint Presentation
Download Presentation
超伝導バルクを用いた NMR/MRI 応用

Loading in 2 Seconds...

play fullscreen
1 / 30

超伝導バルクを用いた NMR/MRI 応用 - PowerPoint PPT Presentation


  • 907 Views
  • Uploaded on

第 12 回 高温超電導バルク材 「夏の学校」 in 岩手. 超伝導バルクを用いた NMR/MRI 応用. 2013.08.23 理研 連携支援ユニット 仲村髙志. Outline . NMR/MRI の説明 バルク磁石でできないかな 変わり種の NMR 計測法 小型 NMR スキャナー 我々の研究の進捗状況. NMR/MRI 磁石に必要なこと. 磁場安定性 (永久電流モード) - 長時間測定の保証  磁場を高安定に保たないとピーク (ex. 1Hz FWHM) の分解能が劣化する 均一磁場 - 分解能の決定

loader
I am the owner, or an agent authorized to act on behalf of the owner, of the copyrighted work described.
capcha
Download Presentation

超伝導バルクを用いた NMR/MRI 応用


An Image/Link below is provided (as is) to download presentation

Download Policy: Content on the Website is provided to you AS IS for your information and personal use and may not be sold / licensed / shared on other websites without getting consent from its author.While downloading, if for some reason you are not able to download a presentation, the publisher may have deleted the file from their server.


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - E N D - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
Presentation Transcript
nmr mri

第12回 高温超電導バルク材

「夏の学校」in 岩手

超伝導バルクを用いたNMR/MRI応用

2013.08.23

理研 連携支援ユニット

仲村髙志

outline
Outline
  • NMR/MRIの説明
  • バルク磁石でできないかな
    • 変わり種のNMR計測法 小型NMRスキャナー
  • 我々の研究の進捗状況
nmr mri1
NMR/MRI磁石に必要なこと
  • 磁場安定性(永久電流モード) - 長時間測定の保証
    •  磁場を高安定に保たないとピーク(ex. 1Hz FWHM)の分解能が劣化する
  • 均一磁場- 分解能の決定
    •  試料の空間での磁場分布を10-10~11レベルで均一にする必要がある
  • 強力な磁場 - 感度の上昇、分離能の向上
    • 4.7T以上で可能なだけ強力にしたい
nmr mri2
NMR/MRIの原理
  • 磁場H0中に、ぞれぞれの原子の持つ核磁気回転比γを持つ原子が存在すると角速度ω0で共鳴する

ω0=γ・H0

 したがって、共鳴周波数はν0となる

ν0=ω0/2π

slide5
化学や生物での応用
  • 化合物の構造決定
  • 代謝物(汗、尿)を測定し、代謝物に含まれる物質から診断を行う(メタボノミクス)
slide6

MRI

生体中に含まれる水の密度分布を画像化する技術

1Hの感度が一番高い

scientific american november 2008 2009 2

小型NMRスキャナー

SCIENTIFIC AMERICANNovember 2008日経サイエンス 2009年2月号
slide12
磁場均一度の変化によるNMR応用

Progress in Nuclear Magnetic Resonance Spectroscopy 52 (2008) 197–269

“Mobile single-sided NMR”B. Bluemich *, J. Perlo, F. Casanova

slide15
非破壊検査やMRIへの展開

対向型

バルクを大型化し対向させた面間に均一磁場空間を形成する

独立行政法人産業技術総合研究所 地圏資源環境研究部門 物理探査研究グループ 中島善人

http://staff.aist.go.jp/nakashima.yoshito/myhome.htm

シングルサイド型

バルク表面の磁場空間を利用した非破壊検査

株式会社日立メディコ オープンMRIのひみつ

http://www.hitachi.co.jp/inspire/group/life/life6_1.html

slide16
我々の開発目標

従来の装置 270MHz(~6T)

バルク磁石 200MHz(~4.7T)

~270MHz (6T)

bulk superconductor eubco
Bulk Superconductor (EuBCO)
  • YBCO-type superconductor
  • EuBa2Cu3Oy Eu2BaCuO7
  • Tc about 90K
  • 60 mm outer diameter
  • 28 mm inner diameter
  • 20 mm thickness
  • 6 pieces stacked

28 mm

60 mm

slide18

Room Temperature

Region

NMR用の均一な磁場を発生させる

HTS

Bulk

Vacuum Chamber

Cold Head

Valve

Unit

Compressor

GM-type

Pulse-Tube

Refrigerator

1200VA

Schematic view of a Bulk Magnet

all of the view of our mri system
All of the view of our MRI system

Ogawa K, Nakamura T, Terada Y, Kose K, Haishi T “Development of a magnetic resonance microscope using a high T-c bulk superconducting magnet” APPLIED PHYSICS LETTERS98 (2011) 234101

slide20

RF Coil

Gradient Coil

Cold Head

MRI装置の仕組み
slide21
静磁場着磁

4.74 T SCM

4.74 T Bulk SCM

具体的な着磁の手順

着磁用超伝導磁石(SCM)の磁場強度を目標とする磁場強度4.74T(202MHz)にする。

SCMの磁場中心にバルク磁石をセットする。

冷凍機を用いてバルク磁石を臨界温度(92K)以下の50Kに冷却する。

着磁用超伝導磁石の磁場を4.74Tから徐々に消磁し、消磁後バルク磁石を冷凍機の最低温度(40K)で安定させる。

消磁したバルク磁石をSCMから取り出す。以上でバルク磁石の着磁が完了。

slide22
100K

Y

X

Z

slide23
77K

Y

X

Z

slide25

Magnet A

Magnet B

Φ60 mm

Φ60 mm

Φ28 mm

Φ28 mm

74mm

120 mm

Φ36 mm

slide26
バルク体が完全反磁性になるため勾配磁場の実効値が変化するバルク体が完全反磁性になるため勾配磁場の実効値が変化する

Magnet B

Magnet A

slide28
Z軸方向の磁場分布

Magnet A

Magnet B

Field Strength (ppm)

Z Axis Position (mm)

slide29
リンゴの種の撮像実験

3DGE sequence

TR/TE = 70/10 ms

Matrix size = (256)3

Voxel Size = (32 m)3

Scan Time = 1.3 hours

NEX = 5

断面MR画像

最大値投影画像

(MIP)

  • 種子内部の維管束の構造を(32 m)3の高分解能で取得することに成功した
  • 磁石内径を広げることで,マイスナー効果の影響が小さくなり,高い勾配磁場効率実現することを示した
slide30

600 MHz

High-Resolution NMR

14.1 T / Φ23 mm

強磁場化

400 MHz

High-Resolution NMR

9.4 T / Φ23 mm

270 MHz

High-Resolution NMR

6.3 T / Φ23 mm

300 MHz

High-Resolution NMR

7.4 T / Φ36 mm

200 MHz

High-Resolution NMR

4.7 T / Φ23 mm

200 MHz

Micro MRI

4.7 T / Φ36 mm

大口径化

2015 ------ 2016 ------------- 2019 --------------- 2025 ---------------->