slide1 n.
Download
Skip this Video
Loading SlideShow in 5 Seconds..
分岐の相関関係を用いた 効率的なパスプロファイリングに関する研究 PowerPoint Presentation
Download Presentation
分岐の相関関係を用いた 効率的なパスプロファイリングに関する研究

Loading in 2 Seconds...

play fullscreen
1 / 11

分岐の相関関係を用いた 効率的なパスプロファイリングに関する研究 - PowerPoint PPT Presentation


  • 131 Views
  • Uploaded on

分岐の相関関係を用いた 効率的なパスプロファイリングに関する研究. 深沢研究室 野崎 晋也. 概要. 既存のパスプロファイリングでは調べる パスの総本数が多かった為、 一度エッジプロファイリングを行ってから 調べる本数を減らす事を目的とする 参考:既存研究の Targeted Path Profiling. AI CE DE FH FG. Defining Obvious edge path. Targeted Path Profiling の特徴( 1 ). A. AIJ ABCEHJ ABDEHJ ABDFHJ ABDFGHJ. B.

loader
I am the owner, or an agent authorized to act on behalf of the owner, of the copyrighted work described.
capcha
Download Presentation

PowerPoint Slideshow about '分岐の相関関係を用いた 効率的なパスプロファイリングに関する研究' - gay


An Image/Link below is provided (as is) to download presentation

Download Policy: Content on the Website is provided to you AS IS for your information and personal use and may not be sold / licensed / shared on other websites without getting consent from its author.While downloading, if for some reason you are not able to download a presentation, the publisher may have deleted the file from their server.


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - E N D - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
Presentation Transcript
slide1

分岐の相関関係を用いた効率的なパスプロファイリングに関する研究分岐の相関関係を用いた効率的なパスプロファイリングに関する研究

深沢研究室

野崎 晋也

slide2
概要
  • 既存のパスプロファイリングでは調べるパスの総本数が多かった為、一度エッジプロファイリングを行ってから調べる本数を減らす事を目的とする
  • 参考:既存研究のTargeted Path Profiling
targeted path profiling 1

AI

CE

DE

FH

FG

Defining Obvious

edge path

Targeted Path Profilingの特徴(1)

A

AIJ

ABCEHJ

ABDEHJ

ABDFHJ

ABDFGHJ

B

赤い辺を

通ると

必ず

パスが

決まる

C

D

F

E

G

I

H

Obvious pathの実行頻度=

Defining edgeの実行頻度

J

targeted path profiling 2

今回着目した問題点:

0であるはずのものが消えない

Targeted Path Profilingの特徴(2)

A

Path Prof1 Prof2

ACDF 90 110

ACDEF 60 40

ABCDF 0 0

ABCDEF 100 100

ABDF 20 0

ABDEF 0 20

120

150

100

B

C

20

250

D

160

110

実行頻度の低い辺の除去

Cold Path Elimination

E

F

160

edge basic block

開始

AB:120

AC:150

BC:100

BD:20

CD:250

DE:160

DF:110

EF:160

終了

EdgeをBasic Blockに

A

120

150

これだけでは意味がない

100

B

C

Path Prof1

ACDF 90

ACDEF 60

ABCDF 0

ABCDEF 100

ABDF 20

ABDEF 0

20

250

D

160

110

E

F

160

edge profiling

100

150

20

100

20

160

0

90

160

90

160

Edge Profilingの結果

開始

INもOUTも2つ以上の

部分に注目

AB:120

AC:150

BC:100

Path Prof1

ACDF 90

ACDEF 60

ABCDF 0

ABCDEF 100

ABDF 20

ABDEF 0

BD:20

CD:250

DE:160

DF:110

EF:160

終了

slide7

100

150

20

100

20

160

0

90

160

90

160

ノードに何らかの処理

開始

AB:120

AC:150

BC:100

ここの2*2を

4本ばらばらに

Path Prof1

ACDF 90

ACDEF 60

ABCDF 0

ABCDEF 100

ABDF 20

ABDEF 0

BD:20

DE:160

DF:110

EF:160

終了

slide8
結果

開始

これなら

Obvious Pathの

概念が使える

その中で0のものを

消してしまえば

Cold Path Elimination

AB:120

AC:150

Path Prof1

ACDF 90

ACDEF 60

ABCDF 0

ABCDEF 100

ABDF 20

ABDEF 0

100

BC:100

20

90

100

60

BD:20

0

0

20

DE:160

DF:110

これで0だった

ABCDFを除去出来た

終了

slide9

開始

A

AB:60

AC:150

B

C

BD:60

CD:120

CE:30

D

E

DF:40

DG:140

EG:30

F

G

FH:40

GH:90

GI:80

H

I

IJ:80

HJ:130

J

終了

現在検討中の部分
  • グラフを見ると、INもOUTも2つ以上あるのは、DとGのノード
  • しかしながら、BDFを通るパスは1つしかない事がわかる※CDF.EGH,EGIも同様
  • この図の辺をノードとしてグラフを再構築

60

150

60

120

30

40

140

30

40

90

80

130

80

defining edge

A

B

C

D

E

F

G

H

I

J

やはり注目すべきは

IN/OUTが2箇所以上のところ

現段階でのDefining Edge

開始

AB:60

AC:150

60

150

BD:60

CD:120

CE:30

60

120

30

DF:40

DG:140

EG:30

40

140

30

FH:40

GH:90

GI:80

40

90

80

IJ:80

130

80

HJ:130

終了

slide11
分岐の場合分け

開始

左から入り左へ出るものを1

左から入り右へ出るものを2

右から入り左へ出るものを3

右から入り右へ出るものを4

とすると

AB:60

AC:150

BD:60

CD:120

CE:30

ABDFHJ

ABD1GHJ

ABD2GIJ

ACDFHJ

ACD3GHJ

ACD4GIJ

ACEGHJ

ACEGIJ

DF:40

EG:30

FH:40

GH:90

GI:80

IJ:80

HJ:130

終了