slide1 n.
Download
Skip this Video
Loading SlideShow in 5 Seconds..
原書講読 Ⅰ - 成人 ・高齢者看護学に関する研究論文の 購読 - PowerPoint Presentation
Download Presentation
原書講読 Ⅰ - 成人 ・高齢者看護学に関する研究論文の 購読 -

Loading in 2 Seconds...

play fullscreen
1 / 35

原書講読 Ⅰ - 成人 ・高齢者看護学に関する研究論文の 購読 - - PowerPoint PPT Presentation


  • 68 Views
  • Uploaded on

原書講読 Ⅰ - 成人 ・高齢者看護学に関する研究論文の 購読 -. 徳島大学 大学院 HBS 研究部 臨床腫瘍医療学 分野 近藤 和也. インパクトファクター ( impact factor, IF). 自然科学 ・ 社会科学 分野の 学術雑誌 を対象として、その雑誌の影響度を測る指標である 。 ユージン ・ガーフィールド ( Eugene Garfield ) が 1955 年に考案したもので、現在は毎年 トムソン・ロイター (旧 ISI )の引用文献データベース  Web of Science  に収録されるデータを元に算出している 。

loader
I am the owner, or an agent authorized to act on behalf of the owner, of the copyrighted work described.
capcha
Download Presentation

PowerPoint Slideshow about '原書講読 Ⅰ - 成人 ・高齢者看護学に関する研究論文の 購読 -' - gary-rogers


An Image/Link below is provided (as is) to download presentation

Download Policy: Content on the Website is provided to you AS IS for your information and personal use and may not be sold / licensed / shared on other websites without getting consent from its author.While downloading, if for some reason you are not able to download a presentation, the publisher may have deleted the file from their server.


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - E N D - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
Presentation Transcript
slide1

原書講読Ⅰ-成人・高齢者看護学に関する研究論文の購読-原書講読Ⅰ-成人・高齢者看護学に関する研究論文の購読-

徳島大学大学院HBS研究部臨床腫瘍医療学分野

近藤 和也

impact factor if
インパクトファクター(impact factor, IF)
  • 自然科学・社会科学分野の学術雑誌を対象として、その雑誌の影響度を測る指標である。
  • ユージン・ガーフィールド (Eugene Garfield) が1955年に考案したもので、現在は毎年トムソン・ロイター(旧 ISI)の引用文献データベース Web of Science に収録されるデータを元に算出している。
  • 対象となる雑誌は自然科学5,900誌、社会科学1,700誌である。その数値は Journal Citation Reports(JCR) のデータのひとつとして収録される。

http://ja.wikipedia.org/wiki/インパクトファクター

slide5

研究者や研究機関、および雑誌を評価する目的で参照される場面も多々見られるが、あくまでインパクトファクターは Web of Science に収録された特定のジャーナルの「平均的な論文」の被引用回数にすぎない。

slide6
トムソン・ロイターの基本的な使命
  • 世界で最も重要でかつ影響力の高い研究成果を幅広く収集する。
  • トムソン・ロイターのデータベースには、現在、自然科学、社会科学、人文科学系の学術雑誌、書籍、会議録が16,000点以上も収録されている。
  • 世界各国から収集される学術雑誌で、その数は11,000誌(2009年8月現在)にものぼる。
  • 各ジャーナルには、英語による著者抄録、著者名、発行者、著者の所属機関名、出版者住所、引用文献など、項目ごとの詳細な索引が付けられている。
slide7
トムソン・ロイターの目的
  • ジャーナル購読者の現在の問題意識と遡及的な情報検索ニーズに対応するために、世界で最も重要でかつ影響力の高いジャーナルを包括的に収録する。
    • ただし、ここでいう「包括的」というのは、必ずしも「すべてを網羅する」という意味ではない。
slide8
ブラッドフォードの法則
  • 科学における重要な成果の大半は、比較的少数の雑誌群によりカバーされていることが知られている。
  • 自然科学系ジャーナルの索引を作成する場合、これを包括的にカバーするためには、出版されている自然科学系ジャーナルをすべて収集しなければならないと考えるかもしれない。
  • しかし、このような方法は経済的に実現不可能であるだけではなく、以下で紹介する引用分析が示すように、その必要性がない。
slide9

ブラッドフォードは1930年代の中ごろ、自然科学系のどの分野においても中心的な役割を果たす文献は、1,000点以下のジャーナルでカバーされていることに気づいた。ブラッドフォードは1930年代の中ごろ、自然科学系のどの分野においても中心的な役割を果たす文献は、1,000点以下のジャーナルでカバーされていることに気づいた。

  • この1,000点のジャーナルについて特定のテーマへの関連性を調べると、関連性の高いものはかなり少なく、関連性の低いもののほうが多いこと、さらに、特定のテーマへの関連性の低いものは、通常、別の分野との関連性が高いことがわかりました。
slide10

自然科学系の分野ではまず中核となる文献があり、その周辺にさまざまなテーマに関連した文献があり、個々のジャーナルは何らかの関連性のあるテーマを扱っているといえます。自然科学系の分野ではまず中核となる文献があり、その周辺にさまざまなテーマに関連した文献があり、個々のジャーナルは何らかの関連性のあるテーマを扱っているといえます。

  • そこで、ブラッドフォードは、どの分野に対してもコアとなる少数のジャーナルがあり、重要な論文の大半は、比較的少数のジャーナルによってカバーされていると考えた。
slide11

免疫学

がん

D

E

C

B

A

F

J

G

I

H

Nature

Science

Cell

.

.

.

slide12

最近の引用分析によると、多くても150誌程度の雑誌が、引用実績全体の半分、および出版実績全体の4分の1を占めている。最近の引用分析によると、多くても150誌程度の雑誌が、引用実績全体の半分、および出版実績全体の4分の1を占めている。

  • 引用された記事の95%、出版された記事の85%が約2,000点のジャーナルでカバーされている。
  • このような中核となるジャーナル群は決して不変ではなく、その構成は絶えず変化している。
  • トムソン・ロイターの編集チームの使命は、次々に登場する新しいジャーナルを評価して、購読者に役立つ有望なジャーナルを拾い上げ、あまり役立たないと思われるジャーナルを取り除く。
slide13

ジャーナルの評価と選定にかかわる作業を継続的に実施し、ジャーナルの評価と選定にかかわる作業を継続的に実施し、

  • トムソン・ロイター データベースへのジャーナルの追加と削除を2週間ごと
  • 年間に評価するジャーナルは2,000点近く
  • 採択されるのは10%-12%

http://science.thomsonreuters.jp/mjl/criteria/

slide14
求め方
  • インパクトファクターは Web of Science の収録雑誌の3年分のデータを用いて計算される。
  • たとえばある雑誌の2004年のインパクトファクターは2002年と2003年の論文数、2004年のその雑誌の被引用回数から次のように求める。
  • A = 対象の雑誌が2002年に掲載した論文数
  • B = 対象の雑誌が2003年に掲載した論文数
  • C = 対象の雑誌が2002年・2003年に掲載した論文が、2004年に引用された延べ回数
  • C÷(A+B) = 2004年のインパクトファクター
slide15

例えば、この2年間合計で1,000報記事を掲載した雑誌があったとして、それら1,000報の記事が2004年に延べ500回引用されたとしたら、この雑誌の2004年版のインパクトファクターは0.5になる。例えば、この2年間合計で1,000報記事を掲載した雑誌があったとして、それら1,000報の記事が2004年に延べ500回引用されたとしたら、この雑誌の2004年版のインパクトファクターは0.5になる。

  • インパクトファクターは Web of Science に収録される雑誌の3年間のデータを元に算出するものなので、新しく採録雑誌となったものについては最初の3年間はインパクトファクターは付与されず、JCRにも収録されない。
slide16

インパクトファクターは「平均的な論文」の被引用回数を示すものであるため、トムソン・ロイター社はある種の記事(ニュースや投書、訂正記事など)は分母から差し引いている。インパクトファクターは「平均的な論文」の被引用回数を示すものであるため、トムソン・ロイター社はある種の記事(ニュースや投書、訂正記事など)は分母から差し引いている。

  • 一方、分子となる被引用のデータには全てのドキュメントタイプが含まれる。
  • インパクトファクターの計算根拠は Web of Science の引用データであるが、これらの引用情報は各著者が論文の末尾に記載した参照文献件目録(renferenceや bibliography)がソースとなっている。
  • 引用文献のドキュメントタイプをデータ作成者側のトムソン・ロイター社は把握することができない。分子と分母のドキュメントタイプが一致しないのはこうした理由による。
slide17
長所
  • 異なる雑誌の重要度を比較する場合にインパクトファクターを用いるのは有効である。
    • 元々インパクトファクターは Web of Science に収録する雑誌を選定する際の社内指標として開発され、図書館の雑誌の選定や、研究者の論文投稿先、出版社の編集方針を決める指針などに用いてもらうことを意図してリリースされた。
  • したがって自分の書いた論文がより多くの人の目に触れて欲しいと思ったときに、同じ分野の複数の雑誌で各雑誌のインパクトファクターを比較し投稿先を決定することには意味がある。
  • ただし比較を行う場合には同じ分野の中で雑誌同士を比較し、インパクトファクターを分野を超えた絶対的な数値としては用いない、などの注意が必要である。
slide18
ガーフィールド
  • 「私は1955年に最初に雑誌「Science」においてインパクトファクターのアイデアについて言及した。〔中略〕1955年時点では「インパクト」というものがいつの日か大きな論議を巻き起こすものになるとは思い及ばなかった。インパクトファクターは原子力のように有難いようなありがたくないような存在となっている。 誤った方法で乱用されるかもしれないという認識はあったが、その一方で私はインパクトファクターが建設的に用いられることを期待したのである。」
    • Garfield, E., "The Agony and the Ecstasy - The History and the Meaning of the Journal Impact Factor", presented at the International Congress on Peer Review and Biomedical Publication, Chicago, U.S.A., September 16, 2005,p.1 (unpublished, pdf file)
slide19
誤解
  • インパクトファクターは「学術雑誌」の評価指標であって、学術雑誌論文はもとより研究者の評価に用いるものではない。
  • 実際には多くの研究者がインパクトファクターに対する誤解を持っている。「この〔論文〕のインパクトファクターを知りたい」「〔私の〕インパクトファクターはいくつか」といった問いは典型的なインパクトファクターへの無理解を示している。自分の投稿した雑誌のインパクトファクターが、あたかも株価のように上昇することを期待するのもインパクトファクターへの無理解から来るものである。
  • 自分の投稿した論文掲載誌のインパクトファクターを足し合わせ業績評価とするのも無意味である。
essential science indicators esi
Essential Science Indicators(ESI)
  • 科学研究に資金を出している人は、研究の生産性を査定するために成果の比較をしたがるだろうが、これらを客観的かつ定量的な指標を使って比較する場合には、インパクトファクターではなく、インパクトファクターの元になっている Web of Science 収録論文の個々の被引用回数と、その被引用回数が所属の分野の中でどういった位置にいるのかというベンチマークとの突合せが必要である。
  • ちなみにこのベンチマーク指標は Essential Science Indicators(ESI) という別のトムソン・ロイター社データベースに収録されている。
slide21

インパクトファクターは英文誌にのみ付与され、和文誌にはつかないというのも誤りである。インパクトファクターは英文誌にのみ付与され、和文誌にはつかないというのも誤りである。

  • Web of Science は言語の種類にかかわらず国際的に優れた一流誌を収録することをポリシーとしており、収録の基準を満たすものであれば和文誌も収録されているから、当然そうした質の高い和文誌にはインパクトファクターが付与されている。
  • ただし数として英文誌が圧倒的に多いのは事実である。
slide22
批判
  • ある雑誌の平均的な論文の被引用回数が高いということが、本当にその雑誌の質や価値を示しているかどうかは疑問である。
  • 引用がどういった文脈で行われているか(批判的な引用かそうでないか等)は、データ作成者は判断できない。
  • ごく一部のスター的な論文が被引用回数を稼ぐことによって、雑誌のインパクトファクター値を引き上げることもよく起こりうる。
slide23

計算対象:直近2年の論文データしか用いないのは短すぎるとの批判がある。計算対象:直近2年の論文データしか用いないのは短すぎるとの批判がある。

    • どの分野においても平均的な論文は出版後2年目3年目に最も多く引用され、徐々に引用されなくなっていく傾向がある。
  • 実際には分野によってはなだらかな山を描きながら息長く引用され続けるものもあり、この場合には直近2年のデータを用いたインパクトファクターでその論文の掲載誌の影響度をはかることは難しい。
    • 2009年、JCRに5年インパクトファクターを新たな指標として追加した。またJCR に10年間の各雑誌の引用データを掲載しており、各人が自由に目的に応じた計算/分析を行えるようにしている(トムソン・ロイター社)。
slide24

インパクトファクターの本来の意味を誤解して、著者が重要だと考える結果を、海外の著名な論文雑誌に優先して投稿する傾向が強まると、国内の論文雑誌が空洞化する可能性がある。インパクトファクターの本来の意味を誤解して、著者が重要だと考える結果を、海外の著名な論文雑誌に優先して投稿する傾向が強まると、国内の論文雑誌が空洞化する可能性がある。

  • 本邦の大学における教授選考の際、インパクトファクターを合算した点数が選考過程で重視される傾向があり、所謂大教室出身者や、凡庸な論文を多数生産する研究者が実力以上に評価されてしまうことがままある。