slide1 n.
Download
Skip this Video
Loading SlideShow in 5 Seconds..
日本で成功する LCC の研究 PowerPoint Presentation
Download Presentation
日本で成功する LCC の研究

Loading in 2 Seconds...

play fullscreen
1 / 11

日本で成功する LCC の研究 - PowerPoint PPT Presentation


  • 126 Views
  • Uploaded on

日本で成功する LCC の研究. 西田 梨花. LCC とは・・・.

loader
I am the owner, or an agent authorized to act on behalf of the owner, of the copyrighted work described.
capcha
Download Presentation

PowerPoint Slideshow about '日本で成功する LCC の研究' - gareth-patton


An Image/Link below is provided (as is) to download presentation

Download Policy: Content on the Website is provided to you AS IS for your information and personal use and may not be sold / licensed / shared on other websites without getting consent from its author.While downloading, if for some reason you are not able to download a presentation, the publisher may have deleted the file from their server.


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - E N D - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
Presentation Transcript
slide2
LCCとは・・・

LCCとは、ローコストキャリア(Low Cost Carrier)の略で、格安航空会社を指す。基本的に単一機材を使い、過密ダイヤで運行している。また、座席間隔を狭くして座席数を増やし、さらに機内食を有料にするなどしており、新たな収益モデルを確立している。同時にブランケットやイヤホンなどを備え付けていなかったりと、あらゆる面でコストカットを図り、それらを運賃に反映させ、低価格の航空券を販売している。近年、日本にも海外のLCCが多く就航し、その破格の価格設定が話題となっている。日本では、ピーチ・アビエーションやジェットスター・ジャパン、エアバニラなどがこれにあたる。

LCCの対義語としてFSCが挙げられる。FSCとは、フルサービスキャリア(Full Service Carrier)の略で、基本的に機内食やヘッドホン、アメニティ等を無料で提供するなど、フルサービスを行う航空会社を指す。日本では、大手航空会社であるANAやJALがこれにあたる。

slide3
LCCの問題点(1)

LCCの一番の問題として、遅延や欠航が多いという点が挙げられるだろう。遅延の原因としては、LCCの経費節約のために行われている、一つの飛行機を効率よく運行させるために、駐機時間を大幅に短縮していることが関係している。このダイヤ設定はLCCの最大のコストカットの核でもあるため、遅延・欠航については今後もしばらくは解決されない課題となっていくことが予想される。

slide4
LCCの問題点(2)

●ピーチアビエーション

●JAL

slide5
体験

●目的

実際にLCCのサービスをより知るために、実際に搭乗体験を行った。

乗り心地や値段の他に、サービス面や接客、チェックインや手荷物など搭乗にかかる手間について重点的に見ていった。

●内容

ピーチ・アビエーション2回

ジェットスター・ジャパン2回

●時期

2013年9月~10月

slide6
アンケート調査

●目的

LCCの認知度や、サービス面、安全面でのイメージを調査する。また、消費者にとって、安さがどの程度魅力的に映っているのか、安さがサービス面、安全面のイメージを損なっていないかを調査する。

●対象・性別

大学生(18才~23才)・男女、合計41人

●実施時期

2013年10月中旬

slide7
アンケート結果(1)

●LCCに乗ったことがありますか

(乗らなかった理由)

「LCCに乗るタイミングが今までになかった」

「安全性に疑問がある」

(乗った理由)

「ツアーよりも個別で手配した方が安かったから」

「交通費を安く済ませたかったから」

※実際に乗った人の平均搭乗金額

  7071円 

slide8
アンケート結果(2)

●飛行機に乗るのに、安い(乗ってみたい)と思う金額はいくらですか?

●飛行機に乗るのに、安すぎて不安(乗りたくない)と思う金額はいくらですか?

平均 2622円      

平均 4362円

slide10
結論

(1)機内食の充実

(2)FSCと一線を画する接客のスタイル

(3) PR活動、安全性のアピール

→安さをアピールしていくのではなく、FSCとは違う魅力で勝負していくことが必要とされるのではないか。

slide11
まとめ

日本で長期的にLCCを運営していくには、安さを追い求めるよりも顧客満足度の向上に努める必要がある。そして顧客満足度を挙げるためには、日本人特有のきめ細やかな接客や、本来LCCでは削られるべき機内サービスの充実などが今後、求められていくであろう。また、LCC最大の特徴である安さが仇となり、安全性のイメージを損なっているということも明らかとなったので、今度は、「LCCは安全安心」というPRもより行っていく必要があるとされる。