23 8 9
Download
1 / 25

????????????????????? 23 ? 8 ? 9 ??????? ???????????????????????? ???????????? ????????? - PowerPoint PPT Presentation


  • 108 Views
  • Uploaded on

農業農村工学会シンポジウム      平成 23 年 8 月 9 日(火)仙台市 「東日本大震災の津波による農地塩害と取組み方向」 農地塩害と除塩技術の研究 北里大学 嶋 栄吉. 講演概要. 1.津波の被害 2.東日本大震災での農地被害 3.塩害とは 4.塩害の事例 5.除塩の研究  ~干拓地での研究を中心に~ 6.塩害調査  ~青森県沿岸域~ 7.除塩対策 8.おわりに. 1.津波の被害. 朝日新聞  2011.6.10. ・日本付近での主な被害地震:有史以来 421 回 ( 理科年表, 2010 年より) ・江戸時代以降の主な津波被害: 28 回

loader
I am the owner, or an agent authorized to act on behalf of the owner, of the copyrighted work described.
capcha
Download Presentation

PowerPoint Slideshow about '????????????????????? 23 ? 8 ? 9 ??????? ???????????????????????? ???????????? ?????????' - field


An Image/Link below is provided (as is) to download presentation

Download Policy: Content on the Website is provided to you AS IS for your information and personal use and may not be sold / licensed / shared on other websites without getting consent from its author.While downloading, if for some reason you are not able to download a presentation, the publisher may have deleted the file from their server.


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - E N D - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
Presentation Transcript
23 8 9

農業農村工学会シンポジウム      平成農業農村工学会シンポジウム      平成23年8月9日(火)仙台市「東日本大震災の津波による農地塩害と取組み方向」農地塩害と除塩技術の研究北里大学 嶋 栄吉


23 8 9
講演概要農業農村工学会シンポジウム      平成

1.津波の被害

2.東日本大震災での農地被害

3.塩害とは

4.塩害の事例

5.除塩の研究 ~干拓地での研究を中心に~

6.塩害調査 ~青森県沿岸域~

7.除塩対策

8.おわりに


23 8 9
1.津波の被害農業農村工学会シンポジウム      平成

朝日新聞 2011.6.10

・日本付近での主な被害地震:有史以来421回

(理科年表,2010年より)

・江戸時代以降の主な津波被害:28回

(日本の自然災害,1998年より)


23 8 9
2.東日本大震災での農地被害  農業農村工学会シンポジウム      平成津波により流失や冠水等の被害を受けた     農地の推定面積


23 8 9
3.塩害とは(1)農業農村工学会シンポジウム      平成原因と影響

引用:農林水産省農村振興局http://www.maff.go.jp/j/press/nousin/saigai/pdf/110414-01.pdf


23 8 9
3.塩害とは(2)農業農村工学会シンポジウム      平成~影響~

1)作物生育への影響

  ・作物の吸収阻害

  ・作物の生育障害

2)土壌への影響

  ・膨潤,分散による透水性の低下


23 8 9
4.塩害の事例1)農業農村工学会シンポジウム      平成昭和34年伊勢湾台風

・昭和34年9月26日

・三重,愛知,岐阜で高潮の被害

  →被害面積約32,000ha

・高潮が最大で4.5m

・電気伝導度(EC)*1)

表層10〜17dSm-1

  →多量の塩分

*1)電気伝導度:溶液に入れた電極間の電気抵抗の逆数,

  イオンの活量に比例,間接的に水溶液の全塩類濃度の大まか指標

引用:土壌肥料学会 http://jssspn.jp/info/nuclear/post-23.html


11 18
4.塩害の事例2)農業農村工学会シンポジウム      平成平成11年台風18号

・平成11年9月,台風18号

・九州各県と山口県

  →海水が流入した農地の被害面積は1,426ha

・泥土(ヘドロ)の堆積:1.0〜11.5m

・EC

  圃場の作土 :0.12〜2.3 dS m-1

  堆積した泥土:2.0〜13.0 dS m-1

引用:土壌肥料学会 http://jssspn.jp/info/nuclear/post-23.html


23 8 9
4.塩害の事例3)農業農村工学会シンポジウム      平成その他

・平成16年8月30日台風16号,香川県

  →被害圃場のEC

    ニンジン畑:0.19〜1.0 dS m-1

    水田   :0.24〜1.3 dS m-1

・平成20年2月24日,富山県東部の暴風雨

→浸水した作土EC

       水田:0.5〜2.5 dS m-1

引用:土壌肥料学会 http://jssspn.jp/info/nuclear/post-23.html


23 8 9
4.塩害の事例4)農業農村工学会シンポジウム      平成スマトラ沖地震津波

・2004年12月26日,スマトラ島西方沖地震

  (マグニチュード9.1〜9.3)

・インドネシア、タイなどで高さ10m以上の津波

・堆積物の厚さ20cm以下

・降雨が十分で,排水施設の整備水田,高い透水性

  →半年から2,3年で回復

・排水システムの損壊:3年間で3,000~7,000 mmの積算降水量があっても除塩が不十分

  →塩害農地の除塩:降水量や灌漑水量だけでなく、圃 

   場の排水条件も重要

引用・参考文献:1)土壌肥料学会 http://jssspn.jp/info/nuclear/post-23.html

              2)http://www.fao.or.jp/topics/others/sumatra.html

              3)久米ら,2004年12月の巨大津波によるインドタミルナドゥ州の農地における塩性化 

                被害と回復評価,農業農村工学論文集,266,19-24(2010)

              4)池浦 弘,津波被災農地の除塩に関する情報の提供,2011


23 8 9
5.除塩の研究(1)農業農村工学会シンポジウム      平成

○戦前(~1945)

・大野(1931)湛水,暗渠による除塩対策

(山口県干拓地,生育収量調査)

 ・小林(1938)不良土壌の発現原因

(茨城県干拓地,土壌改良試験)

 ・三須(1939)干拓地土壌の化学性

          (朝鮮半島干拓地,土壌調査)

 ・川島(1940)九州干拓地の土壌特性(佐賀・熊本県の干拓地,土壌調査)

 ・永田(1943)塩分地土壌の改良実験

           (台湾南部,土壌調査)

*)参考文献:石川重雄(1991):干拓地土層の構造発達と農地化過程に関する研究

引用文献:石川重雄(1991):干拓地土層の構造発達と農地化過程に関する研究


23 8 9
5.除塩の研究(2)農業農村工学会シンポジウム      平成

○戦後(1945~)

1)除塩に関する基礎的・実証的研究

~児島干拓地を中心とた研究の蓄積~

・久保田ら(1955)作物生育障害試験

・細田ら(1959)層位別の理化学特性

・米田ら(1959)水田粘土層での除塩

・米田ら(1964)干拓地土壌の生成的土壌分類法の提案

・徳弘ら(1965)石灰施用効果試験

*)参考文献:石川重雄(1991):干拓地土層の構造発達と農地化過程に関する研究


23 8 9
5.除塩の研究(3)農業農村工学会シンポジウム      平成

2)除塩の促進方法の総合的検討

  ・宮本ら(1974),福島(1976),長堀ら(1975),天谷ら(1982)

   川田(2000),兼子ら(2002)

    ①排水溝と暗渠による排水

    ②乾燥亀裂の発達促進

    ③土壌団粒化

    ④耐塩性植物(アシ・アカザ類など)の導入

    ⑤灌漑水により洗浄効果

    ⑥水田と畑作の交互利用による除塩

3)児島湾干拓地での水利慣行

   →「3湛3落1排」

      (1サイクル:3日間湛水+3日間落水+7日目完全排水→乾湿の繰り返しと洗浄)

*)参考文献:石川重雄(1991):干拓地土層の構造発達と農地化過程に関する研究


23 8 9
6.塩害調査(1)農業農村工学会シンポジウム      平成青森県奥入瀬川南岸地区での塩分濃度調査

                                 原図:長利ら(2011年調査データ 未発表)


23 8 9
6.塩害調査(2)農業農村工学会シンポジウム      平成青森県奥入瀬川南岸地区での塩害の状況

写真提供:長利ら(2011年3月調査)


23 8 9
6.塩害調査(3)農業農村工学会シンポジウム      平成青森県奥入瀬川南岸地区での塩害調査

                                      写真提供:長利(2011年5月調査)


23 8 9
6.塩害調査(4)農業農村工学会シンポジウム      平成~センサーによる連続観測の概要~

1)機種:デカゴン社 5TE

2)測定項目(センサー)

  ・土壌水分

  ・地温

  ・ECセンサー

3)センサーの埋設深さ

  ・10,23,31.5,39,47cm

4)デカゴン社以外の設置機器

  ・外気温,湿度

  ・カメラ(撮影枚数:1枚/1時間)

5)研究グループ:長利ら(2011年7月~)


23 8 9

6.塩害調査(5) ~農業農村工学会シンポジウム      平成観測状況~土壌水分・温度・ECセンサーの設置と連続観測

写真提供:長利(2011年7月)


23 8 9
6.塩害調査(6)農業農村工学会シンポジウム      平成青森県奥入瀬川南岸地区での水田

                                   写真提供:長利ら(2011年6月,7月調査)


23 8 9
7.除塩対策(1)基本農業農村工学会シンポジウム      平成

1)リーチング:

・湛水による土壌浸透水で塩類の洗脱・除去

2)カルシウム系塩の投入(客入):

・Na+イオンをCa2+イオンに置換,

   ・透水性の低下,団粒破壊を抑制

3)排水強化:

・素掘水路と暗渠排水の活用

   ・リーチング効果の向上


23 8 9
7.除塩対策(2)農業農村工学会シンポジウム      平成

引用:農林水産省農村振興局 http://www.maff.go.jp/j/press/nousin/saigai/pdf/110414-01.pdf


23 8 9
7.除塩対策(3)農業農村工学会シンポジウム      平成

引用:農林水産省農村振興局 http://www.maff.go.jp/j/press/nousin/saigai/pdf/110414-01.pdf


23 8 9
7.除塩対策(4)農業農村工学会シンポジウム      平成

引用:農林水産省農村振興局 http://www.maff.go.jp/j/press/nousin/saigai/pdf/110414-01.pdf


23 8 9
7.除塩対策(5) 農業農村工学会シンポジウム      平成~除塩対策の模式図(塩分を下方に抜く場合)~

引用:農村工学研究所 

http://www.nkk.affrc.go.jp/2011fukkoushien/fukkyuuhouhou/nouchi/joentaisaku.html


23 8 9
8.おわりに農業農村工学会シンポジウム      平成

1)干拓地での研究・技術の活用

2)水利慣行の活用と整備

  ①水利システム(施設)整備

   ・用水路,排水路(暗渠)

  ②用水確保

   ・リーチングのための用水


ad