slide1 n.
Download
Skip this Video
Loading SlideShow in 5 Seconds..
セッション3:最近のミスマッチの実例分析 実例2:地震予知 地震予知情報発信のされ方について  予知研究の現場から PowerPoint Presentation
Download Presentation
セッション3:最近のミスマッチの実例分析 実例2:地震予知 地震予知情報発信のされ方について  予知研究の現場から

Loading in 2 Seconds...

play fullscreen
1 / 22

セッション3:最近のミスマッチの実例分析 実例2:地震予知 地震予知情報発信のされ方について  予知研究の現場から - PowerPoint PPT Presentation


  • 113 Views
  • Uploaded on

セッション3:最近のミスマッチの実例分析 実例2:地震予知 地震予知情報発信のされ方について  予知研究の現場から. 平田直(東京大学地震研究所). 地震予知研究の現状. 地震予知は、. 日本では、「地震」が身近 まれに発生する、ひとたび起これば大被害  → 一般の関心が高い:マスコミの関心も高い. データに基づいて行う 複雑な「自然」のシステムの理解が不可欠 不確かな情報 専門家のコンセンサスが必要. 新しい. 地震の起きる場所の状態. (推定). 予測. 未来の「状態」. (推定). 科学としての「地震予知」. 観測データ. 予知. 地震発生.

loader
I am the owner, or an agent authorized to act on behalf of the owner, of the copyrighted work described.
capcha
Download Presentation

PowerPoint Slideshow about 'セッション3:最近のミスマッチの実例分析 実例2:地震予知 地震予知情報発信のされ方について  予知研究の現場から' - fay


An Image/Link below is provided (as is) to download presentation

Download Policy: Content on the Website is provided to you AS IS for your information and personal use and may not be sold / licensed / shared on other websites without getting consent from its author.While downloading, if for some reason you are not able to download a presentation, the publisher may have deleted the file from their server.


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - E N D - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
Presentation Transcript
slide1

セッション3:最近のミスマッチの実例分析実例2:地震予知 地震予知情報発信のされ方について  予知研究の現場から

平田直(東京大学地震研究所)

学術成果の広報と報道に関するシンポジウム

slide2
地震予知研究の現状

学術成果の広報と報道に関するシンポジウム

slide3
地震予知は、
  • 日本では、「地震」が身近
  • まれに発生する、ひとたび起これば大被害

 → 一般の関心が高い:マスコミの関心も高い

  • データに基づいて行う
  • 複雑な「自然」のシステムの理解が不可欠
  • 不確かな情報
  • 専門家のコンセンサスが必要

学術成果の広報と報道に関するシンポジウム

slide4

新しい

地震の起きる場所の状態

(推定)

予測

未来の「状態」

(推定)

科学としての「地震予知」

観測データ

予知

地震発生

学術成果の広報と報道に関するシンポジウム

slide5

プレート結合状態

  • 固着
  • 定常滑り
  • ゆっくり滑り
  • 地震
  • 余効的すべり
  • 将来のプレート結合状態
  • 固着
  • 定常滑り
  • ゆっくり滑り
  • 余効的すべり
新しい科学としてのプレート境界地震の予知
  • 観測データ
  • GPS(地表の変形)
  • 微小地震観測
  • 地震の発生
  • どこで
  • どのくらいの大きさ
  • いつ

学術成果の広報と報道に関するシンポジウム

slide6
地震発生の長期予測・強震動予測

(活)断層活動履歴

  • 大きさ
  • 平均再来間隔
  • 最終活動次期

統計モデル

 (更新過程)

震源・構造モデル

(今後30年間の)

発生確率分布

強震動の予測

学術成果の広報と報道に関するシンポジウム

slide7
日本の活断層

学術成果の広報と報道に関するシンポジウム

characteristic earthquake
固有地震CharacteristicEarthquakeプレート境界地震の予知可能性固有地震CharacteristicEarthquakeプレート境界地震の予知可能性

学術成果の広報と報道に関するシンポジウム

slide9
釜石沖群発地震

Honshu, Japan

Japan Trench

学術成果の広報と報道に関するシンポジウム

slide10

5.4 ± 0.5 yr

M 4.8 ± 0.1

釜石沖の繰り返し地震

釜石沖 固有地震

95.3.11

マグニチュード

累積モーメント

60

70

80

90

Igarashi et al. (1999)

学術成果の広報と報道に関するシンポジウム

slide11
釜石沖の繰り返し地震と予知の成功

2001.11.13

釜石沖 固有地震

Matsuzawa et al. (1999)

学術成果の広報と報道に関するシンポジウム

slide12
震源と滑り分布

(Matsuzawa, et al.,2002)

slide13

余効変動

大きなアスペリティ

巨大地震を繰り返し

起こす

非定常的ゆっくり

 すべり

アスペリティの固着

によってすべれず、

アスペリティが破壊

したことですべり

始める

小さなアスペリティ

短い周期で地震が

繰り返す(相似地震)

定常的ゆっくりすべり

沈み込むプレート

(山中2002)

学術成果の広報と報道に関するシンポジウム

slide14

新しい

地震の起きる場所の状態

(推定)

予測

未来の「状態」

(推定)

科学としての「地震予知」

観測データ

予知

地震発生

学術成果の広報と報道に関するシンポジウム

slide16

新しい

地震の起きる場所の状態

(推定)

予測

未来の「状態」

(推定)

科学としての「地震予知」

観測データ

予知

地震発生

学術成果の広報と報道に関するシンポジウム

slide17

(Matu’uraet al., 2004)

学術成果の広報と報道に関するシンポジウム

slide18

新しい

地震の起きる場所の状態

(推定)

予測

未来の「状態」

(推定)

科学としての「地震予知」

観測データ

予知

地震発生

学術成果の広報と報道に関するシンポジウム

slide19

(Matu’uraet al., 2004)

学術成果の広報と報道に関するシンポジウム

slide20
科学としての「地震予知」

観測データ

地震の起きる場所の状態

(推定)

予知

予測

地震発生

未来の「状態」

(推定)

学術成果の広報と報道に関するシンポジウム

slide21
地震予知は、
  • 日本では、「地震」が身近
  • まれに発生する、ひとたび起これば大被害

 → 一般の関心が高い:マスコミの関心も高い

  • データに基づいて行う
  • 複雑な「自然」のシステムの理解が不可欠
  • 不確かな情報
  • 専門家のコンセンサスが必要

学術成果の広報と報道に関するシンポジウム