Drugs acting on adrenergic neurons
Download
1 / 40

Drugs Acting on Adrenergic Neurons - PowerPoint PPT Presentation


  • 117 Views
  • Uploaded on

Drugs Acting on Adrenergic Neurons. 第 3 グループ 000913 98MB1003 青木 淳 98MB1029 金子直樹 98MB1051 下坂彩子 98MB1075 平沼聡史 97MB1004 荒川英輔. Case History 1. 45 歳 女性  血圧は正常( 115/72mmHg ) 3 年前からうつ病を発症 三環系抗うつ薬、 SSRI 、電気的な治療は効果がなかった。. Case History 2. Phenelzine 15mg/day の投与開始後 4 週間で症状の改善が見られた。

loader
I am the owner, or an agent authorized to act on behalf of the owner, of the copyrighted work described.
capcha
Download Presentation

PowerPoint Slideshow about ' Drugs Acting on Adrenergic Neurons' - erno


An Image/Link below is provided (as is) to download presentation

Download Policy: Content on the Website is provided to you AS IS for your information and personal use and may not be sold / licensed / shared on other websites without getting consent from its author.While downloading, if for some reason you are not able to download a presentation, the publisher may have deleted the file from their server.


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - E N D - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
Presentation Transcript
Drugs acting on adrenergic neurons
Drugs Acting on Adrenergic Neurons

第3グループ 000913

98MB1003 青木 淳

98MB1029 金子直樹

98MB1051 下坂彩子

98MB1075 平沼聡史

97MB1004 荒川英輔


Case history 1
CaseHistory 1

45歳 女性 

血圧は正常(115/72mmHg)

3年前からうつ病を発症

三環系抗うつ薬、SSRI、電気的な治療は効果がなかった。


Case history 2
CaseHistory 2

Phenelzine15mg/dayの投与開始後

4週間で症状の改善が見られた。

Phenelzineによる治療開始から5ヵ月後チーズに含まれるTyramineとの薬物相互作用により高血圧クリー(180/135mmHg)を起こす。


Case history 3
CaseHistory 3

高血圧クリーゼに対しては

Phentolamine 2mg 静脈注射

投与後10分で血圧は正常に戻る。

血圧は正常に戻ったものの

精神的なケアのため入院治療を行う。


Phenelzine
Phenelzine

  • 非選択的MAO inhibitor

  • hydrazide :C-N-N構造(+)

  • 非常に長時間MAO阻害効果が持続する。

  • 服用中止後も効果は2~3週間持続

  • Daily Dose:45-75mg/day


Phenelzine

Tyramine


うつ病の発生機序

モノアミン仮説(静的)

  モノアミン受容体機能亢進説              (動的)


モノアミン仮説

 脳内NE、5‐HTの量の減少によってうつ病が発症するという説

 1.脳内NE、5‐HTを減少させるレセルピンによってうつ病が誘導される。

 2.抗うつ薬によって脳内のモノアミン機能が増強する。

  という二つの所見に基づく


Phenylethylamine

Catechol

Dopamine

Norepinephrine

Epinephrine


NEの中枢神経系における作用

NEニューロンは青斑核、網様体の外側被蓋野に存在し、脳の広い領域に投射する。

 抑制的作用(α2)

 促進的作用(α1, β)

 シナプス伝達の興奮性を促進することにより注意、覚醒などの行動に関与


‐HTの中枢神経系における作用

5‐HTニューロンは中脳縫線核や橋、上位脳幹に存在し、脳の広い領域に投射する。

 抑制的作用(5‐HT1A)

 促進的作用(5‐HT2, 5‐HT4)

 抑制作用が中枢神経系における5‐HTの主な働きである


モノアミン受容体機能亢進仮説1

脳内NE、5‐HT量の減少に伴って脳内ホメオスタシス維持のためにモノアミン受容体が増加する。それによってシナプス伝達の興奮性が変化しうつ病が引き起こされるとする説。


モノアミン受容体機能亢進仮説2

1.うつ病者の死後脳でβ受容体、5‐HT2受容体が増加している。

2.うつ病者の血小板で5‐HT2の機能亢進が見られる

3.神経内分泌所見、PETによる所見によってうつ病者の5‐HT受容体の機能亢進が示唆されている。

  以上のような所見に基づく。


Ne 5 ht
抗うつ薬脳内のNEと5-HTの効果増強

  • 三環系抗うつ薬

  • MAO inhibitors

  • SSRI(Selective Serotonin Reuptake Inhibitor )

  • うつ病の発症機序としてNE、5-HT等のアミン神経系の減弱が原因であるという“モノアミン仮説”が考えられている。NE神経は青斑核に、セロトニン神経は中脳縫線核に存在する。抗うつ薬は脳内アミン神経系の増強が目的となる。


Monoamine oxidase mao
Monoamine oxidase (MAO)

  • 生理活性をもつアミン類の酸化的脱アミノ化を触媒する酵素

  • Flavin含有酵素

  • 神経終末・肝臓・その他の臓器のMitochondrial membraneに局在。

  • 2つのsubtype

    • MAO-A:主にセロトニン、NE代謝に 関わる。

    • MAO-B:主にドパミン代謝に関わる。


MAOの機能

  • 神経終末およびその標的細胞におけるcatecholamines とserotoninの代謝分解。

  • 肝臓における、腸管から吸収されて門脈から入ってきた循環血中のmonoaminesやtyramineなどの不活性化。


Mao a mao b
MAO-AとMAO-B

  • MAO-A

    • 5-HT, NEを基質として代謝分解

    • 細胞内MAOの大部分

    • MAO-A阻害が抗うつ作用に重要な役割を担う。

  • MAO-B

    • DAを基質として代謝分解

    • ヒト脳内の主なisoform

    • 大部分が細胞外に存在

    • 選択的MAO-B inhibitorでは抗うつ効果がほとんど見られない。


Mao inhibitors mao
MAO inhibitorsMAOに結合してその酵素活性を阻害する

  • MAOはモノアミンMonoamine神経系の前シナプス側の神経終末で、モノアミントランスポーターから再取り込みされたMonoamineのうち、シナプス小胞に再び蓄えられなかったものを代謝・分解する。

  • MAO inhibitorはこのMAOに結合して、その酵素活性を失活させ、その結果、シナプス小胞に貯蔵されるモノアミン(NE, 5-HT)量を増加させる。


Maois mechanism
MAOIsの抗うつ作用のmechanism

  • MAO-A阻害によりNE, 5-HTの分解抑制

  • Synapse vesicle内に貯蔵されるNE, 5-HT量増加

  • NE and 5-HT level ↑

  • Autoreceptor のdesensitization等によるNE, 5-HT神経系のnetwork change


Maois
MAOIsの抗うつ作用メカニズム

  • 仮説:MAOIsの作用メカニズムの特に重要なのは、脳内における5-HTのavailabilityが増加して、その結果引き起こされるnet serotonergic transmission の増強である。

  • これは、3種類の抗うつ薬に共通の効果が、5-HT synaptic transmissionの増加であるということが根拠となっている。


Maois1
MAOIsの抗うつ作用メカニズム

  • MAOIsの作用によるNE level の上昇がnet serotonergic transmission の増強に関わっている。

  • MAOIsによる増加したNE level が5-HT neuron のaxon終末の前シナプス抑制性α2receptorを脱感作する。

  • ↑の結果、α2R-mediated inhibitionから5-HT neuron が解放され、neuron発火頻度および5-HTの放出の増加が起こる。

  • 5-HT neuron にある5-HT1A receptorのdesensitizationも5-HT neuronの活性化に関わる。

  • このReceptor desensitization 効果が生じるにはMAOIs服用後2~3週間を要する。


Mao inhibitors maois
MAO inhibitors (MAOIs)

  • 作用機序:Flavin adenine dinucleotide (FAD) cofactor に等価的に結合することにより、 MAOの酵素活性を不可逆的に阻害する。

  • 奏効機序:MAO-Aの阻害により、脳内におけるSerotonin神経系・Norepinephrine (NE) 神経系のモノアミンの代謝分解が阻害され、その濃度が上昇する。その結果、これらの神経系のnetwork の伝達効率等の様々な変化(e.g. receptor desensitization)が生じ、抗うつ効果をもたらす。


Mao inhibitors
MAO inhibitorsの分類

  • Hydrazide:C-N-N構造(+)

    Phenelzine,Isocarboxid

    開裂してactive productsを生じ、これがMAO阻害活性を持つ。このactive productsは、主にアセチル化により不活性化される。

Phenelzine


Mao inhibitors1
MAO inhibitorsの分類

  • Non-hydrazide: C-N-N構造(-)

    Tranylcypromine

Moclobemide


Mao inhibitors2
MAO inhibitors の特徴

  • 抗うつ作用発現までに1~2週間を要する。

    • MAO阻害が直接的に抗うつ作用を示すのではなく、その結果として起こるNE, 5-HT神経系に対するnet effectが抗うつ作用の機序と考えられている。

  • 効果の持続時間が長い(1~2週間)

    • MAOに不可逆的に結合して失活させるため、新しくMAOが合成されるまで(この期間が1~2週間)、MAO阻害効果が持続する。

  • 様々な薬物とDrug interactionを起こす。

    • Catecholamines: indirect sympathomimetic action

    • Other antidepressants (TCAs, SSRI)

    • Alcohol

    • Opioids


Mao inhibitors3
MAO-inhibitorsの副作用

  • Hypertensive crisis

  • Sedation

  • Behavioral excitation

  • Postual hypotension


MAOIsの薬物動態

  • 腸管から速やかに吸収(経口投与時)

  • Hydrazideは、肝臓でアセチル化を受けて、そのacetylation phenotypeに応じて排泄される。

  • 排泄はslow


薬物相互作用

  • MAO阻害によるsympathomimetic monoaminesへの影響

  • MAO以外の酵素の阻害による、種々の薬物の肝臓での代謝の抑制。


MAOIsとTyramineの薬物相互作用

肝臓における分解の抑制

MAOITyramine

MAOIの薬理作用    Tyarmineの薬理作用の増強

       カテコールアミンの増加

血管抵抗の増大による高血圧


高血圧クリーゼ

血圧の高度な上昇とその持続によって脳、心、腎などの標的臓器に重篤な合併症が発生し、速やかな降圧を図らなければ患者の生命予後が危惧される病態またはそのような事態が切迫している状態


Mao blocker blocker nifedipine

MAO阻害薬とチラミンでの高血圧クリーゼの治療には経静脈交感神経遮断薬を用いる(αblocker、αβblocker)(nifedipine舌下投与)


  • Phentolamine α受容体に対し可 逆的競合的拮抗

  • Propranolol 非選択的β受容体 拮抗

  • Labetalol α1とβ受容体にお ける競合的拮抗


その他の抗うつ薬1

  • SARI: serotonin 2 antagonist reuptake inhibitor

  • Trazodoneなど。当初はSSRIと考えられていたが、serononin受容体阻害作用があり、副作用が軽減される可能性がある。


その他の抗うつ薬2

SNRIserotoninとNEの再取り込み阻害。三環系抗うつ薬の副作用はない。NEの再取り込み阻害作用のためSSRIよりも効果が大きいと考えられる。


その他の抗うつ薬3

  • NDRI: Bupropionがアメリカで使われている。

  • NEとdopamineの再取り込みを阻害する。SSRIの副作用がなく、SSRIの効果がない患者にも期待されている。


ad