slide1 l.
Download
Skip this Video
Loading SlideShow in 5 Seconds..
重油流出 PowerPoint Presentation
Download Presentation
重油流出

Loading in 2 Seconds...

play fullscreen
1 / 18

重油流出 - PowerPoint PPT Presentation


  • 116 Views
  • Uploaded on

重油流出. 82128006  磯部雄一郎. 目次. 過去の事故例 重油流出が実際に及ぼす影響 重油流出後の新たな対策 まとめ 参考資料. 過去の事故例. トリーキャニオン号の事故. ・英国政府は船内に残った 4 万トンの原油を燃焼させるために本船を 爆破 !! ① 1967年3月18日 リベリア国籍のトリーキャニオン号が英国のシリー諸島とランズエンド間の公海上で座礁 ②8万トンの油流出 英海岸を100マイル以上汚染→フランスのブルターニュ海岸にも被害 ③オランダのサルベージ会社の船体救出失敗

loader
I am the owner, or an agent authorized to act on behalf of the owner, of the copyrighted work described.
capcha
Download Presentation

PowerPoint Slideshow about '重油流出' - elton


An Image/Link below is provided (as is) to download presentation

Download Policy: Content on the Website is provided to you AS IS for your information and personal use and may not be sold / licensed / shared on other websites without getting consent from its author.While downloading, if for some reason you are not able to download a presentation, the publisher may have deleted the file from their server.


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - E N D - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
Presentation Transcript
slide1

重油流出

82128006

 磯部雄一郎

slide2
目次
  • 過去の事故例
  • 重油流出が実際に及ぼす影響
  • 重油流出後の新たな対策
  • まとめ
  • 参考資料
slide4
トリーキャニオン号の事故

・英国政府は船内に残った4万トンの原油を燃焼させるために本船を爆破 !!

①1967年3月18日 リベリア国籍のトリーキャニオン号が英国のシリー諸島とランズエンド間の公海上で座礁

②8万トンの油流出 英海岸を100マイル以上汚染→フランスのブルターニュ海岸にも被害

③オランダのサルベージ会社の船体救出失敗

④英国は、油抜き取りが不可能なので船体爆破による油清掃を政府が計画し、公表。

⑤船舶所有者バミューダ・タンカー会社(国籍バミューダ)は船舶の所有権放棄

⑥3月28日、英海軍・空軍が船体爆破

⑦英国、保険会社に爆破を通知

⑧リベリア 抗議なし

slide5
トリーキャニオン号の事故
  • タンカーからの流出油による損害に対する責任と補償に関する問題

       ↓

IMCOにより、

「油濁損害の場合の公海上の措置に関する国際条約」

「油濁損害に対する民事責任に関する国際条約」

船主の厳格責任、責任限度額、強制保険が規定

slide6
ナホトカ号について

沈没時積載重油:約19,000トン船体が船首近くで2つに折れ、沈没。その際、タンク3つが破損し重油約3600トンが流出

slide7
重油の性質

蒸発

拡散

エマルジョン化

水中分散

沈降

微生物分解、生物蓄積

slide8

ムース化した油の特徴

  • 粘度が数10倍から数1000倍に増加
  • 軟らかな固形状に変質
  • 含水率の増加とともに体積も増加
  • 非常に安定で長期間その形状を保つ
エマルジョン化とは

ある液体が他の液体中に

微細に分散して入り込み

安定な乳状となったもの

エマルジョン

油の場合は、油の中に

水を取り込んだ形の乳化

ムース化

slide9
重油の変化

短期間で多量の海水を取り込み、24時間以内に強固なムース油を形成

含水率の増加、蒸発率は24時間以内に収束

C重油の

性状変化

石油連盟が行ったC重油の経時性状変化実験(海水温度10℃)

slide10
及ぼす影響
  • ナホトカ号重油流出事故による水鳥救護

・羽毛の保温作用も奪われる

・体内で胃や腸の粘膜が炎症を起こす

slide11
及ぼす影響

↓油ミスト測定

  • ナホトカ号重油流出事

大気環境測定車による炭化水素の測定

slide12

及ぼす影響

水島重油流出事故 昭和49年

slide13
どのようにすれば防げるのか

1)海上にあるうちに回収

2)漂着する地点を予測し、対策を講じる。

3)漂着後効率の良い回収

slide14
回収方法

海上の重油

オイルフェンス(拡散を防ぐ)

重油を吸収シートなどで回収

・海岸に漂着した重油

油処理剤(油の濃度を下げる)

人海戦術

(河川も同様)

高性能ゲル化剤

オイルフェンス

吸収剤

吸収マット

slide15
漂着する地点を予測する方法
  • 浮流重油自動追従ブイシステム

重油拡散再現シミュレーション

風の頻度特性の解析

潮汐流・海流・吹送流を考慮した流れの計算

重油粒子を追跡

slide16
バイオレメディエーション

図2 微生物によるC重油分解の消失油分量の経時変化

  • 「生物による修復」

石油を分解して自分の体を作る 栄養分にする微生物を利用。

slide17
まとめ

・回収に向かう速度を上げることは難しい。

・回収の効率を高める。

・漂着する前に回収をおえてしまう。

・重油の広がっている範囲を把握しておく事が必要。

・漂着後にも効率の良い回収方法を駆使する。

slide18
参考

主要なタンカー油流出事故について

http://www.mlit.go.jp/kaiji/seasafe/safety11_.html

「ナホトカ号」からの重油流出事故まとめ

http://coastal.nagaokaut.ac.jp/oil/m2.html

福井県みどりのデータバンク

http://www.erc.pref.fukui.jp/gbank/reports/nakhodka/nakhodka2.html

石川工業試験所

http://www.irii.jp/infor/2008_0701/topics3_4.html

長岡技術科学大学 

http://coastal.nagaokaut.ac.jp/oil/index.html

産業技術総合研究所

http://www.aist.go.jp/SNIRI/publication/news/91/p3.html