slide1 l.
Download
Skip this Video
Loading SlideShow in 5 Seconds..
東日本大震災の歴史的位置付けと 今後の方向性 --- 大局的&柔軟な発想 のすすめ --- PowerPoint Presentation
Download Presentation
東日本大震災の歴史的位置付けと 今後の方向性 --- 大局的&柔軟な発想 のすすめ ---

Loading in 2 Seconds...

play fullscreen
1 / 51

東日本大震災の歴史的位置付けと 今後の方向性 --- 大局的&柔軟な発想 のすすめ --- - PowerPoint PPT Presentation


  • 96 Views
  • Uploaded on

東日本大震災の歴史的位置付けと 今後の方向性 --- 大局的&柔軟な発想 のすすめ ---. 安井 至 (独)製品評価技術基盤機構・理事長 東京大学名誉教授・国際連合大学名誉副学長 http://www.yasuienv.net/. 概要. 東日本大震災とその影響で起きたことの位置付け 1000年に1度をどう考えるかという問題を取り扱わないと解が見つからない 極めて長期的な視点をあえて持つことの重要性 住民の不安の解消ができない国 信頼する対象と信頼しない対象 誰が将来を決めるのか. 東日本大震災で起きたこと. 間接的被害の影響 1.高線量地域の避難

loader
I am the owner, or an agent authorized to act on behalf of the owner, of the copyrighted work described.
capcha
Download Presentation

PowerPoint Slideshow about '東日本大震災の歴史的位置付けと 今後の方向性 --- 大局的&柔軟な発想 のすすめ ---' - elsie


An Image/Link below is provided (as is) to download presentation

Download Policy: Content on the Website is provided to you AS IS for your information and personal use and may not be sold / licensed / shared on other websites without getting consent from its author.While downloading, if for some reason you are not able to download a presentation, the publisher may have deleted the file from their server.


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - E N D - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
Presentation Transcript
slide1

東日本大震災の歴史的位置付けと今後の方向性---大局的&柔軟な発想のすすめ---東日本大震災の歴史的位置付けと今後の方向性---大局的&柔軟な発想のすすめ---

安井 至

(独)製品評価技術基盤機構・理事長

東京大学名誉教授・国際連合大学名誉副学長

http://www.yasuienv.net/

slide2
概要
  • 東日本大震災とその影響で起きたことの位置付け
  • 1000年に1度をどう考えるかという問題を取り扱わないと解が見つからない
  • 極めて長期的な視点をあえて持つことの重要性
  • 住民の不安の解消ができない国
  • 信頼する対象と信頼しない対象
  • 誰が将来を決めるのか
slide3
東日本大震災で起きたこと
  • 間接的被害の影響
    • 1.高線量地域の避難
    • 2.避難地域以外での懸念
    • 3.農水産業への風評被害
    • 4.規制被害
    • 5.コミュニティーの喪失危機
  • 低線量放射線被曝不安
    • 1.緊急事態と平常時
    • 2.科学者の見解の不一致
    • 3.意図的な扇動
    • 4.無責任な扇動
    • 5.ゼロリスク願望
  • 自然災害
    • 1.Mw9級大震災そのもの
    • 2.Mw9級津波
    • 3.人命・資産の喪失
    • 4.インフラの喪失
  • 間接的被害
    • 1.福島原発炉心溶融
    • 2.放射性物質大量放出
slide4
東日本大震災で天災として起きたこと
  • Mw9クラスの大地震
    • 規模としては、恐らく869年の貞観地震以来
    • 建物の被害は重大ではあったが、無事な建物も多かった
  • Mw9クラスの大津波
    • やはり貞観地震の津波以来か
    • 巨大防波堤は楽々と超えた
    • ほとんどすべてを流した
    • 防御に有効に機能したのは、松島という自然の配置ぐらいか
slide6
これまでの地震の規模(Mw)と津波の高さ

阿部勝征、東京大学地震研地震火山情報センターによる

slide8
1000年後の津波にどう備える   宮古市田老町の実例から考える1000年後の津波にどう備える   宮古市田老町の実例から考える
  • 今回の津波:高さ10mの二重の防潮堤を超え、防潮堤の一部が破壊された
  • これまでの対処法(全面防御・回避)を延長
    • 高さ15mのコンクリート製の防潮堤を200年に1回、作り続ける
    • 高台にのみ居住し、海岸付近は別用途
  • 別の方法は無いのか
    • 松島の奥に津波被害は少なかった
    • M8前半の津波用の防潮堤+高層(10階)程度の居住用兼避難建物で対処する
slide9
松島湾の奥は津波被害が少ない

日本地理学会

http://map311.ecom-plat.jp/map/map/?mid=40&cid=3&gid=0

slide10

朝日新聞による報道より

毎日車で通勤?

高齢者は?

完璧な堤防を作る?

それとも、避難地?

船舶の緊急避難は?

農業従事者の年齢は?

避難はどこに?

slide14
天災の影響で起きたこと
  • 最大の影響は福島原発の炉心溶融
  • それに伴う大量の放射性物質の放出拡散
  • 1.原発なしでエネルギー供給ができるか
  • 2.低線量被曝の不安をどう解消するか
slide15
原子炉の歴史
  • 原発の原理的な発明は1934年にイタリア人フェルミが核分裂の実験
  • 1938年 核分裂実験結果の公表
  • 1942年12月にフェルミは米国に移住、

  最初の実験原子炉で連鎖反応

  • 1951年12月 米国アイダホ州で EBR-I  世界最初の原発
  • 福島第一の1号機 GE製
    • 1967年9月着工 営業運転 1971年3月
slide16
原発は技術として未完成か
  • 化石燃料を使いこなす技術でも歴史的に事故が多発したが、幸いにしてエネルギー強度が低かったので、大規模被害ではなかった
  • 原発は、それを使う人間側の態度を含めると、使用済み核燃料の問題を除外したとしても、完成した技術とはみなしにくい
  • まだ、コストを無視した安全投資を行うべき段階であったように思える
  • 今後、古い原発ほど、さらなる安全投資を行うかどうかの判断を行うべきだろう
slide17
化石燃料文明 別名 エネルギー文明二酸化炭素排出の歴史的推移化石燃料文明 別名 エネルギー文明二酸化炭素排出の歴史的推移
slide18

2050

Costa Rica

ultra long term scope fossil fuel
エネルギー使用量の長期推移Ultra-Long Term Scope Fossil Fuel

Fossil Fuel Era

500 Years

BC 10,000 AD 10,000

slide20
自然エネルギー文明時代は来るか
  • 早ければ、300年後には必然的にそうなる
  • 日本では、人口減のお陰で、エネルギー的に自立した社会になる可能性がある
  • 日本で最終的に頼りになるのは、
    • 地熱エネルギー
    • 潮流エネルギー
    • 洋上風力エネルギー
    • 東北がエネルギー生産地になることを意味する

◆バイオマスだけでは難しい

◆絶対にダメ=油産出藻類

slide21
原子力文明時代は有りうるか
  • 文明というには、数100年の期間継続必須
  • 現在の原子炉(軽水炉)の燃料ウラン235の埋蔵量はかなり限界あり
  • 世界中の電力をまかなうと20年程度以下?
  • 高速増殖炉だと500年
  • 使用済み核燃料の問題は残る
  • 高レベル廃棄物を分離しても、1000年
  • 文明の継続期間よりも長い
  • 現時点の福島県民の不安をどう考える
slide22

果たして連続性は保てるのか

各種エネルギーシナリオ

人間活動の総量・地球へのインパクト

化石燃料依存から核融合依存へ

地球の持続能力

300年必要

100年間で人口の半減は厳しい

1800

2000

2300

slide23
東北エネルギー拠点の必須条件
  • 東北地方での自然エネルギーが、中部地方でも活用できる直流送電網ができている
    • 電圧は現在ほど安定でない
    • 周波数も電力事業者が自由に選択
  • 既得権がかなり消滅している
    • 例えば、漁業補償のシステムが変わっている
    • 送電線建設コストが欧米並みに下がっている
    • 地熱発電用の蒸気井掘削コストが欧米なみになっている
  • 既成概念が消えている
    • 電力は品質が第一ではなく、量が問題
slide24
直流には位相はない 小さい交流電力網なら、電力の品質は問題でなくなる直流には位相はない 小さい交流電力網なら、電力の品質は問題でなくなる

交流

電力網

発電機

揚水

発電

直流幹線

直流幹線

交流

電力網

交流

電力網

交流

電力網

交流

電力網

発電機

交流

電力網

発電機

直流幹線

交流

電力網

交流

電力網

slide25
22世紀に世界は
  • 世界は65億人
  • 日本の省エネ技術が世界で使われている
  • 一人あたりのエネルギー使用量は、1/3になって、世界平均で1.5トン石油相当/人
  • 世界全体で100億トン石油相当=2000年の全エネルギー消費量
  • 構成は、化石燃料30%(石炭はCCS付)、原子力20%、自然エネルギー50%
  • アフリカ、アジアの多雨地帯は水力
  • 乾燥地帯は太陽光+太陽熱発電+大規模送電
slide27
22世紀に日本は
  • 日本は人口が4500万人
  • 一人あたりのエネルギー使用量は、世界平均の1.5トン石油相当/人
  • 2000年=1.26億人×4トン/人=5.0億トン
  • 2100年=0.45億人×1.5トン/人=0.7億トン
  • 化石燃料40%(すべてCCS)、自然エネルギー60%
  • 自然エネルギーの中身のすべて
  • 最大の効果は、「エネルギー自給率が60%」
  • ■家庭用太陽電池
  • ■家庭用蓄電池併設
  • ■地中熱利用エアコン
  • ■不安定エネルギーによる水素
  • ■洋上風力発電
  • ■地熱・高温岩体発電
  • ■海流・潮流発電
  • ■太陽熱利用
slide29
福島県放射性セシウムの不安
  • 不安の根底にあるもの

  =国は何かを隠している=原発の安全の実態についても知っていたのに

  • ICRP(国際放射線防護委員会)というその筋の権威も何か隠しているものがある
  • これはメディアが好きな題材=NHKですら、その方向性
  • 文部科学省の「放射線委員会」の動向を注目している
  • それは、国が信頼性を再構築できるか
slide30
学者の意見が一致しないのは当然
  • 放射線防護学の分野では、ICRP(国際放射線防護委員会)が圧倒的権威であった
  • 統計的に母数が最大(=8万2千人)であった広島・長崎の被爆者を対象とした調査が唯一のデータ
  • それ以外の調査では、かなり統計的に操作をしない限り、有意なデータはでない
  • 自然科学者とは、過去からの権威に挑戦し、権威の一部を修正することによって、自らの存在を認めさせることに挑戦する存在
  • それにチャレンジしないのは科学者でない
slide31
安心できるか、信頼できるか
  • クリアーに表現している書籍を探していた
  • 昨年暮れにアマゾンを検索しかつ自分の蔵書をひっくり返して探したところ、
  • 山岸俊男「安心社会から信頼社会へ」中公新書1479 1999年初版
  • 1948年生まれ、一橋大学社会学部卒、ワシントン大学社会学博士、北海道大学教授、紫綬褒章(2004)
slide32
組織の信頼性
  • 山岸俊男氏:「信頼は組織の能力と意図に依存する」
  • ICRPの場合、能力は問題なし
  • 構成委員には、国、原子力関係者も多い
  • なおかつ信頼できる2つの理由
  • ICRPの1965年勧告。
    • 「しきい値が存在しないという仮定、および、完全に線形であるという仮定は正しくないかもしれないことを知っているが、この仮定によって過小評価をすることになる恐れはないことで満足している」。
    • 原発への信頼がいつでも揺らぐことを認識している。事業者が勧告を弱めることを求めても、それを拒否。
slide33
ICRPの勧告の変化
  • ICRP1977年勧告とICRP1990年勧告 
  • 被曝1Svあたり
    • 1977年:発がん死亡リスクは125/10000
    • 1990年勧告では500/10000と4倍に厳しくした
    • 理由:1950年~1975年のがんの過剰発生数135例が、1950~1985年では260例に。
    • 理由:中性子線の被曝値を修正(湿度による吸収補正)
    • 理由:相加予測モデルから、相乗予測モデルへ
      • 自然発生率に一定数を加えるか、一定数を掛けるか。
      • 発がんは長寿命化によって増えているので、相乗予測は大。
    • その他:致死性がんからすべてのがんを対象に
slide35
ICRP 2007年勧告
  • 低線量についての表現が変わっている
    • 1990年勧告:何年もの期間にわたり放射線被ばくをした場合、約 500mGy 以下の線量では重篤な影響は起こりそうもない
    • 2007年勧告:吸収線量が約 100mGy の線量域まででは臨床的に意味のある機能障害を示すとは判断されない 
  • 変えた背景
    • 管理が可能になった
    • 寿命が伸びた
slide36
「安心」と「信頼」の関係は何か
  • もともと受け手の心理的な状況の表現であり、対象が信頼ができない場合には、決して、安心しない。
  • それなら、逆も真なのか。

 すなわち、「対象が信頼できれば、必ず安心できるのか」。

  • これは、重要な問題であるが、個人的には答えが見つかっていない。
  • 多分違うのではないか。
slide37
山岸流 「安心」と「信頼」の差異
  • 友達の借金の要請にどう対応するか
  • 「100万円貸してくれ。必ず返すから」
  • 友達をいくら「信頼」していても「安心」はできない場合もある。
  • もしも、友達の所有物、例えば、宝石などを担保として預かれば、「安心」ができる。
  • 理由:担保による保証
slide38
安心:日蝕後にも太陽は必ず戻る
  • これはなんの担保もないのに安心できる
  • 原始人は不安になった(らしい)
  • それは、自然科学によって100%保証されているから
  • 過去に、日蝕後妙なことが起きた歴史はない
  • 理由:絶対的真理・歴史的真理による保証?
slide39
安心?明日の朝、海外出張。起きられるか?
  • この目覚まし時計は、これまで壊れたことはないので、大丈夫。
  • しかし、安心はしにくい。
  • 個人的にはせめて、「2つ目の目覚まし時計を準備したい」。
  • できれば、違ったメーカーのものにするなど、リスクに十分な対応ができる
slide40
マフィアのボスの安心=部下は命令を必ず守るマフィアのボスの安心=部下は命令を必ず守る
  • もしも部下がボスの命令に背けば、必ず「死の掟」が発動される
  • すなわち、ボスは「死の掟」のお陰で、安心していられる。

担保による被害補填の安心

  • 銀行業が安心していられる理由
  • ときに、不良債権になるが。。。
slide41
不安解消のシナリオ
  • 1.皆既日蝕でも不安にならない理由
    • 知識が確実である
    • リスクなら統計というものをもう少し理解する 
  • 2.長期的なフォローが長寿へ

     =ケアが実質の被害を防ぐ

    • 広島・長崎の被爆者や原子力関係者の寿命

が長いのは、健康診断のため

    • 政府と自治体がフォローを約束
  • 3.究極は補償を約束すること
    • 被曝の多い場合での甲状腺がん・白血病の生命保険
slide44

2050年日本の将来人口(

<国立社会保障・人口問題研究所の推計>

出典:国土交通省 「長期展望に向けた検討の方向性について」p4.より引用

slide45

2050年日本の将来人口構成(

<国立社会保障・人口問題研究所の推計>

総人口

2005年

1億3千万人

2050年

9500万人

(25%減)

65歳以上人口

2005年 20%

2050年 40%

80歳以上人口

2005年 5%

2050年 17%

  • 黄色の帯はWS参加者の2005年時点の年齢帯。緑の帯はWS参加者の2050年の年齢帯。
  • 出典:国立社会保障・人口問題研究所,日本の将来推計人口(H18,12月推計)より作成
slide46
2050年とはどんな状況にあるか
  • 人口は3割減
  • 都市の中心部は空洞化している
  • 社会インフラは保守すらままならない
  • どこかを諦めることが必要か?
  • それとも、移民を入れるか?
  • 2050年の定年は、扶養者、被扶養者の比率を一定とするとなんと78歳である
slide47
対応策1
  • 日本に明るい将来を取り戻そうと思ったら、
  • 日本の将来の選択に関わることは、2050年に確実に生存して現役を務めていると思われる人々の合意によって決める。
  • 78歳まで現役。今から39年後にも現役。
  • 現在年齢は39歳以下の人に決定権を!
slide48
対応策2
  • 日本全体に明るい将来を取り戻す
  • 2050年にどのような日本を作りたいか、もう一度、日本人全体で考え直す。
  • 実現可能かどうか、どのような夢・希望を持てる社会か、できるだけ詳細に記述する。相当多数の社会像を描く。
  • 対応策1:そして、39歳以下の人々に決めてもらう。
slide49
私案:日本の将来=知・心・技でNo.1
  • 世界No.1の省エネ・省資源国家になる
    • 省エネ・省資源技術で世界を救う
  • 世界No.1の自然エネルギー利用法を開発
    • 不安定な電源利用技術で世界を救う
  • 世界No.1の未来と環境に配慮した国になる
    • 少なくとも、40~50年先を読み切る知力
  • 世界No.1の人と人の絆を維持した国になる
    • 経済効率だけでなく、本当の幸福を考える国
  • 世界No.1の文化的価値を重視した国になる
    • 文化的価値の重要性を120%理解する
slide50
必須条件:放射線汚染からの復活
  • 現時点での日本政府の対応は、やや遅いが、それでも、対応が妥当な方向になりつつある
  • 今のまま順調に推移すれば、30年後、福島県でも放射線の被曝によって健康被害を受けた人はほぼゼロだということになっているだろう
  • それには、
    • 適切な除染、食品の管理、を確実に行う
    • 人々が小さなリスクは小さなリスクと判断できる
slide51
対応策3 国会の機能を回復する
  • 一般重要法案国民投票法を作る  (これができないという現実は別として)
  • そして、

国政・地方選挙二票制度を成立させる

    • 第1票目は、現在の自分にとって良い候補者に投票
    • 第2票目は、20年後の日本にとって良い候補者に投票