slide1 n.
Download
Skip this Video
Loading SlideShow in 5 Seconds..
JBON 行動計画の提案 PowerPoint Presentation
Download Presentation
JBON 行動計画の提案

Loading in 2 Seconds...

play fullscreen
1 / 15

JBON 行動計画の提案 - PowerPoint PPT Presentation


  • 105 Views
  • Uploaded on

JBON 行動計画の提案. 矢原徹一. JBON ワークショップの目標. 意見交換と目標の共有化 遺伝子・種・生態系レベルをカバーする生物多様性観測(衛星観測を含む)ネットワーク化の必要性について議論 GEO BON に連携して日本でのネットワーク化を進める方向性について合意する GEO BON 推進計画の具体化・提言 日本およびアジア・太平洋地域の生物多様性観測データ・メタデータを統合するための具体的方策について検討し、提言をまとめる (提言をもとに予算要求) 行動計画の採択 GEO BON および COP10 に関連する国際的な取り組みに連携

loader
I am the owner, or an agent authorized to act on behalf of the owner, of the copyrighted work described.
capcha
Download Presentation

PowerPoint Slideshow about 'JBON 行動計画の提案' - elewa


An Image/Link below is provided (as is) to download presentation

Download Policy: Content on the Website is provided to you AS IS for your information and personal use and may not be sold / licensed / shared on other websites without getting consent from its author.While downloading, if for some reason you are not able to download a presentation, the publisher may have deleted the file from their server.


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - E N D - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
Presentation Transcript
slide2
JBONワークショップの目標
  • 意見交換と目標の共有化
    • 遺伝子・種・生態系レベルをカバーする生物多様性観測(衛星観測を含む)ネットワーク化の必要性について議論
    • GEO BON に連携して日本でのネットワーク化を進める方向性について合意する
  • GEO BON 推進計画の具体化・提言
    • 日本およびアジア・太平洋地域の生物多様性観測データ・メタデータを統合するための具体的方策について検討し、提言をまとめる
    • (提言をもとに予算要求)
  • 行動計画の採択
    • GEO BON および COP10 に関連する国際的な取り組みに連携
      • COP10プレシンポ開催
      • アジア・太平洋地域の生態系・生物多様性のメタデータに関する英文図書出版
      • アジア・太平洋地域ネットワークの強化 など

モニタリング方法の改善・新たなモニタリングの提案も考える

timeline for cop10
Timeline for COP10
  • 2009年5月8-10日:第1回JBONワークショップ 東大駒場キャンパス
  • 2009年6月:COP10プレコンファレンス組織委員会
  • 2009年7月18-20日:ASIAHORCs生物多様性シンポジウム
  • 2009年7月21-22日:第2回JBONワークショップ+環境省アジア会合
  • 2009年7-9月:環境省専門家会合
  • 2009年10月13-16日:DIVERSITAS Open Science Conference 2
    • ケープタウンで開催。この会議中に開催されるDIVERSITAS科学委員会で、GBO3(Global Biodiversity Outlook 3), ポスト2010年目標などについて議論される。OSC2会期後に、GEO BONに関する会議が開かれる予定。
  • 2009年10月21-23日:ASEAN Conference on Biodiversity (Singapore)
  • 2009年10-12月:環境省アジア会合
  • 2009年12月10-11日(調整中):COP10プレコンファレンス準備会合(第3回JBONワークショップ )
  • 2009年1-3月:環境省専門家会合、GEOSS-APシンポジウム(バリ、インドネシア)
  • 2010年3月22-24日:COP10プレコンファレンス
    • 日本で開催。アジア生物多様性データに関する本を準備。GBO3, ポスト2010年目標などの最終案を検討。
  • 2010年3月25-26日:DIVERSITAS科学委員会
  • 2010年5月13-21日:CBD SBSTTA (ナイロビ)
    • GBO3, ポスト2010年目標などについての「科学技術助言」を協議・決定。
  • 2010年5月22日(生物多様性の日):GBO3発表
  • 2010年7-9月:環境省専門家会合
  • 2010年9月:日本学術会議国際シンポジウム
  • 2010年10月18-20日:CBD COP10(名古屋)
asiahorcs
ASIAHORCsシンポジウム
  • アジア学術振興機関長会議参加国
    • 日本、中国、インド、インドネシア、韓国、マレーシア、フィリピン、シンガポール、タイ、ベトナム
  • 参加者:日本以外から30-40名
    • コーディネータ:各国の指導的研究者1名
    • 招聘対象:ポスドク・若手研究者
    • 聴講者(自費参加):30-80名程度
  • プログラム
    • 著名研究者・新進気鋭の研究者による基調講演 4-5名
    • 最新のトピックスについての集中セミナー・・・日本の研究成果紹介
    • 参加者が自分の研究を発表する分科会
    • 若手研究者による研究環境についてのディスカッション
    • ポスターセッション
slide5
ABON組織化
  • 7月アジア会合で提案
  • 運営委員会体制
    • JBON、DIWPA、環境省生物多様性センター、ASEAN Biodiversity Center, ILTER-EAP など
  • 事務局体制 → 予算措置を提言
    • 外務省、JICAなどの協力がほしい
geo bon
GEO BONへの対応
  • ABON組織化
  • JBONポータルの開設
    • GBIFとJaLTERをつなぐインターフェースの設計
    • 地図・衛星画像情報と生物情報をつなぐインターフェースの設計
    • 研究者により競争的資金でスタートさせる
      • オールジャパン体制
  • アジア生物多様性モニタリング(ESABII, GBMI )推進
    • 環境省検討会+数名で具体案を検討
      • 社会科学者を加えアセスメントへの視点も加えて検討する
    • 1-2年で成功例をアピールできる計画が重要
cbd cop10
CBD COP10の成功に向けて
  • ポスト2010目標への日本からの提案
    • ポスト2010目標提言WGの設置
    • 戦略計画改訂についての意見も検討
  • Asian Biodiversity Outlook (英文単行本)の編集
  • 生物多様性総合評価(JBO)
  • COP10プレコンファレンス(3月)の開催
asian biodiversity outlook
Asian Biodiversity Outlook 編集
  • 編集委員
    • 分科会責任者
    • 環境省
    • アジアの研究者(ASEAN Center of Biodiversity などの協力を得る)
  • 執筆者
    • 今回のWSの発表者
    • ASIAHORCsシンポ、次回のアジアWSの発表者
  • 日程
    • 草稿しめきり:12月上旬
    • 最終原稿しめきり:3月上旬
    • CD配布:3月プレコンファレンス
    • 出版:10月COP10 (Springer)
slide9
生物多様性総合評価
  • 生物多様性指標の開発
    • 生態系6区分(森林、農地、都市、陸水、海洋・沿岸、島嶼)
    • およそ過去50年間のトレンド
    • DPSIRスキーム(要因、負荷、状態、影響、対策)
  • 生態系サービスの評価
  • 2010年目標に対する評価
  • ホットスポットの抽出
cop10 3
COP10プレコンファレンス(3月)の開催
  • 組織委員会体制
    • DIVERSITAS
    • 環境省・文部科学省・農水省・国交省・外務省
    • 日本生態学会
    • 自然史学会連合
    • 関連学会に呼びかけ
    • 日本学術会議
      • 生態科学分科会・海洋生物学分科会・自然史古生物学分科会・DIVERSITAS小委員会
  • 予算
  • プログラム
slide11
活性化ツールと普及啓発の計画
  • ロゴ募集
    • Tシャツ・・・アジア会合までに
  • 国立科学博物館企画展示
  • 講習会開催・テキスト整備
    • 衛星画像の使い方
    • 分布モデルの作り方
    • 系統関係の使い方
    • 自然再生への生かし方
      • 決定版: ひょうご川と自然環境調査マニュアル
  • テキスト出版
slide12
提言

求む執筆協力者

  • 今回の会議からの提言
    • 必要性・・・各分科会責任者にドラフトをお願いする
    • 行動計画
    • 予算措置・・・自助努力も含めて提案
    • 特記事項・・・提案募集(提案者が書く)
      • 長期モニタリングを断絶させないことは国際的責務
      • 行政データを公開し活用するための調整が急務
      • 保全・管理・再生との正のフィードバックを促進する必要
      • CoMLの後継プログラムが必要
      • 遺伝子レベルのモニタリング推進プログラムが必要
        • AGenDA: Actions for Genetic Diversity Assessment
  • 学術会議と連携
  • 関連学会に協力を呼びかける
slide13
JBON運営・推進体制
  • 運営委員:矢原・中静・分科会責任者
  • 事務局員:浦口あや・石井励一郎・鈴木力英
  • アジア会合準備委員:矢原・中静・白山・北山・・・
  • J-BONウェブサイトマネージャー:
  • インターフェースWG:
  • ポスト2010目標WG:
    • 松田・矢原・中静・白山(仲岡)・山本・高村・香坂・草刈・藤井・三橋・古田・佐藤真行・嘉田・中島(環境省)
  • 絶滅危惧種分布データベースWG:
  • 植物形質データベースWG:
  • アジア植生図作成WG:
  • ・・・WG:
slide14
すぐにお願いしたいこと
  • 分科会責任者の方へ
    • 分科会報告スライドを修正して矢原・事務局へ
  • 分科会講演者の方へ
    • 分科会講演スライド(公開用)を矢原・事務局へ
  • 参加者の方へ
    • ひとことコメントを矢原・事務局へ
      • こんなデータベース・評価ツール・マニュアルがある
      • こんなデータベース・評価ツール・マニュアルがほしい
      • こんな観測・評価プロジェクトを計画してはどうか
      • この人にぜひ声をかけてほしい など
slide15
正のフィードバックで新しい分野を

COP10成功に向けてご協力ください

観測技術の進歩

保全・管理・再生

生物多様性インフォーマティクス

データ入力の増加

データ効用の増大

評価システムの開発