ba036z n.
Download
Skip this Video
Loading SlideShow in 5 Seconds..
金融革新と市場危機 第3章 金融における技術革新の意義と役割  3節 証券化 PowerPoint Presentation
Download Presentation
金融革新と市場危機 第3章 金融における技術革新の意義と役割  3節 証券化

Loading in 2 Seconds...

play fullscreen
1 / 10

金融革新と市場危機 第3章 金融における技術革新の意義と役割  3節 証券化 - PowerPoint PPT Presentation


  • 133 Views
  • Uploaded on

08 BA036Z  入江 洋志. 金融革新と市場危機 第3章 金融における技術革新の意義と役割  3節 証券化. 証券化による住宅金融市場の拡大. ・  証券化の定義 経済主体が保有している資産を切り離し、これを裏付けとする証券を発行して資金調達を行う技術 ・  証券化の 3 つの意義. リファイナンスのための大規模な資金調達. リスクの移転. 分散投資の対象 (投資家). エージェンシー MBS の拡大. モーゲージ担保証券( MBS ) 多数集めたモーゲージを裏付けとして資金調達のために発行される証券。大規模な証券化はこの MBS から始まった。.

loader
I am the owner, or an agent authorized to act on behalf of the owner, of the copyrighted work described.
capcha
Download Presentation

PowerPoint Slideshow about '金融革新と市場危機 第3章 金融における技術革新の意義と役割  3節 証券化' - eldon


An Image/Link below is provided (as is) to download presentation

Download Policy: Content on the Website is provided to you AS IS for your information and personal use and may not be sold / licensed / shared on other websites without getting consent from its author.While downloading, if for some reason you are not able to download a presentation, the publisher may have deleted the file from their server.


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - E N D - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
Presentation Transcript
ba036z
08BA036Z 入江 洋志

金融革新と市場危機第3章 金融における技術革新の意義と役割  3節 証券化金融革新と市場危機第3章 金融における技術革新の意義と役割  3節 証券化

slide2
証券化による住宅金融市場の拡大

・ 証券化の定義

経済主体が保有している資産を切り離し、これを裏付けとする証券を発行して資金調達を行う技術

・ 証券化の3つの意義

リファイナンスのための大規模な資金調達

リスクの移転

分散投資の対象

(投資家)

slide3
エージェンシーMBSの拡大
  • モーゲージ担保証券(MBS)

多数集めたモーゲージを裏付けとして資金調達のために発行される証券。大規模な証券化はこのMBSから始まった。

slide5
エージェンシーMBSの拡大

リスク移転と再配分

流動性

abs cmo cdo1
ABS,CMO,CDOへ
  • 資産担保証券(ABS)

企業などが保有する信用力を、その保有主体から切り離した形で資金調達の担保とし、投資家から資金を集める証券。

abs cmo cdo2
ABS,CMO,CDOへ
  • モーゲージ担保債権債務証書(CMO)

モーゲージを新たな証券の発行体であるトラストに移すが、ここから投資家に売り出す証券のキャッシュフローに対して優先順位を持つクラスに分ける商品。

abs cmo cdo3
ABS,CMO,CDOへ
  • 債務担保証券(CDO)

当初は、銀行などが保有する貸出債権を100~200程度集めてプールし、証券化する商品であった。その後、プールに加えられる資産は様々な格付けの社債やABSが加えられるようになった。サブプライムローンが証券化されるようになってからは、サブプライムRMBSの多くがCDOの裏付け資産として用いられた。

slide10
論点

日本の住宅ローン市場にもノンリコースローンを導入していくべきか