「ブルネル研究会」の開設と研究活動内容
Download
1 / 17

??????????????????? ????????????????????????? - PowerPoint PPT Presentation


  • 81 Views
  • Uploaded on

「ブルネル研究会」の開設と研究活動内容 佐藤 建吉 (千葉大学工学部都市環境システム学科). Isambard Kingdom Brunel ( IKB ) ( 1806-1859 ). Brunel University BU Isambard Kingdom Brunel IKB. 「時代を超えた最も偉大なイギリス人」 BBC の投票 Brunel No.2. 9 th April – Birth day of IKB. 「ブルネル研究会」の組織を決定 ブルネル研究会の意義とは・・. ブルネル研究のこれまで:- 日本機械学会・技術と社会部門 

loader
I am the owner, or an agent authorized to act on behalf of the owner, of the copyrighted work described.
capcha
Download Presentation

PowerPoint Slideshow about ' ??????????????????? ?????????????????????????' - elaine-skinner


An Image/Link below is provided (as is) to download presentation

Download Policy: Content on the Website is provided to you AS IS for your information and personal use and may not be sold / licensed / shared on other websites without getting consent from its author.While downloading, if for some reason you are not able to download a presentation, the publisher may have deleted the file from their server.


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - E N D - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
Presentation Transcript
6746304

「ブルネル研究会」の開設と研究活動内容

佐藤 建吉 (千葉大学工学部都市環境システム学科)


6746304

Isambard Kingdom Brunel(IKB)

(1806-1859)


6746304

Brunel University BU

Isambard Kingdom Brunel IKB



6746304

9th April – Birth day of IKB


6746304

「ブルネル研究会」の組織を決定

ブルネル研究会の意義とは・・


6746304

ブルネル研究のこれまで:-

日本機械学会・技術と社会部門 

ビクトリア時代の技術者:ブルネル父子

シリーズ講演・・・14回(+1回)

技術史教育学会

技術とエンジニア、

IKBの銅像とその由緒


6746304

  • 報告実績:

  • 佐藤、ビクトリア時代の技術者:ブルネル父子、機講論、No.99-64,87-88(1999).

  • (2) 佐藤、同上(第2報 テムズトンネル)、機講論、No.000-1,107-108(2000).

  • (3) 佐藤、同上(第3報 クリフトン吊り橋)、機講論、No.00-1, 549-550(2000).

  • (4) 佐藤、同上(第4報 GWRでの鉄道建設)、機講論、No.00-54, 63-64(2000).

  • (5) 佐藤、同上(第5報 ブルネルの最初の蒸気船Great Western号)、機講論、No.010-1,355-356(2001).

  • (6) 佐藤、同上(第6報 蒸気船Great Britain号)、機講論、No.01-1,409-410 (2001).

  • (7) 佐藤、ビクトリア時代の技術者:ブルネル父子(第7報 ブルネルの巨大蒸気船Great Eastern号)、機講論、No.020-1,423-424(2002).

  • (8) 佐藤・平塚、同上(第8報 クリミア戦争下でのプレハブ病院)、機講論、No.020-1,425-426(2002).

  • (9) 佐藤、同上(第9報 大気圧鉄道)、機講論、No.02-1,375-376 (2002).

  • (10) 佐藤・平塚、同上(第10報 ロイアルアルバートブリッジ)、機講論、No.02-1,377-378 (2002).

  • (11) 佐藤・平塚・与儀、同上(第11報 水晶宮とパディントン駅)、同上、No.02-46, 49-50 (2002).

  • (12) 佐藤・平塚・与儀、同上(第12報 GWRのメイドンヘッドブリッジとボックストンネル)、同上、 No.030 -1 ,315-316 (2003) .

  • (13) 佐藤・平塚・与儀、同上(第13報 鉄道ゲージ戦争)、同上、No.030 -1 ,317-318 (2003) .

  • (14) 佐藤・平塚・与儀、同上(第14報 ブルネルのエンジニア・スピリット)、同上、No.030 -1 ,319-320 (2003).

  • (15) 佐藤・平塚・与儀、同上(第15報 ブルネルと技術集団)、同上、未定(2003).

  • (16) 平塚・佐藤、ブルネルの銅像とその由緒、技術史教育学会、研究発表講演論文集、13-15(2001).

  • (17) 佐藤、わかりやすいエンジニア論―技術者と科学者の色分け―、同上、16-18(2001).


6746304

(8) 佐藤・平塚、同上(第8報 クリミア戦争下でのプレハブ病院)、機講論、No.020-1,425-426(2002).

(9) 佐藤、同上(第9報 大気圧鉄道)、機講論、No.02-1,375-376 (2002).

(10) 佐藤・平塚、同上(第10報 ロイアルアルバートブリッジ)、機講論、No.02-1,377-378 (2002).

(11) 佐藤・平塚・与儀、同上(第11報 水晶宮とパディントン駅)、同上、No.02-46, 49-50 (2002).

(12) 佐藤・平塚・与儀、同上(第12報 GWRのメイドンヘッドブリッジとボックストンネル)、同上、 No.030 -1 ,315-316 (2003) .

(13) 佐藤・平塚・与儀、同上(第13報 鉄道ゲージ戦争)、同上、No.030 -1 ,317-318 (2003) .

(14) 佐藤・平塚・与儀、同上(第14報 ブルネルのエンジニア・スピリット)、同上、No.030 -1 ,319-320 (2003).

(15) 佐藤・平塚・与儀、同上(第15報 ブルネルと技術集団)、同上、未定(2003).

(16) 平塚・佐藤、ブルネルの銅像とその由緒、技術史教育学会、研究発表講演論文集、13-15(2001).

(17) 佐藤、わかりやすいエンジニア論―技術者と科学者の色分け―、同上、16-18(2001).


6746304

ブルネル研究会での取組み:

■技術成果の分析

 ブルネルの技術的遺作における要素技術について、技術的・社会的価値についての評価と分析。

■経済的側面

 技術の登場と発達は、経済的影響が無視できない。イギリスおよび世界との関係において検討する。

■挑戦か保守か

IKBの特徴である「挑戦的」立場と、ほかのエンジニアにおける「保守的」立場の生起と顛末、結果・影響について検討する。

■伝記の出版と映画の制作

IKBのIKBたる活動は、誇り高い挑戦的な人物像を作り上げており、後世の我々に多くの影響を与えてくれる。特に映画のようなメディアは、彼の実像を効果的、芸術的、史的に伝えることができる。

■遺作の模型製作(例えば大気圧鉄道)

IKBの数多くの挑戦の中で、大気圧鉄道は当時としては失敗に終わったが、今日の材料技術と要素技術の適用によっては、商業化可能な未踏技術である。この模型製作は、問題の抽出と解決の両面で価値あるものと考えられよう。

3.6■生誕200年記念行事

2006年4月9日は、IKBの生誕200年である。これに併せ、イギリスと日本での記念事業を展開する。

■日英シンポジウムの開催、メニュメント設置、記念出版物の刊行を計画する。

3.7■没後150年記念行事

2009年9月15日は、IKBの没後150年に当たる。生誕200年記念と両方により、記念事業の開催を計画する。

3.8■日本ブルネル協会(The Institution of Brunels, Japan)の設立

 日本でのブルネル研究の遂行と、海外でのブルネル研究との連携と展開のために、日本ブルネル協会(IJB)を設置する。


6746304

遺作の模型製作(例えば大気圧鉄道)

IKBの数多くの挑戦の中で、大気圧鉄道は当時としては失敗に終わったが、今日の材料技術と要素技術の適用によっては、商業化可能な未踏技術である。この模型製作は、問題の抽出と解決の両面で価値あるものと考えられよう。

■生誕200年記念行事

2006年4月9日は、IKBの生誕200年である。これに併せ、イギリスと日本での記念事業を展開する。

■日英シンポジウムの開催、モニュメント設置、記念出版物の刊行を計画する。

■没後150年記念行事

2009年9月15日は、IKBの没後150年に当たる。生誕200年記念と両方により、記念事業の開催を計画する。

■日本ブルネル協会(The Institution of Brunels, Japan)の設立

 日本でのブルネル研究の遂行と、海外でのブルネル研究との連携と展開のために、日本ブルネル協会(IJB)を設置する。


6746304

 研究会組織と情報収集発信

 ■組織の体制

 本研究会の組織中枢は千葉大学におくが組織運営と会員間、さらに研究会と社会間の情報収集発信はインタネット(電子メール)による“サイバー研究会”体制とする。

  研究情報の取扱い・管理運営・イギリス研究家との連携


6746304

研究会組織と情報収集発信

■ 研究グループ・テーマ

 「メカニカルmechanical」

 「シビルcivil」

 「マネージメントmanagement」

 「エデュケーションeducation」

 「ジェネラルgeneral」 連携と融合


6746304

 「ブルネル研究会」と「ブルネル研究」のねらい 「ブルネル研究会」と「ブルネル研究」のねらい

■今日の技術、広い意味での科学技術においては、産業革命期と同じように変革期を迎えている。変革の主体者、客体者のいずれであっても、それに摩擦なく通過することが大切である。

 ■エンジニアはその社会変革の担い手であり、批判に耐えなければならない。

 ■この意味で、例えばビクトリア時代のエンジニアについての研究は、技術の歴史として学問的、技術的、教育的、そして社会的に有意義な情報提供が可能

 ・・・本研究会の意義と目的がある(を置く)。

 広範で総合的、しかも個別的な研究活動グループは、日本機械学会「技術と社会」研究部門の研究会活動としても遂行する。


6746304

技術史、科学技術史を勉強することとは・・・。技術史、科学技術史を勉強することとは・・・。

三輪修三「機械工学史」、丸善H12.11月刊

1 現代の・・技術、・・工学の範囲と内容が果てしなく広がっている。当事者でもわからなくなっている。危険である。変化の姿をとらえる。

2 重要な工学概念、原理、法則は「与えられたもの」としてではなく、着想から論争を経て、定着にいたる。その「創造のダイナミクス」の中でとらえることができる。内部史、学説史。

3 技術は社会を変える。社会も技術を規定する。社会は技術に何を求めてきたのか。技術の生成、変転のありさま、未来への手がかりが得られる。人間の技術の功罪について幅広い視野からとらえるころができる。外部史。

4 時代を切り開いた技術者個人を着目することで、個人と決断、行動の正しさ、あるいは歴史における個人の役割を知る。専門職業人として生きようとする人の励みと反省を与える。


6746304

 「ブルネル研究会」への参加と協力をお願いし、 「ブルネル研究会」への参加と協力をお願いし、

  ブルネル父子の正しい理解と普及を進めたい。


ad