slide1 n.
Skip this Video
Loading SlideShow in 5 Seconds..
C言語応用 PowerPoint Presentation
Download Presentation
C言語応用

play fullscreen
1 / 10
Download Presentation

C言語応用 - PowerPoint PPT Presentation

efrem
133 Views
Download Presentation

C言語応用

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - E N D - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
Presentation Transcript

  1. C言語応用 文字列その2

  2. 文字列の操作 • 文字列の複写 配列 s に中身を”ABCD”にしたければ、 s[0] = ’A’; s[1] = ’B’; s[2] = ’C’; s[3] = ’D’; s[4] = ’\0’; といった具合に、配列の要素に1つ1つ値を代入することで可能である。 http://www.center.nitech.ac.jp/~sfukui/ouyou/list12-1.c

  3. 文字列の操作 • 標準ライブラリ strcpy strcpy ヘッダ #include<string.h> 形式 char *strcpy(char *s1, const char *s2); 解説 s1 の指す領域に、s2の指す文字列を’\0’を含めて複写する。 戻り値 s1の値を返す。

  4. 文字列の操作 • 文字列の連結 char *strconcat(char s[] , const char t[]) { int i,j; for(i = 0;s[i] != ’\0’;i++); for(j = 0;(s[i++] = t[j++]) != ’\0’; ); return(s); } http://www.center.nitech.ac.jp/~sfukui/ouyou/list12-2.c

  5. 文字列の操作 • 標準ライブラリ strcat strcat ヘッダ #include<string.h> 形式 char *strcat(char *s1, const char *s2); 解説 s1 の指す文字列の末尾に、s2の指す文字列を連結する。 戻り値 s1の値を返す。

  6. 文字列の操作 • 標準ライブラリ atoi atoi ヘッダ #include<stdlib.h> 形式 int atoi(const char *str); 解説 str の指す文字列を整数に変換する。 変換された整数値。変換が失敗したときの戻り値は定義されない。 戻り値

  7. 文字列とポインタ • ポインタと文字列 char str1[] = ”ABC”; char *str2 = ”ABC”; どちらでもよい。 配列 ポインタ ’A’ ”ABC” (100) 番地 str2 str1[0] ’B’ str1[1] ’C’ str1[2] 100 ’A’ str2[0] ’\0’ str1[3] ’B’ str2[1] ’C’ str2[2] ’\0’ str2[3] http://www.center.nitech.ac.jp/~sfukui/ouyou/list12-3.c

  8. 文字列とポインタ • 文字列の複写 char *strcopy(char *s , const char *t) { char *p = s; while ((*s = *t) != ’\0’){ s++; t++; } return(p); } http://www.center.nitech.ac.jp/~sfukui/ouyou/list12-4.c

  9. ’N’ s[0][0] ’A’ s[0][1] ’\0’ s[0] s[0][2] ’\0’ s[0][3] ’\0’ s[0][4] ’D’ s[1][0] ’O’ s[1][1] ’H’ s[1] s[1][2] ’C’ s[1][3] ’\0’ s[1][4] 文字列の配列 • 2元配列による実現 ”NA”,”DOHC”の2つの文字列の配列を、「配列文字列」の配列として実現する。 配列を要素とする配列は、2元配列である。 http://www.center.nitech.ac.jp/~sfukui/ouyou/list12-5.c

  10. 演習 • 曜日に対応する文字列を表示する関数 void putweekstr(int n){ ・・・ } を作成せよ。たとえばputweekstr(0)は、文字列 ”Sunday”を表示する。 • 曜日に対応する文字列へのポインタをかえす関数 char *weekstr(int n){ ・・・ } を作成せよ。たとえばweekstr(0)は、文字列 ”Sunday”へのポインタを返すようにする。 • 2つの「charへのポインタ」の中身を入れ換える関数 void swapptr(char *x, char *y){ ・・・ } を作成せよ。