slide1 n.
Download
Skip this Video
Loading SlideShow in 5 Seconds..
100 万度 PowerPoint Presentation
Download Presentation
100 万度

Loading in 2 Seconds...

play fullscreen
1 / 50

100 万度 - PowerPoint PPT Presentation


  • 128 Views
  • Uploaded on

100 万度. 太陽風の中の吹き流し. 惑星間空間へ流れ出すコロナ. 太陽風. Coronal Mass Ejection CME. 700-800 km/s. 400 km/s. after Woch et al., 1997.  数万度. 高温で冷たい太陽風. 静的モデル. 動的モデル. 重力. 熱圧. 超音速太陽風. 高温(百万度)コロナ 高熱伝導度 太陽重力. 重力が無ければ、ただの熱運動(ランダム運動). 重力により、外向き圧力勾配となる. 太陽光エネルギーの年変化. 太陽定数. 4/1370 の小さな変化.

loader
I am the owner, or an agent authorized to act on behalf of the owner, of the copyrighted work described.
capcha
Download Presentation

PowerPoint Slideshow about '100 万度' - dougal


An Image/Link below is provided (as is) to download presentation

Download Policy: Content on the Website is provided to you AS IS for your information and personal use and may not be sold / licensed / shared on other websites without getting consent from its author.While downloading, if for some reason you are not able to download a presentation, the publisher may have deleted the file from their server.


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - E N D - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
Presentation Transcript
slide7

700-800 km/s

400 km/s

after Woch et al., 1997

slide8
 数万度

高温で冷たい太陽風

slide9

静的モデル

動的モデル

重力

熱圧

slide10
超音速太陽風
  • 高温(百万度)コロナ
  • 高熱伝導度
  • 太陽重力
slide11

重力が無ければ、ただの熱運動(ランダム運動)重力が無ければ、ただの熱運動(ランダム運動)

重力により、外向き圧力勾配となる

slide12
太陽光エネルギーの年変化

太陽定数

4/1370 の小さな変化

slide14

太陽から放出されるエネルギー量

光(太陽定数) 1.37×106 erg cm-2 sec-1

ニュートリノ  5×104 erg cm-2 sec-1

太陽風     1 erg cm-2 sec-1

磁場      0.01 erg cm-2 sec-1

slide15
太 陽 の 影 響

可視光

紫外線

太陽風

影響の対象

大気

オゾン層

銀河宇宙線

⇒対流圏へ伝搬

高度 2 km まで

11年変動量

erg cm-2 sec-1

1,000

100

0.001

11年変動率

< 0.2 %

10 %

波長 200 nm

数 10 %

宇宙線量

可視光の変動 ⇒ 地球気温に 0.1 度ほどの影響。

太陽風の影響 ⇒ 惑星間空間磁場 ⇒ 宇宙線

slide16
X線で見たコロナ

高速太陽風の源

X線の弱いコロナルホール

X線の強い活動領域

低速太陽風の源

solar probe
Solar Probe

日傘

接近の工夫は?

slide25

太陽の近くを観測できる

三次元的に観測できる

短期間に大規模構造が観測できる

slide27
UHFシリンドリカル・パラボラ・アンテナ

周波数 327 MHz

東西長 100m

南北開口幅 20m

slide33

フレネルフィルター

 zo=2πa2/λ

電波源の大きさ

a/zo>θ

zo=1 AU =1.5×108 km

λ=1 m

⇒ a=150 km

θ<0.2 arcsec

slide34
IPS観測の視線積分効果

IPS観測視線

電波星

地球

観測視線に沿って荷重積分されたもの

slide40

V

△N

by Ohmi (STELab)

time dependent tomography
Time Dependent Tomography
  • 1日に得られたデータのみを使用
  • 外向きに伝搬していく構造のみを解析

擾乱構造の時間変化を三次元的に可視化

july 11 2000 july 18 2000
July 11, 2000 ~ July 18, 2000

IPS DATA: STEL

by B.V.Jackson (UCSD)

slide46

IPS観測の宇宙天気予報への応用

STELab/Nagoya Univ.

CASS/UCSD

slide48

数日後

数日後

IPSの宇宙天気予報への応用

高速風が地球へ到来

地球

低速風

高速風

太陽の自転方向

地球へ到来する太陽風を事前に知ることが可能

slide49
IPS観測と宇宙天気
  • 静穏な太陽風速度分布の変動

⇒ 27日回帰性

  • 密度擾乱(CME)の伝搬過程

IPS観測:太陽風速度と密度擾乱の情報

slide50
太陽圏イメージング装置

より精密な太陽風観測を

13 m

58 m

120 m