slide1 n.
Skip this Video
Loading SlideShow in 5 Seconds..
慣習 ( かんしゅう ) PowerPoint Presentation
Download Presentation
慣習 ( かんしゅう )

play fullscreen
1 / 13
Download Presentation

慣習 ( かんしゅう ) - PowerPoint PPT Presentation

doane
97 Views
Download Presentation

慣習 ( かんしゅう )

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - E N D - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
Presentation Transcript

  1. お辞儀や「おはよう」などのあいさつ言葉、またお中元、お歳暮、お土産などの贈答習慣は日本人には欠かせないものです。海外でも似たような習慣を持つ国々はたくさんありますが、その方法はやはり各々のお国柄が表れるようです。日本の慣習には中国の儒教の影響を受けるもの、仏教の影響を受けるもの、国内で独自に発達したものなど様々ありますが、その内の多くは人間関係の潤滑油のような役割を果たす重要な習慣です。また一方で、風呂のような人間関係には直接関係ないが、日本人にとって欠かせない慣習もあります。湯船にたっぷり入れたアツアツの湯に、「じゃぶり」と浸かる風呂は一日の疲れを癒す重要な日課です。お辞儀や「おはよう」などのあいさつ言葉、またお中元、お歳暮、お土産などの贈答習慣は日本人には欠かせないものです。海外でも似たような習慣を持つ国々はたくさんありますが、その方法はやはり各々のお国柄が表れるようです。日本の慣習には中国の儒教の影響を受けるもの、仏教の影響を受けるもの、国内で独自に発達したものなど様々ありますが、その内の多くは人間関係の潤滑油のような役割を果たす重要な習慣です。また一方で、風呂のような人間関係には直接関係ないが、日本人にとって欠かせない慣習もあります。湯船にたっぷり入れたアツアツの湯に、「じゃぶり」と浸かる風呂は一日の疲れを癒す重要な日課です。 慣習(かんしゅう)

  2. あいさつ • あいさつは世界共通の行動ですが、その方法は国によって千差万別のようです。日本ではお辞儀が一般的ですが、タイではお辞儀の代わりに合掌を、ポリネシアでは鼻を使ってあいさつをします。 • また、今日の「おはよう」は「お早くから、ご苦労様でございます」などの略で、朝から働く人に対するねぎらいや気遣いの言葉でした。 挨拶

  3. おじぎとあくしゅ • 両者とも挨拶として行われる一方、お辞儀は相手への敬意を表し、握手は親睦・和解の表現として行われるという微妙な違いがあります。日本の挨拶の代表格であるお辞儀は主に東アジアで見られるものですが、西洋でも行われます。西洋の挨拶は握手がメインですが、女性が男性に、または女性同士の場合には握手をせずに軽くおじぎをすることが多いようです。 お辞儀と握手

  4. せいざ • 膝をおりまげ、膝下から足の甲を床につけ、尻を足の裏の上にのせる座り方です。現代の日本人の生活スタイルが洋式化していることもあり、この座り方をする機会は減りつつあります。 正座

  5. かみざとしもざ • 部屋の中で目上の人や客人が座る席を上座、目下の人やもてなす側が座る席を下座といいます。特にビジネスの世界ではこの席次が重んじられます。「かみざ」「しもざ」又は「じょうざ」「げざ」とも呼ばれます。 上座と下座

  6. おちゅうげんとおせいぼ • 日頃お世話になっている人に物を贈る行為、またはその品物を指します。期間はお中元が7月初旬~中旬の間、お歳暮は12月中旬~下旬の間です。二つまとめて盆歳暮などとも呼ばれます。 お中元とお歳暮

  7. ねんがじょうとしょちゅうみまい • 年始やお盆の挨拶回りなどの節目の行事が、明治維新後、郵便制度の発達と共に書状という形をとって定着していったものです。 年賀状と暑中見舞い

  8. のしとみずひき • 熨斗〔のし〕と水引は贈り物につけられる飾りです。熨斗は祝儀の贈り物の右上に添えられている、いくつかの紙片を折り合わせたオーナメントで、水引は包み紙を結ぶ紙製の紐です。 熨斗と水引

  9. せんべつとおみやげ • 日本人の贈答習慣のうち、もっとも頻繁に行われるものは旅行土産だそうです。餞別は、引越しや転勤などの際に贈られますが、かつて餞別と土産はセットで旅の習俗として欠かせない習慣でした。 餞別とお土産

  10. めいし • 日本で江戸時代から使われ始めた名刺は、現在ではビジネスマン必携物の一つです。当時は今のような使い方ではなく、訪問先が不在の際に来訪を知らせる意味で戸口の隙間に挟んで帰るという使い方をしていました。 名刺

  11. ふろ • 心身を清めたり、治療に用いたり、娯楽・社交の場として親しむなど、昔から日本人は風呂を愛用してきました。戦後、住宅不足の中で重宝され、街中に数多くあった銭湯も今では減りつつありますが、温泉人気は衰えを見せません。また、最近では石風呂や五右衛門風呂などの風呂が人気を呼んでおり、やはり日本人の風呂好きは変わらないようです。 風呂

  12. 日本文化いろは事典 • http://iroha-japan.net/ 参考文献

  13. 制作 • 上海政法学院 第二外语课程 教师组 • 上海政法学院第二外语(日语)课程 • 主讲教师 • 徐征 副教授 • 韩静 讲师