slide1 n.
Download
Skip this Video
Loading SlideShow in 5 Seconds..
世界の人口と GDP PowerPoint Presentation
Download Presentation
世界の人口と GDP

Loading in 2 Seconds...

play fullscreen
1 / 84

世界の人口と GDP - PowerPoint PPT Presentation


  • 311 Views
  • Uploaded on

世界の人口と GDP. 世界的には人口は増加中。所得の伸びは先進国でより途上国での方が高い 。. 世界の人口指標予測. 世界の人口は 80 億人で頭打ちになる?. J. Randers 2013. 世界の人口. 世界でも高齢化が進む(特に、中国、タイ、韓国). 国連. 日本の人口推移 (中位推計、長期). 2005 年から人口減少 ⇨ 扶養すべき人口が増え、労働人口が減る。. 日本の人口の超長期推計. 五百年後の人口は 10 万人(縄文時代と同規模)? 2004 年度の出生率(女性が一生に産む子供数)= 1.29 が続くと仮定した場合.

loader
I am the owner, or an agent authorized to act on behalf of the owner, of the copyrighted work described.
capcha
Download Presentation

PowerPoint Slideshow about '世界の人口と GDP' - darrin


An Image/Link below is provided (as is) to download presentation

Download Policy: Content on the Website is provided to you AS IS for your information and personal use and may not be sold / licensed / shared on other websites without getting consent from its author.While downloading, if for some reason you are not able to download a presentation, the publisher may have deleted the file from their server.


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - E N D - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
Presentation Transcript
slide1

世界の人口とGDP

世界的には人口は増加中。所得の伸びは先進国でより途上国での方が高い。

slide2

世界の人口指標予測

世界の人口は80億人で頭打ちになる?

J. Randers2013

slide3

世界の人口

世界でも高齢化が進む(特に、中国、タイ、韓国)

国連

slide4

日本の人口推移(中位推計、長期)

2005年から人口減少 ⇨扶養すべき人口が増え、労働人口が減る。

slide5

日本の人口の超長期推計

五百年後の人口は10万人(縄文時代と同規模)?

2004年度の出生率(女性が一生に産む子供数)=1.29 が続くと仮定した場合

(「人口から読む日本の歴史」(鬼頭)などから、NIRAが推計)

slide6

出生数と死亡数

2006年以降は、死亡数が出生数を上回っている。(高齢者増)25~35才の女性数の減少 ⇒ 出生数増加は無理?

slide7

日本人口(前年比)

男性は05年から、女性は09年から減少

09年の減少幅は、過去最大。

本格的な人口減少時代に突入(総務省言)

総務省

slide8

2005年 男

2055年 男

人口構成の変化

2005年には 1人の高齢者を、現役世代3.3人で支えるが、2055 には 1.3人でささえる

slide9

出生数と出生率

人口の多い「団塊ジュニア」世代が40歳台を迎えつつある。

⇨ 出生数減? 人口を維持するには、出生率 2.07 が必要

slide10

予測出生率の下方修正

これまでのシナリオ

これからのシナリオ

人口を維持するには、出生率2.07 が必要年金見通し等の修正が必要

厚労省、06

slide11

下方修正が続く

出生率予測の変遷

次スライド

出生率: 社会保障、国と地方の制度の基礎データ

slide12

推計人口

本当に出生率は上がるのか?

slide13

日本の女性の未婚率

国勢調査

結婚しない女性が増加中 → 更なる少子化の進行

slide14

生涯未婚率の急上昇

国勢調査

30-34歳の未婚男性は46.5% (2010)

男女共、独身者の9割が結婚を希望(適当な相手がみつからない)

slide15

婚姻率の低下と離婚率の上昇

婚姻率は低下、離婚率は上昇。2005年の数値では、10組中3組が離婚。

厚労省

slide16

平均初婚年齢

男性: 30.5 歳 女性: 28.7 歳 上昇傾向が続いている。出生率低下の要因: 30歳未満の女性の出生数の大幅減少

団塊ジュニアが40歳代に入りつつある

slide17

40代の初婚男性の増加

第一子の父親の平均年齢は32才。

人口統計資料集 2011

slide18

未婚者の希望子供数

未婚者が希望する子供数: 1982年の調査開始以来、初めて増加

出生動向基本調査(06/9)

slide19

40歳で出産経験がない女性の割合

40歳以上の出産は3%

厚労省

slide20

出生率低下の要因

有配偶者の出産意欲は高い。非婚化が出生率低下の原因

宇南山 09

slide21

6才未満児もつ夫の家事時間/週

日本の男性が家事にかかわる時間は欧米先進国より少ない ⇒ 少子化

少子化社会白書 08

slide22

夫の家事・育児時間と第二子

夫が休日に家事・育児を6時間以上する家庭は、全くしない家庭の7倍の第二子出生率。

厚労省 2012

29 38

29-38才の既婚者と親の居住関係

親の近くに住む子育て世代が増えている (近隣での育児補助)

野村総研

slide24

出生率と出生数

出生率上昇でも出生数減: 出生数が重要

厚労省

slide25

女性の労働力率

労働力率: 働く意欲をもつ人の割合; 女性では0.3%増加、男性では1.9%減少(10/05年比)

国勢調査

slide27

男性フルタイム労働者= 100%

女性の賃金水準

女性フルタイム労働者の地位向上 ⇒ 非婚化?

slide28

貯蓄率低下の原因は高齢化

現役世代は減収でも貯蓄を増やす。将来に備えた自己防衛。

slide29

労働力人口と総人口

労働力人口/総人口

少子高齢化により働く人の比率が低下しつつある

slide31

日本の予想労働力人口

女性の雇用増で労働力不足を補える?

OECD2012

slide32

二十年後には、東京圏も地方と同じ人口構成になる?二十年後には、東京圏も地方と同じ人口構成になる?

東京と地方の年齢別人口

高齢者は地方に多い

どこでも高齢者が多い

国立社会保障・人口研究所

slide33

高齢者割合の伸びの大きい県

高齢者比率の伸びは、三大都市圏で大きい

総務省09

slide34

一人暮らしの高齢者の数と割合

割合(高齢者中)

高齢社会白書(二○○六)

人数

非婚化と高齢化の進行 ⇒ 一人暮らしの増加

65歳以上の人口が2割を超えた。

slide35

親と同居する若年・壮年未婚者の増加

格差の拡大 ⇒ 大家族への回帰(パラサイトから家族に貢献する存在へ)

法務省

slide36

平均寿命と健康寿命

平均寿命と健康寿命の差は、男性9歳、女性12歳。 この差を縮めることが重要。

厚労省

slide38

65歳以上の割合

アジア諸国でも高齢化が進行する

国連統計

slide39

平均年令

日本

日本の平均年令は45才; 今後も世界最高齢がつづく

slide40

団塊世代の退職(2007)

人口と労働人口の減少

● 労働力人口減でも国力(経済成長)を維持できるか?● 退職者が増えても、雇用人口が減れば、若者の就職状況が 改善するとは限らない。

slide41

現在

潜在成長率の長期見通し

労働人口要因

潜在成長力の要素: 労働力、資本ストック、技術進歩。成長がない社会では、低所得層への再分配機能が弱まる

経済同友会(06)

slide42

就労者1人当りの付加価値(2003)

人口減少社会では、生産性向上(人材の能力向上)が重要。

社会経済生産性本部資料より日経

slide43

国・地方の債務残高

国・地方の借金は、08、09年度に急増、752万円/人

slide44

財政収支と社会保障費

収入と支出の差が赤字国債の増加分。

09年度に特に拡大(鰐の口)。

slide45

社会保障保障費

社会保障費は2011年には 100兆円を超える

slide46

日本の債務残高

終戦

日本の公的債務残高(GDP比 217%)は、先進国史上最悪水準。

IMF 2010

slide47

公的債務のGDP比

日本の公的債務は世界的に見ても最高水準

OECD

slide48

対GDP比債務残高

日本の債務残高は国際的にも際立っている

債務残高が多いと利払い費が増大し財政を圧迫する

OECD 08

gdp 2011

政府債務のGDP比(2011)

日本の政府債務のGDP比は、ギリシャやイタリアよりも高い

IMF

slide50

社会資本の費用見通し

社会資本: 道路、港湾など、生活に必要なインフラ。新設投資は減るが、維持管理費、更新費が増える。高度成長期のインフラの老朽化。2040年には、更新費は現在の5倍に。

国土交通白書

slide51

高齢化に伴ない負債が増加

一人当たり公的借金は、約678万円(09)で増加中。4人家族だと、2748万円。地方、第三セクター、公団等の借金を加えると2倍に?→ 国家の保護は期待できない?

slide52

世代会計の推計

20歳未満世代の生涯収支: 8千万円の支払い超過

50際以上の世代: 受取超過

小黒2010

slide53

世帯主の年齢別所得再配分

現役層からの高齢層への所得移転の規模縮小が必要?年金縮小? 増税(所得の多い人が少ない人を助ける)?

厚労省 10

slide54

国民貯蓄/国民所得

日本より貯蓄率の低いのは、米国とギリシャ国債の国内消費は困難になりつつある

slide55

政府の正味資産

正味資産: 資産(道路、土地、証券など)ー負債;

09から債務過剰

内閣府

slide56

国債発行額と利払い費

国債発行額も利子も増加中。長期金利が3%になれば、利払い費は20兆円。

slide57

国債残高と金融資産

2025年頃には、国債残高(2011年でGDP比200%、世界最高)が家計の資産を超える?⇨ 金利上昇?

slide58

国民負担率と潜在的国民負担率

負担すべきものを負担していない

潜在的国民負担率の増加は、少子高齢化の結果でもある。「大きな政府」は、負担の先送り。

slide59

国民負担率の国際比較

国民負担率: 所得に対する税金と社会保険料の比率; 今後さらに増加?

slide60

「老後の生活が心配」の増加

「非常に心配」という人が 50%を超えた

金融広報中央委

55 65

高齢者(55-65歳)の就業率

日本の高齢者就業率は高い。

OECD

slide62

貯蓄率の低下

高齢者世帯が多いと貯蓄率は低下する。まもなくマイナスに?

内閣府

slide63

無貯蓄世帯の増加、貯蓄残高の頭打

親のスネも細りつつある ⇒ 親から子への支援は減少傾向

総務省

slide64

五大疾病

地域医療の基本計画に精神疾患が追加された(2011)

厚労省

slide65

労働者中の外国人比率

201万人(0.9%; 05は95の48%増; 2030年に06の労働者数を維持するには、1800万人の外国人労働者が必要)

OECD

slide67

研修生の新規入国者数と国籍

研修生: 3年間で技術習得。安価な労働力として使われることもある。

slide68

主要国の留学生受け入れ数

日本への留学生数は、この10年間で2倍以上増えたが・・。

人材を世界から集めることが必要。

slide69

日本企業の海外での雇用者数

経済産業省

日本企業は海外での人材育成も始めている。

slide70

主要国のロボット稼動台数

国際ロボット連盟(〇四)

世界のロボットの42%が日本にある。労働力不足を補えるか?

slide71

外国人登録者数

最近 10 年間での増加: 人口 1.5%、外国人 50%

入国管理局

slide72

非正規雇用の割合

現在も増加傾向 専業主婦の減少

総務省

slide73

収入と出生率

給与水準の高い都道府県ほど出生率は低い

厚労省

slide75

非労働力人口と非正規社員の増加

非労働力人口の増加は、少子高齢化の結果でもある

slide76

年齢制限のある求人割合

採用時の年齢制限の禁止(07):

労働力人口の減少 ⇒ 高齢労働力の活用

厚労省

slide77

高齢化は生産性を低下させる

少子高齢化は創造性の高い労働力を減少させる。

OECD 2011

slide78

休日の夫の家事・育児時間と第2子の出生

夫が妻の手助けをすると出生数が増える

slide79

種別世帯数と一人暮らし世帯

増加

減少

非婚化と高齢化の進行 ⇒ 一人暮らしの増加

(厚労省 08)

slide80

高齢者人口と高齢者比率

65歳以上の人口が2割を超えた。

slide81

インフラ更新費用の増加

高度成長期のインフラの老朽化。2040年には、更新費は現在の5倍に。

国土交通省

slide82

従属人口指数(実績は06まで)

従属人口: 年少人口(0-14歳)+ 老年人口(65- 歳)

2000年以後 従属人口の割合が増加生産年齢人口: 15-64歳

slide83

老後の生計手段

若年層: 公的年金に頼らない老後を考える傾向が強まりつつある

厚労省2011

slide84

年齢別賃金指数

年齢が上がっても賃金は上がりにくくなった。

厚労省