slide1 n.
Download
Skip this Video
Loading SlideShow in 5 Seconds..
得熱量=失熱量 PowerPoint Presentation
Download Presentation
得熱量=失熱量

Loading in 2 Seconds...

play fullscreen
1 / 16

得熱量=失熱量 - PowerPoint PPT Presentation


  • 136 Views
  • Uploaded on

低温物体 が 得た熱. 高温物体 が 失った熱. =. 得熱量=失熱量. これもエネルギー保存の法則. 熱容量 は. 物質 の 温度 を 1 度 上げるのに 必要な 熱. グラム 比熱 は. 1 g の 温度 を 1 度 上げるのに 必要な 熱. 気体の モル 比熱 は. 1 mol の 温度 を 1 度 上げるのに 必要な 熱. 膨張して外に仕事をする分 R だけ温度が上昇しにくい. 定圧モル比熱 〉 定積モル比熱. 単原子分子の場合. 分子1個 の 平均 の 運動エネルギー は. 1方向につき. ↓3方向の 3.

loader
I am the owner, or an agent authorized to act on behalf of the owner, of the copyrighted work described.
capcha
Download Presentation

PowerPoint Slideshow about '得熱量=失熱量' - darena


An Image/Link below is provided (as is) to download presentation

Download Policy: Content on the Website is provided to you AS IS for your information and personal use and may not be sold / licensed / shared on other websites without getting consent from its author.While downloading, if for some reason you are not able to download a presentation, the publisher may have deleted the file from their server.


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - E N D - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
Presentation Transcript
slide1

低温物体が得た熱

高温物体が失った熱

得熱量=失熱量

これもエネルギー保存の法則

slide2

熱容量は

物質の 温度を

1度 上げるのに必要な熱

slide3

グラム比熱は

1 gの 温度を

1度 上げるのに必要な熱

slide4

気体のモル比熱は

1molの 温度を

1度 上げるのに必要な熱

slide5

膨張して外に仕事をする分Rだけ温度が上昇しにくい膨張して外に仕事をする分Rだけ温度が上昇しにくい

定圧モル比熱〉定積モル比熱

単原子分子の場合

slide6

分子1個の平均の運動エネルギーは

1方向につき

↓3方向の3

slide7

内部エネルギー=分子の力学的エネルギーの総和内部エネルギー=分子の力学的エネルギーの総和

分子1個の

力学的エネルギー

分子の数

内部エネルギーは温度で決まる

slide9

ボルツマン定数kは

1分子あたりの

気体定数

slide10

ボルツマン定数kは

1分子あたりの

気体定数

slide11

気体の状態方程式

T=一定 なら ボイルの法則

P=一定 なら シャルルの法則

3つどもえで変われば ボイル・シャルルの法則

slide12

P―V図

T=一定

V=一定

P=一定

気体の状態方程式

T=一定

V=一定

P=一定

slide13

ボイル・シャルルの 法則

一定

3つどもえで変われば ボイル・シャルルの法則

slide14

気体が する仕事

力 距離

圧力 体積変化

slide15

熱力学の第一法則

(エネルギー保存の法則)

内部エネルギーの加えられた された

増加 =熱+仕事

slide16
を扱う時の 重要な変化

等温変化→ΔU = 0

断熱変化→ Qin= 0

定積変化→Win= 0

定圧変化→Win= -PΔV