1891年濃尾地震について
Download
1 / 11

????????????? - PowerPoint PPT Presentation


  • 44 Views
  • Uploaded on

1891年濃尾地震について. 地震概要と建物被害. アンケート調査結果をまとめた 濃尾地震の震度分布 [ 村松 (1976) による ].

loader
I am the owner, or an agent authorized to act on behalf of the owner, of the copyrighted work described.
capcha
Download Presentation

PowerPoint Slideshow about '?????????????' - cyrus-livingston


An Image/Link below is provided (as is) to download presentation

Download Policy: Content on the Website is provided to you AS IS for your information and personal use and may not be sold / licensed / shared on other websites without getting consent from its author.While downloading, if for some reason you are not able to download a presentation, the publisher may have deleted the file from their server.


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - E N D - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
Presentation Transcript

1891年濃尾地震について

地震概要と建物被害


アンケート調査結果をまとめた濃尾地震の震度分布[村松(1976)による]

  1891年(明治24年)10月28日の早朝、岐阜県・愛知県を中心に大きな地震がおきました。この地震は日本の内陸部で発生したものとしては最大級の規模(M8.0)で、死者7273名、全壊建物14万棟という大被害を生じました。名古屋をはじめ都市部では文明開化の象徴ともいえる洋式の煉瓦建造物の被害が目立ちました。また、震源にあたる根尾谷では大きな断層崖が現われました。これを目のあたりにして、当時東京大学教授で地質学者の小藤文次郎(1856~1935)は地震の原因は断層の急激な運動であると確信をもつに至りました。


梶尾谷断層について

1891年(明治24年)10月28日6時37分、東海地方を襲った濃尾地震は、根尾谷を震央として大きな爪跡を残しました。根尾村の犠牲者145名。全家屋1319戸の内、8戸を残してほぼ全壊。村は、一瞬にして壊滅的な打撃を受けたのでした。この地震のマグニチュードは8.0と推定され、わが国内陸部に起こった地震としては史上最大のものです。



地震とともに現れる断層根尾谷断層は地表面へ現れたものだけで、全長80kmに及びました。

  • 甚大な被害もさることながら,濃尾地震で人びとを驚かせたことは,ゆれたと同時に大地に大きなずれ (断層) が生じたことでした.左の図のように,福井県池田町から岐阜県関市に至る長大な帯状の大地に,1回の地震でかなり明瞭な断層が現れました.それが「梶尾谷断層」です.


  • 濃尾地震と根尾谷断層は地表面へ現れたものだけで、全長80kmに及びました。『根尾谷断層』は,地震が大地の運動に関係した現象であることを示してくれたことになりますから,ここに「土地の変化」としてとりあげる重要な意味があります.


濃尾地震と兵庫県南部地震の被害比較表根尾谷断層は地表面へ現れたものだけで、全長80kmに及びました。


濃尾地震の建物被害と地震動根尾谷断層は地表面へ現れたものだけで、全長80kmに及びました。

  濃尾地震では村松や飯田によって詳細な建物データが整備されています。


被害が拡大した原因は、地震の規模が大きかったことの他に火災が猛威をふるったこと、洋式建築物の崩壊という今まで経験しなかった災害要素が加わったことが挙げられます。洋式建築物の被害で特に目立ったものはレンガ造りの建物であり、紡績会社や公共の建物でした。西洋文明の直輸入に対する大きな警鐘となるとともに工事が不完全であったことが見いだされました。被害が拡大した原因は、地震の規模が大きかったことの他に火災が猛威をふるったこと、洋式建築物の崩壊という今まで経験しなかった災害要素が加わったことが挙げられます。洋式建築物の被害で特に目立ったものはレンガ造りの建物であり、紡績会社や公共の建物でした。西洋文明の直輸入に対する大きな警鐘となるとともに工事が不完全であったことが見いだされました。



被害写真二次災害として、火災が発生し、被害を大きくしました。大きな集落では、数ケ所からいっせいに火がでて、おりからの西または北西の強い風にあおられ、倒れた建物の下じきになっている人の救出活動や、地震によって井戸が使えないなかの消火活動はどこも大変困難になりました。


ad