slide1 n.
Skip this Video
Loading SlideShow in 5 Seconds..
金属加工会社における 生産工程管理システムの開発 PowerPoint Presentation
Download Presentation
金属加工会社における 生産工程管理システムの開発

Loading in 2 Seconds...

  share
play fullscreen
1 / 27
Download Presentation

金属加工会社における 生産工程管理システムの開発 - PowerPoint PPT Presentation

creda
180 Views
Download Presentation

金属加工会社における 生産工程管理システムの開発

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - E N D - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
Presentation Transcript

  1. 金属加工会社における生産工程管理システムの開発金属加工会社における生産工程管理システムの開発 電子情報システム工学専攻 S0713 清水 邦宏

  2. 1.はじめに • 中小の金属加工会社は,毎日多数の受注を受けている. • 工程管理は帳票などの紙媒体 • 納期や進捗の確認に時間と手間がかかり,工場全体の生産性の低下を招いている. • 各企業固有の情報を多く扱うため,汎用化が難しく,導入コストが高くなる.

  3. これらの問題を解決するために, 産業技術総合研究所が開発した MZPlatform をベースに,生産工程管理システムを開発する.

  4. 2. 生産工程管理システムの開発2.1 共同開発企業の問題点 • 電子データ上で確認できるのは前日までのものである. • 手作業での入力は,煩雑でかつミスも多い. 日報 日報 日報 手入力で打ち込み

  5. 2.2 研究目標 ネットワーク上で利用できる • 検索・集計機能の開発. • リアルタイムでの工程進捗管理とそのガントチャート化. • これら2つの機能を統合した,生産工程管理システムの開発.

  6. 開発方針について (1) DBに関して Accessからネットワークに対応したMySQLに対する機能を開発する. (2) ユーザインタフェースに関して 現行の業務システムを参考に,使い易いように開発し,違和感なく新しいシステムの導入を可能にする.

  7. 2.4 開発する機能について (1) 各種検索・集計機能 • ロット番号毎の作業時間集計とグラフ化 • 作業機械毎の作業時間集計とグラフ化 • 受注先毎の作業時間集計とグラフ化 • 機械グループ毎の作業時間集計とグラフ化 (2) リアルタイムでの工程進捗管理機能 • バーコードによる工程情報登録機能 • リアルタイムでの工程進捗管理機能

  8. 3. システムの開発3.1 DBについて   本システムで利用する4テーブル • 作業テーブル • 機械テーブル • 受注テーブル • 工程情報登録テーブル

  9. 受注データ ロット番号 SELECT Format(日付,‘MM/DD’) as 作業日,略称,工程名 as 機械名, 工程名2 as 作業名 sum(作業時間) as 作業時間の合計FROM 作業, 機械 WHERE 作業.機械ID=機械.機械ID AND 作業.ロット番号='U0729' GROUP BY 日付,略称,工程名,工程名2; 集計結果 3.2 検索・集計機能について(1) ロット番号毎の作業時間集計

  10. ロット番号毎の作業時間集計のグラフ化 時間1:作業員がメインで行った作業 時間2:作業員がサブで行った作業

  11. 機械略称 と 検索範囲 作業時間の合計 集計結果 (2) 作業機械毎の作業時間集計

  12. 作業機械毎の作業時間集計のグラフ化

  13. 検索範囲 作業時間の合計 集計結果 (3) 受注先毎の作業時間集計

  14. 受注先毎の作業時間集計のグラフ化

  15. 機械グループ と 検索範囲 作業時間の合計 集計結果 (4) 機械グループ毎の作業時間集計

  16. 機械グループ毎の作業時間集計のグラフ化

  17. 開始時間と終了時間と一緒に登録 工程情報登録テーブル 3.3 リアルタイムでの工程進捗管理機能について(1) バーコードによる工程情報登録機能 •  作業者ID •  ロット番号 •  機械ID

  18. 工程情報登録テーブルに登録 バーコードリーダで入力 実行画面例

  19. AccessからMySQLへデータを移行する必要がある MyODBCを利用してデータを移行した. (2) DBの移行 • MySQLはネットワークに対応している. • まず,各種検索・集計機能はAccessで開発した.

  20. データを読み込む (3) リアルタイムでの工程進捗管理機能 工程情報登録テーブル

  21. 登録内容表示 登録内容確認画面 ガントチャート選択

  22. ユーザがアクセスした時刻 作業を終えた工程 作業中の工程 ガントチャート表示 機械ID 日付 ロット番号

  23. 4. まとめ (1) 各種検索・集計機能 • ロット番号毎の作業時間集計とグラフ化 • 作業機械毎の作業時間集計とグラフ化 • 受注先毎の作業時間集計とグラフ化 • 機械グループ毎の作業時間集計とグラフ化 (2) リアルタイムでの工程進捗管理機能 • バーコードによる工程情報登録機能 • リアルタイムでの工程進捗管理機能 2つの機能を統合した, 生産工程管理システムを開発した.

  24. システムの効果/有効性 • 各種検索・集計機能が利用できるようになり,作業効率が改善された. ネットワーク上のどのPC からでも, • リアルタイムで工程進捗を確認できるため,稼動ロスが減り,工場全体の生産性の向上が見込まれる.

  25. システムの検証 • A社の作業データ1年分に対する各種検索・集計機能のテストを実施した. • リアルタイムでの工程進捗管理機能のフィールドテストを実施した. • 正常動作を確認した. • 概ね良好との評価を得た. • さらなる要望が出された.

  26. 5. 課題と今後の予定課題 • 工程情報の登録作業を全てバーコード入力にできないか,また入力ミスがないよう工夫して欲しい. • 検索・集計結果をExcel形式で保存したい. • 作業機械の作業時間集計から稼働コストを算出し,グラフ表示して欲しい. • 検索・集計機能の作業時間1,作業時間2を合計して表示して欲しい. • 進捗情報が失われないようにDBのバックアップが欲しい. • 全加工工程を通しての工程情報登録作業を行い,それらのデータに対する工程進捗管理機能のフィールドテストを行いたい.

  27. 今後の予定 • 要望事項に対する機能修正・追加を行ない,実運用に耐えうるシステムとして完成させる. • 市販されている工程管理システムとの機能比較/価格比較を行い,本システムの優位性を客観的に立証する.