slide1 n.
Download
Skip this Video
Loading SlideShow in 5 Seconds..
基本情報技術 概論 II ( 第6回 ) PowerPoint Presentation
Download Presentation
基本情報技術 概論 II ( 第6回 )

Loading in 2 Seconds...

play fullscreen
1 / 29

基本情報技術 概論 II ( 第6回 ) - PowerPoint PPT Presentation


  • 122 Views
  • Uploaded on

中間 試験 12/7 ( 月 ) 1,2 限 工 -11. マネジメント・ストラテジ 最適化 / グラフと図解による分析. 基本情報技術 概論 II ( 第6回 ). 埼玉大学 理工学研究科 堀山 貴史. 情報処理技術者試験の過去問 http://www.jtec.ipa.go.jp/. 中間試験. 12/7 ( 月 ) 1, 2 限 工 -11 教室 ( 要確認 ) 試験範囲 : 11/30 の講義分まで ソフトウェア ( 第 4 部 12 ~ 14)

loader
I am the owner, or an agent authorized to act on behalf of the owner, of the copyrighted work described.
capcha
Download Presentation

PowerPoint Slideshow about '基本情報技術 概論 II ( 第6回 )' - colorado-massey


An Image/Link below is provided (as is) to download presentation

Download Policy: Content on the Website is provided to you AS IS for your information and personal use and may not be sold / licensed / shared on other websites without getting consent from its author.While downloading, if for some reason you are not able to download a presentation, the publisher may have deleted the file from their server.


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - E N D - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
Presentation Transcript
slide1

中間試験

12/7 (月) 1,2限

工-11

マネジメント・ストラテジ最適化 / グラフと図解による分析

基本情報技術概論 II (第6回)

埼玉大学 理工学研究科

堀山 貴史

slide2

情報処理技術者試験の過去問 http://www.jtec.ipa.go.jp/

中間試験
  • 12/7 (月) 1, 2 限 工-11 教室 (要確認)
  • 試験範囲: 11/30 の講義分まで
    • ソフトウェア(第4部 12~14)
    • システム開発技術(第5部)
    • マネジメント・ストラテジ(第9部)
  • 持ち込み不可
    • 荷物はイスの下に。
    • 机の上 や 机の棚に 物がある場合は、

不正行為とみなします。

  • 問題用紙や解答用紙の配布を始めたら、私語厳禁。(私語も不正行為とみなします。)

※ 配布資料のみで説明した部分についても、出題範囲である

slide3
最適化
  • 日程計画 (アローダイアグラム)(→ 第5回資料)
  • 線形計画法
  • ゲーム理論 / マキシミン戦略
  • 組合せ問題
  • 在庫管理 (ABC分析、定量発注、定期発注)
slide4
線形計画問題 と線形計画法

目的関数 最大化:x + y

制約条件: 3 x + 2 y ≦ 12x + 2 y ≦ 6x ≧ 0, y ≧ 0

__________

目的関数や制約条件は線形 (1次式)

テキスト p.432 例題4のように、x, y が整数のみを取る場合は、整数計画問題と呼ばれ、(本当は) 本質的な難しさが上がる

  • 線形計画問題 (LP, Linear Programming)
    • 制約条件を満たしつつ、目的関数を最大 (または 最小) とする

例)

  • 線形計画法
    • 線形計画問題で最適解を求める手法
    • 図を描いて解く他に、単体法 (シンプレックス法) や 内点法 がある
slide5
線形計画問題 と線形計画法

製品 X, Y の生産量を、それぞれ x, y とする

最大化 : x + y

制約条件: 3 x + 2 y ≦ 12 … 原料 Ax + 2 y ≦6 … 原料 Bx ≧ 0,y ≧0

原料 A, B を使って、製品 X, Y を生産する。

製品 X, Y を販売した時の利益は、共に1 トンあたり1億円。

製品 X, Y 各1トンの生産に必要な原料は、表の通り。

原料 A, B の在庫は、それぞれ12トン、6トン。

slide6
線形計画問題 と線形計画法

y

最大化: x + y

制約条件: 3 x + 2 y ≦ 12x + 2 y ≦ 6 x ≧ 0 y ≧ 0

3 x + 2 y = 12

6

x + 2 y = 6

3

( 3, 3/2 )

… x + y の最大値は 3 + 3/2 = 9/2

x

0

4

6

slide8
マキシミン戦略

例) 選択肢1 : 利益 100 ~ 5,000

選択肢 2 : 利益 500 ~ 1,000

  • ゲーム理論
    • 複数のプレイヤーが、それぞれ自分の利得が大きくなるように行動する
    • 合理的な意思決定方法は ?
    • 経済学、経営学、政治学、数学などの様々な分野でに影響を与えている
  • マキシミン戦略
    • 複数の選択肢がある時に、最悪の場合の利得を最大にする選択肢を選ぶ戦略
slide10
在庫管理
  • 在庫
    • 販売業では、仕入れてきた商品
    • 製造業では、材料、仕掛品、製品
  • 在庫の過不足
    • 在庫不足 → 商品を売り逃す (販売機会の損失)
    • 在庫過多 → 在庫の維持費用がかさむ
    • 会社の資金がモノに形を変えている

→ 商品を販売するまでは、利益を生まない

  • 発注費用 (発注回数に比例、発注量に反比例)と在庫維持費用 (発注量に費用)のバランスを考える

もう少し広い視野から、サプライチェーン・マネジメント (SCM) をすることが多い

slide11
パレート図による ABC 分析

________________

累積在庫金額の割合

在庫金額

Cクラス

Bクラス在庫の約 15%

Aクラス在庫の約 80%

Aクラス

Bクラス

Cクラス

  • 在庫の重要度を分析し、適切な管理法を用いる
  • パレート図
    • 在庫金額の大きい順に商品を並べた棒グラフ+ 累積在庫金額の折れ線グラフ
slide12
パレート図による ABC 分析
  • A クラス
    • 在庫の約 80% を占める品目
    • 少しの品目で、在庫に占める割合が大きい
    • 定期発注方式(きめ細かな在庫管理)
  • B クラス
    • 在庫の約 15% を占める品目
    • 定量発注方式(A クラスより緩やかな管理)
  • C クラス
    • 在庫の約 5% を占める品目
    • 品数が多いが、在庫に占める割合が小さい
    • 定量発注方式or2ビン法 (ニ棚法)

A クラス、B クラス、C クラスの割合は目安なので、場合によって多少増減する

slide13
定量発注方式 (発注点方式)

ここで発注

ここで届いた

発注点

時間

発注量

発注間隔はバラバラ

在庫が発注点まで減ったら、発注

1回の発注量を決めておく (発注量は一定)

消費量の変動が大きいと、在庫切れの可能性あり

slide14
定期発注方式(きめ細かな在庫管理ができる)

現在の在庫量 + 発注残 + 発注量– (予測消費量 + 引当て済み在庫)

≧ 安全在庫

安全在庫

時間

発注間隔は一定

一定の発注間隔ごとに、消費量を予測、発注量を決定

安全在庫を下回らないように、発注量を決める

slide15
練習: 定期発注方式

(単位 千円)

定期発注方式で、印刷用紙を毎月初めに購入している。納期は、3か月である。今月の発注量は、何千枚か。

slide17
グラフの種類
  • 折れ線グラフ
    • 時系列にしたがった変化などを表す
  • 棒グラフ
    • データの大小関係を表す
  • ヒストグラム (度数分布図)
    • 度数・頻度を表す
  • 帯グラフ、円グラフ
    • 割合、構成比を表す
  • レーダーチャート
    • 複数項目の大きさやバランスを比較する
slide18
グラフの種類: 散布図

________________

弱い正の相関

弱い負の相関

正の相関

無相関

負の相関

相関係数

1

0

-1

回帰直線 : データとの距離の2乗和が最小の直線

2種類のデータの分布・相関関係を表す

qc quality control
QC (品質管理、Quality Control)

日本規格協会 / 品質管理検定http://www.jsa.or.jp/kentei/qc/qc-top.asp

  • QC (品質管理)
    • あらかじめ決めた要求基準を満たした製品/サービスを提供するため、作業工程の問題点を洗い出し、改善する
    • PDCA サイクルで改善 (Plan, Do, Check, Action)
  • QC 七つ道具
    • 品質管理のために収集したデータを分析し、改善のための情報を得るための図表
    • 主に、数値による定量的な分析
  • 新 QC 七つ道具 … 主に、言語による定性的な分析
slide21
QC 七つ道具

要因 1

要因 2

要因 2-1

要因 1-1

要因 2-2

要因 1-2

要因 2-3

要因 1-3

問題点

要因 4-1

要因 3-1

要因 3-2

要因 4-2

要因 3-3

要因 3-4

要因 4-3

要因 3

要因 4

  • 特性要因図
    • 特性 (結果) とその要因 (原因)の関係を系統的に表す (魚の骨のような図)
    • ブレーンストーミングにより、要因を出しつくす
slide22
QC 七つ道具
  • 散布図(→ p.18)
    • 2種類のデータの分布・相関関係を表す
  • パレート図(→ p.11)
    • 度数順に並べた棒グラフ + 累積度数の折れ線グラフ
  • ヒストグラム… 度数・頻度を表す
  • チェック表… 正常稼働の確認/問題の原因調査
  • 層別
    • 母集団を (作業者ごと、日ごとなど) いくつかの層に分け、各集団に偏りがないか分析する
  • 管理図
    • 時系列の測定値をプロットした折れ線グラフ
    • 中心線、上側/下側管理限界線を引いて、管理する
slide23
新 QC 七つ道具
  • 連関図法
    • 問題点に対する要因を列挙し、原因と結果の論理的な関係を矢印で結ぶことで、全体構造を把握する
  • 親和図法(KJ法も、この一種)
    • ブレーンストーミングで得た言語データを、関連事項ごとにグループにまとめて整理・分析する
  • 系統図法
    • 目的達成のための手段を列挙し、各手段を実現するための手順を列挙しと系統的に順次展開する
  • PDPC (Process Decision Program Chart)
    • 目的達成へのあらゆる方策を挙げ、事態の進展や時間の推移に従った過程の変遷をまとめ、最適過程を決める
  • アローダイヤグラム(→ 第5回資料 p.3~7)
  • マトリックス図法
  • マトリックスデータ解析(多次元主成分分析)
slide25
練習: 定期発注方式

(単位 千円)

180 + 50 + 発注量 – 60 x 4 ≧ 30

50

180

60 x 3

60

安全在庫

30

定期発注方式で、印刷用紙を毎月初めに購入している。納期は、3か月である。今月の発注量は、何千枚か。

slide28

この文面は、TOKYO TECH OCW の利用条件を参考にしました

この教材のご利用について
  • この教材は、以下に示す利用条件の下で、著作権者にわざわざ許諾を求めることなく、無償で自由にご利用いただけます。講義、自主学習はもちろん、翻訳、改変、再配布等を含めて自由にご利用ください。
  • 非商業利用に限定
    • この教材は、翻訳や改変等を加えたものも含めて、著作権者の許諾を受けずに商業目的で利用することは、許可されていません。
  • 著作権の帰属
    • この教材および教材中の図の著作権は、次ページ以降に示す著作者に帰属します。この教材、または翻訳や改変等を加えたものを公開される場合には、「本教材 (or 本資料) は http://www.al.ics. saitama-u.ac.jp/horiyama/OCW/ の教材です (or 教材を改変したものです」 との旨の著作権表示を明確に実施してください。なお、この教材に改変等を加えたものの著作権は、次ページ以降に示す著作者および改変等を加えた方に帰属します。
  • 同一条件での頒布・再頒布
    • この教材、または翻訳や改変等を加えたものを頒布・再頒布する場合には、頒布・再頒布の形態を問わず、このページの利用条件に準拠して無償で自由に利用できるようにしてください。
slide29
この教材のご利用について
  • 配布場所
    • http://www.al.ics.saitama-u.ac.jp/horiyama/OCW/
  • この powerpointファイルの著作者
    • 堀山 貴史 2007-2009 horiyama@al.ics.saitama-u.ac.jp
    • 改変等を加えられた場合は、お名前等を追加してください
  • 図の著作者
    • p. 6 ~ 21
      • 堀山 貴史