slide1 n.
Download
Skip this Video
Loading SlideShow in 5 Seconds..
オープンソースGISを用いた 自然環境解析講座 PowerPoint Presentation
Download Presentation
オープンソースGISを用いた 自然環境解析講座

Loading in 2 Seconds...

play fullscreen
1 / 127

オープンソースGISを用いた 自然環境解析講座 - PowerPoint PPT Presentation


  • 220 Views
  • Uploaded on

オープンソースGISを用いた 自然環境解析講座. QGIS 活用コース. 2012 年 6 月 17 日 講師: 今木洋大. 自己紹介. GCN の紹介、スタッフの紹介 各自の自己紹介 (参加者全員で) 専門、バックグラウンド、何でも GIS を何に使っているか? なぜオープンソースに興味があるか? 講習会に期待するもの. 1.はじめに ( 3 0min ). 講義内容・日程について オープンソース GIS について ソフトウェアーインストールの確認 実習. 講習会内容. 4.レイヤプロパティ( 60min ) ラスタ ベク タ

loader
I am the owner, or an agent authorized to act on behalf of the owner, of the copyrighted work described.
capcha
Download Presentation

PowerPoint Slideshow about 'オープンソースGISを用いた 自然環境解析講座' - clemance-legend


An Image/Link below is provided (as is) to download presentation

Download Policy: Content on the Website is provided to you AS IS for your information and personal use and may not be sold / licensed / shared on other websites without getting consent from its author.While downloading, if for some reason you are not able to download a presentation, the publisher may have deleted the file from their server.


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - E N D - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
Presentation Transcript
slide1
オープンソースGISを用いた自然環境解析講座オープンソースGISを用いた自然環境解析講座

QGIS活用コース

2012年6月17日

講師: 今木洋大

slide2
自己紹介
  • GCNの紹介、スタッフの紹介
  • 各自の自己紹介 (参加者全員で)
    • 専門、バックグラウンド、何でも
    • GISを何に使っているか?
    • なぜオープンソースに興味があるか?
    • 講習会に期待するもの
3 0min

1.はじめに (30min)

  • 講義内容・日程について
  • オープンソース GISについて
  • ソフトウェアーインストールの確認
  • 実習
slide4
講習会内容

4.レイヤプロパティ(60min)

  • ラスタ
  • ベクタ
  • 高度なラベリング
  • 実習

5.地図の作成(90min)

  • マップコンポーザー
  • InkScapeを使った地図の作成
  • 実習

6.データの検索(30min)

  • 地物の検索
  • 属性テーブル
    • 外部テーブルの結合
    • フィールド計算機
    • アドバンストサーチ
  • 空間検索
    • 空間検索プラグイン
    • ベクタメニュー「場所による選択」

1.はじめに(30min)

  • 講義内容・日程について
  • 活用編について
  • オープンソース GISについて
  • ソフトウェアーインストールの確認

2.各種データの取り扱い(60min)

  • ラスタ
  • ベクタ
  • テキスト
  • WMS
  • 実習

3.プラグイン(60min)

  • 基本のプラグイン
  • サードパーティープラグイン
  • 実習
slide5
導入編との違い
  • 導入編
    • ベクタデータ
    • GISの基本コンセプト
    • QGISの使い方の基本
    • 講義中心
  • 活用編
    • ベクタ、ラスタ、WMS
    • 様々なプラグイン
    • 地図の作成
    • データの解析
    • 実習中心
slide6
オープンソースGISとは何か
  • オープンソースソフトウェアーとは、あるライセンス契約の元、ソースコードが公開されているソフトウェアーのことであり、そのライセンス下ではソフトウェアーの改変とその再配布が許されている。(http://opensource.org/, 2007).
slide7
オープンソースGISとは何か
  • ということは、
  • オープンソースソフトウェアーは必ずしも無料ではない
  • さまざまなライセンスの種類がある
    • GNUGPL、BSD、Apache ライセンスなど
  • 改変、再配布においてもオープンソースである必要がある
slide8
なぜオープンソースGISを使わないか
  • すでに市販製品を使っていて満足している
  • オープンソースGISを知らない
  • 自分のニーズがよくわからない
  • いろいろ自分で勉強するのが面倒くさい
slide9
どっちを使う?
  • どうやって仕事を確実にそして早く終わらせられるか?
    • 自分のGIS使用の目的を明確にする
    • 自分のリソースを知る(人的、金銭的)
    • 将来のGIS利用のビジョン
slide11
実習1
  • ソフトウェアーのインストールの確認
  • QGIS
    • \qgis2\maps\qgis_advanced.qgsをダブルクリックして開く
  • InkScape
    • \qgis2\maps\ monkey_map_by_inkscape.svgをダブルクリックして開く
    • 開いたキャンバスに書き込んである指示に従い、InkScapeの基本的な使い方を理解する
  • 両方のソフトウェアを終了する
60min

2.各種データの取り扱い(60min)

  • ラスタ
  • ベクタ
  • テキスト
  • WMS
  • 実習
slide13
各種データの取り込み
  • ラスタ
    • DEM(数値地図)の取り込み
    • ヴァーチャルラスタ
    • SRS変換
  • ベクタ
    • SRS変換
    • KMLへの出力
  • テキスト
    • CSVファイルとCSVTファイル
    • 出力
  • WMS
    • WMSレイヤの表示
    • WMSミニドライバの利用
slide14
ラスタデータのQGISへの取り込み
  • QGISのデータの読み込み、書き出しはGDAL/OGRライブラリを利用
  • ラスタのデータフォーマットはベクターよりも断然多い
    • GDALサポート(120以上) vs OGRサポート(70)
  • オープンソースGISのラスタの標準は、GeoTIFF
    • 通常は、4GB 制限、Big TIFFファイルで4GB以上も取り扱える
    • 通常使われるすべてのデータタイプが利用できる
    • 通常のTIFFファイルでも、world fileがあればGISデータとして読み込める
slide15
GDAL
  • ラスタデータを取り扱うためのライブラリ
    • http://www.gdal.org/
slide16
数値地図の取り込み
  • 日本の数値地図(DEM)は独自のXML形式で作成されているためそのままでは読めない
  • GDALでは今のバージョンでは、XML形式をGeoTIFFに変換できない
    • OSGeo-Japanを中心にツールを開発済み
  • 数値地図の変換ツール
    • エコリス 数値地図変換ツール
    • OSGeo-Japanの試作品、xml2tif
xml2tif
xml2tif

やあ諸君。先日の第2回FOSS4Gツール勉強会名古屋の資料をアップしたぜ! http://www.slideshare.net/wata909/qgisgdalogrで、この中にも書いてあるのだがQGIS・GDAL/OGRで基盤地図情報のxmlファイルを直接開いたり、変換できるバージョンを公開しているぜ!http://dl.dropbox.com/u/1876391/QGIS_MEXT.zipまだテストみたいな感じなので、人柱募集中だ!

http://www.slideshare.net/wata909/qgisgdalogr

slide19
人柱に!
  • 配布したデーターフォルダのtoolsの中にあるxml2tifフォルダ内にツール
  • 同梱の「使い方」ファイルより一部変更して引用
    • 注意:このバージョンで変換できるのは、基盤地図情報のうち、"JPGIS形式"で、JPGIS(GML)形式は変換できません。
    • 1. xml2tif.batのROOTDIR=に、展開したディレクトリを記述する。たとえば、実習用のデータディレクトリーqgis2をc:\にコピーした場合は、「c:\qgis2\tools\xml2tif\mext_gdal」となる。
    • 2."xml2tif.bat"をxmlファイルがあるフォルダーに持って行ってダブルクリックすると、そのフォルダにあるxmlファイルを一括して変換することが可能。
vs vrt
ラスタタイルのマージ vs. VRT
  • DEMのように多数のラスターがタイルとして提供されている場合のデータの扱い
    • マージ: 実際にラスタのタイルをくっつけて、巨大なラスタファイルを作成する
      • 一つのファイルとして扱える
    • ヴァーチャルラスタ(VRT): 実際にはタイルを結合しないが、見た目上、また、ラスタのプロセス上、仮想的にタイルをくっつける
      • 仮想的に巨大なラスタファイルを作成できる
slide21
ラスターのマージ
  • 複数の隣接するラスターレイヤをひとつに合わせる
  • Gdal_mergeを利用
  • 「ラスタ」メニュー、「Miscellaneous」、「結合」
slide22
ヴァーチャルラスタの作成
  • 仮想的に隣接するラスタを結合
  • Gdalbuildvrtを利用
  • 「ラスタ」メニュー、「Miscellaneous」、「ヴァーチャルラスタの構築」
slide23
ラスタのSRS変換
  • ラスタの空間参照系を変換したファイルを作成
  • gdal_warpを利用
  • 「ラスタ」メニュー、「Projections」、「ワープ(再投影)」
  • VRTファイルも入力ファイルとして使える
slide24
ラスタのSRS変換ーリサンプリングー
  • SRS変換に際し、リサンプリングの方法を指定する必要がある
    • 近似:カテゴリカルデータ
      • 対象データ例:植生タイプ
    • 双曲線、キュービック、その他:定量的データ
      • 対象データ例:DEM
      • 処理速度:双曲線>キュービック>キュービックスプライン>ランチョシュ
      • アルゴリズムの高度さ:双曲線<キュービック<キュービックスプライン<ランチョシュ
slide25
OGR
  • ベクタデータを取り扱うためのライブラリ
    • http://www.gdal.org/ogr/index.html
slide26
ベクタのSRS変換
  • ラスタに比べ、シンプル
  • レイヤリストで対象を右クリックし、「名前を付けて保存」を選択
  • CRSの設定で、「Selected CRS」を選び、目的とするSRSを選択
slide27
KMLへのエクスポート
  • OGR生成オプションを利用し、エクスポート結果をコントロール
  • NameField=列名
    • KMLの各地物にラベルを付加(点の場合)
  • DescriptionField=列名
    • KMLの各地物に情報を付加
slide29
テキストファイル
  • ベクタレイヤの一つとして取り扱われる
    • CSV(カンマ区切りテキスト)ファイル形式
    • インポート、エクスポートのサポート
      • 属性テーブルのエクスポート
    • インポートしたCSVファイルのフィールドデータは自動的にテキストとして認識される
      • フィールドのデータタイプを定義するには、CSVTファイルを作成(スライド31を参照)
slide30
テキストファイルのエクスポート
  • OGR生成オプション(データソース)
    • ジオメトリー出力をしたい場合は、以下の4つのいずれかを指定
      • GEOMETRY=AS_WKT
        • ジオメトリをわかりやすいテキストフォーマットで出力
      • GEOMETRY=AS_XYZ
        • 点のXYZ座標値を出力
      • GEOMETRY=AS_XY
        • 点のXY座標値を出力
      • GEOMETRY=AS_YX
        • 点のYX座標値を出力
    • CSVTファイルの作成
      • CREATE_CSVT=YES/NO
slide31
CSVTファイル
  • CSVファイルに収められたテーブル情報の、各列のデータタイプを定義するファイル
  • 以下のデータタイプをサポート
    • Integer
    • Real
    • String
    • Date (YYYY-MM-DD), Time (HH:MM:SS+nn) and DateTime (YYYY-MM-DD HH:MM:SS+nn)
  • 文法
    • “データタイプ”,”データタイプ”,”データタイプ”
      • e.g., "Integer","String"
    • 桁数と精度を指定できる(オプション)
      • e.g. "Integer(5)","Real(10.7)","String(15)".
slide32
WMSレイヤ
  • Web mapping Service
  • 手っ取り早い既存の地図情報の表示を可能にする
  • インターネット経由で地図画像(JPEG、PNG)を動的にダウンロード
  • 衛星画像、地形陰影図、行政界など様々
  • 個人でもサーバーを立ち上げれば配信が始められる
slide33
日本の代表的なWMSサーバー
  • 地名WMS
    • http://www.finds.jp/ws/pnwms.cgi?
  • 基盤地図情報25000
    • http://www.finds.jp/ws/kiban25000wms.cgi?
  • 歴史的農業環境WMS
    • http://www.finds.jp/ws/hawms.cgi?
slide36
WMSサーバーを探す
  • WMSサーバーの検索機能で、サーバーを探す事もできる
  • 例:キーワード「SRTM」で検索
slide38
WMSミニドライバ
  • GDALのWMSドライバをより広く使えるようにした仕組み
  • XMLにより、WMSの様々な仕様をカバーできる
  • GoogleMap、Bing、ArcGIS MapServerなど主要なWMSサービスがQGISで使える
  • QGISではラスタレイヤとしてXMLファイルを開く
  • http://www.gdal.org/frmt_wms.html
googlemap
例:GoogleMapドライバ
  • デフォルトでは、Map表示だが、ドライバを書き換えると衛星画像などと切り替えができる
  • データフォルダ内のWMSフォルダに各種XMLファイルがあるので、GoogleMapドライバを確認
slide41
実習2
  • データの取扱い
  • DEMのフォーマット及びSRS変換
    • gdal_translate.exe とxml2tiff.batを使って、数値標高地図(xml)をGeoTIFFに変換
    • 変換したDEMファイルからヴァーチャルラスタ(VRT)を作成
    • DEMをEPSG:32654に再投影
    • サルの位置データ(点)と植生図(ポリゴン)のSRSの変換
  • QGIS解析環境の設定
    • EPSG:32654に指定した、DEM、サルの位置データ、植生図をQGISに読込み、他のレイヤは削除
    • プロジェクトのSRSをEPSG:32654に設定
  • レイヤの出力
    • サルの位置データから、KI群のものだけを選択し、KMLへ出力する
6 0min

3.プラグイン(60min)

  • 基本プラグイン
  • サードパーティープラグイン
  • 実習
slide43
QGISのプラグイン
  • 基本プラグイン
    • ベクタ
      • fTools
    • ラスタ
      • GDAL Tools、ラスタ計算機
    • その他
      • ジオファレンサー、デリミテットテキストレイヤ追加、GRASS
  • サードパーティープラグイン
    • ベクタ
      • Point Sampling Tool, Statist、Table Manager、空間クエリプラグイン、Find by Attribute
    • ラスタ
      • Value Tool、1-band color map
    • その他
      • File Browser、OpenLayers、Save as SVG
slide45
凸包
  • 点の再外郭を結ぶポリゴンを発生
slide46
バッファ
  • 点、線、ポリゴンに一定のバッファを発生させ、新しいファイルとして保存
slide47
各種空間演算

2つのレイヤ

交差

統合

対称差分

クリップ

差分

slide48
融合
  • 境界を接する地物の融合
slide50
DEM(テリアンモデル)
  • DEMから陰影図、斜面傾斜、方位、各種地形インデックスを計算
slide51
クリッパー
  • ラスタレイヤの一部を切り取り新しいファイルとして保存
slide52
標準で用意されているアドイン
  • ジオリファレンサー
  • デリミテットテキストレイヤ追加
  • GPS
  • 空間検索
  • GRASS
slide53
ジオリファレンサー
  • 地理参照されていない画像をラスタデータとして使えるようにする
    • 現地調査した地図
    • 歴史的な地図
    • スキャンした航空写真
  • 手順
    • 資料のデジタル化(スキャナー)
    • ジオリファレンシング
      • GCP(ground control point)の取得
      • 幾何補正
slide54
ジオリファレンサー

「ジオリファレンシングの開始」をクリック

変換の設定ウィンドウが現れるので「変換タイプ」、「出力ラスタ」、「ターゲットSRS」を指定する。この場合、「線形」変換を指定

最低でも3点この作業を繰り返す

slide55
デリミテットテキストレイヤ追加
  • 緯度経度を含む外部テーブルから点レイヤーを作成
    • CSV(カンマ区切りテキストファイル)
    • QGISの「デリミテットテキストレイヤの追加」ツールでレイヤーとしてインプット
    • ファイルとして保存
grass
GRASSプラグイン
  • デスクトップGISのGRASS機能へのアクセス
  • GRASSを学ぶ必要がある
slide58
サードパーティープラグイン
  • 公式リポジトリ: 20プラグイン
  • 期限切れではない: 161プラグイン
  • 期限切れを含み全て: 224プラグイン
slide59
サードパーティープラグイン
  • 手動でもリポジトリを加えられる
slide60
サードパーティーお勧めプラグイン
  • ベクタ
    • Point Sampling Tool、 Statist, Table Manager、空間クエリプラグイン、 Find by Attribute
  • ラスタ
    • Value Tool、1-band color map
  • その他
    • File Browser、OpenLayers、Save as SVG
  • 注目のプラグイン!
    • SEXTANTE、SAGA、R関連
table manager
Table Manager
  • 属性テーブルの管理
    • 列の削除、追加、列名の変更、列順序の変更
    • プレビュー機能
find by attribute
Find by Attribute
  • 属性値による地物の検索
    • 拡大スケールを指定できる
    • 自動ズーム機能
file browser
File Browser
  • QGISのドッキングステーションからダブルクリックで直接レーヤーを読み込める
openlayers
OpenLayersプラグイン
  • OpenLayersを利用してGoogleMapsなどのレイヤにアクセス
save as svg
Save as SVG
  • 地図表示されているレイヤをSVG保存
    • InkScapeでの再利用
    • ベクタ、ラベルの属性保存に優れる
    • ラスタはスクリーンショット
    • 手軽に利用できる
sextante saga
SEXTANTE & SAGA
  • SEXTANTE
    • http://www.sextantegis.com/
    • JAVAで書かれた空間データ解析ライブラリ
    • gvSIGなどで利用
  • SAGA
    • http://www.saga-gis.org/en/index.html
    • 特に地形解析、水文解析などのラスタの解析に強いGIS
  • 数百の解析機能にアクセス
slide67
R
  • manageR
    • QGISとRの橋渡し
    • http://www.ftools.ca/plugins.html
  • Home Range plugin
    • 動物の行動圏解析
    • http://hub.qgis.org/projects/quantum-gis/wiki/HomeRange_plugin#Home-range_analyses_in_QGIS_using_R_through_Python
  • SDA4PP
    • 空間解析プラグイン
  • Basic Stats Plugin
    • http://www.maths.lancs.ac.uk/~rowlings/Software/Spqr/
slide68
実習3
  • 分析マスクの作成、マスクによるベクタとラスタの切り抜き(クリップ)、ラスタとベクタレイヤの属性値の結合、の過程を通して、ベクタおよびラスタメニューツールの使い方を学ぶ
      • 植生図、DEMのマスクによる切り抜き
      • DEMから陰影図、斜面方位、傾斜を計算
      • サードパーティ-プラグインのインストールと利用
      • ValueTool
      • Point sampling tool
      • Statist
6 0min1

4.レイヤプロパティ(60min)

  • ラスタ
  • ベクタ
  • 高度なラベリング
  • 実習
slide70
レイヤプロパティ
  • ラスタレイヤプロパティ
    • カラーマップ
    • 1-band Color Map
  • ベクタレイヤプロパティ
    • 点、線、ポリゴン
    • SVGの利用
  • ラベリング
    • 標準ラベリング
    • 高度なラベリング
slide71
ラスタレイヤプロパティ
  • 設定できるプロパティはベクタに比べ少ない
    • スタイル
      • 色、カラーマップ
      • 透過性
      • 「データ無し」の値
    • ピラミッド
      • 様々な解像度でラスターのオーバービューを作成
slide73
レイヤプロパティの初期状態

グレースケール

データタープの最大最小値に設定

強調なし

slide74
表示対象のヒストグラムの調整

ヒストグラムをラスタレイヤ全体の値に合わせる

ヒストグラムをラスタレイヤ全体の値に合わせる

ヒストグラムを表示された範囲に合わせる

ヒストグラムを表示された範囲に合わせる

slide75
標準カラーマップ
  • 原色グレースケール
  • 原色
  • フリークアウト
slide76
標準偏差によるカラーバンドの調整

値 0.1

値 0

値 0.5

値 5.0

値 1.0

  • 値は0~10で指定
  • 0は、標準偏差使用を無効にする

標準偏差値2.00の場合

色1: 平均値-標準偏差x2.00

色2: 平均値

色3: 平均値+標準偏差x2.00

値 10

値 2.0

slide77
カラーマップ
  • 独自にカラーマップをインタラクティブに作成
1 band raster color
1-band Raster Colorプラグイン
  • あらかじめ定義された多様なカラーマップが利用できる
svg s calable v ector g raphics
SVG(Scalable Vector Graphics)シンボル
  • 独自のシンボルを作成し、SVG(ドロー系フォーマット)で保存すると、シンボルとして利用できる
  • \qgis\svgディレクトリ内にSVGファイルを保存
slide86
ベクタレイヤのサブセット
  • レイヤプロパティの「一般情報」タブから「クエリビルダ」を利用して表示する地物を制限
slide87
ベクタレイヤのサブセット
  • ベクタレイヤの属性値を利用して、データの一部だけを表示、操作することができる
  • レイヤプロパティの「一般情報」、「サブセット」で「クエリビルダ」ボタンをクリックし、条件を設定
    • SQLのWHERE句の例
      • KI群のみを示す: "troop" = 'KI'
      • 人口2000人以上の地物を示す:  " jinko" >= 2000
slide88
ラベリング
  • 標準ラベリング
    • レイヤプロパティからアクセス
    • 手っ取り早いが、気が利かない
  • 高度なラベリング
    • ツールバーからアクセス
    • ラベルの位置、角度、フォントサイズの調整、線に沿った表示、重複ラベルの調整などもこなす
slide91
高度なラベリング

ツールバーからアクセス

slide93
さらに高度なラベリング
  • インタラクティブにラベルの位置、回転、サイズ、などの属性を変えられる
  • 属性テーブルに対応する列を用意する必要がある
slide95
実習4
  • ラスタのカラー設定と、ベクタのラベリングについて学ぶ
    • ラスタカラーマップを使って、ラスターの色表示をコントロールする
    • サードパーティーアドイン、1-band color mapを使って、カラーマップを設定する
    • ベクタレイヤのラベリング
9 0min

5.地図の作成(90min)

  • マップコンポーザー
  • InkScapeによる地図の作成
  • 実習
slide97
地図の作成
  • マップコンポーザー
    • マップコンポーザーの使い方
    • マップコンポーザーによる地図の作成
  • InkScape
    • InkScapeの使い方
    • マップコンポーザーからの出力
    • InkScapeによる地図の作成
    • Save as SVGプラグイン
slide98
地図作成の手順
  • レイヤの読み込み
  • レイヤプロパティの変更
    • スタイル
    • ラベル
  • 表示範囲の決定
  • プリントコンポーザーの起動
    • 地図の貼り付け
    • 凡例、縮尺、タイトル、方位記号などの貼付け
    • 出力
slide99
プリントコンポーザー
  • 表示した情報を地図として手っ取り早く作成、印刷
slide100
プリントコンポーザー

用紙の大きさ、方向、DPIを最初に指定

slide101
プリントコンポーザー

5.縮尺を貼り付ける

6.方位記号を貼り付ける

4.タイトルを貼り付ける

1.ドラッグアンドドロップでキャンバスに地図を貼り付ける

3.凡例を貼り付ける

2.地図の範囲、描画フレームの位置の調整

slide102
地図の出力

地図を出力する

slide103
出力した地図の完成度
  • QGISファイルメニューから「イメージで保存」
    • 最も手っ取り早く、QGISのキャンバスに表示されているイメージを出力
  • マップコンポーザーによる地図の出力
    • 比較的簡単に、地図を作成できる
    • とりあえずの地図作りに
  • InkScapeによる地図の作成
    • 完成度の高い地図を作成
    • 技術と時間が必要
inkscape
InkScapeによる地図の作成
  • マップコンポーザーで作成した結果をSVGとして保存し、InkScapeで仕上げる
    • 地図以外のアイテムもいろいろ加えられる
      • テキスト、会社ロゴ、イメージ、、、
    • Save as SVGプラグインで出力してもOK
      • ラベリングがテキストとして保存される
  • InkScapeとは
    • http://inkscape.org/?lang=ja
    • アドビイラストレータなどと同種の機能を持つオープンソースのベクターグラフィックエディタ
    • QGISから出力された、点、線、ポリゴンなどを編集できる
inkscape1
InkScape
  • 今日は、InkScapeの講習ではないので、、、
  • InkScapeのチュートリアル
    • http://inkscape.org/doc/?lang=ja
    • http://wiki.inkscape.org/wiki/index.php/FAQ_%28Japanese%29
  • 地図関係の素材(SVG)
    • http://www.clker.com/search/map/
    • http://openclipart.org/
    • http://www.printout.jp/index.html
inkscape2
InkScapeユーザーインターフェース

メニューバー:ファイル・編集・表示…などすべての機能にアクセスコマンドバー:メニューバー中のよく使う項目のボタンツールコントロールバー:使用中のツールの細かな設定

パレット: 

塗とストローク

テキスト

整列・配置

ツールバー:各種機能に素早くアクセス

inkscape3
InkScapeの機能(一部)
  • 線、点、ポリゴンのスタイル編集
    • 「オブジェクト」メニューの「フィル/ストローク」でパレットを表示させ、設定を変更
    • ラスタの各レイヤの透過度も「フィル/ストローク」で調整
    • 同じ色で塗り分けた点などは、エクスポートした時点でそれぞれでグループ化されている
  • テキストの追加、編集
    • ウィンドウ左側の「テキストツール」を選択
    • 線上や、ボックスの中にテキストを流しこむことができる
    • 文字間隔、行間隔などの設定もできる
  • 各オブジェクトの編集
    • 線やポリゴンの形状を編集したい場合は、「オブジェクト」から「パス」に変換してから行う
  • フィルター
    • 線やテキストを強調したり、様々な効果を生み出す「フィルター」が多数揃っている
slide111
パス上に配置したテキスト
  • 「ペンツール」   で曲線を描く
  • 「テキストツール」   で文字を描く
  • 曲線とテキストを両方選択(シフトキーを併用)
  • 「テキスト」メニューから「テキストをパス上に配置」を選択
  • 「フィル/ストローク」パレットで、曲線のストロークを「0」に指定
slide113
実習5
  • マップコンポーザーとInkScapeを使った地図の作成
    • マップコンポーザーを使った地図の作成
    • InkScapeを使った地図の作成
30min

6.データ検索(30min)

  • 属性テーブル
  • 空間検索
  • 空間結合
  • 実習
slide115
データ検索
  • 地物の検索
  • 属性テーブル
    • 外部テーブルの結合
    • フィールド計算機
    • アドバンストサーチ
  • 空間検索
    • 空間検索プラグイン
    • ベクタメニュー「場所による選択」
slide116
地物の検索
  • 属性情報を使った地物の検索(SQL)

レイヤリストの対象レイヤを右クリックして、コンテクストメニューを表示させ、「検索(Q)…」を選択し「クエリビルダ」を表示

slide117
外部テーブルの結合
  • レイヤリストにある他のレイヤの属性テーブルと、共通のキーを使ってテーブル同士を結合
  • CSVファイルを読み込み、レイヤと結合できる
  • 読み込まれたCSVテーブルの列は、すべてテキストとして読み込まれる
  • 各列のデータタイプは、CSVTファイルで定義できる
slide118
外部テーブルの結合

市町村テーブル

外部:人口テーブル

slide119
CSVTファイル(復習)
  • CSVの各列のデータタイプを定義するテキストファイル
    • ダブルクォーテーションでデータタイプを指定し、カンマで区切る
    • カッコで、サイズ、桁数、精度なども指定できる
    • ファイル名は、CSVファイルの拡張子をCSVTにしたもの
    • データタイプ
      • Integer, Real, String, Date (YYYY-MM-DD), Time (HH:MM:SS+nn), DateTime(YYYY-MM-DD HH:MM:SS+nn)
    • 例:”Integer”,”String”,
    • 例:"Integer(5)","Real(10.7)","String(15)"

”Integer”,”String”,

slide120
フィールド計算機
  • 属性テーブルの情報を使って様々な計算を行い、その結果を列に保存する
    • 既存列の上書き、または新規列の追加
    • エディットモードで使用可能
    • ラインの長さ、ポリゴンの面積計算
    • データタイプの変換
    • 表示された演算子以外にも使える演算子、関数がある
      • http://hub.qgis.org/wiki/17/List_of_Field_Calculator_Functions
    • 65歳以上の人口を全人口で割って、高齢化率を求め、その結果を属性テーブルに収める
    • テキストとして保存されてしまった人口属性を整数に変換
    • 各点の、x、y座標を属性値として収める
    • 別の列にある“栃木県”と“日光市”を結合して“栃木県日光市”という属性値にする
slide121
フィールド計算機
  • 既存列への上書き、または新規列の追加を指定してから、実際の計算式を入力、実行

属性テーブルで、編集を開始してから「フィールド計算機のオープン」をクリック

slide122
アドバンストサーチ
  • 属性テーブルに対し、SQLのWHERE句を使って、高度な検索を行う
  • 単独テーブルの検索
slide123
アドバンストサーチ
  • 演算子の使い方
    • MOJI = '滝ケ原‘
      • 滝ケ原
    • MOJI LIKE '%滝%‘
      • 滝ケ原、清滝安良沢町
    • MOJI LIKE '滝%‘
      • 滝ケ原、滝ケ原1丁目
    • MOJI LIKE '%滝‘
      • 清滝、清原滝
    • MOJI LIKE '滝..‘
      • 滝ケ原
    • MOJI LIKE '.滝...‘
      • 清滝1丁目、清滝丹勢町
    • MOJI != '%滝%‘
      • 日光、今市
  • 複数のアイテムに合致
    • MOJI IN ( '滝ケ原', '南小来川')
  • 複数の条件、ANDとOR
    • lt15yrs < 10 AND gt65 > 50
    • gt65 > 50 OR farmer > 30
slide124
空間検索(ベクタメニュー)
  • 2つのベクタレイヤの位置関係による地物の検索
    • 選択条件(追加、除去)を指定できる
slide125
空間検索(アドイン)

検索結果を新規レイヤとして作成

slide126
空間結合、統計
  • 空間結合
    • 「ベクタ」メニュー、「データマネージメントツール」、「場所で属性を結合する」
      • 2つのレイヤの位置関係に基づき、片方のレイヤの属性値を他方にコピーする
  • ポリゴンによる集計
    • 「線長の合計」
      • ポリゴン内に落ちる線分の長さの集計
    • 「ポリゴン内の点」
      • ポリゴン内に落ちる点の数の集計
slide127
実習6
  • 属性テーブルの活用
    • 外部テーブルの結合
    • フィールド計算機
    • SQLによる情報検索
  • 空間検索
    • アドインを使った空間検索