slide1 n.
Download
Skip this Video
Loading SlideShow in 5 Seconds..
国際経済 PowerPoint Presentation
Download Presentation
国際経済

Loading in 2 Seconds...

play fullscreen
1 / 18

国際経済 - PowerPoint PPT Presentation


  • 222 Views
  • Uploaded on

国際経済.  報告者 吉田 周 平. 世界の貿易. 生産と比べて貿易が急速に拡大し、国際経済活動活発化→グローバル化 第二次世界 大戦後のアジア地域特に中国の世界輸出シェアの拡大. 日本の貿易. 輸出入ともにアジアが半分以上→要因として東アジア諸国の成長。反対に北米は減少 日本の貿易  輸出は工業製品         輸入は燃料、鉱物製品. 貿易が 行われる理由. 貿易をすることで利益がある 消費者はより安く商品を購入 生産者 はより高く衣類を販売. 比較優位の理論. 二つの学説 リカード の比較生産費説 ヘクシャー=オリーン仮説.

loader
I am the owner, or an agent authorized to act on behalf of the owner, of the copyrighted work described.
capcha
Download Presentation

PowerPoint Slideshow about '国際経済' - charlotte-frank


An Image/Link below is provided (as is) to download presentation

Download Policy: Content on the Website is provided to you AS IS for your information and personal use and may not be sold / licensed / shared on other websites without getting consent from its author.While downloading, if for some reason you are not able to download a presentation, the publisher may have deleted the file from their server.


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - E N D - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
Presentation Transcript
slide1

国際経済

 報告者 吉田周平

slide2
世界の貿易
  • 生産と比べて貿易が急速に拡大し、国際経済活動活発化→グローバル化
  • 第二次世界大戦後のアジア地域特に中国の世界輸出シェアの拡大
slide3
日本の貿易
  • 輸出入ともにアジアが半分以上→要因として東アジア諸国の成長。反対に北米は減少
  • 日本の貿易  輸出は工業製品
  •         輸入は燃料、鉱物製品
slide4
貿易が行われる理由
  • 貿易をすることで利益がある
  • 消費者はより安く商品を購入
  • 生産者はより高く衣類を販売
slide5
比較優位の理論
  • 二つの学説
  • リカードの比較生産費説
  • ヘクシャー=オリーン仮説
slide6

リカードの比較生産費説について

→二つの概念 比較優位と絶対優位

絶対優位→表1-5から分かるように中国に比べて日本の方が労働生産性が高く、つまり効率的である状況のこと。

この場合日本が衣類とテレビの両方で絶対優位にあるという。

slide7

比較優位→同表から中国は日本と比較で、テレビと比べて衣類の生産において非効率の程度が低い状況のこと。比較優位→同表から中国は日本と比較で、テレビと比べて衣類の生産において非効率の程度が低い状況のこと。

この場合、日本が液晶テレビについて比較優位をもち、中国は衣類に対して比較優位にあるという。

slide8

比較優位の概念によれば、二つの商品の相対価格比率が異なることによって各国は比較優位の商品を輸出し、比較劣位の商品を輸入する。比較優位の概念によれば、二つの商品の相対価格比率が異なることによって各国は比較優位の商品を輸出し、比較劣位の商品を輸入する。

slide9
貿易パターンの決定と貿易による利益
  • P13の二つの例から国際相対価格(交易条件)が貿易により得られる利益の大きさに影響を与える。
  • つまり
  • →リカードの比較生産費説とは

各国は労働生産性の高い商品を輸出し、労働生産性の低い商品を輸入する。

slide10
ヘクシャー=オリーンの理論
  • リカードの比較生産費説は生産に必要な要素は労働のみであった。しかし、実際は資本や土地などの生産要素を考慮しなければならない。
  • 労働だけでなく貿易パターンや貿易利益に関する分析をおこなった。
slide11

表1-6と1-7から日本は資本豊富で、中国は労働豊富→日本は資本集約財である液晶テレビを輸出し、労働集約財の衣類を輸入表1-6と1-7から日本は資本豊富で、中国は労働豊富→日本は資本集約財である液晶テレビを輸出し、労働集約財の衣類を輸入

  • →中国は労働集約財の衣類を輸出し、資本集約財である液晶テレビを輸入
slide12
貿易と所得再分配
  • ヘクシャー=オリーンモデルを用いて貿易による生産要素価格への影響が説明できる。
  • 貿易が生産要素価格に影響を与えるということは、人々の所得分配に影響を与えることを意味する。
slide13

比較優位財の生産の拡大→生産要素に対する需要を増加→生産要素の価格上昇比較優位財の生産の拡大→生産要素に対する需要を増加→生産要素の価格上昇

  • 比較劣位財の生産の縮小→生産要素にたいする需要を低下→生産要素の価格は低下
  • 日本と中国の例の場合

日本では労働者と比べて資本家の所得が上昇するのに対して、中国では資本家と比べて労働者の所得が上昇する。

slide14
生産要素価格均等化
  • 生産要素価格均等化の法則→貿易の開始により両国は同一の価格(国際価格)で取引を行うようになるから(Pc/Pt)Eが成立

その結果相対生産要素価格も(w/r)Eで同一になる(図の1-3)

slide15
所得分配への影響
  • 図1-3より商品価格の変化が生産要素価格に影響を与えるということが分かる。
  • ストルパー=サムエルソンの定理との関連性
slide16
新しい貿易理論
  • プロダクト・サイクル・モデル

→貿易パターンが時間の経過とともに変化することを説明したモデル。

→商品にもライフサイクルがあり、どのような段階にあるかで貿易パターンが決まるということを説明した。

slide17

第一段階(開発段階)→貿易は発生しない

  • 第二段階(成熟段階)→需要と生産の拡大。

他国への輸出が始まる。

第三段階(標準化段階)→生産、労働コストを下げることに着目

時間の経過によってもたらされる商品の性質の変化に伴って比較優位パターンと生産地が動態的に変わっていく様子を説明している。

slide18

リンダー・モデル→貿易の発生する理由として消費者の需要に注目する。消費者の需要パターンは消費者の所得水準によって決まると考え、ある国における生産はその国の消費者の需要パターンを反映リンダー・モデル→貿易の発生する理由として消費者の需要に注目する。消費者の需要パターンは消費者の所得水準によって決まると考え、ある国における生産はその国の消費者の需要パターンを反映

製品差別化されている工業製品の貿易パターンの説明に有効