aerogel rich geiger mode apd n.
Download
Skip this Video
Loading SlideShow in 5 Seconds..
Aerogel RICH カウンターに向けた Geiger mode APD の基本性能評価 PowerPoint Presentation
Download Presentation
Aerogel RICH カウンターに向けた Geiger mode APD の基本性能評価

Loading in 2 Seconds...

play fullscreen
1 / 28

Aerogel RICH カウンターに向けた Geiger mode APD の基本性能評価 - PowerPoint PPT Presentation


  • 219 Views
  • Uploaded on

Aerogel RICH カウンターに向けた Geiger mode APD の基本性能評価. 名古屋大学高エネルギー物理学研究室 修士課程1年 山岡美緒    . 目次. イントロダクション 測定結果(Gain Noise rate   時間分解能 光子検出効率) まとめと今後. 輻射体である Aerogel で粒子通過時チェレンコフ光を発生させる チェレンコフ光の開き角を測定することにより識別を行う. AerogelRICHの光検出器の候補 Geiger mode APD. Aerogel RICH の光検出器. 現在のBelle detector.

loader
I am the owner, or an agent authorized to act on behalf of the owner, of the copyrighted work described.
capcha
Download Presentation

PowerPoint Slideshow about 'Aerogel RICH カウンターに向けた Geiger mode APD の基本性能評価' - cambria


An Image/Link below is provided (as is) to download presentation

Download Policy: Content on the Website is provided to you AS IS for your information and personal use and may not be sold / licensed / shared on other websites without getting consent from its author.While downloading, if for some reason you are not able to download a presentation, the publisher may have deleted the file from their server.


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - E N D - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
Presentation Transcript
aerogel rich geiger mode apd

Aerogel RICHカウンターに向けたGeiger mode APD の基本性能評価

名古屋大学高エネルギー物理学研究室

修士課程1年

山岡美緒    

目次

イントロダクション

測定結果(Gain Noise rate

  時間分解能 光子検出効率)

まとめと今後

aerogel rich
輻射体であるAerogelで粒子通過時チェレンコフ光を発生させる輻射体であるAerogelで粒子通過時チェレンコフ光を発生させる

チェレンコフ光の開き角を測定することにより識別を行う

AerogelRICHの光検出器の候補

Geiger mode APD

Aerogel RICHの光検出器

現在のBelle detector

Aerogel Ring Imaging Cherenkov counter Belle detectorのendcap部分の

新型粒子識別装置として導入予定 P=4GeV/c π/K粒子の識別が可能

e-(8.0GeV/c)

B=1.5T

e+(3.5GeV/c)

slide3
光検出器に求められる性能

磁場中(1.5T)で使用可能

1光子が検出可能

高い光子検出効率をもつ

5mm角の位置分解能

RICHでの

Geiger mode APDの欠点

受光面が小さい

熱電子ノイズが多い

光検出器に求められる性能
  • Geiger mode APD

利点 

  • 磁場中でも使用可能    
  • Gain高い          
  • 光子検出効率が高い   

   長波長側も感度がある

  • エネルギー分解能が良い
  • 時間分解能が良い  
  • 動作電圧が低い   

ライトガイドの使用

入り口は5mm角

Geiger mode

APD

Time windowできってノイズをカット

slide4
RICHに向けた測定

Noise rate は1MHz程度が限界

Time windowを10nsとした場合100個につき1個のデバイスがノイズによる信号

PMTでは10個程度の信号でリングを作る

 Gainのバイアススキャン

Noise rateのバイアススキャン

noise rateが1MHzでのバイアスで1光子検出が可能か

 ②Noise rateの温度スキャン

 ③ 時間分解能

Time windowカットをかけるので時間分解能の確認

TOFの情報を使えれば性能の向上

 ④ 光子検出効率の波長依存性を測定

⑤ ライトガイドのシミュレーション

受光面5mm角のGeiger mode APD

が並んでいる

青リング チェレンコフリング

赤 チェレンコフ光による信号

緑 ノイズによる信号

slide5
測定したSample
  • 2つのGeiger mode APDについて測定を行った

受光面拡大

Sample

slide6
セットアップ

TDC

discri

Geiger mode

APD

clock

  • clock ・・・1kHz
  • AMP・・・HPK speed amp (C5594) (36dB)
  • laser ・・・ λ=636nm
  • TDC ・・・ resolution 25ps
  • ADC ・・・ resolution 0.25pc
  • 0.5peでThreshold

ADC

div

discri

funout

AMP

レーザー   

Geiger mode

APD

NDフィルター   

Black box

Vsource

Sample

レーザー

NDフィルター

slide7
Gain 6.6×105

S/N 7.7

Gain 1.8×106

S/N 12.4

①Gain 測定

Vbias=71.5V, 23℃, noise~1.0MHz

Vbias=49.5V, 21℃, noise~1.4MHz

MPPC

MRS-APD

1peσ=2.0

1peσ=3.6

2pe

2pe

pedestal

Gamp=AMPのGain

エネルギー分解能が非常によい

     Gainも高い

1光子検出可能

noise rate
① MPPCのNoise rateとGainのバイアススキャン
  • Gain=c×(Vbias-Vbreak )/e

Gain

MPPC

  • Noise rate1MHzのバイアス-71.5V

Gain= 1.8×106

    • Over voltage (Vbias-Vbreak )=-1.2V

MPPC

Vbreak=-70.3(V)

C=251(fF)

mrs apd noise rate
① MRS-APDのNoise rateとGainのバイアススキャン
  • Gain=c×(Vbias-Vbreak )/e

Gain

MRS-APD

MRS-APD

  • Noise rate1MHzでのバイアス-48.7V

Gain=5.25×105

    • Over voltage (Vbias-Vbreak )=-3.2V

Vbreak=-45.5(V)

C=26.2(fF)

Noise rate1MHzでは1光子検出可能なGainとエネルギー分解能

必要ならばバイアス電圧下げることも可能

noise rate1
②Noise rate の温度依存性1

恒温槽を用いて-50℃~20℃でのnoise rateを測定

Noiserateの温度依存性のセットアップ 

Vbreakが温度依存

Over voltage (Vbias-Vbreak )を一定にしてnoise rateを測定

恒温槽

Vsource

Clock

Geiger node APD

温度計

AMP

Discri

Scaler

PC

noise rate 2
②Noise rate の温度依存性2

MRS-APD

MPPC

  • 0℃では室温の20~30%になった

MRS-APD MPPC

~300kHz@ 0℃ ~200kHz  @ 0℃

Geiger mode APDが並んでいる

青リング チェレンコフリング

赤 チェレンコフ光による信号

緑 ノイズによる信号

(deg.)

slide12
③MPPCの時間分解能

Gain測定と同じセットアップ

波長の異なる2つのレーザーを照射した

形もほぼ同じでありσも十分小さい

Time windowをかけるのに十分な時間分解能

636nm

410nm

Sample MPPC

Bias -71.5V

Threshold 0.5pe

Only Single photon data

σ~103ps

σ~110ps

slide13
③MRS-APDの時間分解能

Time windowをかけるのに十分な時間分解能をもつ

TDC分布のshapeが違っている →時間分解能の波長依存性がある?

636nm

410nm

Sample MRS-APD

Bias -49.5V

Only Single photon data

σ~140ps

Tail ~0.5ns

σ~70ps

長いTail~4ns

slide14
時間分解能の波長依存性の原因

g

e-

e-

e-

e-

e-

e-

h

h

h

h

h

h

n+

p+

p-

g

This is plot of SiPM, not MRS-APDreference: ICFA Instrum.Bull.23:28-41,2001

  • Geiger regionで電子ホール対を作る

すぐにGeiger放電が起こる→早いTiming

  • Drift regionで電子ホール対を作る

Geiger regionまでドリフト →遅いTiming

Red laserσ~70ps Tail ~4ns

Geiger regionDrift region両方で吸収

Blue laserσ~140ps Tail ~0.5ns

ほぼDrift regionのみで吸収

MRS-APDとMPPCの違い  →内部構造の違い?

slide15
④QE×εgeom測定のセットアップ
  • モノクロメーター340nm<l<900nm
  • フィルター  高次光をカット
  • レンズ  光をGeiger mode APD

の受光面サイズに絞る

  • QEのわかっているPDをreferenceとする
  • PDとGeiger mode APDの電流値を比較し

絶対QEを測定

今回はバイアス電圧をかけずに測定した

QE =電子ホール対ができる確率

=有感領域の割合

=ガイガー放電が起こる確率

Black box

MPPC

slide16
MRS-APD

Max 45% @600nm

11% @900nm

MPPC

Max 51% @600nm

21% @900nm

PDEバイアス電圧によっては変化する?

εGeigerはλ依存性があるのではないか?

④QE×εgeom測定結果

バイアルカリ

長波長側の感度はPMTなどと比べて高い

バイアスをかけたPDE測定

をする必要がある

slide17
⑤ライトガイドのシミュレーション

π  P=4GeV/c

n=1.046 Aerogel通過時

チェレンコフ光放出角

ライトガイドの使用

入り口は5mm角

Geiger mode

APD

光が0.3radで

ライトガイドに入射

受光面1mm角の場合

入り口は5mm角

受光面2mm角の場合

入り口は5mm角

長さ12mm

長さ12mm

CE~95%

CE~37%

受光面が1mm角では使えない

受光面が2mm角以上の大きさのデバイスが必要

slide18
測定結果のまとめ

Geiger mode APDでGain、ノイズレート、時間分解能、QE×εgeomを測定した

slide19
① Noise rate1MHz のバイアス電圧で1光子が検出可能なGainとエネルギー分解能をもつ

② 0℃まで温度を下げるとNoise rateは室温の20~30%程度にまで減る

③ 時間分解能<<Time window

④ 長波長側にも高い光子検出感度が期待できる

⑤ ライトガイドの使用には2mm角以上の受光面があればCEは95%

ライトガイドの研究開発

まとめ

今後

バイアス電圧をかけてPDE測定

slide21
ノイズレートの見積もり
  • 半径6.2cmのリング
  • 10万個デバイスが並ぶ
  • noiserate1MHz 

Gate10ns

    • 0.01回/gate
slide22
波形

amp x65

1ns

10mV

1pe

slide23
レーザー自体の発光のジッターの検証
  • MCP-PMT(BURLE製)を用いてレーザー自体のジッターを調べた。
    • MCP-PMT(BURLE製)の時間分解能は40ps程度

410nm

636nm

レーザーによる違いは見られなかった

MRS-APDのデバイス自体に波長依存性がある?

over voitage
Over voitageの決定方法
  • Over voltageの決定方法
    • PulseHeightのバイアススキャンを行う
    • 横軸との交点をVbreakとした
slide25
恒温槽
  • メーカー ESPEC
  • 型番 PU-3KT(プラチナスKシリーズ)
slide26
セットアップの確からしさ
  • すでにQEが測定されているPMTについて今回のセットアップで絶対QEを測定
  • 短波長側はQEが電流値が非常に揺らいでいた為エラーが大きくなっている
slide27
検出光子数の見積もり

RICHで使用する際の検出光子数の見積もり

MRS-APDMax QE(×egeom): 45±2%@600nm

光検出器がPMTの場合の1.8倍の

光子数が見込まれる

slide28
PDE測定
  • バイアス電圧をかけて測定を行う

MPPC

Pin hole

V