slide1 n.
Download
Skip this Video
Loading SlideShow in 5 Seconds..
多変量解析とその行方 PowerPoint Presentation
Download Presentation
多変量解析とその行方

Loading in 2 Seconds...

play fullscreen
1 / 36

多変量解析とその行方 - PowerPoint PPT Presentation


  • 140 Views
  • Uploaded on

基礎工学部創立40周年記念談話会(数理科学分野) 日時: 2001 年 10 月 16 日(火) 場所:シグマホール. 多変量解析とその行方. 狩野 裕 大阪大学人間科学部 http://koko15.hus.osaka-u.ac.jp/~kano/ kano@hus.osaka-u.ac.jp. designed by Yukari Azuma. 自己紹介 専門:行動計量学,多変量解析. 大阪大学理学部数学科卒業 基礎工学研究科数理系専攻修士課程修了 工学博士(大阪大学 1986 年) 海技大学校 教養科 (運輸省) 大阪大学 基礎工学部 数理教室

loader
I am the owner, or an agent authorized to act on behalf of the owner, of the copyrighted work described.
capcha
Download Presentation

PowerPoint Slideshow about '多変量解析とその行方' - burian


An Image/Link below is provided (as is) to download presentation

Download Policy: Content on the Website is provided to you AS IS for your information and personal use and may not be sold / licensed / shared on other websites without getting consent from its author.While downloading, if for some reason you are not able to download a presentation, the publisher may have deleted the file from their server.


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - E N D - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
Presentation Transcript
slide1

基礎工学部創立40周年記念談話会(数理科学分野)日時:2001年10月16日(火)場所:シグマホール基礎工学部創立40周年記念談話会(数理科学分野)日時:2001年10月16日(火)場所:シグマホール

多変量解析とその行方

狩野 裕

大阪大学人間科学部

http://koko15.hus.osaka-u.ac.jp/~kano/

kano@hus.osaka-u.ac.jp

designed by Yukari Azuma

slide2
自己紹介専門:行動計量学,多変量解析
  • 大阪大学理学部数学科卒業基礎工学研究科数理系専攻修士課程修了工学博士(大阪大学 1986年)
  • 海技大学校教養科(運輸省)
  • 大阪大学基礎工学部数理教室
    • UCLA 心理学科訪問研究員(1989.4~1990.3)
  • 大阪府立大学工学部数理工学科
  • 筑波大学数学系情報数学
  • 大阪大学人間科学部行動計量学
agenda
Agenda
  • 基礎工と人科
  • 談話会案内より
  • 研究紹介
    • 応用研究
    • SEFA
    • ICA
  • 多変量解析の行方
slide4
基礎工と人科
  • 基礎工学部
    • 理学と工学の間
    • 数理系・数理科学分野
      • 最も理念に近い専攻
  • 人間科学部
    • 理系と文系の間
      • 理科系的研究
        • 人間(動物)や社会を「観察・調査・実験」などによって理解する
      • 文科系的研究
        • 社会哲学・人類学・ボランティア人間科学...
slide5

方法論

人間科学部

行動学

社会学

人間学

ボランティア人間科学

教育学

slide6
談話会案内より
  • 40代の若手
  • 学んだことと現在の仕事との関連
  • 学生さんへの人生のヒント
  • 旧交を温め合う
slide7
学んだことと現在の仕事との関連
  • M論・D論
    • 因子分析モデルについての理論研究
  • 現在
    • 因子分析モデルについての理論研究
    • SEM(構造方程式モデリング)
      • 理論研究......数学的アプローチ
      • 応用研究......モデル構築
      • ユーザー教育...応用研究者との接点
    • ICA,GM
slide8
学生さんへの人生のヒント
  • 学生・院生時代の勉強・研究は生涯の基礎
  • 時代のニーズに合わせて,基礎を発展させることが重要
  • 数理科学
    • 理論と応用の両者を見据える
  • 「不言実行」より「有言実行」
slide9

2001

研究歴

ICA・IFAの研究

SEM入門

SEMの理論と応用

FA・SEMの変数選択

超高次の漸近理論

楕円分布論

1990

推測の頑健性(SEM)

不適解の問題

非反復推定法

(FA)

識別性

一致性

因子の

不確定性(FA)

臨床

基礎

1983 博士課程進学

slide10
研究室紹介
  • 学  部:行動計量学
    • 応用研究
    • 行動を計量するための方法論
  • 大学院:行動データ科学
    • 行動を計量するための方法論
slide11
キャッチコピー

科学はデータをとることから始まります。データは、眺めているだけでは単に数値や記号の集まりにしかすぎません。しかし、データは語りたいのです。「マイクロフォン」を近づけると、一見無機的な数値・記号が暖かい心を語りはじめます。私たちはその語りを正確に無駄なく汲み取る「耳」を準備することになります。私の研究テーマは、高性能なマイクロフォンを作成すること、そして、皆さんの耳を立派にすることです。(人科紹介パンフより)

slide13
犯罪心理学

犯罪類似行動全体

カイ2乗(df)=28.277(28)

P値=0.45

GFI=0.970

AGFI=0.940

RMSEA=0.007

slide15
縦断的データの分析

SEX

SEX

GRADE

GRADE

0.516*

0.516*

0.168

0.168

‐0.213

‐0.213

‐0.111

‐0.111

‐0.588*

‐0.588*

0 に固定

0 に固定

Constant

Constant

Linear

Linear

d

d

d

d

log(1+0.167)

log(1+0.167)

1

1

1

1

log(1+0.5)

log(1+0.5)

1

1

log(1+3)

log(1+3)

1

1

1

1

log(1+1)

log(1+1)

log(1+2)

log(1+2)

Time1

Time1

Time2

Time2

Time3

Time3

Time4

Time4

Time5

Time5

d

d

d

d

d

d

d

d

d

d

1

1

1

1

1

1

1

1

1

1

a

a

a

a

a

a

a

a

a

a

Q

2

Q

2

Q

4

Q

4

Q

17

Q

17

Q

2

Q

2

Q

4

Q

4

Q

17

Q

17

Q

2

Q

2

Q

4

Q

4

Q

17

Q

17

Q

2

Q

2

Q

4

Q

4

Q

17

Q

17

Q

2

Q

2

Q

4

Q

4

Q

17

Q

17

A

A

A

A

A

A

A

A

A

A

 対応する項目間に誤差相関あり

slide16
因子分析における変数選択
  • 理論の開発
    • Kano-Harada(2000). Stepwise variable selection procedure in factor analysis. Psychometrika, 65, 7-22.
  • Web-based program...SEFA+SCoFA
slide19
ICAとは
  • Independent Component Analysis (独立成分分析)
  • Jutten-Herault(1991):2つの音声を分離
  • 情報検索によるとICA:PCA=1:8(日本)ICA:PCA=1:4(海外)
bss ica
BSS

Blind Source Separation

BSS と ICA

独立

音源Sn

音源S1

観測V1

観測Vm

slide21
カクテルパーティー効果

周りの雑音に関係なく、会話できる。

どっかーん

slide22
音源の物理的な位置・音響路の差異などの特性が違う音源の物理的な位置・音響路の差異などの特性が違う

観測される信号の重なり方が左右の耳で違う

その違いから,ふたつの信号を復元する

ICAでは独立性を利用

障害物

音源1

音源2

人間

左耳

右耳

カクテルパーティー効果とICA
slide23
実際のカクテルパーティー効果は
  • 選択的注意
    • ある情報を選択的に自覚した意識状態
  • 話のコンテックスト
  • 欠落音の補完
    • 音の冗長性を利用
    • 断片情報から全体を復元
slide24
PCA....分散の大きな成分を抽出

ICA....非正規性を最大にする成分を抽出

非正規性 ⇔ 独立性

PP(射影追跡)とICAとは類似点あり

ICAは高次統計量を用いた因子回転の一種

主成分の回転
slide25
独立因子分析(IFA)
  • ICAで誤差をモデルに入れるとIFAになる
  • IFAは誤差を取り除いた後に独立成分を同定するように因子回転すること
slide26
計量心理学の分野では
  • Ab Mooijaartは1985年にIFAと同等のモデルを提案している
    • 3次モーメントを利用すると因子回転が不要
  • BSSでのように独立成分を同定するという方向へ発展しなかった
slide27
私たちの思い
  • PCAやFAは統計学者・心理学者によって発展させられてきた
  • ICAやIFAは数理工学者によって発見され発展させられてきた
  • なぜ我々はその発展に寄与できなかったのか?
  • ICA・IFAの社会科学における適用可能性の研究.そのための新しい ICA・IFAの開発
slide28

多変量解析の行方

--- これからのサイエンス ---

slide29
20世紀の科学
  • 学問の分化が進んだ
    • e.g., 数学と物理学
    • 新しい学問分野の創生
  • 研究者養成が制度化された
    • 少数貴族のお遊戯ではなくなった
    • だれでも研究者になる可能性がある
slide30
数理科学と統計学
  • 数理科学(or 工学)
    • 科学・工学における数学的方法論を提供
    • 数学もこの範疇に入るのではないか
  • 統計学
    • データ解析のための方法論を提供
    • 文科系学問も対象
slide31
数理科学と統計学の将来
  • 分科会で完結する時代は終わった
  • 方法論としての原点に回帰すべき
    • 20世紀に学問の一領域として確立
      • 応用領域からの独立
    • 21世紀では再び接近を図るべき
  • ユーザーとの接点を増加させる
    • 共同研究
    • 新しい数理科学的方法論の提供
      • 院生・教官を対象とした講義
slide32
多変量解析の利用
  • 多変量解析が最も利用されている分野
    • 心理学・行動学・医学・保健学
  • 約30%の研究論文にPCA・FAが利用
    • 心理学研究・教育心理学研究
slide33
多変量解析の将来
  • ユーザーは多変量解析を大いに必要としている
    • 必要性は高まるばかり
    • 方法論者はその需要を捉えきれていない
    • ユーザー教育を提供できる人材が不足
  • 応用研究者との密接なコミュニケーションが必要
slide34
ユーザー教育について
  • ユーザー教育は(より大きな)産業になりえる
    • ユーザーは無数の分析方法が利用可能
      • 計算機・プログラムの発展による
    • 自習は不可能
    • 人材不足は否めない
  • 統計学教育ではない
    • e.g., 自動車の教習所
    • 統計学教育もそれなりに必要だが
slide35
研究キーワード
  • 線形から非線形へ
    • 理論は既に移行
    • 非線形モデルから有益な情報をどのように抽出するか
    • 定型から定型外へ(i.e.,自由なモデリング)
  • 小標本から超特大標本へ
  • 静的から動的なデータへ
  • 確率論ベースから記述ベースへ?
slide36
おわりに
  • 40周年記念
  • 講演の機会
  • Σの原点に
  • 益々の発展