slide1 n.
Download
Skip this Video
Loading SlideShow in 5 Seconds..
傾聴力  ← コミュニケーション  ←  現場力 PowerPoint Presentation
Download Presentation
傾聴力  ← コミュニケーション  ←  現場力

Loading in 2 Seconds...

play fullscreen
1 / 9

傾聴力  ← コミュニケーション  ←  現場力 - PowerPoint PPT Presentation


  • 187 Views
  • Uploaded on

企業力とは、経営資源(人・モノ・カネ)を良質に高める努力の積み重ね. 上に立つ人は、聴き上手であるべきだ。いつの時代も、現場を知らないトップは長続きしない。ピラミッド組織のボトムは多勢である。多勢の日常活動を注視する現場主義に徹してほしい。多勢の現場力が経営活動力である。機関銃を連射するような、一方的に話すだけのトップは、自身を戒める必要がある。現場の声を聞いていない。辛抱強く、耳を傾けてほしい。現場の問題点を正しく解決に導くホウレンソウ組織を構築してほしい。.

loader
I am the owner, or an agent authorized to act on behalf of the owner, of the copyrighted work described.
capcha
Download Presentation

PowerPoint Slideshow about '傾聴力  ← コミュニケーション  ←  現場力' - brennan-chang


An Image/Link below is provided (as is) to download presentation

Download Policy: Content on the Website is provided to you AS IS for your information and personal use and may not be sold / licensed / shared on other websites without getting consent from its author.While downloading, if for some reason you are not able to download a presentation, the publisher may have deleted the file from their server.


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - E N D - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
Presentation Transcript
slide1

企業力とは、経営資源(人・モノ・カネ)を良質に高める努力の積み重ね企業力とは、経営資源(人・モノ・カネ)を良質に高める努力の積み重ね

上に立つ人は、聴き上手であるべきだ。いつの時代も、現場を知らないトップは長続きしない。ピラミッド組織のボトムは多勢である。多勢の日常活動を注視する現場主義に徹してほしい。多勢の現場力が経営活動力である。機関銃を連射するような、一方的に話すだけのトップは、自身を戒める必要がある。現場の声を聞いていない。辛抱強く、耳を傾けてほしい。現場の問題点を正しく解決に導くホウレンソウ組織を構築してほしい。

上に立つ人は、やらせ上手であるべきだ。一を教えて十をやらせる。十を押し付けで教えると、一すら身に付かなくなる。トップは戦略を練って号令を下す。ミドルは戦略に従って戦術、計画を立てる。ボトムは計画に沿って行動し、問題点を報告する。それぞれのポジションに責任を持たせることで自発力が育つ。管理者が育たないと言うトップに限って出すぎた行動が多い。直接ボトムに指示すれば、ミドルは名前だけの管理者になる。

社長のリーダーシップ

傾聴力  ←コミュニケーション  ← 現場力

強固な意志  → モチベーション → 自発力

最高責任者の自覚

トップダウン

大義と夢の戦略決断

ホウレンソウ

戦略戦術化・評価

迅速な判断

経営計画室のリーダーシップ

ホウレンソウ

問題解決情報

集約・分析・評価

戦術・計画・行動

「見える化」指針立案

現場主義の指揮命令

管理者のリーダーシップ

アクションプラン策定

指導・目標管理

個々への配慮

ホウレンソウ

週間報告現場情報

ボトムアップ

社員の向上心・目標行動

トップダウンとボトムアップの2ウエイPDCAでスパイラル成長を図る

slide2

経営のトップリーダーは社長である

社長はリーダーシップ能力を備えている

社長のリーダーシップ能力とは

1.経営の大義(理念)を掲げ、ありたい姿(ビジョン)が描ける

2.将来的な成長戦略を見極め決断し、強い意志で陣頭指揮をとる

3.理念とビジョンに全社員のベクトルを合わせ組織行動を促がす

得てしてワンマン社長はセッカチな器用貧乏であり

組織の自発的行動を待たず促がさず、自らの第六感で行動する

トップダウンの朝令暮改指揮命令が恒常化して

指示待ち社員の自発能力は萎えていく

slide3

リーダーシップ能力とは

1.自分がやるべきこと

2.部下がやるべきこと

を的確に区別し、コントロールできる資質を磨くこと

社長の仕事・管理者の仕事・社員の仕事

分担と責任を明確にして

計画を実践し、相互を客観的に見渡して管理する

部下が信用できず、ついつい独りですべてをやってしまう上司

この下には人材は決して育たない

部下の失敗を気にせず、まかせ上手で責任のとれる上司

この下では体験に裏打ちされた人材が育つ

slide4

リーダーシップ能力とは

1.聴く耳優先で理解上手

2.やらせ上手で褒め上手

3.自らの自慢話は慎む 

リーダーシップ能力が管理者を育てる

社長の分身を増やしながら組織は大きく成長する

戦略経営組織とは、責任の明確な分担にある

1.社長は情報を分析して、戦略を決断し号令を発する

2.管理者は戦略に沿って戦術を練り、計画を立てる

3.全社一丸となってそれぞれの計画を行動に移す

PDCA目標管理で、スパイラルな成長を持続させる

slide5

モチベーションとは

性格から生まれる固有のパワーである

画一的に押しつけられるものではない

性格を理解し、その人の最適を見つけ

モチベーションを引き出してやる

・・・

リーダーシップ能力の大切なひとつです

◆性格とは、大きく四つに大別できる

1.外向か、内向か  社交的か、人づき合いが苦手か

2.感覚か、直感か  五感を働かせるか、第六感を頼るか

3.思考か、情緒か  論理的な理性派か、感情的なムード派か

4.決断か、柔軟か  決断力があるか、優柔不断の他力頼みか

人それぞれの性格に適した仕事を見つけてやることがモチベーション経営の基本

slide6

モチベーションは「やる気」を持続させることモチベーションは「やる気」を持続させること

結果として業績が上がること

その成果を公平に評価・分配すること

「やる気」の要因は、人それぞれで異なる

1.どんな仕事にやりがいを感じるか  好きこそものの上手なれ

2.猪突猛進・マイペース  変えられない性格に柔軟な理解と適材適所

3.お話し上手・まとめ書き上手  それぞれの得意技を伸ばす気配り

4.コミュニケーション環境づくり  聴く耳優先のやさしい人間関係

5.ハードルは高すぎず低すぎず  根拠のない無謀な目標は慎むべき

6.標準化マニュアルは行動を束縛する  歯車の遊びと同じ自由度の配慮

7.達成感と公平感  成果には公平な評価と表彰で報いる

slide7

ジョハリの窓

より良い組織環境は、対話により互いに開放の窓を広げる努力

自己には

自他ともに公開された 【開放の窓】

他人は未知の隠された 【秘密の窓】

他人は知り自分は未知の【盲点の窓】

自他ともに未知の   【未知の窓】

があると考えられる。

四つの枠は固定されず、人付き合いのコミュニケーションにより開放の窓は広がっていく。公開された自己が拡大すると、自己開示が進み、他人との壁が低くなっていく。

管理者は、少なくとも開放の窓が一般社員より広くなければ職務に支障を来たす。

何を考えているか得体の知れない人に

心を開いて相談できますか?

ホウレンソウのよどみない流れを組織に作るために、管理者は進んで開放の窓を広げる努力をし、コミュニケーションリーダーを目指したい。

他人に分かっている

他人に分かっていない

秘密の窓を閉ざすと、他人は用心深くなるものだ。自分から心を開く人は信用されやすい。良好な人間関係を望むなら、自分から率先して欠点をさらけ出すのも手である。

盲点の窓は、自己の成長を妨げる。自分の欠点を忠告してくれる友達がいれば、盲点の窓は小さくなっていく。人との交際の場を広げることで人間性が磨かれる。

開放の窓が広がると、自他共に未知の潜在領域に入っていく。潜在の自己が顕在化する新しい未知の世界、コア・コンピタンスの生まれやすい環境が生まれる。

slide8

ライフキャリアの虹

世代によってステージの比重は異なるが、ライフプランを作ることによってパートナーの理解が深まる。プライバシーを尊重しつつ互いの人生に配慮したい。人生のいろいろなパートナーと共有したいプランである。

ライフステージを四つに区切って整理

すると、目標が明確になってくる。

ベースは個人のステージである。

人間力を高めることで、他の

ステージも設計しやすくなる。

slide9

モチベーションを持続させるためには

コミュニケーション環境を育てることが大切です

リーダーシップ能力の最も求められるもの

リーダーは聴く耳を持って下さい

長山 伸作 プロフィール

中期経営計画・経営戦略の立案指導

電子出版→http://www.s-naga.jp/

戦略を絵に描く経営戦略コンサルタント

(株)一光社プロ代表取締役

〒457-0024 名古屋市南区赤坪町99-1

Tel.052-824-0521 Fax.052-819-1070

(株)サイコーポレーション代表取締役

名古屋市昭和区桜山町4-71-4

TEL.052-859-2812

著書/電子出版

1ページの経営指針・戦略重視の経営計画・

初めて作る経営指針・SWOT分析

TOWS戦略ゲームほか

寺子屋塾/名古屋塾・蓼科山籠り塾主宰

ウェブサイト http://www.s-naga.jp/