slide1 n.
Download
Skip this Video
Loading SlideShow in 5 Seconds..
塩害促進条件の違いが RC 床版の材料劣化に及ぼす影響 PowerPoint Presentation
Download Presentation
塩害促進条件の違いが RC 床版の材料劣化に及ぼす影響

Loading in 2 Seconds...

play fullscreen
1 / 19

塩害促進条件の違いが RC 床版の材料劣化に及ぼす影響 - PowerPoint PPT Presentation


  • 107 Views
  • Uploaded on

塩害促進条件の違いが RC 床版の材料劣化に及ぼす影響. 161114 高洲 勇太 161208 渡部 愛美. 背景. コンクリート構造物の 早期劣化が社会問題 道路橋 RC 床版. 融雪剤 の大量散布により    塩害劣化 が深刻化し、今後 塩害劣化の加速 が予想される. しかし、道路橋 RC 床版に対して塩害劣化を評価する 塩害促進試験 はあまり行われていない. 写真 - 2 塩害を受けた道路橋.  写真 -1  融雪剤散布. 写真1 ㈱北海道ロードサービス H.P 写真 2  ショーボンド建設㈱ H.P より. 研究目的.

loader
I am the owner, or an agent authorized to act on behalf of the owner, of the copyrighted work described.
capcha
Download Presentation

塩害促進条件の違いが RC 床版の材料劣化に及ぼす影響


An Image/Link below is provided (as is) to download presentation

Download Policy: Content on the Website is provided to you AS IS for your information and personal use and may not be sold / licensed / shared on other websites without getting consent from its author.While downloading, if for some reason you are not able to download a presentation, the publisher may have deleted the file from their server.


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - E N D - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
    Presentation Transcript
    1. 塩害促進条件の違いがRC床版の材料劣化に及ぼす影響塩害促進条件の違いがRC床版の材料劣化に及ぼす影響 161114 高洲 勇太 161208 渡部 愛美

    2. 背景 コンクリート構造物の早期劣化が社会問題 道路橋RC床版 融雪剤の大量散布により   塩害劣化が深刻化し、今後塩害劣化の加速が予想される しかし、道路橋RC床版に対して塩害劣化を評価する塩害促進試験はあまり行われていない 写真-2 塩害を受けた道路橋  写真-1  融雪剤散布 写真1 ㈱北海道ロードサービスH.P 写真2 ショーボンド建設㈱H.P より

    3. 研究目的 道路橋RC床版を模擬した供試体に対して3条件で塩害促進試験を考案 ①目視による劣化状況と、自然電位測定による    内部鉄筋の腐食度合いの調査・検討を試みる  ② それぞれの塩分浸透状況を詳しく調査する これらの試験方法が塩害の進行に及ぼす影響について検討を行った

    4. 実験概要

    5. 塩害促進試験方法 1. 比較的小型の供試体に用いられる促進方法 浸漬 2.  上部からの融雪剤の散布が行われている床版を想定 散布 3.  すでに塩分が浸透している床版を想定 内在

    6. 塩害促進試験状況 コンクリート練混ぜ時、外割りで10kg/m3のNaCl添加 内在供試体 浸漬供試体 散布供試体 溶液を7日に一度供試体上面に満遍なく散布 溶液に3.5日全面浸漬の後3.5日の全面乾燥

    7. 単位量(kg/m3) W/C s/a G W C S AE剤 浸漬‐1・内在・散布 47.6 2.64 174 264 857 996 66.0% 浸漬‐2 53.9% 46.0 172 320 815 1005 3.20 供試体概要

    8. 調査項目~塩害促進試験~ ①自然電位の測定 ③電位差滴定試験 ②目視による鉄筋腐食状況の確認

    9. 実験結果

    10. 表 鉄筋腐食判定基準(ASTM C 876) 自然電位E 鉄筋腐食の可能性 (mV CSE) -200<E 90%以上の確率で腐食なし 不確定 -350<E≦-200 90%以上の確率で腐食あり E≦-350 鉄筋腐食判定~自然電位測定~ 浸漬供試体-1 初回測定時:31日目 供試体全面で腐食の可能性を示した

    11. 表 鉄筋腐食判定基準(ASTM C 876) 自然電位E 鉄筋腐食の可能性 (mV CSE) -200<E 90%以上の確率で腐食なし 不確定 -350<E≦-200 90%以上の確率で腐食あり E≦-350 鉄筋腐食判定~自然電位測定~ 散布供試体  測定2回目:80日目 初回測定時:31日目 供試体全面で腐食の可能性を示した 供試体中央部で腐食不確定を示した

    12. 表 鉄筋腐食判定基準(ASTM C 876) 自然電位E 鉄筋腐食の可能性 (mV CSE) -200<E 90%以上の確率で腐食なし 不確定 -350<E≦-200 90%以上の確率で腐食あり E≦-350 鉄筋腐食判定~自然電位測定~ 内在供試体 初回測定時:62日目 供試体全面で腐食の可能性を示した

    13. ひび割れ進行状況~内在供試体~ 材齢81日目 材齢170日目 主筋方向のひび割れが顕著:0.20~0.30mm 配力筋方向にひび割れ 主筋方向にひび割れが広がる

    14.  鉄筋位置 高 低 打設面 底面 塩化物イオン濃度分布~浸漬供試体-1・浸漬供試体-2~  打設面で濃度高の傾向 拡散作用により外部から内部へ塩分が浸透 浸透時の重力による影響 打設時の振動による底面組織の緻密化 鉄筋位置   約6.0~7.0kg/㎥ 浸漬供試体‐1ほどではないが鋼材腐食発生限界濃度を超える結果 一般的な鋼材腐食発生 限界濃度 1.2㎏/m3

    15. 打設面 底面 塩化物イオン濃度分布~散布供試体~ 拡散作用により外部から内部に向かって塩分が浸透 鋼材腐食発生限界濃度の2倍以上 90mm付近で ほぼ0kg/㎥

    16. 5mm 打設面 初期の塩化物イオン濃度 6.0kg/㎥ 打設面 底面 底面 塩化物イオン濃度分布~内在供試体~ 高 低 塩化物イオン濃度分布は打設面で低く、内部で高い傾向 打設面側での風雨による洗い流し 中性化による影響

    17. W/C=53.9% W/C=66.0% 見かけの拡散係数の比較 促進方法が異なる浸漬供試体-1と散布供試体の比較 同一促進方法の浸漬供試体-1と浸漬供試体-2の比較 拡散係数に大きな差はない 拡散係数に大きな差が見られた それぞれ同一配合であるため、強制的な乾湿を与えている浸漬供試体-1で多少拡散係数が高くなる傾向を示した 浸漬供試体-2は浸漬供試体-1より水セメント比が低く、より組織が緻密であるため塩分の拡散が抑制されたと考えられる

    18. 鉄筋腐食状況~浸漬供試体‐2~ 鉄筋位置での塩化物イオン濃度 130mm : 1.8kg/㎥ 供試体全面で部分的な腐食が見られた 鋼材自体に大きな欠損はほとんど見られない

    19. まとめ  ・すべての供試体で鉄筋が腐食想定される塩分量が見られたが、鉄筋腐食を顕著に発生させるには内在供試体以外は不十分であった。  (内在供試体のみ腐食ひび割れが確認された)  ・塩分供給条件が異なっても、見かけの拡散係数には大きな影響を及ぼさず、配合(水セメント比)が支配的要因となる。 今後の予定 今回促進試験を行った供試体を用い、輪荷重走行試験を行い塩害劣化度合いの異なるRC床版の疲労耐久性の調査検討を行う予定