slide1
Download
Skip this Video
Download Presentation
マスター輪講

Loading in 2 Seconds...

play fullscreen
1 / 17

マスター輪講 - PowerPoint PPT Presentation


  • 101 Views
  • Uploaded on

マスター輪講. An Architecture for Interactive Context-Aware Applications. 坂井勇介. Context-Awareness とは?. “ 状況( Context )を認識できる ” という特性 Context には以下のようなものが挙げられる 存在 人がいる,ものがある,等 動作 何をした,している,等 環境 室温,湿度,明るさ,等. 従来の問題点. 従来の Context-Aware Application の問題点 ユーザの利益を推定するための仮定を ユーザに知らせない

loader
I am the owner, or an agent authorized to act on behalf of the owner, of the copyrighted work described.
capcha
Download Presentation

PowerPoint Slideshow about 'マスター輪講' - blaine-maxwell


An Image/Link below is provided (as is) to download presentation

Download Policy: Content on the Website is provided to you AS IS for your information and personal use and may not be sold / licensed / shared on other websites without getting consent from its author.While downloading, if for some reason you are not able to download a presentation, the publisher may have deleted the file from their server.


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - E N D - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
Presentation Transcript
slide1

マスター輪講

An Architecture for Interactive

Context-Aware Applications

坂井勇介

context awareness
Context-Awareness とは?
  • “状況(Context)を認識できる” という特性
  • Contextには以下のようなものが挙げられる
    • 存在
      • 人がいる,ものがある,等
    • 動作
      • 何をした,している,等
    • 環境
      • 室温,湿度,明るさ,等
slide3
従来の問題点
  • 従来のContext-Aware Applicationの問題点
    • ユーザの利益を推定するための仮定を

ユーザに知らせない

    • ある処理が された/されなかった 理由の

フィードバックがない

    • ユーザコントロールを提供しない
slide4
本研究の目的
  • 問題の生じる理由
    • ビジュアル化することをためらっている
      • 技術的な難しさがあるため
    • 対話モデルが提唱されていない

研究の目的:

Context-Aware Application における

対話モデルとアーキテクチャを提案

slide5
Application

Environment

Change of context

Domain

model

Sensors

Implicit

interaction

Context

Context

Explicit

interaction

Context

対話モデル
context
Context とは
  • アプリケーションになにを求めているかという理論構成のこと
    • 情報の断片ではない
  • “もし x なら y”から

“x である限り、それに関連付けられた方法で要求を処理(解釈)せよ” へ

slide7
アーキテクチャの決定
  • MVC パラダイムがベース
    • Model-View-Controller
    • ソフトウェアアーキテクチャの一つ
slide8
M

出力

V

変更通知

V

M

表示制御API

C

C

入力

編集API

MVC パラダイムについて

Model

アプリケーションで扱うデータと操作

View

データの描画(ユーザインタフェース)

Controller

入力を受け取り、M と V に

コマンドを発行

機能別に明確にブロック化するため UI 部の取替えが容易

slide9
アーキテクチャ

Events from the backend

Context

Context

Context

C

C

C

C

C

C

C

C

■データ

■物理的な装置

M

M

M

V

V

V

context1
Context の変化の様子

Events from the backend

Context

Context

Context

C

C

評価

C

C

C

C

C

C

M

M

M

V

V

V

slide11
本アーキテクチャの利点
  • Context の実生活に近い理解
    • 情報の断片でなく、理論構成である
  • 現在の Context がなにであるかが常に可視
  • システムの状態が常にフィードバックされる
slide12
実装例
  • Location-aware application
  • 研究室内の移動先にユーザのデスクトップを移動させる
  • ユーザはヘッドマウントディスプレイを装着
    • Augmented Reality によるフィードバック
  • 位置の検知に“Active Bats”を使用
    • ユーザが“Bat”と呼ばれるデバイスを持ち歩くことで位置を検知
    • 2つのボタンを持ち、入力デバイスとしても機能
slide13
MyDesktop1

MyDesktop2

MyDesktop3

動作例

Teleportingregion

1. Region 内に移動

2. 上のボタンを押下

  (サーバへ接続)

3. 下のボタンを押下

  (サービスの

  有効/無効の切り替え)

TeleportingisOn

Desktop>>

TeleportingisOn

TeleportingisOff

HMD と Bat を装着したユーザ

slide14
アプリケーションの特徴
  • アプリケーションの動作を決定する要素
    • サービスは on/off どちらか
    • ユーザは teleporting region の 内/外どちらか
    • コンピュータがサーバに接続しているか
  • 以下の3つのモデルを作成
    • Bat model
    • Desktop model
    • Teleport service model
controller
Controller のデザイン

If active and connected,

maximize view:

If active and not connected,

minimize view:

If not active,

deactivate view;

slide16
利点
  • Monolithic に実装してしまうと
    • すべてのコンディションの組み合わせをネストしたIFステートでチェックする必要がある
    • なにかアクションをするたびに現在の Context をチェックする必要がある
slide17
まとめ
  • まとめ
    • Context とはなにか議論
    • Context-aware application とユーザとの対話モデルの提案
    • Visualization という面から見たアーキテクチャの設計
    • 以上の実装例
  • 今後の課題
    • 階層的な Context コンポーネントを持つアーキテクチャの設計
ad