slide1 n.
Download
Skip this Video
Loading SlideShow in 5 Seconds..
中学校 新教育課程で 学んだ 高校生 の小・中学校理科学習の実態と問題点 PowerPoint Presentation
Download Presentation
中学校 新教育課程で 学んだ 高校生 の小・中学校理科学習の実態と問題点

Loading in 2 Seconds...

play fullscreen
1 / 27

中学校 新教育課程で 学んだ 高校生 の小・中学校理科学習の実態と問題点 - PowerPoint PPT Presentation


  • 79 Views
  • Uploaded on

中学校 新教育課程で 学んだ 高校生 の小・中学校理科学習の実態と問題点. 物理教育  第45巻  第4号 ( 1997) 研究報告 川村康文 . 学籍番号2208094  藤田晋吾. はじめに. 前回の調査 過去 に小学校・中学校ともに昭和52年度告示の学習指導要領に基づいて学習した高校生対象に「高校生にみられる小・中学校理科学習の実態と問題点」を 調査。. わかったこと 「 中学校理科では物理離れが深刻である」 「高校生女子は,中学校時代に化学が好きかどうかによって理科系への進学を決めていた」.

loader
I am the owner, or an agent authorized to act on behalf of the owner, of the copyrighted work described.
capcha
Download Presentation

PowerPoint Slideshow about '中学校 新教育課程で 学んだ 高校生 の小・中学校理科学習の実態と問題点' - aretha-massey


An Image/Link below is provided (as is) to download presentation

Download Policy: Content on the Website is provided to you AS IS for your information and personal use and may not be sold / licensed / shared on other websites without getting consent from its author.While downloading, if for some reason you are not able to download a presentation, the publisher may have deleted the file from their server.


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - E N D - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
Presentation Transcript
slide1

中学校新教育課程で学んだ高校生の小・中学校理科学習の実態と問題点中学校新教育課程で学んだ高校生の小・中学校理科学習の実態と問題点

物理教育 第45巻 第4号 (1997)

研究報告

川村康文 

学籍番号2208094  藤田晋吾

slide2
はじめに

前回の調査

過去に小学校・中学校ともに昭和52年度告示の学習指導要領に基づいて学習した高校生対象に「高校生にみられる小・中学校理科学習の実態と問題点」を調査。

  • わかったこと
  • 「中学校理科では物理離れが深刻である」
  • 「高校生女子は,中学校時代に化学が好きかどうかによって理科系への進学を決めていた」

指導内容の変遷,また平成以降の生活科の出現により,この調査内容に変化が出てくるか?

slide3
調査対象者

京都市内の普通科高校に通う高校2年生男女189名

理科系クラスの男子55名 女子66名

文科系クラスの男子20名 女子48名

(ほぼ全員が大学進学を志望)

調査対象者は全員,1年生次に生物ⅠBを必修履修した

理科系クラスの生徒は,2年生で理科系進学用の物理ⅠBと化学ⅠBを必修履修している。

一方文科系クラスの生徒は,文科系進学用の物理ⅠAと化学ⅠBと地学ⅠBの3科目の中から地学ⅠB1科目ないしは化学ⅠB1科目を選択履修している。

この年度は,文科系進学用の物理ⅠAは選択希望者数が少なかったため開講されなかった。

slide4
調査方法と調査時期

調査方法

質問紙法によった。調査対象者に理科の学習項目を示し,その項目に対して,

「とても好き」        (5) 

「まあまあ好き」       (4)

「どちらともいえない」   (3)

「どちらかといえば嫌い」 (2)

「とても嫌い」        (1)

調査結果を報告する。ここでは,その項目の平均値を求める。「とても好き」が+1になるように,また「とても嫌い」が-1になるように,平均値から3を引いたものを2で割り,それを好嫌度とする。

好嫌度が+0.4以上の学習項目を,よく好まれている学習項目とし,

好嫌度が-0.4以下の学習項目をひどく嫌われている学習項目とする。

 また,理科学習項目の好き嫌い回答した理由を,項目0~9の中から選んでマークするよう教示した。

調査時期 1997年 4月最初

slide9
小学校理科における好嫌度

好嫌度の平均

       今回   前回

理科系男子 +0.07+0.07

理科系女子 +0.14+0.23

非理科系男子 +0.13+0.10

非理科系女子 +0.02+0.12

4つの群全てで全体的には理科嫌いが生じているとはいえない。

slide10
小学校理科における好嫌度

 好嫌度が+0.4以上を示す学習項目

・「3.動くおもちゃの工夫(風,ゴムの動き)」

   (理科系男子0.46,非理科系男子0.43)

・「5.草むらや水中の動物」(非理科系男子0.40)

・「7.糸電話」(理科系女子0.42)

・「10.閉じこめられた空気の弾性(空気てっぽう)」

    (理科系男子0.48,非理科系男子0.48)

・「21.酸性・アルカリ性」(理科系女子0.48)

低・中学年の物理領域の学習項目(赤字)が多いこの時期には物理離れが生じているというよりは,物理好きの少年や少女が大勢いた。

好嫌度が-0.4以下の学習項目はみあたらなかった。

slide11
小学校理科における好嫌度

好嫌度が-0.3以下の学習項目

・「8.季節による植物の成長のちがい」

(理科系男子-0.30)

・「20.受粉と結実」

(非理科系男子が好嫌度-0.33)

この2つの学習項目で好嫌度が低いことは,今回の調査での特筆すべき特徴ではなく,以前の調査でも,好まれていない学習項目であった。

・「22.てこの原理とその利用」

        好嫌  今回    前回

非理科系の女子    -0.29-0.34

非理科系の男子    -0.03 -0.24

理科系女子の好嫌度が -0.05 0.00

理科系男子の好嫌度が 0.17 0.14

小学校では,全体としては理科嫌いはみられないとしてもよいが,高学年の物理領域で物理嫌いが始まっていることが今回の調査でも示された。

slide12
小学校理科における好嫌の理由

小学校理科の学習が好きだった理由

1~5のように学習者が学習に主体的に参加できるような学習が行われている場合に好まれる傾向がある

slide13
小学校理科における好嫌の理由

小学校理科の学習が嫌いだった理由

「5.実験が少なく,先生の説明ばかりだったから」がどのグループも多い。

slide18
中学校における好感度

小学校のときと異なり,理科系・非理科系,男女を問わず好嫌度がマイナスを示す項目がふえている。

全学習項目平均,

 今回  前回

理科系男子  +0.04-0.04

理科系女子  +0.08+0.15

非理科系男子 +0.02-0.10

非理科系女子 -0.06-0.08

小学校

今回     前回

+0.07 +0.07

+0.14+0.23

+0.13+0.10

+0.02+0.12

教育課程が新しく改訂されたからといって理科嫌いが解消される方向にむかったとはいえない。

slide19
中学校における好感度

 好嫌度が+0.4以上を示した学習項目

「3.水溶液」+0.42「4.気体の発生」+0.48

「8.化学変化」+0.52「9.原子と分子」+0.43

「14.酸性・アルカリ性」+0.45すべて理科系女子

「7.惑星と太陽系」+0.40非理科系男子

理科系男子には好嫌度が+0.3以上の項目すらない

非理科系の男女では,物理嫌いが顕著であった。

理科系の女子は,中学校では化学好きであったため高校で理科系コースを選択しているといえる。

slide20
中学校における好感度

  好嫌度が-0.4以下を示した学習項目

・「6.力」(非理科系女子-0.48)

・「12.電流と磁界」(非理科系女子-0.45)

・「17.仕事とエネルギー」(非理科系女子-0.49)

・「18.科学技術の進歩と生活」

(理科系男子-0.30,理科系女子-0.50,非理科系男子-0.40,非理科系女子-0.77),

・「21.地球と人間」(理科系男子-0.30,理科系女子-0.50,非理科系男子-0.20,非理科系女子-0.77)

「地球と人間」を除くすべてが物理領域。

中学校段階において物理嫌いは深刻化している

教育課程の改訂(昭和52年度→平成元年)による効果はこの調査ではあらわれていなかった。「18.科学技術の進歩と生活」

slide21
中学校理科の学習が好きだった理由

好まれる理由

「1.小学校からその内容が好きだったから」,「6.実験回数が多かったから」

特徴的な部分

 理科系の男子を除いて「2.中学校になって好きになった」(理科系女子30.3%,非理科系男子25.0%,非理科系22.9%)と,「4.理論的に考えることができたから」(理科系男子32.7%,理科系女子28.8%)である。

slide22
中学校理科の学習が嫌いだった理由

特徴的なのは

「3.公式や法則が多くあって難しかったから」,「4.理論が多く難しかったから」,「5.覚える量が多かったから」,「6.実験が少なく,先生の説明ばかりだったから」,「0.成績が悪かったから」である。

slide23
考察

 教師が講義形式の授業ばかり行うのではなく,なるべく多くの実験を取り入れた授業を行う必要があることである。

 しかし,理科系の男女が「理論的に考えることができたから」好きだったと回答していることから伺い知るように,実験ばかり多く行っても学習内容の理解につながらない場合,理科に対して学習者がもっている好嫌のイメージは変わらないといえる。

slide24
考察(この結果を踏まえて)

・実験から、様々な事柄に興味を持たせる。

・生徒の周りにある身近な現象を大切にする。

・生徒が主体的に取り組めるようにする。

・具体的事例、実験を踏まえて授業の設計を行う必要がある。

slide25
考察(得られた知見)

 初めは生徒は理科が好きな生徒が多いが、学年が上がるにつれて嫌いになる生徒が増えていく。(特に物理)

 「科学技術の進歩と生活」 のような新しい単元を導入しても、それだけでは効果が上がらない。(新しい分野ができても、教師はすぐに対応できなかった。受験前だった。)

実験をただやっているだけではなく、学習内容につながらないと必ずしも好嫌度は上がらない。

slide26
考察(この結果を踏まえて)

学習指導要領(平成元年告示)

科学技術の進歩と人間生活

  • (ア)日常生活では、科学技術の成果として様々な素材やエネルギーが利用されていることを知ること。
  • (イ)情報手段としてのコンピュータなどについて、その発展の過程を知ること。

新学習指導要領(平成22年度公示)

 科学技術と人間

エネルギー資源の利用や科学技術の発展と人間生活とのかかわりについて認識を深め,自然環境の保全と科学技術の利用の在り方について科学的に考察し判断する態度を養う。

ア エネルギー

(ア) 様々なエネルギーとその変換

エネルギーに関する観察,実験を通して,日常生活や社会では様々なエネルギーの変換を利用していることを理解すること。

(イ) エネルギー資源

 人間は,水力,火力,原子力などからエネルギーを得ていることを知るとともに,エネルギーの有効な利用が大切であることを認識すること。