slide1
Download
Skip this Video
Download Presentation
真円度測定器の開発

Loading in 2 Seconds...

play fullscreen
1 / 11

真円度測定器の開発 - PowerPoint PPT Presentation


  • 133 Views
  • Uploaded on

真円度測定器の開発. 第4班     王 健強   倉本吉和     須賀孝太郎 和田英志     服部修策   池内 玄. 簡易型真円度測定機の設計開発. 真円度とは? 設計開発の目的 教育用測定機器開発を行う 設計開発の目標    1.簡易型    2.比較的高精度. 要求機能. 真円からの偏差(半径差)を測る  (1 um ) 角度位置に対する偏差  (256パルス / 周) 回転駆動 ( 0~5rpm) プローブの固定・移動   (半径 0~60mm   高さ: 0~200mm ) ワークの偏心  / 倒れの調整

loader
I am the owner, or an agent authorized to act on behalf of the owner, of the copyrighted work described.
capcha
Download Presentation

PowerPoint Slideshow about '真円度測定器の開発' - aloha


An Image/Link below is provided (as is) to download presentation

Download Policy: Content on the Website is provided to you AS IS for your information and personal use and may not be sold / licensed / shared on other websites without getting consent from its author.While downloading, if for some reason you are not able to download a presentation, the publisher may have deleted the file from their server.


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - E N D - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
Presentation Transcript
slide1

真円度測定器の開発

第4班

    王 健強   倉本吉和

    須賀孝太郎 和田英志

    服部修策   池内 玄

slide2
簡易型真円度測定機の設計開発
  • 真円度とは?
  • 設計開発の目的

教育用測定機器開発を行う

  • 設計開発の目標

   1.簡易型

   2.比較的高精度

slide3
要求機能
  • 真円からの偏差(半径差)を測る  (1um)
  • 角度位置に対する偏差  (256パルス/周)
  • 回転駆動 (0~5rpm)
  • プローブの固定・移動

  (半径0~60mm   高さ:0~200mm)

  • ワークの偏心 / 倒れの調整
  • ワークの固定   (直径:~120mm 重さ:~3kg)
  • サイズ(~A3) ・重量(~20kg)
  • データをPCで表示する
  • メンテナンス
slide4
テーブル

 機能‥ワークを固定し偏心と倒れを調整可能    

・今回、目標偏差から倒れの調整は行わない。また偏心はプローブの測定範囲が広いため手で調整する

・試料が軽いものや細いものの場合三つ爪チャックを利用

  上記より素材はアルミ、径φ120のテーブルを製作する

slide5

ロータリーエンコーダー

通過した黒線の数で回転角を測定

自由な空間(テーブルやプーリー)に取り付けられる

大幅なスリム化

slide6
プローブ

・ 理由

    • 円筒度測定のような回転軸に平行な動きは不要
    • 数種類のプローブに対応できるアームが必要
  • 決定した事項
    • マグネットスタンドのような簡単なもので十分
    • スタンドをアルミ製テーブルにねじ込んで固定
slide7
駆動系
  • 減速方法
  • ギヤ+ギヤードモータ
  • プーリー+ギヤードモータ

ギヤは重く、振動があるため却下

プーリー+ギヤードモータに決定

(回転は5rpm以下が目標)

slide8
・軸受けの決定
  • ラジアル
  • アキシャル
  • すべり
  • ラジアルは軸方向の、アキシャルは半径方向のぶれが生じるため使えない。
  • すべり軸受は作成不可

深溝玉軸受(ぶれが小さく、真円からの偏差も1μmが望める)に決定

slide9
  • 軽量化のためアルミ製
  • コンパクト化
  • 軸のぶれを小さくするため、軸受は二つ必要になるので中に一段必要
slide10
プローブ

テーブル

ギヤードモータ

ベルト

玉軸受

プーリ

概要図
slide11

計画表

仕様決定・部品選定・設計・製図

11月10日

材料調達・機械加工・組立て

10月16日

12月9日

モーターの電源やPCでの表示ソフトの製作

全体の完成

1月27日

ad