slide1
Download
Skip this Video
Download Presentation
日本の 国連外交

Loading in 2 Seconds...

play fullscreen
1 / 15

日本の 国連外交 - PowerPoint PPT Presentation


  • 230 Views
  • Uploaded on

日本の 国連外交. 2010/5/9 0976505c 安藤真理菜. 国際社会における日本. 世界は多極化 …G8 、 G20 、 G77 +中、 BRICs 、 IBSA 、 SCO 2010 年日本は中国に GDP 総額を抜かれ世界 3 位に  → 2050 年予想  1 位中、 2 位米、 3 位印、 4 位日、 5 位ブラジル 国連分担金は年々減少 (19\% → 16\% → 12\%) ODA も減少 アジアに地域共同体がない. 国際社会における日本. 「経済大国」の地位を失うと  日本の国力は著しく低下! 日本の外交三本柱

loader
I am the owner, or an agent authorized to act on behalf of the owner, of the copyrighted work described.
capcha
Download Presentation

PowerPoint Slideshow about '日本の 国連外交' - alden


An Image/Link below is provided (as is) to download presentation

Download Policy: Content on the Website is provided to you AS IS for your information and personal use and may not be sold / licensed / shared on other websites without getting consent from its author.While downloading, if for some reason you are not able to download a presentation, the publisher may have deleted the file from their server.


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - E N D - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
Presentation Transcript
slide1

日本の国連外交

2010/5/9

0976505c

安藤真理菜

slide2
国際社会における日本
  • 世界は多極化…G8、G20、G77+中、BRICs、IBSA、SCO
  • 2010年日本は中国にGDP総額を抜かれ世界3位に

 →2050年予想 1位中、2位米、3位印、4位日、5位ブラジル

  • 国連分担金は年々減少(19%→16%→12%)
  • ODAも減少
  • アジアに地域共同体がない
slide3
国際社会における日本
  • 「経済大国」の地位を失うと

 日本の国力は著しく低下!

  • 日本の外交三本柱

 国連外交、日米同盟、アジア重視

「政治大国」

としての地位を一刻も

早く築かなくては!

slide4
国際連合

問題点

  • 安全保障問題に関して総会は安保理の決定を受け入れるのみ

→非常任理事国についても同様

  • 事務総長選挙、人事etc…
  • 安保問題には効率性も重要
  • 非常任理事国の選挙には手間ひまがかかる
slide5
安保理改革
  • 発足から約65年間…加盟国増加、現状見直しの必要性
  • 日本は常任理事国入りを目指す

 きっかけ 1991年湾岸戦争

 →発言の場の増加、情報収集が容易に、

  日本に関わる安全保障問題に関与できる

  • 日本の妥当性

 実績…非常任理事国入り、世界最多10回

 分担金…世界第2位(12,5%)

ODA…世界第5位

 北朝鮮問題(2006年、2009年のミサイル発射、核実験)

slide6
G4案(日、独、印、ブラジル)
  • 常任理事国をアジア2,西欧1,中南米1,アフリカ2の計6増やし、

 非常任理事国をアジア1,東欧1,中南米1,アフリカ1の計4増やす

  • 新常任理事国は拒否権を有するが、一定期間行使しない
  • 2005年総会に提出→2/3の賛成票を得る可能性が低く廃案

反対

slide7
G4案のその後
  • 2007年 中間案の登場

 ・任期二年より長い再選可能な非常任理事国の新設

 ・任期二年超の再選不可の非常任理事国の新設

 ・現在の非常任理事国を再選可能にする

→中間案をとり「準常任理事国」という選択肢も?

 安保理が三層化する可能性も

  • 2009年 政府間交渉開始
  • 2011年 G4が9月末までに「何らかの成果」

     をあげることで合意

slide8
G4案が停滞する要因
  • マルチな外交力の欠如

(反対勢力を味方にすることができなかった)

 日本は歴史的にバイの外交が多い

cf.)中 常任理事国、途上国代表、アフリカに多数PKO派遣

  • 国内の関心が低い

 国内では安保理入りに懐疑的な意見も

マルチな外交戦略を行い

国内の関心を高めることで

安保理に入りたい!

slide9
政策提言
  • 国外…マルチ外交

 東アジア  東アジアで経済協定を強化+歴史問題審議

 米

 英仏独   協力してアフリカへのPKOを増加

AU

UFC

  • 国内…関心を高める

人材育成と国連、安保理改革についての情報発信を活発化

slide10
政策提言(1) 対東アジア
  • 東アジアで経済協定を強化

現状

ASEAN+3,ASEAN+6,アジア太平洋地域等

 の枠組みでFTA締結の案

 →ASEAN+6を推し進める

  • 歴史問題審議

 ・日中共通歴史教科書作成

 ・日中韓域内の留学生増加

長期的プラン

slide11
政策提言(2) 対英仏独、AU

PKOへの派遣人数(2006)

  • 協力してアフリカへのPKO増加

派遣人数 英仏独>日

日本は派遣しずらいが、

PKO訓練センター支援に長けている

   アフリカ諸国自ら復興するための訓練所

→英仏独が派遣している国でPKO訓練センター支援を行う

 役割分担、効率化

→同時にAU諸国との関係も向上

slide12
政策提言(3) 国内
  • 人材育成

 国連大学にて「外交力」を身につける

 人材育成コースを設ける

  • 情報発信

現状

 日本の適正国連職員人数は300人程度

 ⇔実際は110人程度

 ・国連関連のインターンシップ増加

 ・日本各地での講演会

slide13
展望

日本の

外交力

slide14
論点
  • 日本が国連でプレゼンスを高めるためには?
  • 国連以外のアクターとのバランス

 国内問題、分担金、ODA

  • そもそもG4案を通すべきなのか?
slide15
参考文献
  • 神余隆博『多極化正解の日本外交戦略』2010年 朝日新聞出版
  • 白川義和『国連安保理と日本』2009年 中央公論新社
  • 北岡伸一『国連の政治力学 日本はどこにいるのか』2007年

 中央公論新社

  • 外務省 http://www.mofa.go.jp/mofaj/
  • 文部科学省 http://www.mext.go.jp/
  • 国際連合 http://www.un.org/en/
  • 国際連合広報センター http://unic.or.jp/index.php
  • 国連大学 http://unu.edu/

(最終閲覧日2011年5月9日)

ad